「長野 県 ニュース 事故」の検索結果

今すぐ視聴する

ドーナツ食べ入所者死亡 准看護師の無罪確定
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ドーナツ食べ入所者死亡 准看護師の無罪確定  検察側が上告を断念し、准看護師の無罪が確定することになります。  長野県安曇野市の特別養護老人ホームで2013年にドーナツを食べた入所者が死亡した事故で、業務上過失致死の罪で起訴された准看護師の女性は先月28日、東京高裁で逆転無罪の判決を言い渡されました。東京高検は、この判決について「内容を検討したが、適法な上告理由を見いだせなかった」として上告しないことを明らかにしました。これで准看護師の無罪が確定することになります。
特養ホーム死亡事故 無罪確定の准看護師が会見
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 特養ホーム死亡事故 無罪確定の准看護師が会見  長野県安曇野市の特別養護老人ホームで入所者が死亡した事故の裁判で、無罪が確定した准看護師の女性が会見し、5年半に及んだ裁判で精神的に苦しめられた胸の内を明かしました。  無罪が確定した准看護師:「(容体が急変し)必死で救命措置を行いました。それなのに事実をねじ曲げられ、罪人扱いされ、裁判の度に被告人と呼ばれました。精神的に追い詰められて一時も忘れることができませんでした」  2013年、入所者の女性がドーナツを食べた後に死亡し、准看護師の女性は業務上過失致死の罪に問われていました。先月、二審の東京高裁が逆転無罪を言い渡し、東京高等検察庁が上告しなかったため、12日に無罪が確定しました。  無罪が確定した准看護師:「(介護の仕事は)たくさんのやりがいを感じる仕事だと思っています。この仕事に誇りを持って、(仲間と)一緒に頑張っていきたい」

