「野性爆弾動画」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

新K-1伝説 #30
新K-1伝説 新K-1伝説 #30 第30回の放送は、4月24日・国立代々木競技場第二体育館で行われた 「K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~-60kg日本代表決定トーナメント~」からトーナメント・一回戦2試合をオンエア。 「野性の豪腕」島野と「逆境ソルジャー」明戸の一戦は、どちらが制したのか? 舌戦を繰り広げた卜部功也と皇治の対決の行方は!?
第54話 父、野性的っ!? 他
あたしンち 第54話 父、野性的っ!? 他 “タチバナ家”は日本のどこにでも存在し、誰もが共感できる、等身大の幸せな家庭。料理がヘタでよくも悪くも大雑把な母、トイレのドアを開けっ放しにする無口でマイペースな父、ちょっとマヌケな女子高生の娘・みかん、一見クールな中学生の息子・ユズヒコ。家族みんなで楽しむことのできるアニメの決定版をお届けします。
第1話
無料
ボイス~112の奇跡~ 第1話 ム・ジニョク刑事の妻ホ・ジヘが殺害され、容疑者コ・ドンチョルに対する裁判が行われる。ジヘが殺害される直前、ジヘ本人から通報を受けた緊急通報センター勤務の警察官カン・グォンジュが、証人として出廷するが、コ・ドンチョルは犯人ではないと証言。結局裁判は中断され、事件は未済事件となり、3年の月日が過ぎる。
第2話
無料
ボイス~112の奇跡~ 第2話 劇的にボンニムを救出したゴールデンタイム・チームは、ソンウン地方警察庁長から6ヶ月の期限付きで運営の許可を得る。緊急通報センターのセンター長グォンジュは、ム・ジニョク警査をチーム員に抜擢するが、ジニョクはことごとく反発する。そんなある日、アラムという7歳の少年の、児童虐待事件が起きる。
第3話
無料
ボイス~112の奇跡~ 第3話 112通報センターにアラムという7歳の少年から通報が入る。アラムは母親にナイフで腹を刺され、隠れていると訴える。出血多量で意識が薄れるアラムを勇気づけるグォンジュ。現場に急行したジニョクは、必死にアラムを捜すのだが...。
第4話
ボイス~112の奇跡~ 第4話 112通報センターに、空港警察隊に勤務するパク・ウンスから、妹ウンビョルが誘拐されたと通報が入る。ウンビョルは、強力チーム行きつけの居酒屋の孫娘でもある。ウンビョルは、手足を縛られた状態で、車のトランクに閉じ込められるが、体を車体にぶつけ、脱出を試みるが...。
第5話
ボイス~112の奇跡~ 第5話 112通報センターにゴールデンタイムチームが新設され、立て続けに難事件を解決したム・ジニョクとカン・グォンジュ。一息つく間もなく、パク・ウンス巡査長の妹ウンビョルが、拉致されたという緊急通報が入る。ジニョクは、グォンジュに反発しながらも、デシクと共に、ゴールデンタイムチームとして犯人を追う。
第6話
ボイス~112の奇跡~ 第6話 カン・グックァン巡査部長の遺言を言って、グォンジュを動揺させるファン・ギョンイル。カン・グックァン巡査部長は、3年前、ジニョクの妻が殺害された現場で殉職した、グォンジュの父親。グォンジュは、ファン・ギョンイルから、凶悪なシリアルキラーの正体を明かすことができるのだろうか。
第7話
ボイス~112の奇跡~ 第7話 アパートのゴミ屋敷で凶器を持った男が暴れ、現場に急行した出動チーム。 そして現場のゴミ屋敷から女性の死体が発見される。その死体の正体を調べるほど、謎は膨らむばかり。死体はアパートの家主パク・ポクスンで、家主だと思われていた女は、そのアパートに知的障害のある弟と暮らすシム・チュノクだった。
カメラがとらえた緊迫の瞬間  そこから学ぶもの
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 カメラがとらえた緊迫の瞬間  そこから学ぶもの  台風19号によって栃木県足利市でも町の一部が水没するなど大きな被害が出ました。足利市内で避難所に向かう車のドライブレコーダーが捉えた増水した川の水が迫る映像を入手しました。自宅を出てからわずか4分で車が水没、乗っていた男性は濁流が迫るなか、九死に一生を得ました。私たちはそこから何を学び取るべきなのでしょうか。  水没した車は現場に残されたままです。栃木県足利市に住む島田茂さん(67)。台風が直撃した12日。この地区に、自治体からの避難情報は出ていませんでしたが、激しさを増す雨風に不安を感じた島田さんは妻とともに自宅を出て車で避難所に向かいました。川からあふれた水が脇の田んぼの稲を巻き込みながら流れてきます。ところが瞬く間に水位が上がり、水の勢いに押されて脱輪。動けない状態になりました。ヘッドライトが消える直前、なんとか外に脱出した島田さん夫妻。胸まで水に浸かったものの一命を取りとめました。  実は、島田さんのご自宅というのは、東側を旗川、そして西側を出流川というそれぞれ川が流れています。その川の間にご自宅があるんですが、島田さんはこの出流川を越えた避難所に向かおうとしていました。自宅から南側の道を通って避難所へ向かおうとされたわけですが、この地点で今のような状態に巻き込まれてしまいます。車は田んぼへと転落します。  時刻は12日午後8時40分ごろです。家を出た時点から強く雨が降っているのが分かります。この時は道は冠水していなくて路面は見えています。家の敷地を出ます。避難所へ…