「長野県 事故 ニュース」の検索結果

「長野県 事故 ニュース」に関する情報は見つかりませんでした。
「長野県 ニュース」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

氾濫から5時間以上経って避難勧告 長野・飯山市
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 氾濫から5時間以上経って避難勧告 長野・飯山市  長野県の被災地の飯山市では千曲川の支流が氾濫してから5時間以上経った後に市が避難勧告を出した地域があったことが分かりました。  千曲川の支流・皿川が氾濫し、飯山市では700世帯以上が浸水被害に遭いました。長野県によりますと、皿川が氾濫したのは13日午前1時ごろでした。この氾濫で約1.5キロ離れた長野県飯山福寿町も大きな被害が出ましたが、避難勧告が出されたのは5時間以上経った午前6時半でした。  飯山福寿町の住民:「この近辺は指示がなかったので、どこか大丈夫なのかなと。でも、玄関見ていたらひたひたと(水が)上がってくるんですよ」  この女性の家では一時、胸の高さまで浸水したため、家族は2階に避難して消防隊にボートで救助されました。  飯山福寿町の住民:「早めに避難勧告が出れば、全くそれがないと心の準備ができてなかった。まさかというのが随分あった」  飯山市は「そこまで水が来るとは想定していなかった」とし、避難勧告が遅れた原因を検証する考えを示しています。
9万軒あまりで停電続く 関東地方や長野県など
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 9万軒あまりで停電続く 関東地方や長野県など  台風の影響で関東地方や長野県などでは現在も9万軒余りが停電しています。  14日午前11時現在、台風の影響とみられる停電は東京電力管内で約5万6800軒、中部電力管内で3万1290軒、東北電力管内で4300軒となり、全国では9万軒余りに上っています。復旧時期について東電では、千葉県や神奈川県は一部を除いて16日までの復旧を見込んでいます。東京、埼玉など7都県はおおむね14日中の復旧です。
長野・東御市 橋桁が崩れ車3台が川に転落
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 長野・東御市 橋桁が崩れ車3台が川に転落  長野県の千曲川で橋げたの一部が崩れ、車3台が転落しました。    車には合わせて5人が乗っていて、救助作業が続いています。12日午後7時ごろ、長野県の東御市で「田中橋の橋げたの一部が落ちた」と住民から通報がありました。その後、警察などが確認したところ、車3台が千曲川に転落していました。3台の車には合わせて5人が乗っていましたが、そのうち3人は救助され、残る2人の救助作業が続いています。東御市によりますと、5人は全員意識があるということです。そして、先ほど千曲川が氾濫したという情報も入ってきています。
千曲川 長野市と上田市の少なくとも2カ所で氾濫
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 千曲川 長野市と上田市の少なくとも2カ所で氾濫  長野県を流れる千曲川の長野市と上田市の少なくとも2カ所で氾濫が発生しました。  千曲川河川事務所によりますと、12日午後8時10分に長野県上田市国分の千曲川で堤防から水があふれたと現地の職員から連絡がありました。国などは氾濫発生情報を出して最大限の警戒を呼び掛けています。今のところ、被害の情報は入っておらず、周囲の状況を調べているということです。また、長野市篠ノ井でも水があふれているということです。千曲川は他の場所でも水位が上昇し、橋が崩れるなど氾濫する危険があります。
台風19号 11の県で73人死亡、14人行方不明
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風19号 11の県で73人死亡、14人行方不明  台風19号による死者はこれまでに11の県で73人、行方不明者は14人になっています。  ANNのまとめでは、台風19号によって亡くなった人は福島県で25人、宮城県で15人、神奈川県で14人、栃木県と群馬県でそれぞれ4人、長野県で3人、埼玉県と茨城県、岩手県でそれぞれ2人、千葉県、静岡県で1人の合わせて73人になっています。また、行方不明になっている人は福島県で4人、宮城県と神奈川県で3人、長野県で2人、茨城県と静岡県でそれぞれ1人の合わせて14人です。このほか、けがをした人は全国で226人に上っています。
