「身長」の検索結果

今すぐ視聴する

のっぽな一家
密着!身長2mの彼女たち のっぽな一家 超巨大な4人の女性、リンジー、ヘイリー、コリーン、ナンシーの物語。リンジーは身長205センチ。11歳で生き別れた父親の行方を追っている。ナンシーは高校生。身長205センチのバスケのスター選手だ。コリーンは36歳で身長198センチ。故郷のサンディエゴに戻ったのをきっかけに恋人を探し始めた。身長200センチのヘイリーは、身長172センチの恋人ブライアンからのプロポーズを待っている。
州一大きな女の子
密着!身長2mの彼女たち 州一大きな女の子 ヘイリーの恋人ブライアンは、彼女の父親に“すぐには結婚しない”と約束したにもかかわらず、プロポーズを決意する。コリーンはネット上でやりとりしていた男性とのデートに臨む。リンジーは父親に対する複雑な感情を整理するため、一番の理解者である母親の元を訪ねる。ナンシーは3週間後のプロムに行きたいと思っているが、上級生の男子から誘ってもらう必要があるため、ネガティブ思考に陥ってしまう。
高身長のお値段
密着!身長2mの彼女たち 高身長のお値段 リンジーは16年前に別れた父親に会いに行くことを決意した。飛行機で父親の住むサクラメントに向かう。一方、オンラインデートが失敗続のコリーン。友人のアドバイスによりマッチメーカーを雇い、デートをセッティングしてもらうことに。プロムに誘われたナンシーはドレス探しに奮闘。ヘイリーはウエディングプランナーと結婚式の準備を進めるが、彼女の父親は早すぎる結婚に未だ反対している。
十人十色
密着!身長2mの彼女たち 十人十色 ナンシーは母親のリクエストに応え、プロムデート相手を自宅に招待し、緊張しながらも家族に紹介する。コリーンは自分より背の低い男性と新たにマッチングされ、デートする。リンジーは16年ぶりに父親と再会するため、複雑な心境で待ち合わせ場所へと向かう。結婚式が近づいているヘイリーは、母親と姉と一緒にウエディングドレスを探しに行く。彼女にフィットする好みのドレスは見つかるのだろうか。
1着目 これは君の物語
無料
ランウェイで笑って 1着目 これは君の物語 「パリ・コレ」を目指す藤戸千雪は、低身長というモデルにとって重大な欠点を抱えていた。周囲から「諦めろ」と言われ続けても千雪は折れない。ある日、千雪はクラスメイトの都村育人の進路調査を回収することになる。クラスメイトたちから「影が薄い」と言われている育人の意外な「将来の夢」を知った千雪は......。
7着目 存在感(オーラ)
ランウェイで笑って 7着目 存在感(オーラ) ようやく勝ち取った雑誌撮影の仕事に訪れた千雪は、そこで出会った高身長のモデルの存在感に圧倒されてしまう。それは、本当はデザイナー志望であり、嫌々ながらモデルの仕事をこなす心だった。打ちひしがれた千雪は帰り道、マネージャーに「モデルを辞めたい」と訴える心の姿を見てしまい......。
10着目 負けられない
ランウェイで笑って 10着目 負けられない 芸華祭当日。それぞれの想いが交錯する中、ステージの幕が上がる。今まで服作りを「勝負事」としてとらえていなかった育人にとって、未知の戦いが始まる。勝ちも負けも今、決まる―――。そうそうたる審査員が揃い、家族が見守る中、育人のショーがスタートして......。
11着目 約束
ランウェイで笑って 11着目 約束 育人のランウェイが終わり、心と千雪のショーが始まる。出会いが最悪で、性格も合わない二人。これまで散々衝突してきた二人は、お互いにとある提案をする。「チームだけどライバル」。そんな二人が創り出すランウェイは、ゆずれない想いを形にしたものだった。
2着目 プロの世界
ランウェイで笑って 2着目 プロの世界 ファッションデザイナーになる夢を秘めてきた育人。 千雪の父で、ファッションブランド・ミルネージュ社長の研二から 働き先を紹介され、新進気鋭のデザイナー・柳田 一の職場を紹介される。 アトリエを訪ねた育人は、柳田の厳しい態度と過酷すぎるプロの現場に驚くのだが......。
3着目 ランウェイで笑って
ランウェイで笑って 3着目 ランウェイで笑って 育人は柳田に同行し、日本最大のファッションの祭典「東京コレクション」に参加することになる。急遽来られなくなったモデルの代わりとしてやってきたのは、千雪だった――。重なるトラブルの結果、育人が千雪の衣装を縫うことになる。緊張で焦る育人に、千雪は語りかける。二人の初めての「ショー」が、今始まる!
