「警視庁」の検索結果

今すぐ視聴する

営利目的で大麻所持か 運送業の男を現行犯逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 営利目的で大麻所持か 運送業の男を現行犯逮捕  東京・八王子市の駐車場で車に営利目的で大麻を隠し持っていたとして、運送業の23歳の男が現行犯逮捕されました。  嶋田勇也容疑者は11日、八王子市南大沢で駐車場に止めていた車に乾燥大麻約127グラムを営利目的で所持していた疑いが持たれています。警視庁によりますと、6月、東京・多摩市内で消火器の収納箱を物色する不審な人物がいると110番通報があり、警察官が収納箱の中を調べると乾燥大麻3袋が見つかりました。防犯カメラの映像から嶋田容疑者の関与が浮上して車を調べたところ、大麻が見つかったということです。取り調べに対して「販売目的ではなく自分で使用するためだった」と営利目的については否認しています。
帰宅女性にわいせつ行為か 理学療法士の男逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 帰宅女性にわいせつ行為か 理学療法士の男逮捕  東京・調布市で帰宅途中の20代の女性に後ろから抱き付き、無理やりわいせつな行為をしたとして33歳の理学療法士の男が逮捕されました。  宮本健司容疑者は10月、調布市調布ケ丘の路上で深夜に歩いて帰宅していた20代の女性に後ろから抱き付き、無理やり胸を触るなどわいせつな行為をした疑いが持たれています。警視庁によりますと、宮本容疑者は当日、酒を飲んでいて、自転車に乗って現場周辺で女性を物色していたということです。付近の防犯カメラに宮本容疑者が自転車で逃走する姿が映っていたことから関与が浮上しました。取り調べに対して「仕事のストレスでムラムラしてやってしまった」と容疑を認めています。
都内で“無許可ドローン”か 外国人夫婦を書類送検
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 都内で“無許可ドローン”か 外国人夫婦を書類送検  東京・文京区にある自宅マンションの屋上でドローンを無許可で飛ばしたとして、フリージャーナリストの外国人夫婦が書類送検されました。  フリージャーナリストで夫婦のインド人女性(47)とフランス人男性(38)は先月、文京区にある自宅マンションの屋上でドローンを無許可で飛ばした航空法違反の疑いが持たれています。警視庁によりますと、近くの住民から「ドローンが飛んでいる」と通報があり、発覚しました。女性は取材で動画を撮るため、ドローンの操作を練習していました。2人は「自宅の屋上で飛ばすのは大丈夫だと思った」「ジャーナリストとして法律を確認すべきだった」などと容疑を認めています。ドローンを住宅密集地などで飛ばすことは禁止されています。
追い抜きざまに胸触った疑い「10件以上繰り返した」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 追い抜きざまに胸触った疑い「10件以上繰り返した」  東京・中野区の路上で帰宅途中の女子中学生の胸を自転車で追い抜きざまに触ったとして42歳の無職の男が逮捕されました。  玉水玲朗容疑者は先月14日の夕方、中野区上高田の路上で歩いて帰宅していた13歳の女子中学生に自転車で後ろから近付き、追い抜きざまに胸を触った疑いが持たれています。警視庁によりますと、玉水容疑者は女の子に「こんばんは」と声を掛けて突然、胸を触って逃走していました。防犯カメラを解析した捜査員が2年前、東京・杉並区で起きた別の事件に使われた自転車と特徴が似ていることに気付いて関与が浮上しました。取り調べに対して「若い女性の胸が好きです。中野区や杉並区で10件以上、繰り返した」と容疑を認めているということです。
PIECE4
