「長谷川博一」の検索結果

「長谷川博一」に関する情報は見つかりませんでした。
「長谷川」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

ONE DAY #51 長谷川賢
ONE DAY ONE DAY #51 長谷川賢 格闘家の1日(One day)に密着しながら、「いつか(One day)頂点に・・」という熱い思いをリアルに描く、格闘家ドキュメンタリー。6月29日、アジア最大級の格闘技イベントONE Championshipに出場する長谷川賢選手。初参戦でミドル級王者、オングラ・エヌサンとベルトを賭け対戦。その結果は?
#45:大悟の真面目アドバイスに有村藍里が涙…!
チャンスの時間 #45:大悟の真面目アドバイスに有村藍里が涙…! 有村藍里が大悟のガチアドバイスに思わず涙… ★50音モノマネ選手権 コージー冨田、アイデンティティー田島、メルヘン須長、長谷川恒希によるし烈なバトル! ★あなたのキス撮らせて下さい!紺野ぶるまvs大自然! ★大悟の人間性検証ドッキリ 有村藍里が大悟にガチ相談。大悟からどんな名言が飛び出すのか!?
4着目 若き才能たち
ランウェイで笑って 4着目 若き才能たち 千雪に出会うまで、家計のためにデザイナーの夢をあきらめ続けてきた育人。いまだに家族に、柳田の元で働いていることを言い出せず悩んでいた。一方、多忙を極める柳田のアトリエに、助っ人としてトップデザイナーの孫・綾野 遠とデザイナー志望の大学生・長谷川 心がやってくる。遠の卓越した技術を見せつけられた育人は......。
5着目 それぞれの流儀
ランウェイで笑って 5着目 それぞれの流儀 日本一の服飾大学・芸華大のファッションショーの予選に挑戦することになった育人。予選をくぐり抜けた者だけがショーに参加する資格を得られる。育人は共に柳田の元で働く長谷川 心が複雑な事情を抱えていることを知り、「一緒に予選に挑戦しないか」と誘う。二人で参加した予選当日、発表された課題は育人にとって不利な課題で......!?
第16話 考えたら人生ってオッさんになってからの方が長いじゃねーか!恐っ!!
銀魂 第16話 考えたら人生ってオッさんになってからの方が長いじゃねーか!恐っ!! 昼間から公園でたそがれる長谷川に神楽が「何故昼間からこんなところにいるのか」と声をかける。一時の勢いでハタ皇子を殴り、入国管理局を首になった長谷川は、まるでダメなオッさん、略してマダオ街道まっしぐらだった。切腹を命じられ、夜逃げしようと家に戻るとマダオにはついて行けないと妻に逃げられる始末。色々なものを失った彼が唯一得た友人が、パチンコ店で仲良くなった銀時だった。
第19話 海の水がなぜしょっぱいかだと?オメーら都会人が泳ぎながら用足してくからだろーがァァ!!
