「郷原信郎弁護士」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

桜を見る会 郷原弁護士「安倍総理は将棋でいう“詰み“」
無料
けやきヒルズ【平日ひる12時〜生放送】 桜を見る会 郷原弁護士「安倍総理は将棋でいう“詰み“」 ネット×TV報道 にとことんこだわったランチタイムの1時間!通勤通学、ちょっとした空き時間、そしてお昼休みに今日のニュースをアップデート!最新ニュースはもちろん、SNSで話題のモノ/ヒトもスピーディーに独自中継を交えて徹底リサーチ!気になる午後のお天気や交通情報もお届け。元SKE48のキャスター柴田阿弥とママキャスター大木優紀が地上波とは一味違った個性派コメンテーターと共に皆さんのランチタイムに厳選したニュースをお届けします。
第2話 鮮烈デビュー!
メジャー 第6シリーズ 第2話 鮮烈デビュー! いよいよメジャーが開幕! 吾郎はホーネッツの開幕第3戦の先発として初登板を果たす。 ついにメジャーのマウンドに立った感慨とともに、さらに頂点を目指す決意をする吾郎は序盤から落ち着いた態度で快調なピッチング。 やがて「メジャー初先発でノーヒットノーラン」という史上初の記録を意識し始めるが…。
第24話 栄光への執念
メジャー 第6シリーズ 第24話 栄光への執念 手術が成功し、退院の日を迎えた吾郎。ディビジョンシリーズを勝ち上がったホーネッツは、次のシリーズを勝ち抜けばノーザンリーグ優勝を決め、ワールドシリーズに進出できる。 チームメイトの活躍を見て、一日も早く復帰したいと焦る吾郎の前に突然ソフィアが現れ、吾郎の生活とリハビリを全面管理すると宣言するが…。
第9話 復活のマウンド
メジャー 第6シリーズ 第9話 復活のマウンド 再びメジャー復帰を目指し、ギブソンがマイナー球団と契約したと知る吾郎は、なぜそこまでギブソンがメジャーに執着するのか理解できない。そんな吾郎に、オリバーは、誰も知らないギブソンの過去について話し出す。 それを聞いた吾郎は、オリバーを通してギブソンから受け取ったメッセージに何かを思うのだった。
第19話 忍び寄る影
メジャー 第6シリーズ 第19話 忍び寄る影 サザンリーグ中地区の首位攻防戦、レイダース対バイソンズで、期せずして初の親子対決をすることになったギブソンとギブソンJr.。 それを見て、ワールドシリーズのことを初めて意識する吾郎だったが、ノーザンリーグ中地区の天王山となる対コヨーテス3連戦を前に、ホーネッツはワッツの救援失敗で負けてしまう。
第3話 逃げ場なきピンチ
メジャー 第6シリーズ 第3話 逃げ場なきピンチ メジャーデビュー戦、ノーヒットのまま7回途中で自らマウンドを降りた吾郎。だが大河は「あの先輩が?」と釈然としない。 2回目の先発の日、試合前のピッチング練習での吾郎はいつもどおりの様子。だが、それを見ていたワッツは「もしかしたら吾郎は『イップス』になっているのでは?」という疑いを抱くのだった。
第6話 プロの資質
メジャー 第6シリーズ 第6話 プロの資質 シルヴァに打たれたものの、自分自身を落ち着かせて後続を断った吾郎。だがカーター監督に「交代していい」と言われると、素直にマウンドを降りる。打たれた悔しさも抑えた喜びも感じられない自分に驚く吾郎。 そんな中、アリスからメジャー再昇格が決まったと告げられ、吾郎はひとりオリバーの元へと向かう…。
第8話 電撃復帰
メジャー 第6シリーズ 第8話 電撃復帰 ギブソンのメジャー復帰会見に衝撃をうける吾郎。 自分やジュニアのために無理しているのなら止めて欲しいと思う吾郎に、ギブソンは「お前らは何も分かっちゃいない!」と言い放つ! だが、復帰後最初の試合で吾郎と投げ合うことになったギブソンは球威も制球力も無く、ホーネッツ打線の連打を浴びてしまうのだった。
第1話 スーパールーキー
無料
メジャー 第6シリーズ 第1話 スーパールーキー ワールドベースボールカップの興奮も冷めやらぬ中、代表選手たちはそれぞれメジャーの開幕に向けて動き出した。 野球への情熱を取り戻しホーネッツのキャンプに合流した吾郎は、日本のマスコミの取材攻勢にあう。 歓迎や慰めのことばにいらつきながらも、吾郎はホーネッツのエキシビション(オープン戦)に登板する。
第12話 暗黙のルール
メジャー 第6シリーズ 第12話 暗黙のルール 快進撃が続き、首位コヨーテスと2ゲーム差に迫ったホーネッツ。そんな中、「荒くれマードック」と呼ばれる問題児がトレードで加入。チームの皆が恐れる中、キーンやワッツは冷静。吾郎は、「自分も問題児扱いされたから」と気にしない。 だがチームに合流した翌日、マードックはいきなり自分勝手で危険なプレーを見せる。