「輝子」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

#4:センターは私のモノ!OPダンスバトル
第2次Popteenカバーガール戦争 #4:センターは私のモノ!OPダンスバトル ▼新メンバー6人が加わった第2次ポプ戦メンバー!最初のバトルは「OPダンスバトル」 ▼『ゆあてぃー』を専属に押し上げるきっかけとなった「センター」の座は譲れない! ▼「めっちゃうまい…」ダンス仕上げまくりの新メンバー6人!いきなりセンターに抜擢!?
#4 : ダンスバトルを制す者はポプ戦を制す
第3次Popteenカバーガール戦争 #4 : ダンスバトルを制す者はポプ戦を制す ▼ついにOPダンスのセンターが決定!圧巻ダンスのバチバチバトルを制するのは誰だ!? ▼下位2人はOP映像に映れない!史上最大サバイバルを生き残れ! ▼OPダンス映像初公開!最強ダンス&スタイリッシュな仕上がりに思わず涙...!
#5:センター決定!“私らしさ”で心を掴め
第2次Popteenカバーガール戦争 #5:センター決定!“私らしさ”で心を掴め ▼ついにOPダンスのセンター3人が決定!新メンバーの逆転なるか? ▼最後の1人は投票で!専属モデルの心をつかんだのはあのメンバー! ▼超POP!なオープニング映像ダンスバージョンが完成!
#2:100人オーディションVS専属モデル
第2次Popteenカバーガール戦争 #2:100人オーディションVS専属モデル ▼全国オーディションを勝ち抜いた100人が激突!ダンス、ウォーキング、アピールタイムで個性爆発! ▼“落とせない…”専属モデルが真剣審査!悩みぬいて選んだ答えは? ▼“絶対にPOPモデルになる!”夢をかなえるシンデレラガール誕生の瞬間!
第120話 「天下取りはお任せを、黒田官兵衛!」
ねこねこ日本史 第4期 第120話 「天下取りはお任せを、黒田官兵衛!」 大名たちがしのぎを削った戦国時代。アイデアマンだった軍師の黒田官兵衛(くろだかんべえ)は、その優れた策略で次々と主君を勝利へと導いた。しかし、優秀すぎるため天下を狙っているのではないかと疑われてしまう。果たして本心はどうなんだ官兵衛!?
#15『お金との向き合い方を変えた!オンライン家計簿アプリ』Zaim・閑歳孝子(かんさい・たかこ)
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #15『お金との向き合い方を変えた!オンライン家計簿アプリ』Zaim・閑歳孝子(かんさい・たかこ) 開発したのは閑歳孝子さん。きっかけは、パートナーのお金に対するある考えに衝撃を受けたことでした。早速会社を立ち上げ、信頼できる仲間とともにサービスの運営に乗り出しました。オンライン家計簿アプリは、いくつもの苦難を乗り越え、スタートから8年で800万ダウンロードを超え、幅広い層から支持されるまでに成長します。そこから見えてきたのは、貯蓄・節約目的だけではない、新たな家計簿の可能性でした。今回は閑歳さんに、「オンライン家計簿アプリ」がもたらす未来について伺いました。
FILE 06:死者からの電話
あれほど逃げろと言ったのに… FILE 06:死者からの電話 【FILE 06】 <バックモニター> 友人同士でドライブしていると… <青鬼オンライン> 青鬼オンラインに都市伝説の名前を入れると… <ホラーハウス> 罰ゲームの肝試しで廃墟にいくと… <たこ焼きパーティー> 友人同士のパーティー中、家に届いたものとは…
#01 「剣の世界」
無料
ソードアート・オンライン #01 「剣の世界」 2022年、次世代ゲーム《ナーヴギア》が開発され、仮想空間へのフルダイブが実現した。《ナーヴギア》初の本格的なVRMMORPG「ソードアート・オンライン(SAO)」は世界の注目を浴び、「SAO」正式サービス開始日、プレイヤーのひとりであるキリトは仮想世界を満喫する。だが「SAO」の開発者・茅場明彦は、全てのプレイヤーたちにこう宣言する。このゲームはクリアするまで脱出不能、そしてゲームオーバーは現実での死を意味する、と。
#16 「妖精たちの国」
ソードアート・オンライン #16 「妖精たちの国」 エギルの店に呼び出された和人は、エギルが差し出したVRMMORPG「アルヴヘイム・オンライン(ALO)」のキャプチャ画像に目を奪われる。その画像にはアスナと思しき女性が映っていたのだ。さらに《ALO》の開発会社は須郷が所属するレクトだと知り、和人はアスナがゲームの中に囚われていると確信。早速、キリトの名で《ALO》にログインしたところ、新しく作成したキャラクターはなぜか《SAO》のデータを引き継いでいた。
ゲーム依存症対策 “利用時間制限条例案”に賛否
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ゲーム依存症対策 “利用時間制限条例案”に賛否  「オンラインゲーム、平日は60分、休日は90分まで」。ゲームやインターネットの利用時間を条例で制限する動きについて皆さんはどう考えますか。  20代男性:「規制しても意味ないと思うんですけど」  成立すれば都道府県の条例では全国で初めてとなるという“ゲーム依存症”に特化した条例に注目が集まっています。それが「ネット・ゲーム依存症対策条例」(仮称・素案)。先週、香川県議会が4月の施行を目指しているこのネット・ゲーム依存症対策条例の素案が示されました。その内容はオンラインゲームの具体的な使用時間制限などを示したもので、18歳未満のオンラインゲームの利用を平日は60分まで、休日は90分まで。さらに、使用する時間帯についても中学生以下は午後9時まで、高校生などは午後10時までに使用をやめるよう求めています。この内容に様々な声が上がっています。  20代男性:「(Q.規制する必要は)僕はないと思います。家庭で決めるべきことであって、そんな周りがどうこう言うことはない」  30代男性:「(Q.規制する必要は)全くないと思います。ゲームを制限しても逆に遊ぶ。ゲームで覚えることとかも結構あると思うので、逆に楽しみを知らない子どもになっちゃうのかなと思います」「(Q.ゲームで学ぶこともあった)僕はあった。ゲームも印象も悪いこともいっぱいあると思うが、それだけじゃなくていいところもちゃんと目を向けて、そういう条例とかを作ってほしいと思う」「(Q.時間制限は)その根拠がよく分からないですね。短い…