「金城」の検索結果

今すぐ視聴する

マスオぶらり#12 【沖縄はいさ〜い】
無料
マスオぶらり マスオぶらり#12 【沖縄はいさ〜い】 RISE JAPAN植田益生が気の向くまま、赴くままに釣りを楽しむ番組。第 12話は沖縄のワイルドIIにて出船!!青い空、青い海。絶好の釣り日和に浮かれるマスオ。大漁の予感!?沖縄特有のながじゅーみーばいを狙っていざ出船!!
マスオぶらり#16 【沖縄GT 前編】
無料
マスオぶらり マスオぶらり#16 【沖縄GT 前編】 RISE JAPAN植田益生が気の向くまま、赴くままに釣りを楽しむ番組。第 16話は沖縄県国頭郡キャプテンズオキナワの船にて出船!!とうとうやってきたGT編。ジャイアント1匹を求めて奮闘!!今回は前後編にてお送りいたします。マスオはジャイアントトレバリーに出会えるのか!?
マスオぶらり#13 【沖縄はいさ〜いリベンジ】
無料
マスオぶらり マスオぶらり#13 【沖縄はいさ〜いリベンジ】 RISE JAPAN植田益生が気の向くまま、赴くままに釣りを楽しむ番組。第 13話は沖縄那覇北マリーナからMANBOOにて出船!!前回あまり釣果が伸びず次の日にリベンジすべく沖縄ルアーゲームの牽引者MANBOOにて出船。魚の反応が出てくる中、マスオは大物をゲットすることができるのか!?
第6話 ひよっこデザイナー誕生!
放課後さいころ倶楽部 第6話 ひよっこデザイナー誕生! 翠がバイト先の『さいころ倶楽部』で自作のゲームを店長にテストプレイしてもらっていると、そこへ店長の友人で、有名なゲームデザイナーのジョージ・ペレスフォードが現れる。「俺にもプレイさせろ」と言うジョージだったが、翠は「未完成だから」と断った。すると、ジョージはそんな翠に「残念ながらそのゲームは完成することはない」と断言する。
第8話 4人めの友だち
放課後さいころ倶楽部 第8話 4人めの友だち 文化祭のボードゲームカフェの参考にするために、学校の近くに新しくできたボードゲームカフェを訊ねた美姫、綾、翠の3人は、そこでドイツから来た転校生、エミーリアと出会う。ゲームを通じてすぐに仲良くなる4人。そして文化祭当日、4人がメイド姿で接客するボードゲームカフェは大繁盛するが、それを快く思わない生徒会副会長の渋沢蓮は……。
第9話 ダルマサンガコロンダ
放課後さいころ倶楽部 第9話 ダルマサンガコロンダ 美姫、綾、翠と『さいころ倶楽部』でゲームをしていたエミーは、共にゲームデザイナーになろうと約束した友人をドイツに残してきてしまったことを思い出し、思わず涙する。そんなエミーを見て自分と同じ夢を持っていると知った翠は、急に態度が変わってしまう。だが翠と仲良くなりたいエミーは、みんなで“だるまさんがころんだ”がやりたいと言いだすのだが……。 (169文字)
第10話 ハッピーホーリーナイト
放課後さいころ倶楽部 第10話 ハッピーホーリーナイト カメラマンをしている綾の父親、建司が二年ぶりに帰国した。綾はさぞかし喜んでいると思いきや、建司は仕事仕事でほとんど家に居らず寂しい綾。そこで美姫たちはエミーの家で行うクリスマスパーティーに招待しようと提案する。だが建司はその約束をすっかり忘れて撮影の仕事を入れてしまっていた。綾は、これまでの不満が爆発し、怒って家を飛び出してしまう。
第11話 みんなのゲーム
放課後さいころ倶楽部 第11話 みんなのゲーム NYの有名ゲームデザイナー、ジョージ・ベレスフォードが開催するゲームコンペに参加することになった翠は、オリジナルゲームのワンルームを完成させることに必死になるあまり、自分を見失いかける。そこでもう一度原点に戻ろうと思い出の場所を訪れる翠。そして遂に完成したゲームを美姫、綾、エミーと4人でテストプレイすることに。果たしてその出来は……。
第12話 私たちの大好きな場所
放課後さいころ倶楽部 第12話 私たちの大好きな場所 終業式の日。美姫は、綾、翠、エミーと出会えたことでとても楽しい一年間だったと振り返る。だが二年生になればクラスが変わってしまう。それが寂しくてずっとこのままでいたいと思う美姫だったが、翠も綾もエミーも将来の夢に向かって歩み始めていた。立ち止まっているのは自分だけと感じた美姫は一人取り残されたような疎外感に見舞われてしまうのだが……。
