「豚コレラ ワクチン」の検索結果

「豚コレラ ワクチン」に関する情報は見つかりませんでした。
「ワクチン」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

ワクチン1億回分 米政府ファイザーなどから購入へ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ワクチン1億回分 米政府ファイザーなどから購入へ  アメリカ政府は製薬大手のファイザーと新型コロナウイルスのワクチン1億回分を購入することで合意しました。  ファイザーは22日、ドイツのビオンテックと開発中のワクチンについて、アメリカ政府が1億回分を19億5000万ドル=約2100億円で購入することで合意したと発表しました。安全性と有効性が確認されることが条件で、アメリカ政府は5億回分の追加購入が可能だとしています。高いワクチン需要を受けて、ファイザーなどは今年中に1億回分、来年末までに13億回分の生産を目指す予定です。アメリカ政府は来年初めまでに3億回分のワクチンを国民に無料で提供する計画で、最大で100億ドル=約1兆700億円を投じてワクチンの調達を進めています。
ロシアがワクチンの臨床試験 欧米の専門家は疑問視
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ロシアがワクチンの臨床試験 欧米の専門家は疑問視  ロシアの国立研究機関は、新型コロナウイルスのワクチンの臨床試験を始めたことを明らかにしました。  ロシアの保健当局は28日、国立のベクター研究所が「エピ・バス・コロナ」と呼ばれるワクチンを注射する臨床試験を始めたと発表しました。これまでにワクチンの接種を受けたのは1人だけですが、重い副作用などは確認されていないため、今後、試験を100人規模にまで拡大する予定です。ただ、欧米の専門家からはロシア製のワクチンの安全性や効果を疑問視する声が上がっています。また、アメリカ政府などはロシアがワクチンの開発情報を盗み出すため、他国の研究機関にサイバー攻撃を仕掛けていると非難しています。
“世界初”か ワクチン接種10月開始と発表 ロシア
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 “世界初”か ワクチン接種10月開始と発表 ロシア  ロシア政府は新型コロナウイルスのワクチン開発に成功し、10月から無料で大規模な接種を始めると発表しました。  タス通信によりますと、ロシアのムラシュコ保健相は1日、ガマレヤ研究所が開発したワクチンの臨床試験が終了したと発表しました。10月からまずはロシア国内の医療関係者や教員を対象に無料で大規模な予防接種を始めるということです。実用化されれば世界で初めての新型コロナウイルスのワクチンとなる見通しです。ただ、欧米の専門家からはロシア製のワクチンの効果や安全性を疑問視する声も上がっています。
日本向けワクチン6000万人分で米製薬会社と合意
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 日本向けワクチン6000万人分で米製薬会社と合意  政府は新型コロナウイルスのワクチン6000万人分を日本向けに供給することでアメリカの製薬会社と基本合意したと発表しました。  加藤厚生労働大臣:「本日、米国ファイザー社が新型コロナウイルスのワクチン開発に成功した場合、来年6月までに6000万人分のワクチンを日本に対して供給を受けるということについて、ファイザー社と基本合意に至りました」  加藤厚労大臣が取材に応じ、アメリカの製薬会社「ファイザー」との間で基本合意したと発表しました。ファイザーが開発しているワクチンが完成すれば来年6月末までに6000万人分を日本向けに供給することになるということです。ファイザー以外の他社とも協議を続けるとしています。
英のワクチン日本に?国内治験待つと「供給遅れる」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 英のワクチン日本に?国内治験待つと「供給遅れる」  イギリスの製薬大手が新型コロナウイルスのワクチンについて、日本へ1億回分の供給を目標にすると明かしました。早ければ9月にも実用化が始まる予定ですが、日本で行き渡るまでにはハードルがありそうです。  イギリスの製薬大手のアストラゼネカとオックスフォード大学は20日、ワクチンの臨床試験で「強い免疫反応を確認した」と発表しました。現在、最終的な臨床試験が行われていて、早ければ9月にも実用化が始まる予定です。そのアストラゼネカ社の会見で新たな情報が分かりました。  アストラゼネカ社、パスカル・ソリオCEO(最高経営責任者):「できる限り早く1億回分のワクチンを日本に供給することを目標としています」  アストラゼネカ社は供給予定の20億回分のうち、日本へは1億回分を目標とする一方、こんな指摘も…。  アストラゼネカ社、パスカル・ソリオCEO:「もし日本での治験の結果を待たねばならないのであれば、日本への供給は当然、遅れることになります」  日本では国から「薬」として承認されるために人での効果と安全性を調べる治療試験「治験」を適正に行わなければなりません。アストラゼネカ社は日本で再び治験を行えば供給が遅れると懸念しています。  日本医科大・北村義浩特任教授:「このワクチンが日本で使われるためには日本で承認されないといけないので、その承認をどうするのか」  日本の治験は多くの様々な世代に行い、適切な量と安全性を確認するため、長期間かかるとされています。北村先生は、現時点での報告では今回の…
ワクチン開発企業にサイバー攻撃 米 中国人を起訴
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ワクチン開発企業にサイバー攻撃 米 中国人を起訴  アメリカのトランプ政権は、新型コロナウイルスのワクチン開発などに携わる企業にサイバー攻撃を試みたとして中国人ハッカー2人を起訴したと発表しました。  アメリカ司法省によりますと、起訴されたのは33歳と34歳の中国人ハッカー2人で、新型コロナウイルスのワクチンや検査キットを開発する企業のコンピューターのネットワークで外部からの攻撃に弱い部分を探し、侵入を試みたということです。2人の身柄はまだ拘束されておらず、司法省が情報提供を呼び掛けています。2人はこれまで10年以上にわたり、日本を含む10カ国以上のハイテク企業などにサイバー攻撃を仕掛けて機密情報を盗んでいたとされています。その被害額は数億ドル、日本円で数百億円相当に上るということです。一連の犯行には、中国の情報機関からの指示を受けたものもあったということで、新型コロナウイルスを巡るアメリカと中国の対立がさらに激化する要因となりそうです。
コンテイジョン
コンテイジョン(吹替) コンテイジョン 香港出張からアメリカに帰国したベスは体調を崩し、2日後に亡くなる。時を同じくして、香港で青年が、ロンドンでモデル、東京ではビジネスマンが突然倒れる。謎のウイルス感染が発生したのだ。新型ウイルスは、驚異的な速度で全世界に広がっていった。 米国疾病対策センター(CDC)は危険を承知で感染地区にドクターを送り込み、世界保健機関(WHO)はウイルスの起源を突き止めようとする。だが、ある過激なジャーナリストが、政府は事態の真相とワクチンを隠しているとブログで主張し、人々の恐怖を煽る。その恐怖はウイルスより急速に感染し、人々はパニックに陥り、社会は崩壊していく。国家が、医師が、そして家族を守るごく普通の人々が選んだ決断とは──?