台風19号 死者73人 不明14人 けが234人に
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風19号 死者73人 不明14人 けが234人に  台風19号による死者はこれまでに11の県で73人、行方不明者は14人になっています。  ANNのまとめでは、台風19号によって亡くなった人は福島県で25人、宮城県で15人、神奈川県で14人、栃木県と群馬県でそれぞれ4人、長野県で3人、埼玉県と茨城県、岩手県でそれぞれ2人、千葉県、静岡県で1人の合わせて73人になっています。また、行方不明になっている人は福島県で4人、宮城県と神奈川県で3人、長野県で2人、茨城県と静岡県でそれぞれ1人の合わせて14人です。このほか、けがをした人は全国で234人に上っています。
停電続く…関東や長野など約9万軒 台風19号の影響
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 停電続く…関東や長野など約9万軒 台風19号の影響  台風19号の影響で、関東地方や長野県などで現在も9万軒余りが停電しています。  東京電力によりますと、14日午前9時現在、管内の1都8県で約5万3100軒が停電しています。千葉県が3万7900軒で最も多く、静岡県が6000軒、神奈川県が3700軒で停電となっています。中部電力では長野県で約3万4140軒。東北電力でも宮城、岩手、福島の3県で合わせて3900軒で停電が続いていて、台風の影響とみられる停電は全国で約9万1270軒に上っています。
千曲川で橋が壊れ車3台転落 1台流され3人行方不明
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 千曲川で橋が壊れ車3台転落 1台流され3人行方不明  今回の台風では人的な被害も出ています。長野県東御市では千曲川に架かる橋が壊れ、車3台が転落しました。このうち1台が川に流され、乗っていた3人の行方が分かっていません。  12日午後7時ごろ、東御市の千曲川に架かる田中橋が壊れ、合わせて6人が乗る車3台が落ちたということです。このうち車2台に乗っていた3人は約30分後に救助されましたが、残る1台に乗っていた3人が救助作業中に川に流されたということです。警察や消防などが3人を捜索しています。千曲川は午後8時すぎに長野県上田市で氾濫し、その後に長野市と千曲市でも氾濫しています。
堤防決壊は19河川・29カ所 全国7県…最多は栃木
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 堤防決壊は19河川・29カ所 全国7県…最多は栃木  台風19号の影響で川の堤防が決壊したのは、全国7県の19河川で29カ所に上ることが分かりました。  国土交通省によりますと、堤防の決壊が確認されたのは宮城県、福島県、新潟県、長野県、埼玉県、茨城県、栃木県の7県です。最も多いのは栃木県で、秋山川、粟野川、荒川など8河川が決壊しました。茨城県では7河川、埼玉県で6河川、宮城県で3河川。新潟県、福島県、長野県でそれぞれ1河川の決壊が確認されました。また、堤防から川の水があふれる「越水」は全国で少なくとも100以上の河川で起こったことも分かりました。まだすべての河川の確認が済んでいないため、さらに決壊の数が増える可能性もあります。
一部運転見合わせの北陸新幹線 全線復旧に2週間
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 一部運転見合わせの北陸新幹線 全線復旧に2週間  台風19号で線路が冠水して一部区間の運転を見合わせている北陸新幹線について、JR東日本は全線の復旧には2週間程度かかると発表しました。  北陸新幹線は長野駅と新潟県の上越妙高駅の間で終日、運転を見合わせています。JR東日本によりますと、長野県内の線路が冠水して線路脇の電源装置が故障していて、全線の復旧には2週間程度かかるということです。また、北陸新幹線は長野県の車両基地が冠水して全体で30編成の車両のうち10編成が被害を受けました。線路が復旧したとしても残りの20編成での運行となるため、通常のダイヤよりも本数が減る見込みです。