第3話 ひとりとちゃうから
放課後さいころ倶楽部 第3話 ひとりとちゃうから ある日の休日、美姫は綾の家で遊ぶことになった。美姫が待ち合わせ場所に向かう途中、神社の境内を歩いていると、猫が軒下に隠れてしまって困っている綾の姉、花と出会う。綾の家に着くと、綾、翠、花と、花の友達の牧京子とボードゲームをすることに。見た目が不良風の京子に戸惑う美姫だったが、彼女は美姫と以前どこかで会ったような気がしていた…。ボードゲームを進める中、美姫は京子との出会いを思い出していく…。
第5話 キミに伝えるメッセージ
放課後さいころ倶楽部 第5話 キミに伝えるメッセージ 夏休みに金沢の海へ旅行に行くことになった、美姫、綾、翠の3人。美姫の叔母が女将の旅館で、美味しい食事や温泉を満喫する。温泉を出ると能登地方に古くから伝わり、今も遊ばれているゲーム、“ごいた”を見つけて、早速みんなでプレイすることに。叔母は、美姫が幼い頃にもこのゲームをやったことがあると言うが、美姫にその記憶はなかった。翌日、水着に着替えて海に行こうとした美姫たちだったが……。
第7話 こころ、ひらいて
放課後さいころ倶楽部 第7話 こころ、ひらいて 喫茶店に一人でいた美姫は、突如現れたマキに半ば強引にツーリングに誘われる。風光明媚な山中で無邪気に川遊びを楽しんだあと、美姫のカバンに入っていた、“もんじろう”で遊ぶことに。ゲームの中で〝お互いに相手の悪口〟を言い合って遊ぶ2人。辛辣なマキの悪口にショックを受けながらも負けじとやり返し、次第に心が解放された美姫は「おおきに」とマキに感謝の言葉を伝える。その言葉の意味をマキもわかっていて……。
第2話 これはゴキブリです!
放課後さいころ倶楽部 第2話 これはゴキブリです! 人付き合いが苦手な武笠美姫は、ボードゲームを通じて高屋敷綾、大野翠と親しくなることができた。ある日の放課後、3人でボードゲームをしようとしていたところに、翠の幼馴染みで、綾の隣の席の田上翔太が教室の入口に…。「忘れ物を取りに来た」と説明する翔太だが、綾に誘われ、ゲームに参加することに…。張り切ってゲームに参加した翔太だったが、なぜかそわそわと落ち着きがない…。それに気がついた美姫の胸に、ある想いが湧く。「もしかしたら、田上くんて…。」
第4話 ミドリの夢
放課後さいころ倶楽部 第4話 ミドリの夢 楽しい時間を一緒に過ごせる仲間ができた美姫にとって、一学期はあっという間に過ぎ、文化祭の季節が近づいてきていた。 そのころ、生徒会副会長の渋沢蓮は、文化祭の催しの良いアイデアが浮かばず悶々としていた。蓮は中学のときの後輩だった翠に協力をお願いするのだが、「他にやりたいことがあるから」と断られてしまう。諦め切れない蓮は翠のバイト先のボードゲーム店『さいころ倶楽部』に乗り込み、ボードゲームで決着をつけようと持ちかける…。果たして翠の『やりたいこと』とは…?
第1話 知らない世界
無料
放課後さいころ倶楽部 第1話 知らない世界 いつも引っ込み思案で人付き合いが苦手な武笠美姫は、ある日、天真爛漫なクラスメイト、高屋敷綾に声をかけられ、一緒に知らない場所をさまようことに。そんな奔放な綾に戸惑う美姫だったが、初めて人と一緒にいる温かさを感じる。 帰り道、街でクラス委員長の大野翠を見かけ、あとを追ってみると、「さいころ倶楽部」と書かれたいかがわしい店にたどり着く。美姫と綾が恐る恐るドアを開けてみると、そこには見たこともない数々の美しいボードゲームが彼女たち待っていた…。
#3:年上の心を癒す年下のテク
私の年下王子さま Winter Lovers #3:年上の心を癒す年下のテク 「もうちょい、距離縮めたいな。近づいても、いいですか?」つい夢を見て、つい期待してしまったら、あっけなく、空振りに終わる...。年上オンナの恋の宿命。きっと自分にプレゼントを持ってきてくれる、と、なんの確証もないのに決めつけていた自分がいた。心の扉をまたさらに固く閉じる、いつものルーティンへと逆戻り。こうやって、また恋の芽が咲くことなく散っていく。またこの繰り返し...。そんな絶望に想いを巡らせていた女性のもとへ、一人の王子が近づいた。その笑顔、信じてもいいの...?
