「車 番組」の検索結果

今すぐ視聴する

キャデラック・エルドラド
無料
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ キャデラック・エルドラド ダンスとドラムが大好きで母親想いのビッグ・ロンが乗る84年式キャデラック・エルドラドは高級アメ車の威厳が欠片も残っていない。4本バラバラのタイヤ、無くなったグリル、バイナルトップが剥がれ落ちたルーフは無残な状態。インテリアも最悪でシートはボロボロ。ヘッドライナーが剥がれた天井からはスポンジの粉が落ちてきてゴーグル無しでは運転不可能!果たして彼のエルドラドは王者の威厳を取り戻すことが出来るのか!?
フォード・エスコート
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ フォード・エスコート 22歳のキアラが乗る91年式フォード・エスコートに与えられる形容詞は放送禁止用語しか出てこない!スーパーのカートをぶつけられてへこんだボディ、カバーがボロボロに剥げてしまったシート、ひび割れだらけのダッシュボード。中学や高校でダンスを教えている彼女の車は生徒からも馬鹿にされまくり。バンドのボーカルを目指す彼女の人生と愛車に輝くときは訪れるのか?
ワーゲン・ワーゲン・バス
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ ワーゲン・ワーゲン・バス イケてる愛車があれば混んで、乗り心地の悪いバスに乗る必要など無いが、ライアンは嫌でも最悪な状態の58年式のフォルクス・ワーゲン・バスを運転しなきゃならない...。穴が飽いているだけの窓と鳥のフンだらけのボディ。エンジンスタートはむき出しの配線直結で、地金むき出しの内装はサビだらけ。しかし母親を支えるのに精一杯で改造など到底無理。究極のサーフバンに乗るというサーファーの彼の夢は叶うのか?
シボレー・サバーバン
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ シボレー・サバーバン 85年式シボレー・サバーバン。高級SUVの元祖とも言える車だが、アリスが乗るこの車は大修理が必要なほど疲れきっている。ボディはあちこち腐食し穴が開いていて、おまけに鳥のフンだらけ。曲がったエンブレム、取れかかったアンテナ、ドアはロックも出来ないし、まともに開閉もできない。乗っているだけでだらしない人間と思われそうなポンコツ車だが、他に足がないから仕方ない。ヘアメーク・アーティストを目指す彼女の愛車は、きちんとメーキャップされ生まれ変わるのか?
シボレー・ブレイザー
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ シボレー・ブレイザー 22歳エリンが乗る、87年式シボレー・ブレイザーはもう燃え尽きた状態。無残なへこみやこすり傷だらけのボディは修理しようと盛ったパテで余計に汚くなっている。ブレーキを踏めば勝手に倒れるリアシート、ドライバーでしか開かないバックドア。ここまでボロいのに保険を通すための修理費で合計1万ドルもこの車に注ぎ込んでいる。16歳の時自分で買って以来乗り続けている愛車だが、働いて直しての繰り返しで暮らしも、車の状態良くならない。彼女がしてきた努力が報われる日は来るのか!?
アキュラ・レジェンド
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ アキュラ・レジェンド ジョシュの乗る88年式アキュラ・レジェンドは忘れ去られた伝説(レジェンド)だ。自分で補修を試みるも途中で資金が尽き、中途半端な修理痕だらけのボディ。ブレーキングとともに外れてしまったバンパーは助手席に積んである。電気系統もいかれ、クラクションを鳴らすと何故かワイパーが動き出す始末...。ゲットーの子供の教育プログラムを立ち上げた彼は、自分がオンボロで悪人が高級車に乗っているのが納得できないと憤る。果たして彼の車に新しい伝説は始まるのか!?
ニッサン・240SX
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ ニッサン・240SX ゲーム好きのクォヴェットがTVゲームと同じ車に乗りたくて手に入れた89年式ニッサン・240SX。しかし中途半端な改造で無残な姿に...。資金も底をつき元に戻すことさえ出来ない。取り付け工賃がパーツ代より高いことに後から気付き、両面テープで取り付けたエアロパーツは外れかけ、交換したレーサーシートは高くて頭をぶつけずに乗れない。おカネをかけて修理すればするほど何故かボロくなって行く彼の車は、レースゲームの車のようなカッコいいルックスとスピードを手に入れられるのか!?
