「鈴木先生 視聴」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

NABLA-Offshore Monster-
無料
NABLA-Offshore Monster- NABLA-Offshore Monster- 孤高のアングラー鈴木斉が福岡県 玄界灘でオフショアフィッシングの頂点であるクロマグロを狙う。ギャンブル性が高く、数年チャレンジしても釣ることができないアングラーがいるほど難易度が高い釣りだが、鈴木は見事クロマグロを釣り上げることができるのか!?
NABLA-Offshore Monster- #3
無料
NABLA-Offshore Monster- NABLA-Offshore Monster- #3 今回、鈴木がターゲットに選んだのはキハダマグロ。 舞台は国内屈指の人気エリアである相模湾を選択した。 本来、2日間のロケを予定していたが台風の影響で止むを得ず、1日のみの釣行となってしまった。 わずか7時間という限られた時間の中で鈴木はキハダマグロを捕らえることができるのか!?
〔火曜〕#164:鈴木愛理の火曜The NIGHT
The NIGHT 〔火曜〕#164:鈴木愛理の火曜The NIGHT やぐ姉が7月末より産休に入ったため、矢口真里の火曜TheNIGHT 改め【鈴木愛理の火曜TheNIGHT】がスタート!!
島根県・宍道湖 シーバスフィッシング2
SALT Dreamer 島根県・宍道湖 シーバスフィッシング2 陸っぱりのシーバスフィッシングからオフショアのビッグゲームまで海のルアーフィッシングをお送りするSALT Dreamer。今回は島根県・宍道湖釣行の後編。前回、デイゲームで連発となった鈴木。バイブレーションとトップウォータープラグで見事攻略した。そして、今回は未知のエリアを探索。なんとここでも良型を連発する!
神奈川県相模湾 キハダ&シイラゲーム
SALT Dreamer 神奈川県相模湾 キハダ&シイラゲーム 陸っぱりのシーバスフィッシングからオフショアのビッグゲームまで海のルアーフィッシングをお送りする。今回は神奈川県相模湾で、人気ターゲットのキハダ&シイラを狙う。シイラは古くからの定番ターゲット。キハダは近年人気上昇中のビッグフィッシュ。海のルアーに精通する鈴木斉が挑戦!そして最後にはクロマグロも...!?お楽しみに。
NABLA-Offshore Monster- #2
無料
NABLA-Offshore Monster- NABLA-Offshore Monster- #2 舞台は美しい海が広がる沖縄県近海。今回のNABLAでは人気ターゲット「GT」を狙う。 群れを成さず常に単独で行動することから日本ではロウニンアジと呼ばれる神出鬼没な魚を釣り上げることは出来るのか!? 常に「魅せる釣り」にこだわる鈴木は今回もトップのみで狙いにいく!
〔火曜〕#165:鈴木愛理の火曜The NIGHT
The NIGHT 〔火曜〕#165:鈴木愛理の火曜The NIGHT やぐ姉が7月末より産休に入ったため、矢口真里の火曜TheNIGHT 改め【鈴木愛理の火曜TheNIGHT】がスタート!!
〔火曜〕#166:鈴木愛理の火曜The NIGHT
The NIGHT 〔火曜〕#166:鈴木愛理の火曜The NIGHT やぐ姉が7月末より産休に入ったため、矢口真里の火曜TheNIGHT 改め【鈴木愛理の火曜TheNIGHT】がスタート!!
〔火曜〕#167:鈴木愛理の火曜The NIGHT
The NIGHT 〔火曜〕#167:鈴木愛理の火曜The NIGHT やぐ姉が7月末より産休に入ったため、矢口真里の火曜TheNIGHT 改め【鈴木愛理の火曜TheNIGHT】がスタート!!
米中“火種”のTikTok 実は中国で存在しない!?
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米中“火種”のTikTok 実は中国で存在しない!?  米中対立の新たな火種となっている中国発の動画アプリ「TikTok」。世界中で人気が高まる一方、実は中国国内ではTikTokの名前はほとんど知られていません。一体、どうしてなのでしょうか。  38カ国語に対応しているというTikTok。世界で最も勢いのあるSNSといわれています。この動画アプリを運営しているのは「バイトダンス」という中国の企業です。ところが、中国にTikTokは存在しないのです。2016年に中国で利用が始まった「ドーイン」。翌年にはTikTokとして世界進出しました。ドーインは中国国内でしか見ることはできず、TikTokは中国で見ることはできません。中国では、インターネットは中国当局が必ず監視・コントロールしています。当局に都合の悪い情報、政府批判などは、すべてすぐに削除されることになります。  中国のネット事情への懸念が高まるなか、アメリカのトランプ大統領はTikTokなど中国発のアプリが「中国共産党によるアメリカ国民の個人情報の収集を可能にしている」と批判。バイトダンスとの取引を来月20日から禁止するという大統領令を発表したのです。それに対し、バイトダンスは反論する声明を発表。「中国政府にユーザーのデータを提供したことはない」とし、アメリカ政府に提訴する可能性を示しました。アメリカ政府はTikTokについて、来月15日までにアメリカの企業による買収交渉がまとまれば容認する考えを示しています。