おすすめの作品

御嶽山頂上の規制解除 戦後最悪の火山災害から6年
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 御嶽山頂上の規制解除 戦後最悪の火山災害から6年  2014年の噴火で死者・行方不明者63人が出た長野県の御嶽山で、王滝頂上までの規制が噴火後、初めて解除されました。  長野県王滝村では1日午前8時前に規制が解除されると、登山客約70人が山頂を目指しました。  当時も登った愛知県の登山客:「ここで噴火が起きたんだったなとそういうのを思い出すと思います。まさか山頂であんな惨事になっているとちょっと思っていなくて」  9合目から王滝頂上までの登山道は、6年前に噴火してから入山規制が続いていました。村は先月11日に解除する予定でしたが、大雨の影響で安全確認が遅れ、先送りとなっていました。王滝頂上には安全対策として鋼鉄製のシェルターや避難施設が整備されています。
「先祖に早く帰ってきて…」軒先に乗り物のミニカー
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「先祖に早く帰ってきて…」軒先に乗り物のミニカー  たくさんの住宅で軒先などにミニカーがぶら下がっていました。  家族とともに墓参りをし、先祖とともに過ごすお盆。キュウリやナスでできた「精霊馬」が飾られ、これに乗って先祖の霊が帰ってくるというのが一般的な習わしとされていますが…。  山形県遊佐町では多くの家庭が「先祖に少しでも早く帰ってきてほしい」と、スピード感のある乗り物のおもちゃをつるしています。  一方、ご先祖様を人力で迎える地域も。墓参りに来た家族。手を後ろに組んで歩いて自宅に戻ります。どうしてこんなポーズなんでしょう。ご先祖様を“エアおんぶ”。長野県の一部の地域では、先祖を背負うまねをして自宅に連れて帰るという風習があります。ちなみに、車で来た場合は…。後部座席に乗せました。家に着いたら仏壇の前で先祖を下ろし、お迎え完了です。  また、長野県の南部ではこんな食文化も。この時期、スーパーに並ぶのは「天ぷらまんじゅう」です。その名の通り、まんじゅうを天ぷらにしました。
午前中から35℃を超える暑さ 全国で熱中症に警戒
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 午前中から35℃を超える暑さ 全国で熱中症に警戒  12日も全国的に厳しい暑さになっています。東京などすでに35度を超えた所もあり、熱中症に警戒が必要です。  日本列島は12日も太平洋高気圧の勢力が強く、全国的に暑くなっています。東京では午前10時12分に35度まで上がり、今年、最も早い猛暑日となりました。そのほか、群馬県の桐生や静岡県の浜松など多くの地点で35度を超えています。午後はさらに暑くなり、静岡で38度、前橋で37度まで上がると予想されています。熱中症警戒アラートは長野県に初めて出されるなど関東甲信の全域に発表されています。この暑さは来週にかけて続くとみられています。
マタギの里の光~秘境に生きる6年生~
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2020【土曜放送】 マタギの里の光~秘境に生きる6年生~ 長野県最北端の栄村・秋山郷に暮らす小学6年の福原弥夢(ひろむ)くんは、秋山分校唯一の児童。弥夢くんが卒業すると分校は休校になる。 父・和人(かずひと)さんは、熊猟を生業にするマタギの伝統を受け継ぐ。クマやウサギなど山の動物の命をいただくことは、秋山郷に暮らす人々にとって昔から生活の一部だった。 マタギの伝統を受け継ぎ、「秋山郷の大自然をもっと多くの人に知ってもらいたい」と考える弥夢くんの成長を通して限界集落の現実と未来を考える。
キャンプ場にクマ出没 テントの中で女性襲われけが
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 キャンプ場にクマ出没 テントの中で女性襲われけが  女性(50代)はクマに右足を引っかかれ、10針を縫うけがをしました。  9日未明、長野県松本市の上高地にある小梨平キャンプ場で東京都から来ていた女性がテント内でクマに襲われました。女性は右足を引っかかれて10針を縫うけがをしました。クマはテント内の食料をあさろうとしていたとみられています。また、別の3つのテントも8日夜から9日未明にかけて被害を受けたということです。上高地管理官事務所は女性を襲ったクマが捕獲されるまでの間、キャンプ場を閉鎖することを決めました。上高地では先月下旬からクマの目撃情報が相次いでいました。
ゴミあさるクマの姿…女性が襲われたキャンプ場で
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ゴミあさるクマの姿…女性が襲われたキャンプ場で  防犯カメラにごみ箱をあさる様子が映っていました。  長野県松本市の上高地にあるキャンプ場に設置された防犯カメラが8日に撮影した映像。クマが建物のそばにあるごみ箱をあさっています。この映像が撮影された時間から丸一日経った9日午前0時ごろ、50代の女性がテント内でクマに襲われました。女性は右足をひっかかれ、10針縫うけがをしました。女性を襲ったクマが映像のクマと同じ個体かは分かっていません。同じ防犯カメラには9日夜もクマの姿が捉えられていました。上高地管理官事務所は女性を襲ったクマが捕獲されるまでの間、キャンプ場を閉鎖するとしています。
コロナ特措法の改正を 石破氏「補償をセットで」
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 コロナ特措法の改正を 石破氏「補償をセットで」  自民党の石破元幹事長は新型コロナウイルス対策の特措法について、強制力を伴う休業と補償をセットにするなどの改正が必要だと訴えました。  自民党・石破元幹事長:「どこで何が必要なのかということが、もう少しきめ細かくできるように法律の仕組みを改める必要があると思っています」  石破氏は、休業要請に強制力を持たせる場合には「補償制度の検討も必須だ」と強調しました。今回、石破氏は去年に亡くなった吉田前参院幹事長の地元・長野県で講演しました。前回の総裁選で参議院竹下派を率いて石破氏を支援した吉田氏の初盆に合わせて地元入りすることで、次の総裁選でも竹下派の支持を得たい狙いがあります。
長雨で“秋の味覚”が大豊作 安くて特大サイズも!
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 長雨で“秋の味覚”が大豊作 安くて特大サイズも!  関東地方も長かった梅雨が明けました。長雨の影響で今年は「あの秋の味覚」が大豊作なようです。  本格的な夏が駆け抜けるのはこれからでしょうか。各地では夏本番の暑さに。大分の日田や兵庫の豊岡では35度に到達し、猛暑日となりました。関東甲信では、平年より11日遅かった梅雨明け。雨は思わぬところで恵みをもたらしていました。  長野県、野菜などの直売所。品定めに黙りこんだり、回り込んだり、真剣な様子でサイズや価格を凝視。選んでいるのはマツタケです。今年は長雨の影響で豊作だというマツタケ。例年より3倍ほど出荷が多く、2、3割安くなっているそうで、次々に手が伸びていきます。なかには、子どもでも分かる特大サイズも登場。今年は香りも味も申し分ないといいます。  今週は全国的に厳しい暑さとなり、関東でも35度近くまで上がる日が続く見込みです。熱中症に十分な注意が必要です。
栃木県や神奈川県で…川の事故相次ぐ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 栃木県や神奈川県で…川の事故相次ぐ  猛暑のなか、川での事故が相次いでいます。  警察によりますと、14日午後3時前、栃木県大田原市の那珂川で東京都内に住む19歳の男子専門学校生の行方が分からなくなり、警察などが捜索しています。男性は友人ら4人で遊びに来ていたということです。また、神奈川県愛川町では午後1時半ごろ、相模川の河川敷で会社の同僚らとバーベキューをしていた3人が川に入り、このうち神奈川県に住む25歳の男性の姿が見えなくなりました。男性は約1時間半後に発見されましたが、死亡が確認されました。
全国で水難事故相次ぐ 島根で兄弟が川に流され死亡
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 全国で水難事故相次ぐ 島根で兄弟が川に流され死亡  9日は全国で水難事故が相次ぎました。島根県では高校生と小学生の兄弟が川に流されて死亡したほか、千葉県の海岸では40代の男性が沖に流されて死亡しました。  午後4時すぎごろ、島根県浜田市の三隅川で水遊びをしていた高校生の兄(15)と小学生の弟(11)が流されて死亡しました。また、同じ浜田市の石見海浜公園では海水浴中の男性4人が沖に流されて3人が救助されましたが、そのうち1人が意識不明の重体で、残る1人は行方不明となっています。一方、千葉県館山市の海岸でも海水浴をしていた長谷川淳さん(41)が流されて沖合約300メートルで見つかりましたが、死亡しました。さらに、神奈川県厚木市の相模川では大学3年の荒巻大介さん(21)が対岸まで泳ごうとして途中で流されて行方が分からなくなっています。