「関根勤 動画」の検索結果

今すぐ視聴する

新K-1伝説 #144
新K-1伝説 新K-1伝説 #144 6月17日に行われたK-1さいたま大会に、若き2人の王者が参戦。スーパー・ライト級王者、野杁正明はドイツの“The Viking”ヴィンセント・フォシアーニ。ライト級王者、卜部功也はアメリカの“筋肉龍”ブラックドラゴンを迎え撃つ。意識の変化、ファイトスタイルの進化を遂げつつある新たな王者像がここに。
新K-1伝説 #159
新K-1伝説 新K-1伝説 #159 新生K-1が始動してから4周年を迎えた旗揚げ記念大会。11月3日のさいたまスーパーアリーナに参戦するは、一気にK-1の主役の一角に食い込んだ芦澤竜誠と、元王者の意地を見せつける事ができるのか、卜部弘嵩。そしてフェザー級新王者となった村越優汰がスペインの新星を迎え撃つ。ここからまた新たな時代が始まる。
新K-1伝説 #160
新K-1伝説 新K-1伝説 #160 11月3日に行われた旗揚げ記念大会で禁断の王者対決が実現。Krushスーパー・ウェルター級王者として防衛記録を更新中のジョーダン・ピケオーと、念願のタイトル奪取を果たしたKrushウェルター級王者の木村“フィリップ”ミノルが激突。そしてK-1ウェルター級王座を狙う城戸康裕は、3度目の査定試合に臨む。
新K-1伝説 #161
新K-1伝説 新K-1伝説 #161 新生K-1 4周年の旗揚げ記念大会で行われるは、奇しくも旗揚げ戦と同じ階級による王座決定トーナメント。新生K-1と共にその激闘の歴史を刻んできたスーパー・ライト級王座を巡って佐々木大蔵とニュージーランドのサム・ヒル、中澤純とアイルランドのショーン・クランシーが一回戦で激突。次代の主役に躍り出るのは。
新K-1伝説 #162
新K-1伝説 新K-1伝説 #162 新生K-1旗揚げ記念大会で4年前の記憶再び。第3代スーパー・ライト級王座決定トーナメントに参戦するのは、旗揚げ戦での初代スーパー・ライト級王座決定トーナメントにも出場した左右田泰臣とゲーオ・ウィラサクレック。4年の間にマスクマンに変身した左右田。ムエタイ最強伝説の終焉を見据えたゲーオ。時が交錯する。
新K-1伝説 #163
新K-1伝説 新K-1伝説 #163 新生K-1旗揚げ記念大会で、また新たな時代の幕が開ける。第3代スーパー・ライト級王座決定トーナメントを勝ち進んだのは佐々木大蔵と中澤純。そして4年前の旗揚げ戦でのメインのカードでもあった、左右田泰臣とゲーオ・ウィラサクレックが3度目の対戦へ。4年という時は熱く激しく残酷に。新たな頂点を手にするのは。
新K-1伝説 #164
新K-1伝説 新K-1伝説 #164 2018年12月8日、K-1の熱狂は大坂へ。2018年を締めくくるエディオンアリーナ大坂大会のメインで対峙するは、武尊と皇治。地元・大坂の大声援を背に、三階級制覇の圧倒的王者である武尊戦にこぎ着けた皇治。皇治のサクセスストーリーここに完結か。両雄がK-1スーパー・フェザー級タイトルをかけて激突する。
新K-1伝説 #165
新K-1伝説 新K-1伝説 #165 12月8日、エディオンアリーナ大坂で初開催されたK-1で、数々の名勝負を生み出してきたベテランと、驚異のKOシーンを量産する新鋭が激突。スーパー・ライト級のワンマッチは大熱狂の一戦に。“黄金の拳を持つ男”山崎秀晃と、“デモリションマン”安保瑠輝也。それぞれの生き様が交錯する、その衝撃の結末やいかに。
新K-1伝説 #166
新K-1伝説 新K-1伝説 #166 12月8日、K-1エディオンアリーナ大坂大会に4連続KO勝利中のスーパー・バンタム級王者・武居由樹が参戦。ムエタイの強豪、ヨーブアデーン・フェアテックスとの試合は意外な展開に。さらにスーパー・ライト級王座を返上した野杁正明がウェルター級転向初戦に臨む。二階級制覇を目指す新時代の怪物、野杁の標的とは。
