「警視庁 部屋」の検索結果

今すぐ視聴する

File.08 八フィートの逃げ道
警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課 -トクナナ- File.08 八フィートの逃げ道 ある日ベルメールは、ミニドラゴン型ドローンを通して桐生院と話しながら買い物に出かけていた。しかし店を出たところで突如知らない男に車に連れ込まれ、誘拐されてしまう!すぐに異変に気づいたトクナナメンバーは、手分けしてベルメールを探すために動くが、手掛かりが少なく中々居場所を突き止められない。一方、ベルメールと桐生院は監禁された部屋で “あるモノ”を見つけてしまい…。
塀を乗り越えマンションに侵入し女性に乱暴か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 塀を乗り越えマンションに侵入し女性に乱暴か  男は塀を乗り越えてマンションの敷地に侵入したとみられています。  通信機器レンタル会社代表・小原和幸容疑者(37)は9月15日夜遅く、東京・新宿区にあるオートロック付きのマンションの一室に侵入し、20代の女性に乱暴した疑いが持たれています。警視庁によりますと、小原容疑者は寝ていた女性の口をふさいで「おとなしくしてたら怖いことしないから」などと脅したということです。小原容疑者は塀を乗り越えてマンションの敷地に侵入し、鍵の掛かっていない部屋を狙ったとみられています。取り調べに対して「俺は知らない」と容疑を否認しています。
ウラン自宅で精製し売買か 男子高校生ら書類送検
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ウラン自宅で精製し売買か 男子高校生ら書類送検  インターネットのオークションサイトなどで放射性物質のウランを許可なく売買したとして、17歳の男子高校生ら3人が書類送検されました。  東京都内に住む高校2年の少年ら3人はおととしから去年にかけて、インターネットのオークションサイトなどを使って金属ウランやウラン化合物の粉末を許可なく売買したなどの疑いで書類送検されました。警視庁によりますと、男子高校生は自宅の部屋で自ら精製し、不純物を取り除いた黄色い粉末の天然ウランをオークションで出品していました。売買されたウランは純度が低く、ガラス容器などに入っているため、危険性は低いということです。男子高校生らは「ウランを自分のコレクションとして欲しかった」などといずれも容疑を認めています。

