「釣り ボート おすすめ」の検索結果

今すぐ視聴する

LIMIT MAKE #11
無料
BITE「LIMIT MAKE」 LIMIT MAKE #11 「青木大介が千葉県のリザーバーへ!」 酷暑が続く2018年の夏。青木は、岸釣りでは訪れたことの無い、亀山湖・三島湖へ。ボートの釣りとは違うアプローチ。減水の続く両湖。タフコンディションの中、4500gの目標を達成することができるか?
SKILL #4
無料
SKILL SKILL #4 伊藤タクミのハウツー満載番組「SKILL」の第4弾。 『真冬のリザーバー』 早朝の気温は氷点下、水温は一桁台、そんな真冬の三島湖にレンタルボートで挑む。 「バスにオフシーズンはない」という伊藤タクミが、冬のスローなバスの攻略方を徹底解説。 ハウツー満載、伊藤タクミのスキルに注目!
ポイズンアドレナ(スピニング) 266L(早野剛史解説)
無料
ジャッカル×シマノ新製品発表会 ジャパンフィッシングショー2018 ポイズンアドレナ(スピニング) 266L(早野剛史解説) クセのない素直なレギュラーファストテーパーによって、 ライトリグから小型ハードプラグまで幅広いルアーに適 応するバーサタイルスピン。ネジレの少ないティップは 優れたアキュラシー性能をもたらし、軽量ジグヘッドや ドロップショットのテンポが速いリアクション系の釣り で活躍。オカッパリや小型ボートの釣りなど、選べるタックルが限られる環境下で真価を発揮するアイテムです。
ポイズンアドレナ(スピニング) 266L-2(水野浩聡解説)
無料
ジャッカル×シマノ新製品発表会 ジャパンフィッシングショー2018 ポイズンアドレナ(スピニング) 266L-2(水野浩聡解説) クセのない素直なレギュラーファストテーパーによって、ライトリグから小型ハードプラグまでの幅広いルアーに適応するバーサタイルスピンです。ネジレの少ないティップは優れたアキュラシー性能をもたらし、軽量ジグヘッドからドロップショットのテンポの速いリアクション系の釣りまでクールにこなします。オカッパリや小型ボートの釣りなど、選べるタックルが限られる環境下でこそ真価を発揮するベーシックアイテムです。
LIMIT MAKE #2
無料
BITE「LIMIT MAKE」 LIMIT MAKE #2 日本最高峰のバスフィッシング・トーナメンターである青木大介が、決められたエリアで自ら目標ウエイトを設定。そのウエイトを目指し、全力で立ち向かう様子を収めたドキュメント・ムービー「LIMIT MAKE」。その第2回目の戦いの舞台は、青木の地元である西湖、河口湖、山中湖という富士三湖だ。ただし、いつもはボートがメインで、岸釣りの経験はほとんどないという青木。地元とはいえ油断できない戦いである。
艇王2016 チャンピオン・カーニバル DAY1
無料
艇王2016 チャンピオン・カーニバル 艇王2016 チャンピオン・カーニバル DAY1 バスフィッシングの楽しさと、最高のカタルシスが詰まった『艇王2016 チャンピオン・カーニバル』! 携帯モバイルサイト「ルアーマガジンモバイル」が発信する、レンタルボートでのバスフィッシング王者を競う人気企画「艇王」。2016年9月下旬に茨城県・新利根川で繰り広げられた決勝戦「チャンピオンカーニバル」は、Abema TVでも同時生配信され、“釣りコンテンツ”として記録的な視聴者数を叩き出した! その凄まじい盛り上がりを見せた熱い闘いの一部始終を、ルアーマガジンDVD「陸王」チームがイチから再編集! 生配信中にて的確で分かりやすいと好評だったレジットデザイン・鬼形氏、そしてルアーマガジン編集長・マイケル両氏の解説、更には生では未配信の埋もれた名言や素材を掘り起こし、あの名勝負を完全パッケージ化! リアルタイムで観た方は感動の追体験を、未視聴の方は盛り上がりの共有を! 生で観た方もそうでない方も楽しめる事間違いなし! バスフィッシングのリアルと面白さ、手が震える程のカタルシスを封じ込めた自信作をぜひお楽しみください!
LIMIT MAKE #13
無料
BITE「LIMIT MAKE」 LIMIT MAKE #13 「青木、厳冬期の霞ヶ浦水系へ」 2019年1月、厳冬期の霞ヶ浦水系。青木はボートで3500gの目標達成を目指す。 朝の水温は4度。魚の活性は明らかに低い状況。シャッドをメインにゲームを組み立てていく。 数少ないバイトをモノにできるか?
低水温期の霞ヶ浦水系 オカッパリ攻略
無料
JOIN THE REBELLION 低水温期の霞ヶ浦水系 オカッパリ攻略 初回は、決戦を控えた反逆児トリオ(梅田京介・小池貴幸・佐々木勝也)の自己紹介編。低水温期の霞ヶ浦オカッパリで3人がマイスタイルを披露する。シャッドの砂煙サイトやダウンショットによる玉ねぎ攻略、流入河川での意外なフリーリグ活用法など、冬の1尾に近づく技を捉えた。
ROCK FISH GAME FROM APIA
無料
岩手三陸 ROCK FISH GAME FROM APIA ROCK FISH GAME FROM APIA 2017年7月下旬。岩手三陸をメインフィールドとするアンバサダー中嶋康文が、サマーパターンに突入したアイナメ、ソイ類のロックフィッシュゲームを展開。オフショアのボートロック編、ナイトゲームのクロソイ編、オカッパリのアイナメ編と3部構成で、How toを盛り込み実釣解説。 水温が20°Cを超え、タフコンディションに突入した盛夏(Dog days)の三陸ロックフィッシュを攻略する!未公開シーンも織り交ぜたAbemaTVオリジナル映像!!