新K-1伝説 #167
新K-1伝説 新K-1伝説 #167 12月8日、エディオンアリーナ大坂大会でK-1ライト級世界最強決定トーナメント開幕。一回戦に登場するのは、林健太とニコラス・ギャフィー。篠原悠人とゴンナパー・ウィラサクレック。トーナメント大本命のゴンナパーがその先に見据えるのは、ライト級王者・卜部功也との決着戦。その前に立ちはだかる篠原の秘策とは。
新K-1伝説 #168
新K-1伝説 新K-1伝説 #168 12月8日、エディオンアリーナ大阪。優勝候補ゴンナパーが敗北する大波乱で幕を開けたK-1ライト級世界最強決定トーナメント。一回戦の後半戦では、不撓不屈の男、恭士郎がオーストラリアのインディゴ・ボイド。キャリア10年を迎える大沢文也は中国のリュウ・ウェイと対戦。世界最強の称号に一歩近づくのは果たして。
新K-1伝説 #169
新K-1伝説 新K-1伝説 #169 12月8日、エディオンアリーナ大阪で行われたK-1ライト級世界最強決定トーナメント。準決勝に駒を進めたのは、林健太、篠原悠人、恭士郎、大沢文也の4選手。中でも一回戦で大本命、ゴンナパー・ウィラサクレックを速攻で攻略した篠原悠人が、トーナメントの台風の目となるのか。あるいは更なる波乱が展開されるのか。
新K-1伝説 #170
新K-1伝説 新K-1伝説 #170 12月8日、K-1初の大阪大会で行われたK-1ライト級世界最強決定トーナメント。決勝戦で顔を合わせたのは、地元、兵庫県出身の林健太と、東京は足立区出身の大沢文也。ともに一回戦では僅差の判定で苦しんだものの、準決勝では得意のパンチを武器に会心のKO勝利と、同じように調子を上げてきた両者の激突やいかに。
新K-1伝説 #171
新K-1伝説 新K-1伝説 #171 兄・弘嵩と弟・功也の卜部兄弟。2人の夢は、K-1初の兄弟が同時に王者になる事。2度の兄弟対決、初代スーパー・フェザー級王座決定トーナメントの決勝戦とその初防衛戦。1勝1敗で終え多くのドラマを生んだ“兄弟喧嘩”を経て、今はフェザー級とライト級と階級を変え実現へと動き出した兄弟同時戴冠。その夢に向けて。
新K-1伝説 #172
新K-1伝説 新K-1伝説 #172 K-1 JAPAN GROUPの祭典。K-1、Krush、KHAOSの各大会に、K-1アマチュアも加え、2018年に最も活躍したファイターがここに決定。「K-1 AWARDS 2018」開催。全13部門の受賞者は果たして。そして昨年の第1回の表彰式では武居由樹が受賞した最優秀選手賞の栄冠は誰の手に。
K-1 OUTSTANDING #43
K-1 OUTSTANDING K-1 OUTSTANDING #43 キャリア5年、圧倒的な戦績を誇る武居由樹が、唯一延長判定という苦戦を強いられた相手が本場のムエタイ選手。その雪辱なるか。あるいは再び飲み込まれてしまうのか。タイからの第二の刺客が武居に迫る。そして木村“フィリップ”ミノル。2019年K-1全大会参戦にして全試合KO勝ちという前人未到の偉業達成なるか。
K-1 OUTSTANDING #44
K-1 OUTSTANDING K-1 OUTSTANDING #44 2019年を締めくくるK-1名古屋大会に地元凱旋となる、野杁正明と大岩龍矢が参戦。野杁はヨーロッパを主戦場とする初来日のハッサン・トイ。大岩はこれまでK-1王者とも互角の闘いを繰り広げてきたスタウロス・エグザコスティディス。共に相手にとって不足無し。この名古屋の地で勝利の歓喜を上げる事が出来るのか。