スタンドマイヒーローズ PIECE OF TRUTH PIECE4 居酒屋でスカウト状況の報告を受けるマトリのメンバー。スタンド候補者・都築 誠のスカウトは一時中断することに。同じくスタンド候補者で人気の若手俳優の弟・都築京介「通称=きょんくん」の話題になり、京介から頻繁に連絡や食事の誘いを受けていると告白する泉。泉が超人気の若手俳優から口説かれていると知り、盛り上がる一同。翌日、警視庁へ届け物に行った泉を待っていたのは、京介だった。
詐取したキャッシュカードで200万盗んだか 男逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 詐取したキャッシュカードで200万盗んだか 男逮捕  東京・文京区の高齢の男性からだまし取ったとみられるキャッシュカード3枚を使い、ATMで現金200万円を引き出して盗んだとして、23歳の男が逮捕されました。  長谷川貴英容疑者は先月6日、文京区に住む70代の男性のキャッシュカードを使い、ATMから現金200万円を引き出して盗んだ疑いが持たれています。警視庁によりますと、男性の家に警察官をかたって「カードが偽造され、お金が下ろされている」という電話があった直後に男が現れ、カードを封筒に入れるよう指示しました。男は隙を見て封筒をすり替える手口でカードを盗んだとみられています。封筒には長谷川容疑者の指紋が残されていて、指名手配されていましたが、愛知県の運転免許試験場に免許の手続きに訪れたところを逮捕されました。
3歳男児「転んでけが」男が写真をLINEで母親に送信
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 3歳男児「転んでけが」男が写真をLINEで母親に送信  東京・江東区で同居する3歳の男の子に暴行を加えて死なせたとして逮捕された男が、事件の数日前に「転んでけがをした」と男の子の写真を母親に送っていたことが分かりました。  渡辺雄二容疑者(34)は9月、江東区豊洲のマンションで同居していた平石桃子さんの長男で3歳の隆太郎ちゃんを暴行を加えて死亡させた疑いが持たれています。これまでの取材で、隆太郎ちゃんは口の中もけがをしていたことが分かっています。その後の捜査関係者への取材で、渡辺容疑者は隆太郎ちゃんがけがをした写真を海外出張中の平石さんにラインで送っていたことが新たに分かりました。その際、「目を離した隙に転んだ。けがをさせてごめんなさい」と説明していたということです。警視庁はこの事件の前にも隆太郎ちゃんに対する虐待がなかったか慎重に調べています。
「複数回HDD盗んだ」逮捕された廃棄業者の男が供述
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「複数回HDD盗んだ」逮捕された廃棄業者の男が供述  神奈川県の行政文書を保存したハードディスクが転売されていた問題で、別の窃盗容疑で逮捕された男は「ハードディスクを複数回、盗んだ」と供述していることが分かりました。  神奈川県庁のハードディスクの廃棄を請け負っていた「ブロードリンク」の社員・高橋雄一容疑者(50)は3日、会社からハードディスク12台を盗んだ疑いが持たれています。逮捕容疑のハードディスクは神奈川県庁のものではありませんでしたが、警視庁によりますと、高橋容疑者が2016年3月ごろから「ハードディスクを複数回、盗んだ」と供述していることが分かりました。高橋容疑者は、神奈川県庁のハードディスクの転売にも関与していると認めていて、盗んだものについては「中にどんなデータが入っているか知らなかった」と話しているということです。
HDD廃棄業者の男「簡単、毎日のように盗んだ」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 HDD廃棄業者の男「簡単、毎日のように盗んだ」  神奈川県の行政文書を保存したハードディスクが転売されていた問題で、ハードディスクを回収した会社から別のハードディスクを盗んだ疑いで逮捕された男は「毎日のように盗んでいた」と供述していることが分かりました。  神奈川県庁のハードディスクの廃棄を請け負っていた「ブロードリンク」元社員・高橋雄一容疑者(50)は3日、会社からハードディスク12台を盗んだ疑いが持たれています。その後の捜査関係者への取材で、高橋容疑者は「持ち出しは簡単で、毎日のように盗んでいた」と供述していることが新たに分かりました。防犯カメラの解析などから、他の社員が出社する前を狙って盗みを繰り返していたとみられています。高橋容疑者は神奈川県庁のハードディスクの転売についても関与を認めていて、警視庁は余罪について調べています。
