「辻居 新平」の検索結果

「辻居 新平」に関する情報は見つかりませんでした。
人気の「スラムダンク 13」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第40話 リバウンド王・桜木花道
スラムダンク 第40話 リバウンド王・桜木花道 リョータの活躍で翔陽に迫る湘北。三井の3ポイントシュートによって、ついに同点に。そして翔陽リードのまま前半終了直前、これ以上得点されれば敗北が決定的という場面で花形にシュートを放たれてしまうが、そのピンチを救ったのは......!?
第36話 シード校・翔陽登場
スラムダンク 第36話 シード校・翔陽登場 第三試合でもファウルを5つ取られ、またまた退場の花道。試合には勝ったものの素直に喜べずにいた。そして晴子に励まされて挑んだ第四試合でも同様に退場処分を言い渡され、もはや花道の「退場王」は不動のものとなってしまう。そのせいか、すでにベスト8まで駒を進め、順調な湘北の中で花道だけは落ち込んだままだった。
第37話 花道・初スタメン!
スラムダンク 第37話 花道・初スタメン! シードで湘北と対戦することになった翔陽高校。ベンチに入らないほどの部員たちが応援席を占領して、息の合った応援を展開するため湘北へのプレッシャーも強い。そんな中で湘北メンバーは、いつにない強い緊張感に包まれていた。特にスターティング・メンバーに選ばれた花道は、ファウルでの退場を極度に嫌がっていた。
第38話 流川の反撃!
スラムダンク 第38話 流川の反撃! 改めて翔陽の強さを知らされた湘北。特にセンター・花形は柔らかな技術の持ち主だった。ペースを握られ、次第に三井や花道のイライラとなり、チーム内に不協和音が。そんな時、流川がパスを出さずゴールに突っ込みシュート、得点。そのプレーと生意気な態度で目がさめた赤木たちは、ようやく自分のペースを取り戻す。
第39話 電光石火のリョータ!
スラムダンク 第39話 電光石火のリョータ! 流川の「全員動きがカタい」という一言でペースを取り戻した赤木たちは、ようやく実力を発揮し始めた。特にリョータは、目にも止まらぬ速攻、突然現れてはボールを奪い、正確無比なパスを展開していく。持ち前の瞬発力をフルに活用し、168cmという身長のハンデにも関わらず、ゴールへと切り込んでいった。
第41話 翔陽エース・藤真登場
スラムダンク 第41話 翔陽エース・藤真登場 リバウンドを制した花道の活躍で最大のピンチを切りぬけた湘北。気力で後半に臨むが、三井の消耗は予想以上だった。だが花道が「リバウンダー」としてその資質を開花させたため、試合は湘北ペースで進んでいく。さらに流川のシュートにより逆転に成功すると、危機感を抱いた翔陽の藤真はついに決断を下した。
第42話 翔陽エース藤真の実力
スラムダンク 第42話 翔陽エース藤真の実力 コートに入った藤真の活躍はめざましかった。他のメンバーもそれに呼応するように好プレーを連発し、別のチームに生まれ変わったようなプレーを見せる。差をつけられかけ安西がタイムアウトを取る。体力の限界を感じさせる三井にライバル心を燃やすのは、中学時代に三井を止めることができなかった翔陽の長谷川だった。
第43話 三井、限界か!?
スラムダンク 第43話 三井、限界か!? 長谷川の執拗なチェックを受けていた三井は、気力だけで立っている状態だった。後半も残り10分を切り、46対40で翔陽がリード。そこで安西は三井と花道が状況を打破すると読む。しかし花道は4つ目のファウルをとられて退場のピンチに陥り、積極的なプレーができなくなってしまった。
第44話 三井! 嵐の3ポイント
スラムダンク 第44話 三井! 嵐の3ポイント 中学時代の三井を見て以来、彼を上回ることを目標に練習してきた長谷川は、三井を激しくチェック。疲労がピークの三井だったが、気力だけで3ポイントシュートやフリースローで次々と得点。3点差まで追いつき、湘北ベンチにも活力が戻った。だが花道だけは4ファウルの影響で、積極的なプレーができずにいた。
第45話 退場目前!?花道ピンチ
スラムダンク 第45話 退場目前!?花道ピンチ 翔陽は4ファウルで積極的なプレーを怖がっている花道にターゲットを移した。その最中、執念でボールを追った三井が勢い余って翔陽ベンチに突っ込み、木暮と交代することに。その間に流川は花道に言う、「らしくねーんじゃねーのか」。それに触発された花道は、コートに頭を叩きつけて自分を取り戻すのだった。
第46話 花道、熱きダンク
スラムダンク 第46話 花道、熱きダンク 後半残り2分30秒でスコアは60対60。ボールは花道の手に渡り、一気にゴールへと持ち込みシュート体勢に入る。立ちふさがる花形たち2枚の壁。会場のすべての視線が、そして晴子の目が注がれた中、花道は2枚の壁をモノともせず、豪快にリングの中へとボールを叩きつけた......!!
第13話 湘北vs陵南 燃える主将!
無料
スラムダンク 第13話 湘北vs陵南 燃える主将! 気合いを入れて乗り込んだ陵南。赤木と魚住の間で早くも火花が散るなど、対決はすでに始まっていた。そんな中、発表されるスタメン。しかし一年生から選抜されたのは流川だけで、当然のことながら花道の名前はない。花道はだだをこねたが、安西が「キミは秘密兵器だから」となだめたことでようやく納得するのだった。
第69話 ゴリ異変!
スラムダンク 第69話 ゴリ異変! 2対2で続く陵南戦。それまで順調にゲームを進めていた湘北だったが、魚住が赤木に接触したところから不穏な空気が流れ始める。魚住にはね飛ばされた際に床に叩きつけられた赤木が、完治したはずの足を気にしはじめたのだ。「テーピングがゆるくないか?」「悪化したのではないか?」...プレーが散漫になり始めた赤木はフリースローを失敗し、パスミスや30秒ルールにかかるなど凡ミスを連発してしまう。そこに気がついた陵南は、赤木でなければ止められなかった魚住にボールを集めて猛反撃を開始。木暮がタイムアウトを取った時には4対13という大差をつけられてしまう。
第79話 BW!陵南の反撃
スラムダンク 第79話 BW!陵南の反撃 魚住が驚異的な集中力を発揮し始めたため、湘北のワンサイドゲームになりつつあった流れが次第に変わり始めていた。残り5分で13点差という陵南にとっては絶望的な状況だったが、魚住がチームをリードし始めて湘北をジリジリと圧倒する。そしてあと1ファウルで退場という危機的な状況であるにも関らず、魚住はファウルギリギリのスーパープレーを連続させていった。一方の湘北は、流川以外の4人が3ファウルであることに気づき油断のないよう気持ちを引き締める。しかしすでに田岡は、その弱点とも言うべきものを“湘北の不安要素”と呼び、注意を払っていた。