コンテイジョン
コンテイジョン(字幕) コンテイジョン 香港出張からアメリカに帰国したベスは体調を崩し、2日後に亡くなる。時を同じくして、香港で青年が、ロンドンでモデル、東京ではビジネスマンが突然倒れる。謎のウイルス感染が発生したのだ。新型ウイルスは、驚異的な速度で全世界に広がっていった。 米国疾病対策センター(CDC)は危険を承知で感染地区にドクターを送り込み、世界保健機関(WHO)はウイルスの起源を突き止めようとする。だが、ある過激なジャーナリストが、政府は事態の真相とワクチンを隠しているとブログで主張し、人々の恐怖を煽る。その恐怖はウイルスより急速に感染し、人々はパニックに陥り、社会は崩壊していく。国家が、医師が、そして家族を守るごく普通の人々が選んだ決断とは──?
第23話 かえってきたクラマ!
魔神英雄伝ワタル2 第23話 かえってきたクラマ! 流れ着いた島で、トリ人間と化した海火子に出会ったワタルたち。実は、島の支配者Dr.モロQが「メカッ蚊」で人々をトリ人間に変え、「ブラックボール」を探させていた。そんな中、ワタルたちは人々を人間に戻す「トリモドスワクチン」の開発者ヒデーヨ博士と一緒に様子をうかがっていたところをメカッ蚊に襲われて…。
Ep.3
本当にあった奇妙な科学実験史 Ep.3 俳優ジョン・ノーブルが、かつて実際に行われた一風変わった科学実験の数々を紹介/死者の蘇生などモラルと大きくかかわる実験の歴史を振り返る。1934年、ロバート・コーニッシュは死んだ者をすぐに蘇生させられると主張する。しかし実験に協力しようとする者は死刑囚ぐらいだった。1956年、CIAはモラルを気にせず人を洗脳できる医者を探していた。そこで見つけたのが精神科医のキャメロンだ。彼は人から古い記憶を奪い、新たな思想を植えつけることができると考えていた。ルイス・パスツールは偉大な科学者として知られているが、狂犬病のワクチンを完成させるため、あるウソをついていた。
開発ワクチン6000万人分を確保 若者は無症状...接種の順番は? 自治体がオリジナルの"緊急事態"発出も
無料
報道リアリティーショー#アベプラ【平日よる9時~生放送】 開発ワクチン6000万人分を確保 若者は無症状...接種の順番は? 自治体がオリジナルの"緊急事態"発出も 過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディアでは見られないアベマならではの尖った特集にもご期待下さい。
肥満はコロナ重症化しやすい? 英首相が奇策を発表
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 肥満はコロナ重症化しやすい? 英首相が奇策を発表  肥満がコロナの重症化につながるのでしょうか。新型コロナウイルスに感染したイギリスのジョンソン首相が驚きのコロナ対策に乗り出しました。  イギリス、ジョンソン首相:「私はもうかなり以前から『痩せたい』と思っていました。自分の体重と格闘してきました。増えたり減ったりです」  そんな悩みが生かされるのか。イギリスのジョンソン首相がこの度、発表した政策は「肥満対策」。27日から「ジャンクフード」の「テレビでの広告」などを禁止します。その狙いの一つは「コロナ対策」。感染して重症化したジョンソン首相は、その原因が肥満にあったと考えたといいます。  そんな首相の「側近」が新型コロナウイルスでピンチです。シャップス運輸相が休暇でスペインを訪れていたところ「隔離対象」になったといいます。これはスペインで感染が拡大しているためで、イギリス政府はスペインからの入国者に2週間の自己隔離を義務付けました。問題はこの発表が実施の数時間前だったという点。  ホワイトハウスでは「側近」が感染しました。オブライエン大統領補佐官はイギリスやドイツなどを訪問後に感染が判明しました。周辺はピリピリムード、かと思いきや…。  トランプ大統領:「最近…あいつ見てないな。後で電話してみるか」  そんな大統領は27日、アメリカ・ノースカロライナ州にある富士フイルムの子会社を視察しました。ここではワクチンの原薬を開発中。選挙を意識しているのか、大統領は距離を取ってマスクを着用。その後、こう訴えました。  トランプ大統領:「…