おすすめの作品

警視庁が「はとバス」本社を捜索 原因究明へ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 警視庁が「はとバス」本社を捜索 原因究明へ  「はとバス」の観光バスがハイヤーに追突してハイヤーの運転手の男性が死亡した事故で警視庁は、はとバス本社を捜索しました。  4日午後6時半ごろ、東京・新宿区西新宿ではとバスの観光バスが止まっていたハイヤーに後ろから突っ込み、ハイヤーの52歳の運転手が死亡しました。警視庁は6日、はとバス本社などを家宅捜索しました。バスの運転手は当時、インフルエンザにかかっていて38度台の熱がありました。警視庁はバスの運転手の勤務状況などを確認し、事故原因について慎重に調べています。
「都庁に爆弾」何度も警視庁に電話 76歳の男逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「都庁に爆弾」何度も警視庁に電話 76歳の男逮捕  「東京都庁に爆弾が仕掛けられている」などと嘘の電話を掛けて職員らの業務を妨害したとして、76歳の男が逮捕されました。  無職の浮津文好容疑者は先月29日、携帯電話から「都庁に爆弾が仕掛けられている。1時間くらいしたら爆発する」などと警視庁に電話し、職員らの業務を妨害した疑いが持たれています。警視庁によりますと、浮津容疑者は午後9時すぎから20分ほどの間に8回、電話を掛けていて、展望台にいた一般客ら約180人が避難しました。警視庁は庁舎内を捜索しましたが、爆発物は見つかりませんでした。取り調べに対し、浮津容疑者は「酒に酔っていて覚えていない」と容疑を否認しています。
外国人観光客らにドローン使用のルール順守呼びかけ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 外国人観光客らにドローン使用のルール順守呼びかけ  来日した外国人らが東京都内で不法にドローンを飛ばすケースが相次いでいて、警視庁は東京・原宿の竹下通りでルールを守るよう呼び掛けました。  繁華街や住宅街など建物が密集している地域で許可なくドローンを飛ばすことは航空法で禁止されています。警視庁原宿警察署と地域の住民ら約60人が原宿の竹下通りで外国人観光客らにチラシなどを配り、ドローンを飛ばす際には航空法などのルールを守るよう呼び掛けました。警視庁によりますと、近年、来日した外国人らが法律を知らずにドローンを飛ばして摘発されるケースが相次いでいます。9月、原宿署管内で無許可でドローンを飛ばしたとして書類送検されたアメリカ人観光客の男性も「許可が必要なことは知らなかった」などと話しています。来年にはオリンピックが開催されるために多くの外国人が来日すると予想されていて、警視庁はルールの周知を急いでいます。
ドローンのルール徹底を 警察官が走って呼びかけ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ドローンのルール徹底を 警察官が走って呼びかけ  東京都内の重要施設など飛行が制限されている場所でドローンを飛ばすケースが相次いでいることを受け、警視庁の警察官が皇居周辺を走ってランナーらに注意を呼び掛けました。  皇居や国会議事堂など都内の重要施設の周辺では、テロ対策の一環としてドローンの無許可での飛行が禁止されています。警視庁麹町署の署員ら約50人は6日朝、皇居の外周を走ってランナーや通行人にティッシュを配り、ドローンを飛ばす際にはルールを守るよう呼び掛けました。特にルールを知らなかった外国人が規制されている場所でドローンを飛ばし、摘発されるケースが相次いでいます。世界ではドローンを使ったテロ事件も起きていて、警視庁は警戒を強めています。  警視庁麹町署・上野良夫署長:「ドローンは新たな脅威として、警察としても重要視していかないとならないので。来年のオリンピック・パラリンピックに向けて、こうした広報啓発活動をしっかりやりたいなと思います」
車で数十m引きずられ…男性死亡 運転の男を逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 車で数十m引きずられ…男性死亡 運転の男を逮捕  5日夜、東京・杉並区で自転車に乗っていた52歳の男性が車にひかれ、数十メートルにわたって引きずられて死亡しました。警視庁は車を運転していた36歳の男を現行犯逮捕しました。  警視庁によりますと、午後7時半ごろ、杉並区和泉で交差点を自転車で渡ろうとした後藤辰太郎さんが走ってきたワンボックスカーにひかれました。車は後藤さんを引きずって数十メートル先で停止しました。後藤さんは車の下敷きになり、通行人らによって救助されましたが、搬送先の病院で約5時間後に死亡が確認されました。警視庁は車を運転していた杉並区の自営業・四宮祐次容疑者を現行犯逮捕して、事故の経緯を調べています。
特殊詐欺G36人 フィリピンで拘束 現地に捜査員
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 特殊詐欺G36人 フィリピンで拘束 現地に捜査員  フィリピンを拠点にした特殊詐欺グループの36人が現地で拘束された事件で、グループの引き渡しに向けた協議のため、警視庁の捜査員らが日本を出発しました。  先月13日、日本の高齢者を狙って警察官を装い、嘘の電話を掛けていたとして36人が不法就労の疑いでフィリピン当局に拘束されました。警視庁は4日、今後の移送のスケジュールなどを現地当局と協議するため、フィリピンに捜査員を派遣しました。捜査関係者によりますと、グループが拘束された後、都内ではキャッシュカードを偽物とすり替える手口の詐欺被害が減少しているということです。警視庁はグループがこの手口による被害の大部分に関わっていたとみて調べています。
3億円被害の還付金詐欺事件で暴力団事務所を捜索
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 3億円被害の還付金詐欺事件で暴力団事務所を捜索  「医療費の還付金がある」と嘘の電話を掛ける手口で約3億円をだまし取ったとみられる詐欺グループの事件で、警視庁は静岡県沼津市にある暴力団事務所を捜索しました。  職業不詳の大村鯉一容疑者(35)らは5月、東京・大田区の60代男性に区役所職員を装って嘘の電話を掛けて120万円をだまし取った疑いで逮捕されました。警視庁は6日午後、この事件の関係先として沼津市にある指定暴力団稲川会系の組事務所を捜索しました。大村容疑者は金を引き出す「出し子」役のリーダーで、だまし取った金がこの事務所に流れているとみられています。警視庁は大村容疑者らのグループによる被害は3億円に上るとみていて、詐欺グループの実態解明を進めています。
中央大学に爆破予告 立ち入り禁止で午前休講に
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 中央大学に爆破予告 立ち入り禁止で午前休講に  東京・文京区の中央大学後楽園キャンパスに爆破予告があり、大学側はキャンパスを立ち入り禁止にして昼すぎまで休講にしています。  警視庁などによりますと、7日午後5時半ごろ、文京区の路上で「中央大学を爆破する旨のビラが落ちている」と通り掛かった人から通報がありました。路上には「9日10時に後楽園キャンパスを爆破する」と書かれたビラが数百枚、散乱していたということです。警視庁はキャンパスの中や周辺を探しましたが、これまでに不審物は見つかっていません。警視庁は威力業務妨害の疑いで調べています。中央大学は8日午後8時からキャンパスを立ち入り禁止にし、9日午後0時半まで休講にしています。
交通事故を防ごう! 駒込警察署が体験型イベント
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 交通事故を防ごう! 駒込警察署が体験型イベント  年末にかけて増える子どもや高齢者が被害に遭う交通事故を防ごうと、東京・文京区で事故の衝撃を知ってもらう体験型のイベントが開かれました。  警視庁駒込警察署が開いたイベントには地元の小学生や高齢者らが参加しました。会場では時速5キロで衝突した際の衝撃を体験できるほか、警察官がパンフレットなどを配って小学生らに交通ルールを守るよう呼び掛けました。  警視庁駒込署・倉田葉子署長:「一人ひとりの方が交通ルールを守って、模範となるような行動をして頂けると交通安全指導が地域全体に広がっていくと思う」  駒込署の管内では2015年8月以降、死亡事故は起きていませんが、都内では例年、年末にかけて子どもや高齢者の交通事故が増えることから警視庁は交通事故の防止に向けて警戒を強めています。
帰宅中の女性にわいせつ行為の疑い 大学生の男逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 帰宅中の女性にわいせつ行為の疑い 大学生の男逮捕  東京・多摩市で駅から帰宅途中の女性にわいせつな行為をしたなどとして、近所に住む大学生の20歳の男が逮捕されました。周辺では同様の被害が数件あり、警視庁は余罪があるとみて調べています。  東京都内にある私立大学3年の原田翔真容疑者は先月15日と17日の深夜、多摩市の路上で京王線聖蹟桜ケ丘駅から帰宅途中だった10代の女性に後ろから抱き付き、口をふさいでわいせつ行為をしたなどの疑いが持たれています。警視庁によりますと、周辺の防犯カメラに原田容疑者が女性を駅から尾行する様子が映っていたことなどから逮捕に至りました。取り調べに対して「女性を見ると劣情をもよおす」などと容疑を認めています。周辺では10月ごろから口をふさぐ同様の手口の事件が数件あり、警視庁が余罪があるとみて調べています。