K-1 OUTSTANDING #45
K-1 OUTSTANDING K-1 OUTSTANDING #45 K-1初開催の名古屋大会は、フレッシュなオープニングマッチからスタート。共にデビュー戦を闘った21歳と20歳の若武者同士が、3ヶ月の時を経て早くも再戦。前回は延長にもつれこむ接戦だっただけに、期するところあり。その手でつかむのは初勝利か初KOか。松本日向と橋本実生。大舞台で、その真価を発揮するのは。
K-1 OUTSTANDING #46
K-1 OUTSTANDING K-1 OUTSTANDING #46 今年で3回目となる「K-1 AWARDS 2019」で激闘の数々をプレイバック。K-1 JAPAN GROUPが2019年に開催したアマチュアを含む全ての大会を対象に、各賞を制定。過去、武尊と武居由樹が獲得したMVPの称号。多くの参戦選手の中から3人目となる栄冠を手にし、K-1の新たな顔になるのは。
K-1 WORLD GP 2014 〜-65kg初代決定トーナメント〜2014.11.3
K-1 WORLD GP 2014-2015 K-1 WORLD GP 2014 〜-65kg初代決定トーナメント〜2014.11.3 2014年11月3日に東京・国立代々木競技場第二体育館で開催された「K-1 WORLD GP 2014 〜-65kg初代決定トーナメント〜」日本人ファイター4名vs世界のファイター4名 8選手によるワンデートーナメントでチャンピオンが決定! *スマートフォンをご利用の方はブラウザでもご覧いただけますが、スマートフォンアプリでのご視聴をおすすめします。 *Wi-fi環境下でのご利用をおすすめします。
K-1 WORLD GP 2015 ~SURVIVAL WARS~2015.9.22
K-1 WORLD GP 2014-2015 K-1 WORLD GP 2015 ~SURVIVAL WARS~2015.9.22 2015年9月22日 東京・後楽園ホールで開催された「K-1 WORLD GP 2015 ~SURVIVAL WARS~」を放送!新生K-1として初開催となった後楽園ホール大会は、"SURVIVAL WARS"と銘打たれ、最強戦士達が生き残りをかけて戦う。 *スマートフォンをご利用の方はブラウザでもご覧いただけますが、スマートフォンアプリでのご視聴をおすすめします。 *Wi-fi環境下でのご利用をおすすめします。
濃縮!K-1 WORLD GP 2015 〜-60kg初代王座決定トーナメント〜2015.1.18
濃縮!K-1 WORLD GP 濃縮!K-1 WORLD GP 2015 〜-60kg初代王座決定トーナメント〜2015.1.18 2015年1月18日に東京・国立代々木競技場第二体育館で行われた「〜-60kg初代王座決定トーナメント〜」の濃縮バージョン。-60kg級の初代王座を目指し、長年にわたり世界最強を誇ってきた山本真弘、Krush-60kg級の絶対王者・卜部弘嵩、欧州マットを代表するカリム・ベノーイ、グァニー・バラッジら、内外の強豪が集結!
濃縮!K-1 WORLD GP 2015 ~-70kg初代王座決定トーナメント~2015.7.4
濃縮!K-1 WORLD GP 濃縮!K-1 WORLD GP 2015 ~-70kg初代王座決定トーナメント~2015.7.4 2015年7月4日に東京・国立代々木競技場第二体育館で行われた「~-70kg初代王座決定トーナメント~」の濃縮バージョン。魔裟斗、佐藤嘉洋、ブアカーオ、アルバート・クラウス、アンデイ・サワー。K-1 MAXシリーズで第2期K-1の黄金時代を築いた中量級。世界的に最も選手層が厚く、激戦が予想されるトーナメントがついに開幕!
