「銀行員 殺害」の検索結果

「銀行員 殺害」に関する情報は見つかりませんでした。
「銀行員」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

おすすめの作品

広島 女子高校生殺害 被告の男に無期懲役の判決
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 広島 女子高校生殺害 被告の男に無期懲役の判決  広島県で2004年に起きた女子高校生殺害事件で、被告の男に無期懲役の判決が言い渡されました。  山口県宇部市の無職・鹿嶋学被告(36)は2004年、広島県廿日市市の住宅で当時高校2年だった北口聡美さん(当時17)の胸などをナイフで刺して殺害した罪などに問われています。弁護側は事実を争わず、「計画性がない」などとして情状酌量を求めていました。18日の判決で、広島地裁は「強姦(ごうかん)が成功しなかったことや自己の境遇に対する怒りから八つ当たりで殺害行為に及んだことは身勝手極まりない」「何の落ち度もないのに将来ある人生を終えねばならなかった悔しさや悲しみは表現するすべもない」として求刑通り無期懲役の判決を言い渡しました。
自宅で新生児を殺害か 無職の母親(38)逮捕 静岡
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 自宅で新生児を殺害か 無職の母親(38)逮捕 静岡  自宅で新生児を殺害したとして、静岡県警は殺人の疑いで静岡県藤枝市に住む38歳の無職の母親を逮捕しました。
福岡 自転車店で“女性殺害” 34歳男逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 福岡 自転車店で“女性殺害” 34歳男逮捕  福岡市の自転車販売店で従業員の42歳の女性が殺害された事件で、警察は34歳の男を強盗殺人などの疑いで逮捕しました。  大阪市の無職・佐々木達也容疑者は4日、福岡市博多区の自転車販売店で従業員の小森寛子さんの首を絞めて殺害し、店の金庫などから現金約10万円を奪った疑いなどが持たれています。警察は現場周辺の防犯カメラを分析するなど捜査を進め、18日に佐々木容疑者を逮捕しました。佐々木容疑者は容疑を認めているということです。警察は2人に面識はなく容疑者が金を取る目的で店を訪れたとみて事件の経緯を詳しく調べています。
自宅で新生児殺害か…38歳の母親逮捕 静岡・藤枝市
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 自宅で新生児殺害か…38歳の母親逮捕 静岡・藤枝市  静岡県藤枝市の自宅で生まれたばかりの子どもを殺害したとして、無職の母親が逮捕されました。  警察によりますと、粟野亜希子容疑者(38)は去年12月、自宅で女の子を出産した後に殺害した疑いが持たれています。粟野容疑者は藤枝市の夫の実家に2年ほど前に引っ越してきて、夫と夫の両親、4人の子どもの8人で住んでいました。事件当日、夫も自宅にいたということです。粟野容疑者は当初、「自宅2階のトイレで赤ちゃんを出産した。赤ちゃんは冷たくなっている」と消防に自ら通報していました。警察は粟野容疑者が容疑を認めているかは明らかにしていません。
第2話
トンイ 第2話 トンイの父ヒョウォンは、両班殺害は剣契の仕業でないと明かすために朝廷の動きを探る。そこで南人の怪しい動きを見つけ、従事官のヨンギに伝える。イクホンを始め南人の首長格の両班を殺害したのは、同じ南人のオ・テソクだった。
「子どもがいない生活」を悲観 帰国迫られ殺害か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「子どもがいない生活」を悲観 帰国迫られ殺害か  タイに帰国するよう言われ、「子どもがいない生活は考えられず、殺した」などと話しています。  タイ国籍のフルカワ・ルディーポン容疑者(41)は23日、東京・武蔵野市にある自宅マンションで長男の古川絢一君(13)と長女の紗妃さん(10)を刃物で殺害した疑いが持たれています。その後の警視庁への取材で、「夫の母親から離婚してタイに帰るように言われた」「子どもがいない生活は考えられないと思い殺した」などと供述していることが新たに分かりました。フルカワ容疑者は夫との間に親権を巡るトラブルを抱えていたということです。警視庁は引き続き事件の経緯について調べています。
