「野島裕史」の検索結果

今すぐ視聴する

第5話 「かわしまあみ」
無料
とらドラ! 第5話 「かわしまあみ」 実乃梨に会うべく大河と一緒にファミレスを訪れた竜児だが、その日彼女は休みでがっかりする。そんな矢先にふたりはそのファミレスで偶然、北村と彼の幼なじみで現役高校生モデルの川嶋亜美に出会う。北村から亜美を紹介された竜児と大河は、ふたりと同席して話をすることに。どうやら亜美は天然のドジっ娘らしいと、彼女のことをほほえましく思う竜児。だが、亜美と大河がふたりっきりになった途端、亜美の様子が一変する。実は、亜美には裏の顔があったのだ。亜美の暴言に腹を立てた大河は彼女の頬にビンタをおみまいする。北村に泣きつく亜美をにらみつける大河。そんな修羅場があった翌朝、登校した竜児と大河は唖然とする。なんと亜美がC組に転入して来たのだ!!
第6話 「ほんとの自分」
無料
とらドラ! 第6話 「ほんとの自分」 夕方、帰り道を歩く竜児と大河のもとに、息をきらせて駆けてきた亜美が、真剣な眼差しで竜児に助けを求めてきた。亜美は後をつけられていた不審者から走って逃げてきたのだ。事情を知った大河はセキュリティの堅い自分のマンションで亜美をかくまうことに……。亜美は大河の憎まれ口に対し「本当の自分なんて、見せる気ないっての」と言い返す。その言葉にニヤリとした大河はある行動に出る。翌日、ひどく疲れた顔をして登校した亜美とは対照的に、大河は大好きな北村から頼み事をされて上機嫌!! それは亜美の友だちになってほしいという頼みだった。さっそく、大河は亜美と一緒に弁当を食べたり、ボランティア活動に参加したりするが……。
第7話 「プールびらき」
無料
とらドラ! 第7話 「プールびらき」 プールびらきを明日に控えた竜児たちは、水着を買いに駅ビルへやって来た。試着で華麗な水着姿を披露する亜美とは対照的に、水着なんかいらないと駄々をこねる大河。試着室に入ったものの、彼女はたくさんの水着に埋もれながら、自分に合うサイズがないと思い悩む。そして竜児をその試着室の中に無理やり連れ込んだ大河は、彼のアドバイスによりようやく水着を決める。しかしその後帰宅しても、大河は不機嫌なままだった……。その理由を尋ねた竜児は、彼女の悩みの種について知る。大好きな北村の前で哀れな姿は見せられないと泣きじゃくる大河。そんな彼女のために、竜児は徹夜で裁縫に没頭する。そしてついに、プールびらき当日がやって来た!!
第8話 「だれのため」
無料
とらドラ! 第8話 「だれのため」 大河と亜美は喧嘩になりかけていたところへ仲裁に入った実乃梨の提案により、水泳勝負で決着をつけることになった! 大河がその勝負に勝てば亜美にとって屈辱的な罰ゲームが行われ、負ければ竜児が夏休み中、亜美の別荘で、彼女とふたりっきりで過ごすことに……。亜美の勝利を予想する生徒たちが多い中、竜児と北村だけは大河の勝利を予想する。そのことがうれしかった大河は竜児指導のもと、水泳の練習に励む。そして市民プールでの練習中、彼女は竜児の前で規格外のスピードを見せる。「これなら亜美に勝てる!」と盛り上がるふたり。だが、竜児のささいな言葉がきっかけでふたりは口論になり、ついには大河が勝負なんかしないと言い出すのだった…。
第9話 「海にいこうと君は」