ウラン自宅で精製し売買か 男子高校生ら書類送検
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ウラン自宅で精製し売買か 男子高校生ら書類送検  インターネットのオークションサイトなどで放射性物質のウランを許可なく売買したとして、17歳の男子高校生ら3人が書類送検されました。  東京都内に住む高校2年の少年ら3人はおととしから去年にかけて、インターネットのオークションサイトなどを使って金属ウランやウラン化合物の粉末を許可なく売買したなどの疑いで書類送検されました。警視庁によりますと、男子高校生は自宅の部屋で自ら精製し、不純物を取り除いた黄色い粉末の天然ウランをオークションで出品していました。売買されたウランは純度が低く、ガラス容器などに入っているため、危険性は低いということです。男子高校生らは「ウランを自分のコレクションとして欲しかった」などといずれも容疑を認めています。
アニメグッズ専門店に脅迫メール 韓国人の女を逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 アニメグッズ専門店に脅迫メール 韓国人の女を逮捕  オンラインショップの利用を停止された腹いせにアニメグッズの専門店「アニメイト」に脅迫メールを繰り返し送り付けたとして韓国人の34歳の女が逮捕されました。  崔由理絵(チェ・ユイファ)容疑者は8月、アニメイトに対して「いつ死んでもいいように準備しとけよ」「必ず皆殺しにしてやるからな」などと脅迫メールを十数回送り、会社の業務を妨害した疑いが持たれています。警視庁によりますと、崔容疑者は2014年からアニメイトのオンラインショップを使っていましたが、商品の注文後にキャンセルを繰り返したため2回にわたって利用を停止されていました。今年の3月から脅迫メールを送るようになったということで、崔容疑者は「アニメイトの対応に納得いかなくて腹が立った」と容疑を認めています。
第1話「検察捜査」
相棒 season16 第1話「検察捜査」 自身の妻を相次いで殺害した連続殺人事件の容疑者である大富豪の平井(中村俊介)が、弁護士の慶子(中村ゆり)を通じて警視庁を告訴した。自分は無実で、右京(水谷豊)や亘(反町隆史)らの脅迫によって自供を迫られたというのだ。特命係に敵意を抱いている法務事務次官の日下部(榎木孝明)は、旧知の検察官・田臥(田辺誠一)に、東京地検で告訴状を受理するよう指示。狙いは、脅迫罪の立件ではなく、「特命係を違法捜査で立件する」というものだった。密命を受けた田臥は、特命係を訪れると共に、美彌子(仲間由紀恵)や幸子(鈴木杏樹)にまで事情を聞き、ジリジリと包囲網を狭めていく。
第6話「ジョーカー」
相棒 season16 第6話「ジョーカー」 早見(山田純大)という元捜査二課の刑事が、警視庁を訴えた裁判に注目が集まっていた。早見の妻・幹子(宮本裕子)が半年前に歩道橋から転落死した一件について、警察は自殺と断定して捜査を打ち切ったが、早見は殺人の可能性を主張。その後、知人に虚偽の目撃証言をさせた疑いで懲戒免職になった早見は、その処分は不当だとして損害賠償を請求していた。そんな早見の代理人は、以前、快楽殺人犯の弁護を担当し、特命係と禍根を残した弁護士の連城(松尾諭)だった。衣笠副総監(大杉漣)は、あくまで処分は妥当だったと印象付けるため、偽証した男の捜索を指示する。
第12話「暗数」