4着目 若き才能たち
ランウェイで笑って 4着目 若き才能たち 千雪に出会うまで、家計のためにデザイナーの夢をあきらめ続けてきた育人。いまだに家族に、柳田の元で働いていることを言い出せず悩んでいた。一方、多忙を極める柳田のアトリエに、助っ人としてトップデザイナーの孫・綾野 遠とデザイナー志望の大学生・長谷川 心がやってくる。遠の卓越した技術を見せつけられた育人は......。
5着目 それぞれの流儀
ランウェイで笑って 5着目 それぞれの流儀 日本一の服飾大学・芸華大のファッションショーの予選に挑戦することになった育人。予選をくぐり抜けた者だけがショーに参加する資格を得られる。育人は共に柳田の元で働く長谷川 心が複雑な事情を抱えていることを知り、「一緒に予選に挑戦しないか」と誘う。二人で参加した予選当日、発表された課題は育人にとって不利な課題で......!?
6着目 優越感と劣等感
ランウェイで笑って 6着目 優越感と劣等感 参加者が自分でデザインした服を披露する芸華祭一次予選。育人が選んだモチーフは審査員の予想を大きく裏切るものだった。審査員たちの育人への評価は......!? 一方、夢に向かって突き進む育人に感化された千雪も、自分の力で道を切り開こうと片っ端からモデルの仕事先へ自らを売り込んでいた。
8着目 デザイナーの器
ランウェイで笑って 8着目 デザイナーの器 母親の容態が悪化したという報せを受け、病院に駆けつける育人。さらには滞納していた治療費がのしかかり、育人はバイトを増やすため苦渋の思いで柳田と遠に「仕事を辞めさせてほしい」と伝える。そんな育人の元に、心のマネージャー・五十嵐がやってきてある提案を持ちかけるのだが......。
9着目 好敵手(ライバル)
ランウェイで笑って 9着目 好敵手(ライバル) パリから帰国した千雪に「芸華祭で自分のショーに出てほしい」と誘う育人だったが、柳田との関係を修復するため、アトリエに連行されてしまう。そこで、モデルの仕事に向かおうとしていた心に出くわす。心が本気でデザイナーを目指していると知った千雪は、マネージャーの五十嵐と対峙するのだった。
12着目 これは僕の物語
ランウェイで笑って 12着目 これは僕の物語 芸華祭ファッションショーもいよいよ大詰め。にわかに観客が増える中、綾野 遠のショーが始まる。遠のテーマは育人と同じ「調和」。遠の持つ圧倒的な技術とセンスは、育人の感情を揺さぶり、羨望させる。大喝采でショーが終わり、いよいよ育人たちの運命の審査結果が発表されるのだった―ー。
#3【C-ZUKA vs 443】身長差10cmを覆す圧巻の試合
Krush 2018 #3【C-ZUKA vs 443】身長差10cmを覆す圧巻の試合 2018年1月27日に開催された、Krush.84の厳選シーンをAbemaTVが厳選してお届け!
#02 私を信じて
はるかなレシーブ #02 私を信じて 何も知らずに成美&彩紗ペアとの再戦を約束した遥。しかし、彼女たちは全国チャンピオンだった。1週間後の再戦に向け、遥は経験者のかなたからビーチバレーの特訓を受ける。
#03 昔の自分を取り戻したいって思ってる
はるかなレシーブ #03 昔の自分を取り戻したいって思ってる 転入先の高校で遥は双子ペアの紅愛&恵美理と出会う。彼女たちがビーチバレー部を作るため仲間を集めていると知った遥はすぐに入部する気に。かなたも一緒に入部することになるが……。
#04 私達にぴったりだと思わない?