濃縮!K-1 WORLD GP 2015 ~THE CHAMPIONSHIP~2015.11.21
濃縮!K-1 WORLD GP 濃縮!K-1 WORLD GP 2015 ~THE CHAMPIONSHIP~2015.11.21 2015年11月21日に東京・国立代々木競技場第二体育館で行われた「~THE CHAMPIONSHIP~」の濃縮バージョン。新生K-1の1年間を締めくくる2015年ラストマッチに数々のチャンピオンが集結!2015年の1年間で新しく誕生した3階級の王者が集結し、タイトルマッチを繰り広げるチャンピオンカーニバルが実現!
新K-1伝説 #32
新K-1伝説 新K-1伝説 #32 第32回)の放送は、4月24日・国立代々木競技場第二体育館で行われた「K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~-60kg日本代表決定トーナメント~」からトーナメント決勝をお届けします。 また、6月24日(金)国立代々木競技場第二体育館での「K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~-65kg世界最強決定トーナメント~」の組合せと出場メンバーが発表された記者会見の模様を放送。
新K-1伝説 #33
新K-1伝説 新K-1伝説 #33 第33回の放送は、4月24日・国立代々木競技場第二体育館で行われた「K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~-60kg日本代表決定トーナメント~」から、【スーパーファイト】卜部弘嵩 vs パウロ・テバウ、【トーナメント・リザーブファイト】神戸翔太 vs 郷州征宜を放送します! さらに6月12日「Krush.66」【第4代Krush -63kg王座決定トーナメント・決勝戦】平本蓮 vs 佐々木大蔵も特集。
新K-1伝説 #43
新K-1伝説 新K-1伝説 #43 6月24日、国立代々木競技場 第二体育館で行われた、「K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN -65kg世界最強決定トーナメント」。トーナメントもついに決勝戦。-65kg王者として乗り込んだこのトーナメントでも、圧倒的な強さを見せたゲーオ・ウィラサクレック。そして準決勝で日本代表・山崎秀晃を敗り、勝ち上がってきたイリアス・ブライド。世界最強の称号を手にするのは果たして。
新K-1伝説 #61
新K-1伝説 新K-1伝説 #61 今回は11月3日に行われた「K-1 WORLD GP 2016 JAPAN ~初代フェザー級王座決定トーナメント~」より、スーパーファイトの2試合をお送りします。外国人選手が猛威をふるうスーパー・ウェルター級は、日本での実績も充分のサニー・ダルベックに、日本人最後の砦、城戸康裕が挑む一戦。今回より新設されたウェルター級は、それぞれがエース宣言した久保優太と牧平圭太の対決。大舞台で実力を示し、トップ戦線に躍り出るのは果たして。
新K-1伝説 #92
新K-1伝説 新K-1伝説 #92 6月18日に行われたK-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント~より、トーナメント一回戦の後半戦、中島弘貴とベラルーシのチンギス・アラゾフ、日菜太とオランダのジョーダン・ピケオーの2試合をお届けします。トーナメント本命と目される未知の強豪であるアラゾフと、新生K-1で頭角を現したピケオー。日本人選手はこの高い壁を打ち破る事が出来るのか。
K-1 WORLD GP 2015 ~-70kg初代王座決定トーナメント~2015.7.4
K-1 WORLD GP 2014-2015 K-1 WORLD GP 2015 ~-70kg初代王座決定トーナメント~2015.7.4 2015年7月4日 東京・国立代々木競技場第二体育館で開催された「K-1 WORLD GP 2015 ~-70kg初代王座決定トーナメント」を放送!魔裟斗、佐藤嘉洋、ブアカーオ、アルバート・クラウス、アンデイ・サワー。K-1 MAXシリーズで第2期K-1の黄金時代を築いた中量級。世界的に最も選手層が厚く、激戦が予想されるトーナメントが開幕! *スマートフォンをご利用の方はブラウザでもご覧いただけますが、スマートフォンアプリでのご視聴をおすすめします。 *Wi-fi環境下でのご利用をおすすめします。