台風19号 死者74人 不明13人 けが234人
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風19号 死者74人 不明13人 けが234人  台風19号による死者はこれまでに11の県で74人、行方不明者は13人になっています。  ANNのまとめでは、台風19号によって亡くなった人は福島県で26人、宮城県で15人、神奈川県で14人、栃木県と群馬県でそれぞれ4人、長野県で3人、埼玉県と茨城県、岩手県でそれぞれ2人、千葉県、静岡県でそれぞれ1人の合わせて74人になっています。多くが土砂崩れや河川の氾濫によって被害を受けた地域で亡くなっています。また、川に流されるなどして行方不明になっている人は福島県と宮城県、神奈川県でそれぞれ3人、長野県で2人、茨城県と静岡県でそれぞれ1人の合わせて13人です。このほか、風にあおられて転倒するなどしてけがをした人は全国で234人に上っています。
台風19号 11の県で死者55人、行方不明15人に
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風19号 11の県で死者55人、行方不明15人に  台風19号による死者はこれまでに11の県で55人、行方不明者は15人に上っています。  ANNのまとめでは、台風19号によって亡くなった人は福島県で16人、神奈川県で12人、宮城県で10人、栃木県と群馬県でそれぞれ4人、埼玉県と岩手県、それに長野県でそれぞれ2人、茨城県と千葉県、静岡県でそれぞれ1人の合わせて55人に上っています。なかには、突風で乗っていた車が横転したり川の様子を見に行って流されたりした人がいました。半数近くは土砂崩れや河川の氾濫によって被害を受けた地域で亡くなっています。また、川に流されるなどして行方不明になっている人は神奈川県で5人、福島県と長野県でそれぞれ3人、宮城県で2人、茨城県と静岡県でそれぞれ1人の合わせて15人です。このほか、風にあおられて転倒するなどしてけがをした人は全国で197人に上っています。
政府が「非常災害対策本部」を設置
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 政府が「非常災害対策本部」を設置  日本政府の対応です。安倍総理大臣は13日午前9時すぎから関係閣僚会議を開催し、非常災害対策本部を設置すると表明しました。  (政治部・吉野真太郎記者報告)  政府としては被災地の支援に万全を期す構えで、安倍総理は自衛隊などの態勢を拡充する考えを示しました。  安倍総理大臣:「現在も警察・消防・海上保安庁のみならず、自衛隊2万7000人も加わって救命・救助活動や安否不明者の捜索、避難誘導に全力であたっているところですが、必要に応じて態勢を機動的に強化して参ります」  特に被害が激しいとされる長野県と福島県には政府の専門家チームを派遣するほか、長野県には午後から武田防災担当大臣が入ります。また、安倍総理は今回の災害で非常災害対策本部を設置することを表明しました。去年7月の西日本豪雨以来の設置で、政府としての対応の規模を格上げした形です。
各地で河川の氾濫相次ぐ 夜通し作業続け復旧目指す
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 各地で河川の氾濫相次ぐ 夜通し作業続け復旧目指す  台風19号の影響で各地で河川の氾濫が相次ぎました。堤防が決壊した長野県の千曲川では夜通しの排水作業が続いています。  千曲川は長野市穂保地区で堤防が決壊したほか、11カ所で川の水があふれ出しました。住宅などに浸水被害が出ていますが、県は詳しい被害状況を把握できていません。千曲川河川事務所は排水ポンプ車を当初予定していた6台から約30台に増強して夜通し作業を続けていて、14日早朝をめどに排水を完了させたいとしています。決壊した堤防の復旧工事は27日の完了を目指して作業を進めるということです。また、長野県東御市では千曲川に架かる橋近くの道路が陥没して3台の車が転落し、このうちの1台に乗っていた3人の行方が分かっていません。宮城県大郷町の吉田川では堤防が100メートルにわたって決壊し、川の水が住宅地に流れ込みました。大郷町役場によりますと、約140世帯470人が浸水被害を受けました。国土交通省は堤防の復旧工事を始め、27日には終える予定です。一方、福島県では阿武隈川が一部で決壊しているため川の水位が下がれば、14日にも福島河川国道事務所の職員がのり面の崩れ方や堤防から水があふれた場所がないかなどを調査するということです。
