「長男の嫁」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

生後4カ月の長男に暴行か 千葉県庁職員の男を逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 生後4カ月の長男に暴行か 千葉県庁職員の男を逮捕  生後4カ月の長男の顔を殴ってけがをさせたとして、千葉県庁職員の23歳の男が逮捕されました。長男は頭の骨や肋骨(ろっこつ)が折れていて、警察は日常的に虐待していた疑いがあるとみて調べています。  千葉県総務部政策法務課の職員・石谷健二容疑者は先月下旬ごろ、千葉市の自宅で生後4カ月の長男の顔を殴ってけがをさせた疑いが持たれています。搬送先の病院で医師が長男の頭の骨や肋骨が折れていることに気付き、事件が発覚しました。長男の体には他にも内臓の損傷や古いあざなどがあったということです。石谷容疑者は「一生懸命あやしたのに泣きやまなかった」と供述し、容疑を認めています。警察は石谷容疑者が日常的に虐待していた疑いがあるとみて調べています。
「妻のいないところでやった」長男暴行疑いの県職員
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「妻のいないところでやった」長男暴行疑いの県職員  千葉県の職員の男が生後4カ月の長男を殴ってけがをさせたとして逮捕された事件で、男は「妻のいないところでやっていた」と供述していることが新たに分かりました。  千葉県庁総務部の石谷健二容疑者(23)は先月下旬ごろ、千葉市の自宅で生後4カ月の長男の顔を殴ってけがをさせた疑いが持たれています。長男は頭の骨や肋骨(ろっこつ)が折れていて、古いあざもありました。その後の捜査関係者への取材で、石谷容疑者は取り調べに対して「妻のいないところで暴行を加えていた」と供述していることが新たに分かりました。石谷容疑者は8月から育児休暇を取っていて、妻と長男の3人で暮らしていました。警察は、石谷容疑者が妻に気付かれないようにして日常的に虐待をしていた疑いがあるとみて調べています。
長男殺害事件で初公判 元次官「間違いありません」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 長男殺害事件で初公判 元次官「間違いありません」  長男を殺害した罪で起訴された農林水産省の元事務次官の初公判が開かれ、被告は起訴内容を認めました。  元農水次官の熊沢英昭被告(76)は6月、東京・練馬区の自宅で長男の英一郎さん(当時44)の首などを包丁で刺して殺害した罪で起訴されました。初公判にスーツ姿で出廷した熊沢被告は「間違いありません」と起訴内容を認めました。検察側は冒頭陳述で「被告は台所で包丁を取り、別の部屋にいた被害者を刺した」「被害者からごみの処分を巡り、暴力を受け、恐れるようになった」「殺害を考慮に入れながら生活していた」と指摘しました。一方、弁護側は「被告は被害者から『殺すぞ』と言われ、殺されると思い、とっさにやむを得ず刺してしまった」と述べました。
主治医「被告は面倒よくみていた」 元次官長男殺害
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 主治医「被告は面倒よくみていた」 元次官長男殺害  長男を殺害した罪で起訴された農林水産省の元事務次官の裁判で、被害者の主治医が出廷して「被告は被害者の面倒をよく見ていた」と証言しました。  元農水次官の熊沢英昭被告(76)は6月、東京都内の自宅で長男の英一郎さん(44)を殺害した罪に問われています。12日の裁判には、英一郎さんを発達障害と診断していた主治医が出廷しました。弁護側から被告の英一郎さんへの対応を問われると、「大変よく面倒を見ていた」「発達障害への社会的な理解がまだ低く、手掛かりがないなかで色々、試行錯誤してきた」と述べました。また、事件の6日前に英一郎さんが熊沢被告に暴力を振るったことについては「実家に帰って環境が変わったことで、ストレスがかかっていたのではないか」と述べました。
元農水次官の熊沢被告に懲役8年求刑 長男殺害の罪
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 元農水次官の熊沢被告に懲役8年求刑 長男殺害の罪  長男を殺害した罪で起訴された農林水産省の元事務次官の裁判員裁判で、検察側は13日に懲役8年を求刑しました。  熊沢英昭被告(76)は6月、東京都内の自宅で長男の英一郎さん(当時44)を殺害した罪に問われています。13日の裁判で、検察側は「被告は被害者の隙をついて一方的に攻撃した」「殺害する以外に選択肢がないほど切迫した状況だったとは考え難い」と指摘し、熊沢被告に対して懲役8年を求刑しました。一方、弁護側は「本当に不幸な事件で酌量の余地が大きい」として刑の執行を猶予するよう求めました。最後に熊沢被告は「私の犯した罪は重大」「息子があの世で穏やかに過ごせるよう祈りを捧げることが私の務めだと思っています」と述べました。判決は16日に言い渡されます。
第23話 王室からの抹消
王女の男 第23話 王室からの抹消 都に残ると決めたイ・セリョンは、旅立ちを前にしたキム・スンユと夫婦の契りを交わす。咸吉道へ赴いたスンユはかつて父の部下であったイ・シエととも反乱軍を組織し、その勢力は日に日に増していった。長男の病没により心の余裕を失った王スヤンは、判官シン・ミョンのほかに腹心であるハン・ミョンフェにも反乱軍の討伐を命ずる。ハン・ミョンフェは、ミョンの使用人となったセリョンを餌にスンユをおびき寄せる策謀を提案するが...。