相棒 season16 第12話「暗数」 警視庁副総監の衣笠(大杉漣)が、青木(浅利陽介)と会食後、2人の暴漢に切りつけられる事件が発生。衣笠は7年前、県警本部長時代に、カルト集団の一斉検挙を指揮した経緯があり、その関連も視野に入れて緊急対策チームが編成される。いっぽう、青木から事件の話を聞いた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、独自の捜査に乗り出し、衣笠家を訪れる。周囲は警備が強化され、許可のない者は門前払いだったが、以前、事件の目撃者として特命係と知り合った衣笠の娘・里奈(桜田ひより)の計らいで話を聞けることに。衣笠家には、4年前にも脅迫めいた手紙が届いており、母の祥子(筒井真理子)はそれで体調を崩して今も療養先から戻ってないという。
アニメ制作会社の代表 声優志望の少女にわいせつか
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 アニメ制作会社の代表 声優志望の少女にわいせつか  「芸能人としての訓練」などと言って声優を目指す10代の少女にわいせつな行為をしたとして、アニメ制作会社の代表の男が逮捕されました。  「ガイナックス」の代表・巻智博容疑者(50)は東京・足立区の自宅内で、声優を目指して活動していた当時10代の少女にわいせつな行為をした疑いが持たれています。警視庁によりますと、巻容疑者は当時、声優育成などを手掛ける会社の代表取締役を務めていて、「エヴァンゲリオンの制作に携わっていた」などと少女を信じ込ませていました。「芸能人として写真を撮られるための訓練」などと言って上半身裸の写真を撮影し、足を触るなどしたということです。巻容疑者は「お願いされて写真を撮りました」と容疑を否認しています。現在「エヴァンゲリオン」シリーズを制作する株式会社カラーはホームページで、「エヴァンゲリオンシリーズ作品に巻容疑者が関与した事実はなく、当社は、巻容疑者と一切関係ございません」とのコメントを出しています。
良純さん、ATM利用者に還付金詐欺への注意呼びかけ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 良純さん、ATM利用者に還付金詐欺への注意呼びかけ  今年最後の年金支給日の13日、過去最悪のペースで被害が出ている還付金詐欺を撲滅しようと東京都内でイベントが開かれました。  石原良純さん:「なんでなくならないんだろうとずっと思っている。最近、手口がどんどん変わっていくんですね。そのなかでだんだん見ているうちに、これ、もしかしたら自分もひっかかってしまうんじゃないかなと」  東京・大田区で開かれた警視庁のイベントにはタレントの石原さんが参加し、急増する還付金詐欺を防ごうとATMを利用する高齢者らに注意を呼び掛けました。銀行員や区役所の職員になりすまして「医療費が戻る」などと嘘をつき、現金を振り込ませる手口の被害は過去最悪の2008年を上回るペースで増えていて、これまでに全国で1135件、被害額は16億3400万円に上ります。池上警察署の山口博署長は「ATMでおどおどしている高齢者がいたら、積極的に声を掛けてほしい」と銀行員らに協力を訴えました。
#45『店舗営業の安全を変えた!犯人を“マーキング”する防犯ボール』双喜:天野 隆夫
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #45『店舗営業の安全を変えた!犯人を“マーキング”する防犯ボール』双喜:天野 隆夫 コンビニのレジや金融機関の窓口などで見かける「防犯ボール」。強盗などの犯罪が起きた時、犯人に投げつけて塗料を付着させることで追跡の手がかりになるだけでなく、目立つ場所に置けば防犯の役割も果たします。 天野さんの勤めるプラスチック製品製造会社が「防犯ボール」を開発したのは30年ほど前。警視庁からの依頼がきっかけでした。求められたのは、プラスチックの“強度”ではなく“割れやすさ”。会社が長年追求してきたものとは真逆の注文...開発の道のりは困難を極めたといいます。 それでも、何とか理想の“割れやすさ”を実現。成功のカギは、どの家庭にもある、”あの食材”でした。 いまや防犯だけでなく、火災や不審船対策などにも使われ、くらしの安全に貢献している「防犯ボール」。 開発にいたるまでの四苦八苦、そして「防犯ボール」に込められた思いを天野さんに伺いました。 【提供】日産自動車