「鍋 会見」の検索結果

今すぐ視聴する

ふるさと納税の返礼品に“賞味期限切れ”食材が混入
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ふるさと納税の返礼品に“賞味期限切れ”食材が混入  ふるさと納税の返礼品で送られた海鮮鍋セットに賞味期限切れの食材が混ざっていました。  混入があったのは鹿児島県志布志市が先月、1万円以上の寄付への返礼品として先月23日に発送したプレミアム海鮮鍋のセットです。寄付者からの指摘で、具材に含まれる冷凍麺の賞味期限が去年3月だったことが判明しました。取り扱い業者が期限切れの麺に気付かず発送したということです。これまでに40セットが発送され、6件混入が確認されています。
セットで買いレンジでチン“レジ横おでん”様変わり
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 セットで買いレンジでチン“レジ横おでん”様変わり  コンビニエンスストア大手「ファミリーマート」は店の負担軽減と食品ロス削減のため、おでんを電子レンジで温めて提供する取り組みを始めました。  コンビニのおでんを巡っては具を作る際の鍋の仕込みや管理に手間が掛かり、店側の負担になっているとの声が上がっていました。これまでと違って客が自分で具を選ぶことはできませんが、新たな商品は製造から180日保存が可能で、レンジで温めるだけで商品が完成するため、店の負担軽減とフードロスの削減が期待できるとしています。沖縄を除く全国の店舗でオーナーが鍋を継続するか電子レンジに変更するかを選べるということです。
季節外れの“梅雨入り”?暖冬の次は…寒さと雨
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 季節外れの“梅雨入り”?暖冬の次は…寒さと雨  23日は突然の寒さと雨。「季節外れの梅雨入り」に各地で困惑が広がっています。  異例の暖かい冬。暖冬の影響で本州の南に前線が停滞。東日本や西日本ではくもりや雨の日が続き、梅雨のような天気になるというのです。この予報に各地で心配の声が上がっています。今月いっぱいまで雨やくもりが多い関東では…。  にぎわいを見せる横浜市内で行われているイベント「酒処 鍋小屋2020」。繁盛しているようにも見えますが、屋外スペースは…。普段にぎわう屋外スペースは雨などの影響で23日はガラガラ。今後、続く雨に客足が遠のくのではと気が気でないようです。  兵庫県豊岡市の奥神鍋スキー場では山肌がほとんど見えていて、人工雪でなんとかコースを確保してスキー場を運営しているという状況です。  異常ともいえる暖冬。気温にも影響が…。なんと、宮崎県延岡市では最高気温23.9度を記録。5月中旬並みの暖かさになりました。
ご飯とおかずを同時に! ボタン押すだけで夕飯完成
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 ご飯とおかずを同時に! ボタン押すだけで夕飯完成  ほぼ、ほったらかしの状態でごはんやカレーなどが一度に作れると話題になっています。4人家族の夕飯も賄えるといいます。実際に試してみました。  自動調理鍋「ツインシェフ」は、通信販売大手が15日に発売。まるで、炊飯器が2つ合体したような調理器具。便利だと問い合わせが相次いでいます。  21日は左右2つの鍋でカレー作りと白米の炊飯を同時に進めます。白米は通常の炊飯器と同じ要領。カレーは好みの大きさに切った肉、野菜、ルーを入れて水を加えます。10種類のメニューから煮込みを選び、ボタンを押します。後は、ほったらかし。自動で調理してくれます。  火を使わないため、焦げ付きや吹きこぼれはありませんでした。ちなみに保温や温め直し機能もついているので、いつでもおいしく食べられそうです。品数が欲しい夕飯にぴったりな機能も。釜の上の部分を使って蒸し料理も同時に作れます。
増税がスーパー直撃 売り上げ3カ月連続マイナス
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 増税がスーパー直撃 売り上げ3カ月連続マイナス  消費増税以降、売り上げ前年比マイナスが続いています。  先月の全国のスーパーの売り上げは約1兆1884億円で、去年10月から3カ月連続で前年を下回りました。暖冬の影響で食料品では鍋の野菜などの売れ行きが悪く、衣料品でもアウターなどの売れ行きが例年より良くないということです。また、去年1年間の売り上げ高は約12兆4324億円で、4年連続でマイナスとなりました。日本チェーンストア協会は消費増税が家計に影響して、消費の弱さが長引くことを懸念していると不安感を示しました。
おでんの煮込み過ぎ注意 おすすめ時間は〇〇分!?
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 おでんの煮込み過ぎ注意 おすすめ時間は〇〇分!?  おでんに味を染み込ませるためにどれくらいの時間、煮込んでいるでしょうか。練り物メーカーによりますと、煮込めば煮込むほどおいしくなるとは限らないようです。  あめ色に染まり、深く味の染み込んだおでん。皆さんは、おいしく作るためにどれくらいの時間、煮込んでいるでしょうか。  45歳:「1時間半くらい」  50代:「3、4時間だと思うんですけど」  しかし、おでんのプロが提案するおいしい煮込み時間は、意外な短さでした。  紀文食品クッキングコミュニケーター・根岸恭子さん:「おでんは45分の煮込み時間で十分なんです」  おでんの煮込み時間は45分で良いと話すのは、練り物メーカーの担当者です。  こんにゃくなどは表面に切り込みを入れ、大根は通常通り、下ゆでをしておきます。続いて、お好みのだしを入れた鍋におでんの具材を入れていくのですが、ここでポイントです。だしが沸騰したら、味のしみ込みにくい大根や卵、ちくわぶなどから入れていきます。そのまま30分ほど弱火でコトコト煮込みます。ここで比較的、味がしみ込みやすいちくわや、つみれといった練り物などを入れます。さらに弱火で15分煮込みます。そして、最後にはんぺんを入れて完成です。  練り物メーカーによりますと、長時間煮込むと、だしの味は強まりますが、その分、素材本来の味わいが損なわれがちだといいます。また、練り物などは煮込みすぎると本来のうまみが流れ出してしまい、おいしさを損なう恐れもあるそうです。  ちなみに、2時間しっかりと煮込んだおでん…