ポイズンアドレナ(スピニング) 267M-2(加藤誠司解説)
無料
ジャッカル×シマノ新製品発表会 ジャパンフィッシングショー2018 ポイズンアドレナ(スピニング) 267M-2(加藤誠司解説) 新生アドレナの中では異色ともいえるロングパワースピン。長さを感じさせない軽快な操作性を備えつつ、ベリーからバットにかけてはしっかりとパワーを持たせることにより、はるか遠くに着水したルアーにもキレのあるアクションを与え、ビッグバスの硬い口にも確実にフッキングさせることが可能。オカッパリ、ボートを問わず、アン グラーを新たなテクニックの世界へ導きます。PEラインでもトラブルの少ないオールKガイド仕様です。
ポイズンアドレナ(ベイト) 163M(小野俊郎解説)
無料
ジャッカル×シマノ新製品発表会 ジャパンフィッシングショー2018 ポイズンアドレナ(ベイト) 163M(小野俊郎解説) 正確なキャスト精度と取り回しのよさを併せ持つショートテクニカルバーサタイルロッド。水面を滑るかのような弾道でルアーを運び、キレのあるアクションでスレきったバスのスイッチを入れます。6'3"のショートレングスは水面が近い小型ボート上でも操作しやすく、ジャークやエスケープアクションなどによ る「リアルなベイト」を容易に演出することができます。 バットパワーがダイレクトに伝わるため、小さなモーションでも正確にフッキングさせることができます。
ポイズンアドレナ(ベイト) 163M(川島勉解説)
無料
ジャッカル×シマノ新製品発表会 ジャパンフィッシングショー2018 ポイズンアドレナ(ベイト) 163M(川島勉解説) 正確なキャスト精度と取り回しのよさを併せ持つショートテクニカルバーサタイルロッド。水面を滑るかのような弾道でルアーを運び、キレのあるアクションでスレきったバスのスイッチを入れます。6'3"のショートレングスは水面が近い小型ボート上でも操作しやすく、ジャークやエスケープアクションなどによる「リアルなベイト」を容易に演出することができます。バットパワーがダイレクトに伝わるため、小さなモーションでも正確にフッキングさせることができます。
ポイズンアドレナ(ベイト) 1610M-2(水野浩聡解説)
無料
ジャッカル×シマノ新製品発表会 ジャパンフィッシングショー2018 ポイズンアドレナ(ベイト) 1610M-2(水野浩聡解説) バーサタイルロッドとして高い評価を得た「1610M-2」を最新のテクノロジーでリメイクし、総合力を高めました。オープンウォーターのロングキャストはもちろん、点撃ちの精度も大幅に向上。ファストムービングルアー特有の突然のバイトにも追従して的確にフックアップするベリーと、曲がれば曲がるほどスムーズに復元するバットパワーは健在。ショアから大型バスボートまで様々なシチュエーションにアジャストできる一本です。
艇王レジェンド2017 in利根川水系 DAY1
無料
艇王レジェンド2017 艇王レジェンド2017 in利根川水系 DAY1 歴代艇王が集い、最強の座を競う!! 携帯モバイルサイト「ルアーマガジンモバイル」が発信する、ボートでのバスフィッシング王者を競う人気企画「艇王」。四年間の歴代チャンピオン達が集い、最強の座を競う“レジェンド”戦が2017年7月下旬に千葉県県・利根川水系で行われた。 Abeam TVで生放送され、多いに盛り上がりを見せた熱い闘いを、ルアーマガジンDVD「陸王」チームが現場映像をメインにイチから再編集! レジットデザイン・鬼形氏、そしてルアーマガジン編集長・マイケル、ゲストの伊藤巧プロの解説も要所にはさみ、生では未配信の埋もれた名言や素材を再発掘して、名勝負を完全パッケージ化! リアルタイムで観た方は感動の追体験を、未視聴の方は盛り上がりの共有を! 生で観た方もそうでない方も楽しめる事間違いなし! バスフィッシングのリアルと面白さ、己を貫くフィッシャーマンのカッコ良さをパッケージした自信作!
木村建太、アメリカで戦う~世界最高峰への挑戦記~第1話
無料
木村建太、アメリカで戦う~世界最高峰への挑戦記~ 木村建太、アメリカで戦う~世界最高峰への挑戦記~第1話 日本のバスフィッシングシーンで目覚しい活躍を続けるアングラー木村建太。 彼には普段日本のメディアに見せる姿とは別の顔があった。 それは世界最高峰の舞台へと挑戦するトーナメンターとしての顔だ。 番組では世界最大規模のトーナメント団体B.A.S.S.のトーナメントに 参戦し続ける木村建太に3週間完全密着! 様々な困難に立ち向かいながらも、ひたむきに夢を追い 異国の地で戦い続けるバスフィッシャーマンの姿を描く。 第1話ではB.A.S.S.セントラルオープン初戦に挑むためアメリカで拠点としているオクラホマ州での準備に密着。 そこで普段メディアで見ることのない、試合に臨むまでのボート整備や保険の手続きなど様々な準備風景を余すことなく公開。 また、木村が米国トーナメント参戦に賭けるへの思いや親友との出会い、挑戦し続けることの難しさなどを語る。