被災者のためホテル借り上げ 公営住宅など4700戸も
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 被災者のためホテル借り上げ 公営住宅など4700戸も  安倍総理大臣は18日午後、台風19号での避難生活の長期化に備え、長野県で被災者が宿泊するためのホテルなどを借り上げる方針を明らかにしました。また、応急的な住まいとして公営住宅や公務員住宅、約4700戸を確保したということです。
河川決壊は7県の52河川73カ所 国交省が情報更新
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 河川決壊は7県の52河川73カ所 国交省が情報更新  台風19号で堤防が決壊した河川は全国7県の52河川、73カ所に上ったことが分かりました。  国土交通省によりますと、堤防の決壊が確認されたのは大雨特別警報が発表された宮城県、福島県、新潟県、長野県、埼玉県、茨城県、栃木県の7県です。決壊した河川は15日午後3時現在、52河川、73カ所に上りました。堤防から川の水があふれる「越水」は、全国で少なくとも200以上の河川で起きたということです。国交省はまだすべての河川の確認が済んでいないため、さらに決壊の数は増える可能性があるとしています。
北陸新幹線、全線再開めど立たず 石川も観光に影響
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 北陸新幹線、全線再開めど立たず 石川も観光に影響  台風19号の影響で北陸新幹線は全線での運転再開のめどが立っていません。大雨にならなかった石川県でも、観光地やホテルなどへの影響が出始めています。  北陸新幹線は長野県内で土砂崩れがあった区間が不通になっているため、東京から金沢で直通運転ができない状態が続いています。再開のめどは立っていません。このため、石川県内の宿泊施設では予約のキャンセルが相次いでいるということです。旅行会社や宿泊施設はまだ今後の対応を決めかねている段階としていますが、旅行関係者は新幹線の運休が長引けばすでに決まっている団体旅行のキャンセルが相当数見込まれると話していて、様々な方面に大きな打撃となりそうです。
台風19号 各地に甚大な被害 6県で死者11人
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風19号 各地に甚大な被害 6県で死者11人  台風19号は全国各地に甚大な被害をもたらしています。ANNのまとめでこれまでに11人が死亡し、15人が行方不明になっています。そして、河川の氾濫も相次いでいます。  台風19号による大雨特別警報は全国の13都県に出されましたが、13日午前8時45分にすべて解除されました。ANNのまとめでは、亡くなった人は神奈川、千葉、埼玉、栃木、群馬、福島で合わせて11人となり、15人の行方が分かっていません。また、総務省消防庁によりますと、108人がけがをしています。  河川の氾濫も相次いでいます。長野県では千曲川の堤防が決壊して周辺が冠水し、新幹線の車両基地にも水が来て新幹線が水につかってしまっています。気象庁によりますと、他にも東京と神奈川を流れる多摩川、埼玉の入間川、茨城の久慈川、栃木の荒川、福島の阿武隈川、宮城の吉田川などで「氾濫発生情報」となっています。  交通でも影響が続いています。東海道新幹線は始発から運転をしていますが、JR東日本の東北・秋田・山形・北陸の各新幹線は運転を見合わせています。
首都圏の鉄道ほぼ再開 空の欠航は500便以上に