はるかなレシーブ #04 私達にぴったりだと思わない? ビーチバレー大会へ参加することにした遥たち。大会へ向けて練習を重ねる中、遥はかなたに早く追いつきたいと感じる。そこで、かなたには秘密で、紅愛と一緒に特訓を始める。
#05 アンタの心が折れるまで
はるかなレシーブ #05 アンタの心が折れるまで ビーチバレー大会が始まった。遥&かなたペアの初戦の相手は、水着を取り合った相手、愛衣&舞ペアだ。リベンジマッチと意気込む遥。だが、舞たちにも負けられない理由があった。
#06 折れないよ、私は
はるかなレシーブ #06 折れないよ、私は 1セット目を先取した遥&かなたペアが、2セット目で苦戦を強いられる。早々に1回戦を勝ち抜けた紅愛&恵美理や祖母のソラが見守る中、遥は何度もブロックに挑戦するが……。
#07 もう友達でしょ
はるかなレシーブ #07 もう友達でしょ ビーチバレー支部に入部希望のあかりがやってきた。彼女はアイドル並みの人気を誇る成美&彩紗ペアのようになりたいと話すが、そこには彼女なりの、ある理由が隠されていた。
#08 約束守ってみせるから
はるかなレシーブ #08 約束守ってみせるから 紅愛と恵美理の母でプロコーチのマリッサが、遥たちを指導してくれることに。さっそくマリッサのスパルタ特訓を受けた遥&かなたは、改めてペアとして大切なことに気づく。
#09 これが私の気持ちです
はるかなレシーブ #09 これが私の気持ちです 全国大会への出場枠が1枠となり、遥&かなた、紅愛&恵美理のどちらかしか全国にいけないことに。あかりはそのことをいち早く知り、先輩たちにどう伝えるべきか悩んでしまう。
#10 アタシが戦いたかったのは
はるかなレシーブ #10 アタシが戦いたかったのは 沖縄予選決勝戦、遥&かなたと紅愛&恵美理の直接対決が始まった。実績で上回る紅愛&恵美理が優勢となる中、恵美理の脳裏に、攻撃を姉任せにしていた幼い頃の記憶が蘇る。
#11 ここまできたら真っ向勝負
はるかなレシーブ #11 ここまできたら真っ向勝負 決勝戦2セット目、かなたの目を見た紅愛は、ジュニア大会で、かなた&成美ペアに敗れたときのことを思い出していた。かなたの目にそのときと同じ力強さが戻っていたからだ。
#12 だから私たちは、かけがえのない一人を選ぶ
はるかなレシーブ #12 だから私たちは、かけがえのない一人を選ぶ 決勝戦最終セット。遥&かなたペアがマッチポイントを迎えた場面で、遥の渾身のジャンプドライブサーブが放たれた! 果たして全国への切符を手にするのはどちらのペアか!?
#01 エースなんて必要ないの
無料
はるかなレシーブ #01 エースなんて必要ないの 東京から来た遥を沖縄の空港で出迎えてくれたのは、いとこのかなただった。かなたとともに祖母の家に到着した遥は、家の前に広がる海に感激。駆け出した海辺でビーチバレーをする2人の少女と遭遇する。
#4 初めての飛翔
あひるの空 #4 初めての飛翔 丸高の不良たちが百春たちに恥をかかせるために画策し、丸高バスケ部との練習試合が決定。千秋を除いた4人が試合に出てくれることになり、初めて5対5のバスケができると張り切る空。そして、練習試合当日。キャプテンの千葉、エースの常盤と、神奈川でも5本の指に入るといわれるほどの実力者を擁し、全員がバスケに有利な高身長の丸高バスケ部が登場。そんな不利な状況にもかかわらず、空は「秘策がある」と宣言。ついに、空にとって初めての試合開始のホイッスルが鳴り響く。