銀魂 第19話 海の水がなぜしょっぱいかだと?オメーら都会人が泳ぎながら用足してくからだろーがァァ!! 楽して儲けようとパチンコに運命を委ね、そして散った男たちがいた。拾った小銭で買った棒アイスを咥えながら自らの行いを悔いる銀時と長谷川。そんな二人のもとに、うまい儲けが飛び込む。海に出没する宇宙生物に懸賞金が掛けられたというのだ。エイリアンを一本釣りし懸賞金を掴もうという銀時と長谷川の提案で、海へ向う万事屋一行。しかし、海にたどり着いた彼らを待っていたのは、閑散とした浜辺と海の家で焼きそばを焼くオヤジだった。しかし、実はこの懸賞金は…。
第2話 まぁ、間違っちゃいない
多田くんは恋をしない 第2話 まぁ、間違っちゃいない 多田と幼なじみの伊集院薫(いじゅういん・かおる)が通う、銀河大学付属恋ノ星高校に転入生としてやってきたテレサとアレク。恋ノ星高校の生徒は必ず部活動に所属しなければならないという校則があるため、二人は、同じクラスの委員長・長谷川日向子(はせがわ・ひなこ)と共に、いろいろなクラブを見学して、多田たちが所属する写真部へとやってくる。写真部の部室では、部長の杉本一(すぎもと・はじめ)が何やら熱弁をふるっていて……。
ONE Championship A NEW ERA 日本人ファイター 激闘録
ONE Championship 特別番組 ONE Championship A NEW ERA 日本人ファイター 激闘録 世界最高峰の格闘技イベントONE Championship 2019年3月31日に日本初上陸を果たす。その中でも、日本人ファイター注目し、激闘と舞台裏の様子をご紹介! 第15試合 メインイベント ONEライト級(77.1kg)チャンピオンシップ 5分5R エドゥアルド・フォラヤン(フィリピン/王者) 青木真也(挑戦者、元王者) 第13試合 コーメインイベント ONEミドル級(93.0kg)チャンピオンシップ 5分5R アウンラ・ンサン(ミャンマー/王者、ライトヘビー級王者) 長谷川賢(挑戦者) 第11試合 ONEフライ級(61.2kg)ワールドグランプリ準決勝 5分3R 若松佑弥 デメトリアス・ジョンソン(アメリカ) 第8試合 ONEフライ級(61.2kg)ワールドグランプリ準決勝 5分3R 仙三<池田仙三> ダニー・キンガッド(フィリピン) 第5試合 キックボクシング フライ級(61.2kg) 3分3R 秋元皓貴 ヨゼフ・ラシリ(イタリア) 第4試合 アトム級(52.2kg) 5分3R V.V Mei<山口芽生> クセニヤ・ラチコヴァ(ロシア)
第97話 熱き思い・魚住再び!
スラムダンク 第97話 熱き思い・魚住再び! 合宿の成果を早く赤木たちに自慢したかった花道は、しつこく練習試合を提案していた。そこへ翔陽の藤真・花形・長谷川が、街で偶然会ったという彦一と共に激励にやって来る。ここで悪巧みを巡らせた花道は、藤真たちに練習試合を提案。彦一が残りのメンバー集めを始めたため、赤木もOKを出さざるを得なくなる。まず彦一が陵南の池上をつかまえたものの、魚住はバスケには未練はないと断り、仙道は弥生が探しに回っているが見つかる保証はない。仕方なく、翔陽の藤真・花形・長谷川、陵南の池上のチームに花道が加わろうとするが、試合開始直前で魚住が登場。花道はベンチに入れられてしまう。
ロシアは東京五輪に参加不可? メドベージェワ選手がIOCとの橋渡し役となるのか
無料
アベマ倍速ニュース【平日よる7時~生放送】 ロシアは東京五輪に参加不可? メドベージェワ選手がIOCとの橋渡し役となるのか 気になるニュースをテレビ朝日の担当記者が徹底解説。現場を取材する記者ならではの「情報」「なるほど」が満載です。視聴者の皆様からのコメントや疑問に即時に反応。"ラジオ的掛け合い"も楽しめる "新感覚"ニュース番組です。
#11: Sing!Sing!Sing!
第3次Popteenカバーガール戦争 #11: Sing!Sing!Sing! 【見どころ】 全国のJOYSOUNDキャンペーンガール&オリジナルムービー出演の座をかけたオファーバトル。2週間の練習の末、緊張の本番が始まる。1回戦は課題曲で勝負!厳しい審査員をうならせ、栄光を掴み取るのは誰だ?
#14:決戦前夜!ラストチャンスを掴め
第3次Popteenカバーガール戦争 #14:決戦前夜!ラストチャンスを掴め 【見どころ】 ラストバトルである「ファン50組とTik Tok」に挑むポプ戦メンバー。 「専属昇格ボーナスポイント」を懸けて3チームがデッドヒート。 泣いても笑ってもこれが最後。ラストチャンスを掴むのは「私」だ! 専属昇格モデル2人が決まる次週の決戦まで熾烈なバトルは終わらない。
#4 : ダンスバトルを制す者はポプ戦を制す
第3次Popteenカバーガール戦争 #4 : ダンスバトルを制す者はポプ戦を制す ▼ついにOPダンスのセンターが決定!圧巻ダンスのバチバチバトルを制するのは誰だ!? ▼下位2人はOP映像に映れない!史上最大サバイバルを生き残れ! ▼OPダンス映像初公開!最強ダンス&スタイリッシュな仕上がりに思わず涙...!