#2:キスしたい。相性がわかるから。
私の年下王子さま Winter Lovers #2:キスしたい。相性がわかるから。 「好きな女子は...1人じゃない」出会ったばかりで四角関係も形成されてしまった今回の年下王子とオトナ女子たち。時間の限られた箱根旅行1泊2日も、あっという間に半分が過ぎ、むかえた初日の夜。執事が不意打ちで出した指令は、ライバルが多い王子にとってその権利を得られたら、確実に相手と親密になれる、絶好のチャンス。そんなラッキーを手にできるのは一体どの王子なのか...?さらに2日目の陽が傾き始めた頃、またも執事からとんでもない指令が届く。それは...恋心が大きく転換する、混浴。もちろん全員が自由に気になる人を指名できるわけはなく、そこにも執事の憎い仕掛けが働いていた。
#1:年の差は約10歳、危険な恋解禁!【りくチハ♡けいなWデートノーカット完全版つき】
無料
私の年下王子さま Winter Lovers #1:年の差は約10歳、危険な恋解禁!【りくチハ♡けいなWデートノーカット完全版つき】 【りくチハ♡けいなWデート完全版つき】ついに始まる『私の年下王子さま』新シーズン。今回も男女の恋模様を密かに動かすのは、執事の指令。これまで以上に過激さを増した指令の数々に、第1話にして、濃厚でディープな展開が待ち受けます。王子がぎこちなく、気になるオトナ女子に触れる時、こわばるカラダとは裏腹に受け入れたい気持ちを隠せず、応じてしまう...。【#1:Abemaビデオ限定】解禁!りくチハ♡けいなWデート完全版!!ノーカットで観られるのはコチラ!
#4:キスしたい…魔性の唇に試された王子
私の年下王子さま Winter Lovers #4:キスしたい…魔性の唇に試された王子 「あなただけを想っている。この気持ちは、知っておいてほしい」三角関係が入り乱れる京都旅行も2日目へ突入。朝イチで執事が下した指令は、当たりを引いた王子1人だけが女子を指名してデートできるというもの。残されるメンバーはグループで過ごさねばならない中、この2人きりデートの権利を手にした王子に指名されたのはUだった。「好きってなったら、付き合ってなくても、キスしたい」「キスしないと、相手との相性がわからないから」するのはもちろん、唇で。ずっとそう言ってきたUに対し独占デートを楽しむ王子は、ある決心をする。一方、残りのメンバーにもチャンスタイムがやってきた。当たりを引けた王子だけに許される、温泉混浴。そして、夜。ついにオトナ女子と王子による強制リタイア投票が始まった。
#5:私達の密着には指令など要らないの
私の年下王子さま Winter Lovers #5:私達の密着には指令など要らないの 「キスしてもいいですか?する場所は...」2泊3日の京都旅行も最終日。告白直前の追い込みとして指名制の個別デートが行われ、オトナ女子を巡って各所でアピール合戦が繰り広げられる。お酒の飲めない10代王子に差をつけるべく日本酒で気を引こうとする王子...。結婚や子供など将来の話をする王子...。揺れる気持ちを確かめるため2人とデートするオトナ女子...。目を見つめられながらのピュアなアピールが、恋に飢え砂漠化していたオトナ女子達の心を潤していく。そんな中、気持ちが盛り上がったある2人がなんと指令でもなくキスをすることに。更に、ある王子が、アレもダメ・コレもダメ・全てを管理したい...と束縛魔の本性を現す!恋の弓矢をオトナ女子のハートど真ん中に射抜けるのは一体どの王子なのか!?
#6:運命の大告白「私の年下王子になってください」【新王子のインタビューつき】
私の年下王子さま Winter Lovers #6:運命の大告白「私の年下王子になってください」【新王子のインタビューつき】 「私の年下王子になってください」 いよいよ運命の告白SP。地上350mで、きらめく夜景をバックに王子がオトナ女子に想いを伝え、ついに彼らの恋もクライマックス! 告白直前には、個別デートで王子たちが最後のアピールに奮闘。 対するオトナ女子たちも、本当にこの王子と幸せになれるの!?私が心から好きなのはどっち!?...という迷いを払拭するべく真摯に向き合う。 そんな中、突然の唇キスや、お揃いグッズの存在、今まで見た事のなかった相手の姿、会えなかった時間などが、更に恋する気持ちを動かしていく...。 そして迎える告白タイムでは、最後にまさかの大逆転が! 果たして、歳の差を超えどんなカップルが誕生するのか!? 夜景も顔負けの輝きを放つ彼らの恋模様を、お見逃しなく。