おすすめの作品

第11話 土鍋の力
美味しんぼ 第11話 土鍋の力 鍋好きの運輸会社社長の自慢は純金の鍋。対抗する士郎の土鍋はなんの変哲もない古い鍋。しかしすっぽん料理屋で鍛えぬかれ、今なお現役の鍋は、料理人とひとつになって妙味をかもし出す。
第231話 デマがデマ呼ぶ両津鍋
こちら葛飾区亀有公園前派出所 第231話 デマがデマ呼ぶ両津鍋 冬の夜、一人夜勤の両津。寒いし空腹だし…鍋でも食べたいな、ということで方々にウソをついて材料をもって来させた。派出所で鍋の準備ができた頃、外では嘘がとんでもない方向に広がって…
第3話 ふじさんとまったりお鍋キャンプ
無料
ゆるキャン△ 第3話 ふじさんとまったりお鍋キャンプ 富士山の麓でソロキャンをしていたリンの目の前に、突然なでしこが現れた!どうやらリンの友達・斉藤恵那が居場所を教えたらしく、なでしこは本栖湖で食べたカレーめんのお返しにと、ここで鍋を作ってくれると言ってくる。最初はなでしこの料理に不安しかないリンだったが、出来上がった担々餃子鍋は、ぽかぽかと体の温まる美味しさで……。そんな鍋をつつきながら鍋をつつきながら、二人はまったりとおしゃべりを始める。
第25話 鍋は人生の縮図である
銀魂 第25話 鍋は人生の縮図である 祝放送半年!ということで、寄せ集めの総集編でお茶を濁そうなどと話をしている万事屋一行。しかし本心はそこには無く、久々に食卓へのぼったすき焼きから注意を逸らし、一切れでも多く肉にありつこうと、お互いが牽制しあっていたのだ。激しい腹の探り合いが繰り広げられる中、銀時と新八が神楽を陥れ鍋へと襲い掛かる。が、勢い余って鍋の中身は四散。騙されたと気づいた神楽は銀時と言い争いを始める。殺伐とした空気が流れる中、先程の悲劇を繰り返さぬために、まずは肉の安全を確保することが先決と思案を巡らせる新八。と、そこへ新たな鍋の参加者が…肉争奪戦はますます混迷の一途を辿る。
第110話 年越しうどん
美味しんぼ 第110話 年越しうどん 数年前に消えた妻・冬美発案の豪華鍋焼うどんを京極や士郎達に振舞う岡屋。そにに良三が駆け込み、スキー場で彼女に偶然会ったと言う。岡屋は即座に現地へ。思い出の鍋焼うどんに冬美の心は!?
第14話 横綱の好物
美味しんぼ 第14話 横綱の好物 大原社主は横綱若吉葉の激励会でブリのアラ鍋を用意するが、当日、列車の雄山の言葉から士郎は大原社主の大変なカン違いに気付く。横綱の好物はアラという名の魚の鍋であった。
第8話 四人目
無料
ノブナガ先生の幼な妻 第8話 四人目 なんと万結はお鍋の方の子孫だった! ノブナガが触るとお鍋の方が表面に出てくる。友里は自分の中にも同じようにノブナガ関係者の魂がいることを悟る。…今晩空いてたら飲みに行きませんか?
#12 『ヘクセン・ケッセル』
GA 芸術科アートデザインクラス #12 『ヘクセン・ケッセル』 風邪で学校を休んだナミコさん。ツッコミ役が……もとい友達が一人欠けている事に、ノダミキもトモカネもバランス崩し気味。何だか、いつもの調子が出ません。送られてくるメールも断片的になってきて? ナミコさんの安否は!!?? 日は替わって、ノダミキの閃きとなりゆきで、ヤミ鍋を作る事になった如月たち。最初はノリノリで準備をしていたものの、次元を超えたカオス鍋を前に、次第にシャレにならない雰囲気に。果たして、無事に生きて(?)食べきれる事が出来るのでしょうか?
直木賞「熱源」の川越宗一さんが会見 ノーカット
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 直木賞「熱源」の川越宗一さんが会見 ノーカット  第162回直木賞に川越宗一さん(41)の「熱源」が選ばれ、川越さんが会見を行いました。その模様をノーカットでお届けします。
芥川賞「背高泡立草」の古川真人さん会見ノーカット
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 芥川賞「背高泡立草」の古川真人さん会見ノーカット  第162回芥川賞に古川真人さん(31)の「背高泡立草」が選ばれ、古川さんが会見を行いました。その模様をノーカットでお届けします。