「選手 最新」の検索結果

今すぐ視聴する

K-1 GP 2017.6.18 大雅 vs 皇治
9.18 K-1 出場選手特集!武尊・大雅 K-1 GP 2017.6.18 大雅 vs 皇治 K-1 GP 2017.6.18 大雅 vs 皇治
K-1 GP 2017.6.18 武尊 vs ブバイサ・パスハエフ
9.18 K-1 出場選手特集!武尊・大雅 K-1 GP 2017.6.18 武尊 vs ブバイサ・パスハエフ K-1 GP 2017.6.18 武尊 vs ブバイサ・パスハエフ
K-1 GP 2017.4.22 武尊 vs ビクトー・サラビア
9.18 K-1 出場選手特集!武尊・大雅 K-1 GP 2017.4.22 武尊 vs ビクトー・サラビア K-1 GP 2017.4.22 武尊 vs ビクトー・サラビア
K-1 GP 2016.11.3 武尊 vs 小澤海斗
9.18 K-1 出場選手特集!武尊・大雅 K-1 GP 2016.11.3 武尊 vs 小澤海斗 K-1 GP 2016.11.3 武尊 vs 小澤海斗
K-1 GP 2016.11.3 武尊 vs ユン・チー
9.18 K-1 出場選手特集!武尊・大雅 K-1 GP 2016.11.3 武尊 vs ユン・チー K-1 GP 2016.11.3 武尊 vs ユン・チー
K-1 GP 2016.11.3 武尊 vs ジェイミー・ウィーラン
9.18 K-1 出場選手特集!武尊・大雅 K-1 GP 2016.11.3 武尊 vs ジェイミー・ウィーラン K-1 GP 2016.11.3 武尊 vs ジェイミー・ウィーラン
K-1 GP 2017.2.25 大雅 vs 卜部弘嵩
9.18 K-1 出場選手特集!武尊・大雅 K-1 GP 2017.2.25 大雅 vs 卜部弘嵩 K-1 GP 2017.2.25 大雅 vs 卜部弘嵩
K-1 GP 2016 .9 .19 大雅 vs 卜部功也
9.18 K-1 出場選手特集!武尊・大雅 K-1 GP 2016 .9 .19 大雅 vs 卜部功也 K-1 GP 2016 .9 .19 大雅 vs 卜部功也
K-1 GP 2016 .9 .19 大雅 vs 卜部弘嵩
9.18 K-1 出場選手特集!武尊・大雅 K-1 GP 2016 .9 .19 大雅 vs 卜部弘嵩 K-1 GP 2016 .9 .19 大雅 vs 卜部弘嵩
K-1 GP 2016 .9 .19 大雅 vs ハビエル・エルナンデス
9.18 K-1 出場選手特集!武尊・大雅 K-1 GP 2016 .9 .19 大雅 vs ハビエル・エルナンデス K-1 GP 2016 .9 .19 大雅 vs ハビエル・エルナンデス
釜山で開催予定の卓球世界選手権 6月下旬に延期
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 釜山で開催予定の卓球世界選手権 6月下旬に延期  卓球にも影響が出ています。韓国・釜山で予定されていた卓球の世界選手権の延期が決まりました。  呉巨敦(オ・ゴドン)釜山市長は25日に記者会見し、釜山で来月に開催予定だった卓球の世界選手権を6月下旬に延期すると発表しました。韓国で新型コロナウイルスの感染が拡大しているためです。一時は無観客での開催も検討しましたが、「選手の安全を最優先に考慮した」と説明しています。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は北朝鮮にもこの大会への参加を呼び掛けていました。
パラリンピックまで半年 小学生が人文字で「6」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 パラリンピックまで半年 小学生が人文字で「6」  パラリンピックまであと半年。都内の小学生が競技を体験しました。  東京・江東区の学校では小学3年生の109人が開会式までちょうど6カ月となる今月25日に合わせ、校庭で「6」の人文字を作りました。また、全盲クラスの走り幅跳びの日本代表で東京パラリンピックでメダルが期待される高田千明選手による体験授業が行われました。児童はアイマスクを着け、視覚障害の選手と同じ条件で走る体験をしました。高田選手は「障害を持っていても自分たちとあまり変わらないということを知ってもらいたい」と話しました。
サッカー場に突然乱入→華麗なドリブル→一発退場!