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 首都圏の鉄道ほぼ再開 空の欠航は500便以上に  首都圏のJRの在来線や鉄道各社はほとんどの路線で運転を再開しています。ただ、北陸新幹線は現在も再開していません。  JR東日本によりますと、北陸新幹線は長野県の千曲川の氾濫で車両センターが浸水するなどしたため、現在も運転は再開されていませんが、この後に東京-長野間の上下線で数本の運転を予定しています。東北新幹線と秋田新幹線は始発から運転を見合わせていましたが、13日午後に運転を再開しました。首都圏の在来線は京浜東北線が午後3時ごろに運転を再開し、ほとんどの路線で運転を再開しました。湘南新宿ラインは終日、運転取りやめを決めています。  空の便です。全日空は成田空港と羽田空港を発着する国内線297便が欠航しました。日本航空も2つの空港を発着する国内線278便が欠航していて、14日も国内線3便が欠航する予定です。  高速道路は中央道が土砂崩れのため、八王子インターチェンジと大月インターチェンジ間の上下線が通行止めとなっているほか、圏央道の一部区間でも通行止めとなっています。
浸水した建物で火災 水につかりながら懸命の消火
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 浸水した建物で火災 水につかりながら懸命の消火  各地で大きな被害を出した台風19号。少なくとも21人が死亡、そして20人が行方不明になっています。千曲川の氾濫によって浸水した地域では火災が起きました。長野県須坂市から報告です。  (草田敏彦アナウンサー報告)  決壊した千曲川。その決壊した場所の向かい側です。千曲川の右岸になります。その住宅地、須坂市北相之島で火災が発生しました。ここも浸水した地域です。13日午後4時半すぎに真っ黒な煙に気付き、上空から撮影を続けています。今も火の手が見えます。ただ、煙は黒から白に変わってきました。  消火活動は30分以上、続けています。消火にあたっている消防隊員の姿を見ると腰の辺りまで水につかっています。浸水した家屋、この建物が住宅なのか、あるいは工場のような事業所なのかどうかは分かりません。また、ここに人がいたのかも分かりませんが、火災が発生して消火活動が今、続けられている状況です。火の勢いはだいぶ弱まった印象です。
決壊した千曲川 過去最高の水位 上流は最多の雨
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 決壊した千曲川 過去最高の水位 上流は最多の雨  長野県では千曲川の堤防が決壊する前、決壊現場から下流の水位が記録が残るなかで最も高くなっていたことが分かりました。  (稲垣貴大アナウンサー報告)  千曲川の決壊から4日目を迎えました。堤防で絶え間なく復旧作業が続いていて、日に日に土の量が増えて高さが増してきています。決壊した場所から7キロ下流には立ケ花水位観測所があります。管理する国交省北陸地方整備局の調査によりますと、記録が残る過去70年でこれまで最も水位が高くなったのは1983年の11.13メートルでした。しかし、今回はそれを1.3メートル以上、上回る12.46メートルだったことが分かりました。また、立ケ花より上流地域に12日と13日の2日間で降った雨の量は186.6ミリで、統計を開始してから最も多かったことも分かりました。北陸地方整備局によりますと、千曲川流域で浸水した26カ所のうち穂保地区以外はすでに浸水が解消されたということです。現在も排水と堤防の復旧作業が続いています。
台風19号被害 全国で30人が死亡 17人が行方不明
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風19号被害 全国で30人が死亡 17人が行方不明  台風19号によってこれまでに全国で30人が死亡し、17人が行方不明になっています。  神奈川県相模原市では増水した川に家族4人が乗った車が転落し、母親(39)と小学5年の長女(11)が死亡しました。依然、父親(49)と長男(8)が行方不明となっています。現場では14日午前に家族が乗っていたとみられる車が見つかり、引き揚げ作業が始まりました。  阿武隈川の支流が氾濫した宮城県丸森町では2人が死亡、1人が行方不明になっています。町の中心部は広い範囲で浸水していて、不明者の捜索活動やポンプ車による排水作業が進められています。  千曲川の堤防が決壊して広範囲で浸水被害を受けた長野市穂保地区では、取り残された住民の救助活動が続いています。水が引かないことから被害の件数などは分かっていません。長野県東御市では千曲川に架かる橋近くの道路が陥没して3台の車が転落、このうちの1台に乗っていた3人の行方が分かっていません。  福島県では午前8時半ごろ、郡山市水門町の共同住宅で60代から70代の男性が意識不明の状態で見つかりました。