#6 : 力を貸して!私の知らなかった私
第3次Popteenカバーガール戦争 #6 : 力を貸して!私の知らなかった私 ▼サマンサベガのポスターモデル選抜バトル!14人から6人に絞られたメンバーから生き残れるのは3人だけ! ▼超一流カメラマンが引き出すメンバーたちのポテンシャル!カッコよすぎるポスターが完成!
#8: I Have a Dream
第3次Popteenカバーガール戦争 #8: I Have a Dream 突きつけられた過酷な通告「来週4人脱落」。イルミネーションが輝くなかメンバーたちに与えられた最後のチャンス「『私の夢』を叫べ!」。心に刻まれてきた希望、挫折、涙、夢。少女たちの歴史がそこにある。
#10: ねぇ、本当に勝ちたいって思ってる?
第3次Popteenカバーガール戦争 #10: ねぇ、本当に勝ちたいって思ってる? 中間脱落から勝ち残った10人のポプ戦モデルたち。 最終ステージに臨む彼女たちへ届いた次なるオファーバトルはJOYSOUND! 全国のJOYSOUNDで流れるオリジナルムービー出演をかけ真剣歌バトル! 「本当に勝ちたいって思ってる?」
#12: 歌わねばCry
第3次Popteenカバーガール戦争 #12: 歌わねばCry 【見どころ】 全国に展開する「JOYSOUND」その冬のキャンペーンガール&オリジナルムービー出演の座をかけたオファーバトル決勝戦。 上位4名のゆめぽて・タルちゃん・シユン ・こはるんによる決勝は超ハイレベル。少女たちの真剣勝負に審査員も思わず唸る。 選ばれるのは2人だけ。 そしてついに、第3次ポプ戦の専属昇格人数が発表!
10着目 負けられない
ランウェイで笑って 10着目 負けられない 芸華祭当日。それぞれの想いが交錯する中、ステージの幕が上がる。今まで服作りを「勝負事」としてとらえていなかった育人にとって、未知の戦いが始まる。勝ちも負けも今、決まる―――。そうそうたる審査員が揃い、家族が見守る中、育人のショーがスタートして......。
#5 : サマンサベガのモデルを勝ち取れ!
第3次Popteenカバーガール戦争 #5 : サマンサベガのモデルを勝ち取れ! ▼Teenの大人気ブランド「サマンサベガ」広告モデルの座をかけモデルたちが火花を散らす!広告モデルに選ばれるは3人だけ! ▼最初のミッションは2人1組!サマンサベガのバッグを一番カワイく見せられるCM動画を作れ! ▼番組から「衝撃発表」が...。史上最大のサバイバルを生き残るのは誰だ!?
#7 : 狙え!よみうりランド“スマイル大使”
第3次Popteenカバーガール戦争 #7 : 狙え!よみうりランド“スマイル大使” オファーバトル第2弾は「よみうりランド」。求められるのは「絶叫&楽しい!」を最も表現できるモデル。アトラクションの楽しさを伝えて園内にスマイルを増やせ!生き残れるのは14人中3人。よみうりランド“スマイル大使”にふさわしいと選ばれれば超人気イルミネーション「ジュエルミネーション」とのコラボ!勝ち残るのは「私」だ!
#9: 総選挙開票…4人脱落発表スペシャル
第3次Popteenカバーガール戦争 #9: 総選挙開票…4人脱落発表スペシャル ついに中間脱落発表。今回脱落するのは史上最多「4人」。これまでのRT戦争やTikTokバトル、YouTubeバトル、さらにPopteen誌面アンケート、編集部&専属モデルからの投票、そして中間総選挙の得票数の合計ポイントによってランキングが決まる。史上最大のサバイバル、生き残るのは誰だ?