無料
とらドラ! 第9話 「海にいこうと君は」 亜美の別荘へ遊びに来た竜児たち。そこは目の前にきれいな海が広がる、最高のロケーションだった。竜児はこの機会にもっと実乃梨との仲を深めるのだと気合いを入れる! そんな彼をサポートする大河は、オカルト全般が苦手という実乃梨を怖がらせ、恐怖のどん底に落ちた彼女を竜児が助け出すという作戦を考案する!! その作戦通り、大河があの手この手を使って怖がらせた実乃梨の横で、竜児は恐怖に怯える彼女を落ち着かせるのだった。やがて夕食の時間になると、竜児は実乃梨からのリクエストで辛口カレーを作るのだが、それが実乃梨の口に合い、おかわりされるほどの好評を得る。さらに夕食後、竜児は実乃梨とふたりっきりで皿洗いをすることに。いい雰囲気が続く中、竜児は……。
第10話 「花火」
無料
とらドラ! 第10話 「花火」 旅行2日目の早朝、竜児と大河は昨日の作戦失敗について反省していた……。今度はどうやって実乃梨を怖がらせようかと話し合うふたりの前に、突然北村が現れる。北村に自分たちが昨日の騒ぎの張本人だと知られて焦った大河はとっさに、じつは実乃梨はホラー好きで、その実乃梨を怖がらせて夏の思い出を作っているのだと嘘をついてしまう! それを聞いた北村は、その作戦に協力すると言い出し、亜美にも協力するよう呼びかける。やがて海へとやって来た竜児たちは、作戦を実行すべくみんなで洞窟へ散歩に行くことに。そこには北村による3つの仕掛けが仕込まれていた。しかし、竜児たちは洞窟内を進んでいくうちに、北村の仕掛けとは無関係の"本物の恐怖"に遭遇する!
第11話 「大橋高校文化祭【前編】」
無料
とらドラ! 第11話 「大橋高校文化祭【前編】」 2学期が始まり、竜児たち2年C組の男子生徒は、文化祭の出し物でメイド喫茶やコスプレ喫茶をやりたいと言って盛り上がっていた。その翌日、クラスの皆で文化祭の出し物とミスコンの出場者を決める話し合いが行われた。だがその結果、意外なことに、クラスの出し物は「プロレスショー(ガチ)」に、ミスコンの出場者はなぜか大河に決まる。その大河には、近頃、父・逢坂陸郎から頻繁に電話がかかってきていた……。しかし、陸郎に深い恨みを持つ大河は一切その電話に出なかったため、それが災いして彼から生活費を止められてしまう。そんな時、再び陸郎から大河に電話がかかってきた! お金がないのは困るという大河は電話に出たものの……。
第12話 「大橋高校文化祭【中編】」
無料
とらドラ! 第12話 「大橋高校文化祭【中編】」 2年C組は文化祭でのプロレスショーに向け、クラス一丸となって練習に励んでいた。大河は陸郎と一緒に食事をするようになってから、練習後にくたくたになって帰宅しても、その表情はどこか明るかった。一度失った大河の信頼を取り戻そうとしている陸郎、そんな彼の気持ちに応えようとしている大河。そして、ふたりを見守る竜児。だがそんな穏やかなある日、事件は起きた! 文化祭前日、竜児は陸郎のことを信じられないという実乃梨と喧嘩になってしまったのだ!! 言い争いを続けるふたりは、仲裁に入った大河のおかげで喧嘩をやめる。その晩、竜児はとにかく明日実乃梨に謝るよう、大河に念を押される。そして、ついに文化祭当日がやって来た!