川が決壊、海のように…濁流の先には住宅 越辺川
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 川が決壊、海のように…濁流の先には住宅 越辺川  各地で甚大な被害が出ています。国土交通省によりますと、川の堤防が決壊したのは全国7県に上ります。栃木県の秋山川や長野県の千曲川など20河川29カ所で堤防が決壊しました。また、堤防から川の水があふれる「越水」も全国で少なくとも100以上の河川で起きたことが分かっています。埼玉県では川越市を流れる越辺川が決壊し、大きな被害が出ています。現場から報告です。  (柳下圭佑アナウンサー報告)  越辺川は台風の影響で川が増水し、川から手前に200メートルほど先にある堤防が決壊しました。幅は約50メートルほどにわたってえぐり取られるようにして壊れています。地肌もあらわになっていて、その当時の水の勢いが分かります。堤防の隣は荒地になっているのですが、そこにはまだ水がたまっています。また雨も降り始めました。水はさらに奥に進んでフェンスをなぎ倒し、付近のヘリポートにまで及びました。建物を見てみると、窓ガラスが割れていたり、ヘリコプターにまで泥水が及んだことが分かります。ヘリポートにはいまだに水がたまっていて、ポンプ車による懸命な排水作業が行われている状況です。
千曲川の堤防修復続く 浸水被害の通行止めで大渋滞
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 千曲川の堤防修復続く 浸水被害の通行止めで大渋滞  長野県の千曲川では、決壊した堤防の修復作業が夜通しで続いています。  (楠原由祐子アナウンサー報告)  幅70メートルほどにわたって決壊した千曲川の堤防は土で埋められてきています。応急的に造られた土の堤防も少しずつ高くなってきました。浸水したリンゴ畑は木の根元が見えるようになってきました。水は随分、引いてきた印象です。警察や自衛隊などは共同で穂保地区などの住民の救助にあたり、現地の約7000世帯を全戸訪問しました。その結果、県は「行方不明者はいない」として大規模な捜索は終えたと14日夜に発表しました。午後6時現在、長野市の床上浸水は1600世帯に上っていますが、床下浸水は調査中ということです。一方、浸水被害によって国道18号が通行止めとなったため、3連休明けの15日朝は長野市から北へ向かう別の道路で大規模な渋滞が発生しました。JR飯山線やしなの鉄道北しなの線が運休しているのも渋滞に拍車を掛けています。穂保地区では14日の時点で約5平方キロメートルの範囲で浸水が続いていて、現在も排水作業が続いています。
堤防を乗り越え濁流が住宅に…作業難航の千曲川
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 堤防を乗り越え濁流が住宅に…作業難航の千曲川  各地で甚大な被害が出ています。国土交通省によりますと、川の堤防が決壊したのは全国7県に上ります。栃木県の秋山川や長野県の千曲川など20河川29カ所で堤防が決壊しました。また、堤防から川の水があふれる「越水」も全国で少なくとも100以上の河川で起きたことが分かっています。千曲川の堤防が決壊した長野市から報告です。  (萩原早紀子アナウンサー報告)  雨が強まったり弱まったりを繰り返しています。14日午後に長野市には大雨洪水警報が発表されています。また、夕方になってくるのと同時に気温も下がってきました。そんななか、14日も日中は懸命な救出作業が行われていました。電気が通っていないなど環境が整わないなかの復旧作業です。待っている人も恐らく寒い思いをされている人がいたと思います。  決壊をした場所では重機を使った復旧作業が行われています。川は堤防道路を乗り越えて反対側の住宅地へと濁流が流れていきました。まだ茶色く濁った水が残っています。日中は水位が下がって家の整理に帰る人もいましたが、「人力での作業では到底追い付かず、きりがない」といった声が聞かれました。また、この地域の多くの人が避難所に身を寄せています。自宅の復旧作業に手を付けられない人がまだまだ多くいます。