フォード・フェアレーン
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ フォード・フェアレーン 車が好きで自動車整備の専門に進学予定のウエストだが、簡単に修理できると思って63年式フォード・フェアレーンを手に入れたのが悪夢の始まりだった。100キロ出すと開いてしまうボンネットはガムテープで止めてあるだけ。エンジンもイカれていて長距離走行は不可能。ヘッドライナーもシートもボロボロでまともなところがひとつもない。重症過ぎていくらお金をかけてもまともにならず、もう修理どころじゃない。果たしてこの最悪なポンコツに救いの手は差し伸べられるのか!?
フォード・エコノライン
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ フォード・エコノライン 昼間に会計士をしながら夜はバンドに燃えるネイトが乗る85年式フォード・エコノラインはバンドメンバーが移動するのにスペースは十分だが、その外観はサイアクでとにかく汚い落書きだらけ!内装もむき出しで、シートとゴミ以外とにかく何もない。オーディオも一切なく、バンドマンが乗るというのに音楽が聴けない悲しい状態...。今は周りから笑われているこの車だが、彼の音楽に掛ける情熱とともに燃え上がることはできるのだろうか!?
シボレー・S10
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ シボレー・S10 サラが乗る88年式シボレー・S10はかろうじて走っているポンコツトラック。ボディのいたるところがサビて塗装は剥げまくり。ボンネットに至ってはもう腐食寸前だ。スペアタイヤはゴムやチェーンで無理やり荷台に固定されている状態。アルミクッションを貼っただけのヘッドライナーや色々取れるダッシュボードパーツ等インテリアも悲惨。しかし婚約者との沢山の思い出が詰まったこの車は彼女にとって家族であり人生そのもの。できれば乗り続けたいという彼女の願いは叶うのか!?
シボレー・キャバリエ
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ シボレー・キャバリエ 22歳のブルックが乗るシボレー・キャバリエは超イケてないコンバーチブル。へこみや擦り傷だらけのボディは歪んでトランクがまともに閉まらない。車上荒らしで切り裂かれた幌は縫いあわせてみたものの、勿論使えない。そのせいで常にむき出しの車内は不潔で友達からゴミ溜めと言われる始末...。修理にお金をかけても状況は全然良くならず、大学院に進学したいがお金が一向に貯まらないと嘆く。貯金して教授を目指す彼女は、修理費のかからない車を手に入れることが出来るのか!?
シボレー・カブリス
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ シボレー・カブリス スケボーに人生をかけるトムが乗る96年式シボレー・カブリスはなんと以前はパトカーとして使用されていた。しかし今では公然わいせつ罪で取り締まられる側になりそうなほどひどい外観だ!パッと見パトカーなので、周りのスケーターから嫌がらせで卵をぶつけられまくったボディ。シートのカバーはあちこち破れ、パトカーには不要なのか、オーディオ関連の機器は全て取り払われている。果たしてこの車はスケーターの彼に似合う、イカした車に変身できるのか!?
第1話 走れメロス
無料
文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~ 第1話 走れメロス この世界には無数の本があるが、それらをこの世界から消し去ろうとする“侵蝕者”がいる。侵蝕者の標的となってしまった本には、その本を書いた作家の魂が囚われてしまうのだ――。 太宰治は、走っていた。自分の身代わりとして、磔となっている親友との約束を果たすために。しかし、友の元に戻れば自分が王に殺される……。太宰の心は揺れるが、走り続けて王宮へ戻るようにとけしかけてくる不思議な男が現れる。 幾多の困難を乗り越え、太宰は日没前に友が待つ王宮へとたどり着く。だが、王に促され親友の顔を改めて確認すると、それはかつて自分を裏切った人物だった……。
第2話 桜の森の満開の下 前編