第13話 「大橋高校文化祭【後編】」
無料
とらドラ! 第13話 「大橋高校文化祭【後編】」 大盛況のうちに終わったプロレスショーに続き、ついにミスコンが開会した。続々と出場者が登場する中、かわいらしいドレスを身にまとった大河が登場! ミスコンの司会を務める亜美は、会場に来ているか定かではない陸郎に向けて大河の応援を呼びかけるが、会場は静まりかえったままだった……。一方、会場で大河のことを見守っていた竜児は、陸郎からの携帯メールを読み、愕然としていた……。そんな中、いよいよ亜美の口からミスコンの優勝者が発表された。だがその直後、生徒会長のすみれが突然現れ、ミスターコンテストの開会を宣言! ちょうどその時、舞台にいる大河のもとへ駆けつけようとしていた竜児はそのコンテストに参加することに。
第16話 「踏み出す一歩」
無料
とらドラ! 第16話 「踏み出す一歩」 なんと大河が生徒会長選挙に立候補した!! 当選したあかつきには学校を乗っ取ると、ダークな公約を掲げる大河。彼女が生徒会長になれば、自分たちの学校生活は台無しになると危機感を抱いた生徒たちは、北村の立候補に淡い期待を寄せる。だが、その後も彼が選挙に立候補する兆しはなかった。その頃、大河と彼女のサポート役になった竜児は選挙活動に奔走していた。そんな折、竜児は電話である話を聞いた途端、北村に会うべく自分の家を飛び出す。そして、竜児は偶然土手にいた北村を見つけ、彼の口から選挙を辞退した本当の理由を聞く。竜児に全てを打ち明け、どこか踏ん切りのついた様子の北村は、翌日、金髪を黒く染め直して登校するが……。
第17話 「クリスマスに水星は逆行する」
無料
とらドラ! 第17話 「クリスマスに水星は逆行する」 ソフトボールの試合中、実乃梨はミスをしてしまい、そのエラーのせいで勝てたはずの試合を落としてしまう……。一方、竜児と大河はクリスマスでにぎわう商店街へ買い物に来ていた。クリスマスが大好きで浮かれっぱなしの大河は、竜児と実乃梨の進展が特にないと知るなり、自分が実乃梨との仲を取り持つと言い出す。そして、そのチャンスは意外にも早く巡ってきた! 生徒会主催のクリスマスパーティーが行われることになったのだ!! このパーティーに実乃梨を誘って告白しなさいと、竜児にけしかける大河。だがその矢先、実乃梨は試合に負けたばかりなのに自分だけ浮かれてはいられないと、竜児たちにパーティーに参加しないことを伝える。
第18話 「もみの木の下で」
無料
とらドラ! 第18話 「もみの木の下で」 クリスマスパーティーの準備中、竜児と大河は体育館の前で偶然実乃梨に出会った。この時、実乃梨の様子がどこかおかしいと感じたふたりは、彼女にも来て楽しんでもらえるような素敵なパーティーにしようと誓う! そんな中、北村のことが好きな大河と、最近失恋したばかりの北村とをくっつけちゃおう、という雰囲気がクラスに漂っていた。周囲が人の恋路に口出しするものじゃないと苛立つ竜児。そして期末試験終了後、竜児は北村に想いを寄せる女子生徒・木原から相談があると言われ、ランチに誘われる。だが、大河の用事の手伝いを理由に、その誘いを断った竜児は、大河とともに訪れた郵便局で、彼女がクリスマスを好きな理由について知る……。
第19話 「聖夜祭」
無料
とらドラ! 第19話 「聖夜祭」 竜児と大河はクリスマスパーティー用に着飾り、会場である学校の体育館へとやって来た。そして、北村のあいさつとともについにクリスマスパーティーがスタート! 大河と亜美が歌と踊りを披露したり、裸サンタの北村が登場したりと、大盛り上がりだ!! だが、そこに実乃梨の姿はなかった……。そんな中、竜児は亜美から、実乃梨を呼びに行った大河がそのまま帰宅しようとしていることを聞く。自分がパーティーを楽しむことよりも、みんなのためにパーティーを盛り上げ、さらに竜児のために実乃梨を呼びに行った大河。そんな彼女が家にひとりぼっちじゃ笑顔になれる訳がない! そう思った竜児は会場を飛び出し、彼女のもとに急行する!!