台風19号 午後6時ごろ伊豆半島に上陸のおそれ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風19号 午後6時ごろ伊豆半島に上陸のおそれ  台風19号はこの後、最も近付いてくるため、雨に加え、さらに風が強まってきそうです。  太平洋側からどんどん活発な雨雲が流れ込んできている状況です。特に関東地方、南東から風がずっと吹き込み続けることによって関東の西側や北部の山沿いを中心に降水量が多くなっているという状況です。  これまでに降った雨の量は箱根で12日午後3時までで680.5ミリ、この時間、すでに雨量が700ミリを超えています。これは観測史上、1位の記録となり、これまでに経験したことがないような大雨となっています。ここにさらに雨が加わって風も強まってきそうです。  午後4時現在、台風の中心は静岡県の南側、約100キロの位置にあります。すでに暴風域に埼玉県や長野県が入っているという状況です。午後6時ごろには伊豆半島に上陸する見込みとなっていて、午後9時ごろには都心を直撃する見込みです。その後は13日未明に三陸沖へと抜けていく見込みですが、各地で暴風が吹き荒れる予想となっています。  12日午後6時は活発な雨雲が東北南部から静岡県の部分に掛かっていて、静岡県では午後9時ごろになると雨雲が抜けてきますが、関東に関しては北部の山沿いを中心に活発な雨雲が掛かり続けます。13日にかけてもまだ200ミリ、300ミリという大雨が予想されます。さらに、午前3時ごろには東北の方で特に風が強まる時間帯になりそうです。東北や関東では最大瞬間風速50メートルや60メートルが予想されていて、先月に千葉県を直撃した台風15号の暴風レベルと同じ…
水の力で堤防えぐられ…拡張工事検討も 秋山川
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 水の力で堤防えぐられ…拡張工事検討も 秋山川  台風19号による影響で各地で甚大な被害が出ています。国土交通省によりますと、川の堤防が決壊したのは全国7県に上ります。栃木県の秋山川や長野県の千曲川など20河川29カ所で堤防が決壊しました。また、堤防から川の水があふれる「越水」も全国で少なくとも100以上の河川で起きたことが分かっています。秋山川の堤防が決壊した栃木県佐野市から報告です。  (菅原知弘アナウンサー報告)  14日午後から投光器がたかれています。秋山川の右岸の堤防が決壊しましたが、急ピッチで作業を進めたこともあり、盛土によって欠けていた部分がだいぶ埋まってきました。ただ、大量の泥水が住宅街を襲い、14日は家族総出で泥水をかき出す作業をする姿が見られました。住民の皆さんが口々に話していたのが「まさか秋山川が氾濫するとは」という言葉です。  なぜ、決壊が起きてしまったのか。それだけ想定外の雨が降ったこともあります。決壊が起きた場所はカーブの外側になっていて、背丈の高い樹木が生えています。川底にも大量の水草が生えていて、この辺りは水の流れが滞りやすい場所だといえると思います。さらに、専門の人によりますと、「越水破堤」という現象が起きていた可能性があるということです。越水破堤とは堤防を越えた川の水が堤防の外側を削っていき、やがて破壊してしまうという現象です。こうした現象が堤防で起きた可能性があるということです。実際に堤防沿いを歩いてみると、くぼみが2、3カ所あって秋山川のなかでは比較的、決壊しやすいリスクの高い場所だ…
政府が被災者用のホテルを借り上げへ 長野県で
無料
【アベマ厳選】注目の最新&独自ニュースをチェック! 政府が被災者用のホテルを借り上げへ 長野県で いま、世の中で起きている最新ニュースをアベマが厳選してラインアップ。緊急ニュースや災害情報などの速報はもちろん、話題のテーマを独自目線で掘り下げた企画や、注目の記者会見もノーカットでお届けします!さらに、独自取材を重ねたこだわりのドキュメンタリーも配信中です。