文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~ 第2話 桜の森の満開の下 前編 本の中に入り込み、侵蝕者により自著の中に囚われた作者を救う“潜書”ができるのは、アルケミストによって転生させられた文豪のみだ。 坂口安吾の『桜の森の満開の下』に潜書していた織田作之助が、大怪我を負って帰還した。傷がひどく、再び本の中に戻ることが困難な織田に代わり、芥川龍之介、そして坂口、織田と同じ“無頼派”である太宰が潜書に行くと申し出る。無事潜書できたふたりは、それぞれ美しい女性に遭遇するのだった。一方、なんとか起き上がった織田は、「今の安吾は危険すぎる」と、芥川と太宰を案ずる。
第3話 桜の森の満開の下 後編
文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~ 第3話 桜の森の満開の下 後編 「大切な女房が首をほしがっているから……」と、太宰の目の前で美女の首を斬り落とした坂口。その姿は、作中に登場する“山賊の男”そのものだった。坂口は太刀を振りかぶり、太宰をも斬ろうとするが、既のところで芥川が助けに入る。その後しばらく、山賊と化した坂口とその女房の様子を偵察していた芥川と太宰。物語を正しく完遂させて侵蝕者を消滅するために、ふたりは物語を強制的に動かすことを決意し、ある行動に出るのだった。そのころ図書館では、再び潜書しようとしていた織田が「坂口があの本の囚われているのは、たぶん自分と太宰のせいや」と、中原中也に語る。
第4話 月に吠える 前編
文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~ 第4話 月に吠える 前編 ヨージはある日、バスの中で遭遇した美しい少年・ハルカに心惹かれる。ハルカが読んでいた『斜陽』に興味を持ったヨージが、書店で探していると、どこからともなく本の作者や在り処をガイドする声が聞こえてくる。ヨージは文豪の姿と声を見聞きできる少年だったのだ。ハルカと親交を深めるために本を読み始めたヨージだが、徐々に文学に魅了されていく。しかしある日、大好きだった本たちが突如消え失せてしまう。消失したものが何だったのかも思い出せず、ただ喪失感で苦しむヨージは、ハルカに連絡を取ろうとするが……。
第5話 月に吠える 後編
文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~ 第5話 月に吠える 後編 萩原朔太郎の『月に吠える』へと潜書した芥川ら、文豪たち。ピストルの音を聞き、駆けつけてみると、血だまりの中に中原が沈んでいた。太宰が声をかけてみると普通に受け答えをする中原だが、「どうやら死んでいるみたいだ」と言う。事態を解決するため、中原を殺した犯人を推理する太宰。その犯人が判明した瞬間、今度は太宰が中原同様の“意識のある死体”となって血だまりに沈んでいた! 犯人……つまり侵蝕者は、この物語の世界そのものに干渉していると、芥川は推測するが……。
第6話 地獄変 前編
文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~ 第6話 地獄変 前編 武者小路実篤と志賀直哉が新たに転生し、図書館へやってきた。生前から志賀のことが気に入らない太宰はイライラを募らせ、芥川本人に向かって『羅生門』を批評する志賀を見て、怒りを爆発させる。そんななか武者小路が、図書館という閉鎖空間での生活がストレスを溜めると考え、全員で農業を始めようと提案。太宰たちが嫌がるも、王子様然としたところのある武者小路は無理くり押し切り、文豪たちは農業を始めることになってしまう。志賀に対抗心を燃やす太宰は、「どちらがおいしい農作物を作るか、芥川先生に判断してもらおう」と、勝負を持ちかける。
第7話 地獄変 後編
文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~ 第7話 地獄変 後編 芥川の『地獄変』が突如侵蝕され始め、芥川本人も本に飲み込まれてしまった。助けたい太宰たちだが、誰ひとりとして本に呼ばれず、潜書ができない。いてもたってもいられない太宰は、無理やり本に触れて潜書を試みるが、即座に体が侵蝕されてしまい、もがき苦しむ。志賀が加勢し、再び本を掴んで侵蝕の苦しみに耐えるふたりだが……!?
ジャガー・Eタイプ
名車再生!クラシックカー・ディーラーズ ジャガー・Eタイプ 買い付け担当のマイクとメカニックのエドがタッグを組んで、クラシックカーをよみがえらせる人気シリーズ/今回の車はジャガー・Eタイプ。クラシックなジャガーのEタイプは最高に美しい車。マイクは激安のジャガー・Eタイプに飛びつくが、リスキーな賭けとなってしまう。部品の取り換えに大金がかかるのだ。美しい車の復元は失敗に終わってしまうのか?