第20話 「ずっと、このまま」
無料
とらドラ! 第20話 「ずっと、このまま」 三学期を翌日に控えた晩、竜児は大河に会った。彼は年が明けてからというもの、大河が一度も家に顔を出さなかったことを責める! すると、大河は竜児と実乃梨のためだと言う。実は、大河は自分が竜児の家に入り浸っていることが実乃梨の誤解を生むきっかけになったのではと考えていたのだ! ふたりは両思いだからちゃんと実乃梨の気持ちを確かめなさいと、竜児に促す大河。そして三学期が始まり、教室で実乃梨に会った竜児だが、思わず彼女から逃げてしまう……。そんな折、当初沖縄だったはずの修学旅行が急遽、スキー旅行に変更された。竜児はこの旅行で自分に対する実乃梨の本当の気持ちを確かめるのだと、気合いを入れるが……。
第21話 「どうしたって」
無料
とらドラ! 第21話 「どうしたって」 修学旅行でスキー場を訪れた2年C組の面々。スキーを楽しむ生徒たちとは対照的に、スキーができない竜児と大河だけが初心者コースのリフト乗り場に並んでいた。そんな中、木原と能登が北村のことで喧嘩を始めてしまう! その喧嘩は実乃梨や亜美らをも巻き込み、楽しい修学旅行に険悪な雰囲気をもたらす。みんな何を考えているのかわからないと思っていた竜児のもとに、実乃梨がやって来た。彼女とあれこれ話をしているうちに、信じがたい光景を目の当たりにした竜児は、やはり実乃梨は自分の思いを受け入れてはくれないと落ち込んでしまう。さらに、彼はあるアクシデントに巻き込まれた結果、実乃梨と亜美の修羅場を垣間見ることに。
第22話 「君のいる景色」
無料
とらドラ! 第22話 「君のいる景色」 修学旅行が終わり、登校した竜児だが、教室に大河の姿はなかった。旅行先のスキー場で迷子になった大河は救助隊に助けられた後、迎えに来てくれた実の母親と一緒に過ごしていたのだった。竜児は大河が迷子になった時、意識もうろうとする彼女の口から飛び出したあの言葉が忘れられない。そんな中、2年C組では進路調査票の提出日が迫っていた。お金のかかる進学をせずに就職を希望する竜児だが、竜児の幸せを第一に考える母・泰子から進学を勧められる。そして後日、進路面談を終えて帰宅した竜児は、泰子が本気で竜児を進学させようとしていることを知る。それがきっかけでどこか吹っ切れた様子の竜児の前に、大河が現れた!!
第23話 「進むべき道」
無料
とらドラ! 第23話 「進むべき道」 バレンタイン間近のある日、まだ進路希望を答えていなかった竜児と大河は担任の恋ヶ窪に呼び出され、改めて進路希望を聞かれる。進学する気がないふたりは、恋ヶ窪にこれから先の人生についてちゃんと考えるよう注意される。だが、それでもふたりの考えは変わらなかった……。そんな中、泰子が突然家で倒れてしまう!大河からその報せを聞いて駆けつけた竜児は、ケーキ屋のバイトのことが気になるという泰子に、変な心配をせずに休むよう言い聞かせる。泰子が眠りにつくと、竜児はケーキ屋の主人に事情を説明しに出かける。竜児について来た大河は、彼が泰子のことで必要以上に責任を感じていたことを知る。竜児を励ます大河は……。
第24話 「告白」
無料
とらドラ! 第24話 「告白」 自分の気持ちに正直になれず、思わず逃げ出してしまう大河。竜児と実乃梨はそんな大河の気持ちを確かめるべく、追いかける! 実乃梨は遠くに大河の姿を見かけた途端、竜児に対する自分の気持ちを大河に告げる。だが、実乃梨がようやく追いついたと思ったその場所に、大河の姿はなかった……。実乃梨は竜児の気持ちを確かめると、彼を大河のもとへ送り出す。やがて、竜児は商店街で大河の姿を見つける。ふたりが互いに自分のことをどう思っているのか、確かめようとしたその時、大河の実の母親と泰子が現れる。泰子たちが語る大人の都合にうんざりしたふたりは猛反発! 雪空の中、ふたりは泰子たちの手の届かない場所を目指して駆け出す!!