#15: 決戦!専属昇格メンバー発表
第3次Popteenカバーガール戦争 #15: 決戦!専属昇格メンバー発表 【見どころ】 「史上最大のサバイバル」第3次ポプ戦もついに最後の時。 今夜、メンバーから専属モデルに昇格する2人が発表される。 「カバーガールになりたい」その思いだけで挑んだ4ヶ月間の死闘。 泣いて、踊って、笑って、歌って、また泣いた。 それでも「私」は強くなった。夢は掴むもの、最後に笑うのは「私」だ。
2着目 プロの世界
ランウェイで笑って 2着目 プロの世界 ファッションデザイナーになる夢を秘めてきた育人。 千雪の父で、ファッションブランド・ミルネージュ社長の研二から 働き先を紹介され、新進気鋭のデザイナー・柳田 一の職場を紹介される。 アトリエを訪ねた育人は、柳田の厳しい態度と過酷すぎるプロの現場に驚くのだが......。
3着目 ランウェイで笑って
ランウェイで笑って 3着目 ランウェイで笑って 育人は柳田に同行し、日本最大のファッションの祭典「東京コレクション」に参加することになる。急遽来られなくなったモデルの代わりとしてやってきたのは、千雪だった――。重なるトラブルの結果、育人が千雪の衣装を縫うことになる。緊張で焦る育人に、千雪は語りかける。二人の初めての「ショー」が、今始まる!
6着目 優越感と劣等感
ランウェイで笑って 6着目 優越感と劣等感 参加者が自分でデザインした服を披露する芸華祭一次予選。育人が選んだモチーフは審査員の予想を大きく裏切るものだった。審査員たちの育人への評価は......!? 一方、夢に向かって突き進む育人に感化された千雪も、自分の力で道を切り開こうと片っ端からモデルの仕事先へ自らを売り込んでいた。
7着目 存在感(オーラ)
ランウェイで笑って 7着目 存在感(オーラ) ようやく勝ち取った雑誌撮影の仕事に訪れた千雪は、そこで出会った高身長のモデルの存在感に圧倒されてしまう。それは、本当はデザイナー志望であり、嫌々ながらモデルの仕事をこなす心だった。打ちひしがれた千雪は帰り道、マネージャーに「モデルを辞めたい」と訴える心の姿を見てしまい......。
8着目 デザイナーの器
ランウェイで笑って 8着目 デザイナーの器 母親の容態が悪化したという報せを受け、病院に駆けつける育人。さらには滞納していた治療費がのしかかり、育人はバイトを増やすため苦渋の思いで柳田と遠に「仕事を辞めさせてほしい」と伝える。そんな育人の元に、心のマネージャー・五十嵐がやってきてある提案を持ちかけるのだが......。
9着目 好敵手(ライバル)
ランウェイで笑って 9着目 好敵手(ライバル) パリから帰国した千雪に「芸華祭で自分のショーに出てほしい」と誘う育人だったが、柳田との関係を修復するため、アトリエに連行されてしまう。そこで、モデルの仕事に向かおうとしていた心に出くわす。心が本気でデザイナーを目指していると知った千雪は、マネージャーの五十嵐と対峙するのだった。
11着目 約束
無料
ランウェイで笑って 11着目 約束 育人のランウェイが終わり、心と千雪のショーが始まる。出会いが最悪で、性格も合わない二人。これまで散々衝突してきた二人は、お互いにとある提案をする。「チームだけどライバル」。そんな二人が創り出すランウェイは、ゆずれない想いを形にしたものだった。
#13:ファン50組とTikTok!
第3次Popteenカバーガール戦争 #13:ファン50組とTikTok! 【見どころ】 第3次ポプ戦ラストバトルは「ファン50組とTik Tok」。 専属昇格ボーナスポイントを懸け渋谷、新大久保、大阪に分かれどのチームが最も早くファン50組とTik Tokを撮影できるか勝負。 ただし撮影するにはチームメンバー全員の名前を答えてもらわねばならない。 「私だけ、まだ名前も知られてない」 涙のメンバーもファンとの絆で奮い立つ。 さらにPopteenモデルの大先輩「にこるん」こと藤田ニコルも緊急参戦! 泣いても笑ってもラストバトル。 笑うのは「私」だ!