モーリス・マイナー・トラベラー
名車再生!クラシックカー・ディーラーズ モーリス・マイナー・トラベラー モーリス・マイナーは頑丈でかわいらしい、とても使い勝手のいいイギリスのクラシックカー。その中でも木材を使った個性的なデザインのトラベラーは大ヒットした。マイクは中古のトラベラーを探すが値段が高く、状態も良くない。何とかまともな状態のものを購入し、エドが修復を始めるがとんでもないことに...。
フォード・ポピュラー103E
名車再生!クラシックカー・ディーラーズ フォード・ポピュラー103E 今回マイクが買い付けを狙っているのはフォード・ポピュラー103E。昔マイクの父親が持っていた車で、いつか自分もほしいと子供の頃から思っていた車だ。しかしフォード・ポピュラーは高く、非常に珍しい。そのうえ状態がよくないことが多いのだ。案の定、マイクが見つけたのも状態がよくない。
FSM・シレーナ105
名車再生!クラシックカー・ディーラーズ FSM・シレーナ105 マイクが今回訪れたのはポーランド。お目当てはFSM・シレーナ105。番組で扱った名車の中でもレアで、異色な車だ。シレーナは見た目も雰囲気も50年代らしい車。非常に変わっているため、ポーランド以外の国では知名度が低い。マイクとエドは手に入れたシレーナを再生し、さらなる価値を加え、高値での売却を目指す。
ロータス・エリーゼS2
名車再生!クラシックカー・ディーラーズ ロータス・エリーゼS2 ロータス・エリーゼS2はドライバーがあこがれる名車。見た目も最高でスピードも出て、まるでレースカーだ。マイクはエリーゼを再生し、付加価値を加えようとするが、ある問題が。エリーゼはすでに完璧なため、さらに価値を加えることなどできないのだ。そこで、公道だけでなくレーストラックも走れる車に再生することに。
フィアット・ディーノ
名車再生!クラシックカー・ディーラーズ フィアット・ディーノ クラシックカーの買い付けを担当するマイクとメカニックのエドがタッグを組んで、クラシックカーをよみがえらせるシリーズ/今回の車はフィアット・ディーノ・クーペ。マイクはレアなフィアット・ディーノ・クーペを探すため、イタリアを訪れる。求めていた車を見つけたものの、このままでは買い手を見つけるのは難しそうだ。エンジンもインテリアもボディパネルもすべて修理する必要があるのだ。
コブラ
名車再生!クラシックカー・ディーラーズ コブラ クラシックカーの買い付けを担当するマイクとメカニックのエドがタッグを組んで、クラシックカーをよみがえらせるシリーズ/今回修復するのはコブラのレプリカ。コブラのレプリカは価格の幅が広く、1万ドルで売り出されているものもあれば、4万ドルのものもある。マイクは走行距離の短い、未登録の車両を発見する。しかし登録するには、厳しい排ガステストに合格しないといけない。エドは力を入れて修理を始める。
ポルシェ924 前編
名車再生!クラシックカー・ディーラーズ ポルシェ924 前編 車の買い取りのことなら何でも知っているマイクが購入したのは中古のポルシェ924。名メカニックのエドの腕でこの車をよみがえらせて、再び道路を走らせたい。さらに再生後に買い手を見つけて高値で売り、利益を出すのが目的だ。しかしまずは修理から。この車の状態は?
ポルシェ924 後編
名車再生!クラシックカー・ディーラーズ ポルシェ924 後編 前回マイクが購入した中古のポルシェ924をメカニックのエドが修理する。ポルシェ924は美しい車だが、マイクが購入したものは時間の経過でかなりガタがきてしまっている。しかしエドならよみがえらせることができるはずだ。無事に美しく再生させて、買い手を見つけることはできるのか?
トヨタ・初代MR2 前編
名車再生!クラシックカー・ディーラーズ トヨタ・初代MR2 前編 今回マイクが選んだのは日本車だ。購入したのは中古のトヨタ・初代MR2。いい状態とは言えないが名メカニック、エドの魔法でよみがえらせれば高値で売れるかもしれない。エドは早速点検に入る。大がかりな修理が必要なければいいのだが...。
トヨタ・初代MR2 後編
名車再生!クラシックカー・ディーラーズ トヨタ・初代MR2 後編 マイクとエドが再生しているのはトヨタ・初代MR2。エドは作業場で修理を進める。一方マイクはある会社を訪れていた。MR2のホイールを新しくしようと考えているのだ。果たして2人はこの車を美しくよみがえらせることはできるのか?そして買い手は見つかるのか?