第25話 「とらドラ!」
無料
とらドラ! 第25話 「とらドラ!」 竜児と大河が訪れた泰子の実家には、初めて会う祖父母、そして竜児の計画にまんまと乗せられ、十数年ぶりに実家の敷居をまたぐことになった泰子が待っていた……。その晩、竜児と大河は祖父母や大河の両親、仲間たち、みんなに祝福してもらえるような幸せを築こうと誓い合う。翌日、ふたりは泰子とともに東京の高須家へと帰って来た。竜児が晩御飯の仕度をしている間、大河は自分の部屋へ着替えに帰ることに。実の母親が残した留守電メッセージを聞き終えると、大河はふと思う。「私はもう逃げない」と! 自分は竜児のために変わらなければならないと決意した大河は、思いも寄らない行動に出る!! 竜児はそんな彼女をひたすら信じて……。
第1話 全ての終わり、一つの始まり
無料
灼眼のシャナ 第1話 全ての終わり、一つの始まり 坂井悠二の高校生活は始まったばかりだった。 また、それはずっと続く日常になるはずだった。 だが、悠二は見てしまった。 学校の帰り道、商店街の風景が止まり、人々が燃え、その炎をマネキンと巨大な人形が吸い込んでいく、あまりにも異様な景色を。 大太刀を振るう、炎髪と灼眼の少女を。 それは、悠二の高校生活に終止符を打つに十分な事件だった。
第2話 灯る炎
灼眼のシャナ 第2話 灯る炎 坂井悠二は死んでいた。 今の彼は、“紅世の徒”に存在を食われた後の残りかす。残りわずかな時間で、誰にも気付かれず消え去っていく灯火。 人間には見えるはずのないそれを、灼眼の少女はトーチと呼んだ。だが、悠二には見えた。 そして、クラスで机を並べているクラスメイト・平井ゆかりの中にもトーチがあった。今にも消えそうなトーチが。
第3話 トーチとフレイムヘイズ
灼眼のシャナ 第3話 トーチとフレイムヘイズ 平井ゆかりは死んでしまった。 正確にはトーチの火が消えたのだが、悠二にとってそれは死と同じ意味を持っていた。 その悲しみの中、悠二は灼眼の少女に名前を付ける。 「君はシャナ、もうただのフレイムヘイズじゃない」。 だが、その翌日、学校に行くとクラスメイトが過去の存在も消え失せたはずの平井ゆかりを覚えていた。 …彼女はそこにいた。
第4話 惑いのフレイムヘイズ
灼眼のシャナ 第4話 惑いのフレイムヘイズ シャナは悠二の家にいた。 その身に宝具を納めた“ミステス”である悠二を、頻繁に事件を起こしている“紅世の徒”フリアグネから守るため。悠二を囮にフリアグネを狩るために。 だが、“紅世の徒”を追う新たなフレイムヘイズが現れた。 “紅世の王”蹂躙の爪牙マルコシアスと、弔詞の詠み手マージョリー。 今、フレイムヘイズ同士の戦いが始まる。
第5話 それぞれの想い
灼眼のシャナ 第5話 それぞれの想い フリアグネは気付いた。 自らの計画のため配置したトーチが徐々に消えて行くことを。 フレイムヘイズではない何者かがこの街にいることを。 そして、その者を狩るため力を使った時、弔詞の詠み手マージョリーと接触する。 一方、シャナと離れ同級生の吉田と出掛けた美術展で、悠二は新たな“紅世の徒”と会話をしていた。彼の名は、屍拾いラミー。 マージョリーが追っている徒だった。
第6話 交錯・発動・対決