第3話「命がけの脱走」
TWO WEEKS 第3話「命がけの脱走」 ミスク殺害容疑で拘束されたテサンは、それがかつても自分に無実の罪を着せたイルソクの罠と気づく。警察の取調べに無実を主張するも、不利な証拠ばかりで窮地に陥るテサン。さらに留置場でも命を狙われ、テサンはスジンの手術のためにもどうにか生き延びなければならないと思う。そして、友人のマンソクにある頼み事をする。
熊谷6人殺害 遺族激白「司法は間違っている」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 熊谷6人殺害 遺族激白「司法は間違っている」  埼玉県熊谷市で2015年、小学生2人を含む男女6人が殺害された事件で、妻の美和子さん、長女の美咲さん、次女の春花さんの命を奪われた遺族の加藤さん(47)が3月26日、日本記者クラブで会見を行い、「この国の司法は間違っている」と訴えました。  加藤さん:「もう一度、裁判をやり直してほしい。ただ、私は本当、今の自分はそれでしか言い表せません」  2015年9月、熊谷市で住宅3軒に侵入し、残虐な手口で次々と6人を殺害、強盗殺人などの罪に問われたペルー人のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(34)。一審の裁判員裁判では死刑判決。しかし去年、二審の東京高裁は心神耗弱だったとし、無期懲役を言い渡しました。この無期懲役の判決に対し、検察は最高裁判所への上告を見送りました。「BS朝日 日曜スクープ」(日曜午後6時54分~)は去年12月、遺族の加藤さんにご出演して頂きました。  加藤さん:「被告人にも心を殺され、さらに今回、司法にも心を殺されました。(被告を)死刑にすることしか父親として、家族3人のために、それしかできなかったので本当に今回は悔しいです」  3月26日の会見では、遺族の加藤さんと代理人を務める弁護士が出席し、疑問点を指摘しました。  高橋正人弁護士:「加藤さんの長女に対する性的行為については、『追跡者から危害を加えられる(から殺した)』という(被告の)被害妄想とは全く結び付かないのに、その点については誤った位置付けすらも(高裁判決は)述べていない。完全にスルーした」  …
「息子を殺すつもりで火つけた」母親が自宅に放火か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「息子を殺すつもりで火つけた」母親が自宅に放火か  28日未明に埼玉県草加市で16歳の長男を殺害する目的で自宅に放火したとして、46歳の母親が殺人未遂の疑いで逮捕されました。  山家順子容疑者は午前0時すぎ、一家4人が住む草加市の自宅に火を付けて16歳の長男を殺害しようとした疑いが持たれています。長男は手をやけどする軽傷です。警察によりますと、18歳の長女から「家が燃えている」と通報があり、消防車など10台が出動しました。この住宅には山家容疑者と夫(47)、長女、長男の一家4人が住んでいて、2階の一部が焼けましたが、夫と長女は避難してけがはありませんでした。山家容疑者は「自宅内にあった衣類に火を付けた」「息子を殺すつもりで家に火を付けた」と容疑を認めています。
8歳少女殺害事件の真相
狙われた隣人 8歳少女殺害事件の真相 小さな町で起きた悪夢のような事件の数々...平和に見える町にも暗い秘密が隠されているのだ/少女の殺害事件と同時に母親が姿を消した。果たしてその真相は?ミズーリ州ブーンヴィルの小さな町に住む8歳の少女アリッサ・オーエンが、田舎道の脇で遺体となって見つかる。町は恐怖に陥れられ、警察は犯人逮捕に全力を挙げるが捜査は難航する。少女の母親が事件と同時に行方不明となっており、事件の謎をさらに深めていた。しかしアリッサの死から6週間後、2体目の遺体が発見され、事態は急展開する。警察は犯人がそう遠くない所にいることを突き止める。