凶器は“記念品” 元農水次官が起訴内容認める
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 凶器は“記念品” 元農水次官が起訴内容認める  長男を殺害した罪に問われた元事務次官の男は、11日の初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めました。また、検察側は凶器が農林水産省時代の記念品だったことを明かしました。  44歳の長男を刺殺したとして殺人罪に問われた熊沢英昭被告(76)の初公判。熊沢被告は起訴内容について聞かれるとはっきりとした声で「間違いありません」と答えました。  起訴状などによりますと、熊沢被告は今年6月1日、東京・練馬区の自宅で長男の英一郎さんの首などを包丁で何度も刺して殺害。その後、「息子を刺し殺した」と自ら110番通報したとされます。  11日、検察側が明かしたのは長男殺害を決意した熊沢被告の手紙でした。熊沢被告は、事件の2日前までに妻に原稿用紙1枚に書かれた手紙を渡していたというのです。一体、何が熊沢被告を追い詰めたというのでしょうか。  検察側によりますと、長男は学校でいじめに遭うなどして家庭内暴力を行うようになり、別の家に住んでいたといいます。10年ほど前から働かずにゲームをして過ごしていて、事件1週間ほど前に練馬区の実家に戻り、再び被告夫婦に暴力を振るったというのです。一方で、弁護側は事件は衝動的だったと主張しました。検察側によりますと、凶器の包丁は農水省時代に事業の記念品として贈られたものだったそうです。次回の公判は12日で被告人質問が行われます。
元次官に下された懲役8年の求刑 専門家の見方は
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 元次官に下された懲役8年の求刑 専門家の見方は  長男を殺害した罪に問われた元農林水産省事務次官の男に、懲役8年が求刑されました。殺人罪に対して8年という求刑。専門家はどう見たのでしょうか。  農林水産省の元事務次官・熊沢英昭被告(76)は6月、東京都内の自宅で長男・英一郎さん(当時44)を殺害した罪に問われています。  13日の裁判で検察側は、長男の首や胸には少なくとも36以上の傷があったとし、「被告は被害者の隙をついて一方的に攻撃した」と指摘しました。また、長男から家庭内暴力が事件の背景にあったことを認めつつ、「殺害する以外に選択肢がないほど切迫した状況だったとは考えがたい」と指摘し、懲役8年を求刑しました。  これまで、熊沢被告は起訴内容を認めたうえで「殺していなかったら逆に殺されていたと思う」と主張しています。  弁護側は最終弁論で、「発達障害のあった長男に献身的に尽くし長年、努力をして良好な関係を築いてきた。身を守るため、とっさに殺してしまった」などとして、刑の執行を猶予するよう求めました。  懲役8年という求刑に専門家は…。  元東京地検特捜部・若狭勝弁護士:「今回は、被害者からかねて暴力、あるいは『殺す』というようなことを言われていた。被告人が今回、殺人に至った事情・理由・動機もかなり酌量することができる。今回はかなり低い求刑がなされた」  判決は16日に言い渡される予定です。13日の公判の最後、裁判長に「言いたいことはあるか」と問われると、熊沢被告はこう述べました。  熊沢英昭被告:「私は毎日、反省と悔悟を…
第23話 残酷な告白
あなたはひどいです 第23話 残酷な告白 ジナから出生時の話を聞いたギョンス。父親も分からない望まない妊娠だったことを告げられ、自分の存在を否定されたギョンスの心は深く傷つく。その頃、自殺をはかったユニが退院する。ヒョンジュンは事態を重く受け止め、財閥の子息としての責任を果たすため、ユニとの復縁を決める。長男の許嫁としてパク家への出入りを再開したユニは、家族が集う場では良好な関係を演じつつも、ジナやナギョンの前では強気な態度を見せる。
元農水次官「倒れても動いたので…」殺害の瞬間語る
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 元農水次官「倒れても動いたので…」殺害の瞬間語る  元農林水産省事務次官の男が息子を刺し殺した罪で起訴された裁判で、男が犯行の瞬間について語りました。  長男・英一郎さんを包丁で刺して殺害した罪で起訴された元農水次官の熊沢英昭被告(76)の公判2日目。  弁護人:「中学から家庭内暴力が?」  熊沢英昭被告 :「間違いありません」  長男が大学に入り、一人暮らしを始めると、被告はアパートまで薬を届けたり、ごみを片付けに行ったといいます。その後も長男は一人暮らしでしたが、事件6日前の5月26日、自宅に戻った長男から激しく暴力を振るわれたと話しました。  熊沢英昭被告:「(5月26日の暴力について)見たことない形相。殺してやるという言葉。とにかく体に震えがくるほどの恐怖心を覚えました」  そんな記憶も新しい、事件当日。小学校からの運動会の音に長男は朝から機嫌が悪かったといいます。そして、午後3時ごろに熊沢被告と目が合ったといいます。  熊沢英昭被告:「(6月1日の事件当日について)5月26日の暴行を即座に思い出す形相で『殺すぞ』と。本当に殺されるなと思った。反射的に体が包丁を取りに行った。(戻ってから刺すまで)せいぜい1、2秒の短時間。息子が倒れても動いたので刺した」  ついに殺害の瞬間を語った熊沢被告ですが、涙を見せました。  熊沢英昭被告:「息子がかわいそうだということと、取り返しのつかないことをした。息子の冥福を祈りたい」