灼眼のシャナ 第6話 交錯・発動・対決 シャナは自分の気持ちに苛立っていた。 ただのトーチである悠二の存在が、その要因なのか。 その苛立ちが頂点に達した時、フリアグネの計画が動き出した。 それに気付き、戦いの場へ急ぐシャナ。奴の自在式を止めなくては、この街は崩壊する。 残された悠二の中で、ラミーの言葉がリフレインする。 「本当にいいのか、今のままの君で」。そして悠二は決断する。
第7話 二人のフレイムヘイズ
灼眼のシャナ 第7話 二人のフレイムヘイズ 「シャナと一緒に戦う」そう悠二は言った。 共に戦うために鍛えてもらおうと自ら申し出た、それが認められただけではない。 シャナにとって、悠二はただのトーチではなくなったのだ。 だが、その切っ掛けを与えてくれたラミーは、マージョリーの手に落ちようとしていた。 シャナとは相入れないフレイムヘイズ。 その原動力は“紅世の徒”への過剰なまでの復讐心だった。
第8話 麗しのゴブレット
灼眼のシャナ 第8話 麗しのゴブレット マージョリーは戦闘狂と化していた。 群青の炎を散らすトーガをまとい、“紅世の徒”の討滅を実行するために。だが、その目前に立ち塞がった少女は言う、自分たちの使命は“この世と紅世のバランスを守る”ことだと。 マージョリーはトーガを分裂させシャナを囲むが、それは先の戦いと同じ結果は生まなかった。 悠二という力を得て、シャナは変わっていた。 二人の戦いの結末は……
第21話 遠ざかる想い
灼眼のシャナ 第21話 遠ざかる想い 悠二は決断した「シャナと共にこの街を出る」。 自分=零時迷子を狙う徒から、自分の街を、友を、大切な人々を守るために。だが、シャナはそれを承知してはくれなかった。 シャナが悠二に求めるものは、そんなものではなく、また悠二にはシャナの気持ちが理解できなかった。各々の思いがゆっくりと離れて行く中、祭で使われた飾りに火が付けられる。 あの賑わいの残り火。あの戦いの残骸。見守る人々から上がる歓声と、立ち上る煙。だがその時、その上空に再び自在式が浮び上がる。
第2話 全ての序章
灼眼のシャナⅡ 第2話 全ての序章 夢を操る“徒”、“戯睡郷メア”。 だが、悠二の活躍でその自在法は破られ、シャナが振り下ろした一太刀であっけなく倒れた。 封絶が解かれた世界はそれ以前と変わりなく、翌日もまた、悠二はいつもと変わらぬ朝を迎えていた。 ただそこにも僅かながらも変化があった。朝の鍛錬の相手がヴィルヘルミナだったこと、そして鍛錬を終えた悠二にシャナが「悠二は強くなるよ」と声を掛けたことだ。 …しかし、戦いの時は再び始まった。 封絶の中に取り込まれた悠二とシャナの前に本当の姿を現す“戯睡郷メア”。その力によって現実化する強大な敵。夢を覚ます為のキーはどこにあるのか。そして“メア”の狙いとは…。
第3話 疑惑の転校生
灼眼のシャナⅡ 第3話 疑惑の転校生 その少女を見た時、悠二は驚き、シャナは封絶によって空間と時間を止めた。 少女の名は近衛史菜。ついさっき、クラス担任から紹介されたばかりの転校生だ。 御崎市を襲ったバル・マスケのひとり、ヘカテーにあまりにも似過ぎている史菜。 とはいえ、封絶で動けない史菜が“徒”とは思えず、シャナ達はしばらく様子をみることにする。 海外暮らしが長く、学校生活での勝手が分からないのか、まるでどこかのお姫様の ような言動や行動をしてしまう史菜に、優しく接するするクラスメイトたち。 だが、シャナは疑いを解くことはなく、とある計画を準備していた。そして、その時が訪れる。