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 サッカー場に突然乱入→華麗なドリブル→一発退場!  選手と一緒に、どうしてもサッカーをしたかったのかもしれません。  トルコのサッカー場で試合中に突然、白い犬が乱入してきました。ボールに駆け寄ったかと思うと、今度は華麗なドリブルでボールを操ります。サッカーファンなのか、はたまた、選手のつもりなのか、決してボールを離しません。チームのキャプテンがボールを外へ投げますが、全力で追い掛けた後、再びピッチに戻って来てしまいました。業を煮やした背番号8番のキャプテンが抱きかかえると、犬は暴れることもなく、そのまま場外へ一発退場となりました。この選手のチームは強力な「助っ人犬」のおかげもあってか、試合に勝利したということです。
五輪中国代表ら帰国せず 直接、日本のキャンプ地へ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 五輪中国代表ら帰国せず 直接、日本のキャンプ地へ  新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中国政府は東京オリンピックに向けて卓球などの代表チームが予定より早く日本などでトレーニングを始めると明らかにしました。  中国の国家体育総局は21日、東京オリンピックに参加する各競技の代表チームについて、「早期に出国してトレーニングを開始し、重要な選手に影響が出ないようにする」と発表しました。現在、国外にいる卓球やバドミントン、体操、ボクシング、女子サッカーなどの代表選手については中国に戻らずに直接、日本などのキャンプ地に向かうとしています。中国では大勢の人が集まることが禁止され、代表チームの準備にも影響が出始めていました。
森会長「五輪の中止検討していない」IOC委員長は…
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 森会長「五輪の中止検討していない」IOC委員長は…  「東京オリンピックの中止や延期は検討していない」と強調しました。  組織委員会・森喜朗会長:「東京大会の中止や延期は検討されていないことを改めてはっきりと申し上げたい」  13日から2日間の日程で始まったIOC(国際オリンピック委員会)との会議の冒頭で、森会長は感染が拡大している新型コロナウイルスに触れてこのように述べました。今後は政府と連携して冷静に対応していくということです。一方、IOCのコーツ委員長は「予想外の課題の一つだ」との認識を示しました。今後、IOCとして選手や観客などに影響がないよう日本側の対策を確認していくということです。
「感動で私たちは一つに」東京大会のスローガン発表
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「感動で私たちは一つに」東京大会のスローガン発表  東京大会のモットーが決まりました。  大会組織委員会は17日、東京オリンピック・パラリンピックのモットーを「United by Emotion」にすると発表しました。「感動で私たちは一つになる」という意味で、国籍や文化が違っても、スポーツを通して心を一つにしようというメッセージが込められています。このモットーは、競技会場や街中の装飾などに使われます。選考委員で元競泳選手の松田丈志さんは「世界中でこの思いが共有できれば良い」と話しました。大会モットーは、1988年ソウル大会から各大会で個別のものが使われているということです。
ドーピング問題で出場禁止 ロシア「五輪で国歌を」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ドーピング問題で出場禁止 ロシア「五輪で国歌を」  ドーピング問題で国として東京オリンピックへの出場を禁じられたロシアのオリンピック委員会が会合を開き、国旗や国歌の使用を求める方針を確認しました。  ロシア五輪委員会・ポズドニャコフ会長:「ロシア選手がロシア国旗の下で出場できるよう全力を尽くす」  13日の会合には、ロシアのマティツィンスポーツ相も出席して「東京オリンピックではロシア国歌が何度も流されると期待する」と述べました。WADA(世界反ドーピング機構)はロシアの国としての東京オリンピックなどへの出場を禁止し、国旗や国歌の使用を認めない処分を下していますがロシア側は不服として、スポーツ仲裁裁判所に提訴しています。
コカ・コーラ 五輪聖火リレー先導車両などを公開
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 コカ・コーラ 五輪聖火リレー先導車両などを公開  来月から始まる東京オリンピック聖火リレーに向け、スポンサーのコカ・コーラがランナーを先導する車両などを公開しました。  12日に東京・六本木で開かれたイベントでは、コカ・コーラが聖火リレーで使う3台の車両を公開しました。ランナーを先導する車両は全長約12メートルあり、時速約6キロで聖火ランナーの前を走ります。また、この車両とは別に、本物のトーチを使って記念撮影ができる車両や2階建ての車両の上から聖火リレーを観覧できる車両も全国各地の会場に配置するということです。イベントでは、聖火ランナーに選ばれた7人の男女が元競泳選手の北島康介さんからトーチを受け取りました。過去に2度、聖火ランナーを経験したことがある北島さんは「ランナーも観客も一緒になってオリンピックを盛り上げていきたい」と話しました。
金メダリスト「コロナは五輪までに収束するだろう」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 金メダリスト「コロナは五輪までに収束するだろう」  新型コロナウイルスの感染拡大で東京オリンピック開催への影響が懸念されていることについて、フィギュアスケートの金メダリストが「オリンピックまでに事態は収束するだろう」と述べました。  バンクーバーオリンピックで金メダルを獲得したアメリカのライサチェク氏は20日、横浜市内で東京オリンピック・パラリンピックに向けたイベントに参加しました。日本で新型コロナウイルスの感染が拡大していることで、東京オリンピックの開催を危ぶむ声が出ていることについては、影響は出ないとの考えを示しました。  バンクーバー五輪金メダリスト、ライサチェク氏:「IOC(国際オリンピック委員会)は長い歴史のなか、ずっと五輪の開催を守り続けてきた。日本の当局と協力して開催までに事態を収束させることができると思う」  イベントではスケート教室も開かれました。ライサチェク氏は華麗なスケーティングでお手本を披露しながら、約90人のスケート経験者に対してステップなどを指導しました。  参加した小学生:「金メダルをもらったスケート選手と一緒にレッスンができてうれしかったです」
新K-1伝説 #58
新K-1伝説 新K-1伝説 #58 11月3日、ついに開幕した「K-1 WORLD GP 2016 JAPAN ~初代フェザー級王座決定トーナメント~」。トーナメント第3試合では実力者・神戸翔太が“中国武術の最新兵器”ユン・チーと激突。そして前人未到の二階級制覇を目指す武尊は、“ブリティッシュ・ヤングブランド”ジェイミー・ウィーランと対決。激戦必至の初戦を突破するのは果たして。
新K-1伝説 #34
新K-1伝説 新K-1伝説 #34 第34回の放送は、6月24日・国立代々木競技場第二体育館で行われる「K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~-65kg世界最強決定トーナメント~」から一回戦2試合、山崎秀晃 vs スタニスラブ・レニタ、イリアス・ブライド vs クリス・マセーリを特集。 取材班が各国へ飛び、海外選手の緊急取材を敢行!! 最新情報をお届けいたします。 加えて、4.24「K-1 WGP -60kg日本代表決定トーナメント」代々木大会で行われた渡部太基 vs 山崎陽一の死闘を放送! 混沌とする-70kgの日本人対決を制し、世界へ羽ばたくのはどちらか?
新K-1伝説 #120
新K-1伝説 新K-1伝説 #120 「K-1 AWARDS 2017」開催。2017年に行われたK-1 WORLD GP、Krush、KHAOS、K-1アマチュアの各大会から、全試合、全出場選手を対象に、ベストKO賞、最高試合賞、MVPなど全11部門を表彰。あの名場面の数々をプレイバックするとともに、2017年最も輝いていた選手がここに選出。
新K-1伝説 #75
新K-1伝説 新K-1伝説 #75 2月25日に行われたK-1 WORLD GP 初代ライト級王座決定トーナメント。準決勝に勝ち上がったのは、平本蓮、ゴンナパー・ウィラサクレック、ウェイ・ルイ、クリスチャン・スペトゥクの4選手。決勝戦へ駒を進めるのは果たして。さらに、4月22日のK-1 スーパーファイトに出撃が決まった武尊に迫ります。
新K-1伝説 #78
新K-1伝説 新K-1伝説 #78 2月25日に行われたK-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ライト級王座決定トーナメント~より、スーパー・ライト級の一戦。王者・ゲーオ・ウィラサクレックへの挑戦を見据える野杁正明に対するは、オランダから来襲のユネス・スマイリ。様々な選手の思惑が入り乱れるスーパー・ライト級戦線の行方は。
新K-1伝説 #155
新K-1伝説 新K-1伝説 #155 9月24日「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~初代クルーザー級王座決定トーナメント~」が開幕。新設された-90kgの初代王座を争うのは日本人選手4名と世界の強豪4名。OD・KENは身長2mを誇るイランのシナ・カリミアン。K-Jeeはアメリカのサムライ、ブラインアン・ミクグラスと対戦。
新K-1伝説 #3
新K-1伝説 新K-1伝説 #3 2014年11月3日に旗揚げした新生K-1。第3回目の放送は、K-1日本人最激戦区の-60kg世界トーナメントの模様をお届けします!
新K-1伝説 #16
新K-1伝説 新K-1伝説 #16 第16回放送は、3月4日(金)国立代々木競技場第二体育館で開催された「K-1 WORLD GP ~-65kg日本代表決定トーナメント~」のトーナメント一回戦・野杁正明 vs 木村“フィリップ”ミノルを特集します。
新K-1伝説 #15
新K-1伝説 新K-1伝説 #15 第15回放送は、K-1公式サポーターの関根勤さんが、武尊、卜部弘嵩、卜部功也とともに、2016年のK-1を熱く語ります。また、3月4日国立代々木競技場第二体育館で開催される「K-1 WORLD GP ~-65kg日本代表決定トーナメント~」のトーナメント出場8選手を直撃! さらに、昨年末に行われた武尊の「RIZIN」での試合映像も紹介.
新K-1伝説 #73
新K-1伝説 新K-1伝説 #73 2月25日、8人の選手により初代王座の栄冠を巡って行われた、K-1 WORLD GP 初代ライト級王座決定トーナメント。注目は早くも一回戦で実現する、卜部功也とゴンナパー・ウィラサクレックの優勝候補同士による一戦。本命が勝ち上がるのか。伏兵がそれを阻むのか。過酷なワンデートーナメントがついに開幕する。
新K-1伝説 #137
新K-1伝説 新K-1伝説 #137 3月21日に行われた新生K-1最大のビッグマッチ「K'FESTA.1」。圧倒的な強さを誇るスーパー・ウェルター級王者、チンギス・アラゾフを前にして、日本の日菜太がラストチャンスをものに出来るのか。そしてヘビー級のタイトルマッチではA・プラチバットとR・マナートの、大型選手同士による激突に大注目です。