「阪神 大山」の検索結果

「阪神 大山」に関する情報は見つかりませんでした。
「阪神」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

阪神高速でも…ワゴン車があおりエアガン発砲か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 阪神高速でも…ワゴン車があおりエアガン発砲か  愛知県内の東名高速で男があおり運転をしたうえ、エアガンのようなものを発射した事件と似た事件が神戸でも起きていたことが分かりました。今年7月から先月にかけて、阪神高速道路を走行中の車がワゴン車にあおられてエアガンのようなもので撃たれる事件があったということです。兵庫県警は愛知県の事件と京都で発生した同様の事件との関連を調べています。
阪神高速でも“あおりエアガン” 東名と特徴似た車
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 阪神高速でも“あおりエアガン” 東名と特徴似た車  神戸市の阪神高速道路で今年7月と先月、走行中の車が後ろを走る黒いワゴン車にクラクションを鳴らされて横付けされ、エアガンのようなもので撃たれる事件が2件あり、兵庫県警が器物損壊事件として捜査していることが分かりました。7月には神戸市の一般道でも歩道に立っていた人が黒いワゴン車の中からエアガンで撃たれたということです。同様の事件は京都市の名神高速でも起きていて、いずれも愛知の事件で使われた車と特徴が似ていることから警察が関連を捜査しています。
#28『備蓄食のイメージを変えた!長期保存できる美味しいパン』 パン・アキモト:秋元義彦
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #28『備蓄食のイメージを変えた!長期保存できる美味しいパン』 パン・アキモト:秋元義彦 災害時など、もしもの時のための備蓄食ですが、味は二の次といったものも... そんな備蓄食のイメージを変えたのが、秋元さんが考案した「パンの缶詰」です。 誕生のきっかけは、1995年の阪神淡路大震災...。 パン職人として現地に自ら入り、パンを被災者に配りまわったものの、 何日かするとカビが生えて食べられなくなってしまいました。 その苦い経験から、保存性に優れた美味しいパンの開発を決意。 ところが、“長期保存”と“美味しさ”の両立は困難を極めたといいます。 今回は、苦心の末に成功した「パンの缶詰」開発秘話と、備蓄食へのイメージ払拭にかける秋元さんの思いに迫ります。

おすすめの作品

episode5 Favorite Flavor
Angel Beats! episode5 Favorite Flavor テスト期間が近付いてくる中、ゆりは、天使のテストの邪魔を徹底的に行い、天使の校内順位を最下位に 突き落とす作戦を計画する。 天使が神の創造物でなく人の心を持っている可能性があると考えるゆりは、この計画で生徒会長としての 名誉を失墜させ、天使に精神的打撃を与えられるのではないかと考えたのだ。 作戦メンバーは、高松・日向・大山・竹山・音無、そしてゆり。 竹山が天使の答案用紙をすり替える為に、それ以外のメンバーが答案用紙回収の際に、クラス全員の注意を 引きつける事となったが、日向の嘘も、高松の肉体も、大山の告白も、全く何の役にも立たない。 だが、ゆりが準備していた別の作戦で注意を引きつける事ができて、今回の作戦は成功するかに思えた。 しかし、テスト期間を終え、事態は思わぬ方向へと向かうのだった…。
episode12 Knockin' on heaven's door
Angel Beats! episode12 Knockin' on heaven's door 増え続ける無数の影を天使が全力で殲滅していく中、音無・日向・直井も戦う事を決意する。 影のあまりの多さに一瞬怯んだ彼等であったが、野田・大山・TK・藤巻・松下五段・椎名といった戦線メンバーの参戦もあり、影との総力戦を繰り広げていくのであった。 一方その頃、ゆりは、NPCを影に変え自分達に襲い掛からせている神様気取りの何者かを突き止めるため、ギルド深くを目指し歩を進めていた。 そして、なんとかオールドギルドまで辿り着いたゆりであったが、突如襲いかかってきた影に飲み込まれてしまうのであった…。
#1 「4時44分の儀式」
あかねさす少女 #1 「4時44分の儀式」 黄金の輝きと漆黒の闇が混ざりあう黄昏時――「4時44分」。明日架、優、みあ、奈々、クロエは、別世界を開くための儀式を行っていた。彼女たちは「鉱石ラヂオ研究会」。恒例の儀式は、失敗するまでがお約束だった。ただひとつ、いつもと違っていたのは、変わった石を拾ったこと。それをきっかけに、ある周波数に辿りついた彼女たちは、再び儀式に挑む。次の瞬間、明日架らの目に映ったもの……それは一面金色の世界。さらに、奇妙な生物に襲われた彼女たちを救ったのは、明日架によく似た、いや、明日架そのものの外見を持つ少女で……!?
#2 「違う世界(フラグメント)」
あかねさす少女 #2 「違う世界(フラグメント)」 占い師に教えられた不可思議な数字を足掛かりにし、またも「4時44分の儀式」を執り行う一同。そのひとり、奈々が目を開けると、そこは先程までとは別の場所だった。眼の前にいるのは、いつもと違う制服のラヂ研メンバー。話の流れも様子がおかしく、明後日、自分は結婚するらしい……。自宅でも、母と継父から結婚前提の話をされる奈々。その不条理に継父への複雑な感情も入り混じり、声を荒げる彼女だが、そこに誰かが訪ねてくる。ドアを開くと現れたのは、今をときめく芸能人……。そう、彼女の結婚相手はなんと――。
#3 「ウェディング・ベルが鳴る前に」
あかねさす少女 #3 「ウェディング・ベルが鳴る前に」 芸能人・千波トモヤと結婚し、この世界で生きていく。そう事もなげに言う奈々。彼女が戻らなければ、元いた世界の奈々は行方不明となる。焦る明日架達だったが……千波トモヤの本名が判明するや否や一転、奈々は結婚宣言を撤回する。しかし彼女の意思は捨て置かれ、とにもかくにも式場へ連行される奈々。憂鬱な思いが晴れない奈々は、継父が結婚式に反対していたと知らされる。さらにその継父から渡された品から、本当の父が遺した「信念を持ってほしい」という言葉を思い出す。いよいよ迎えた式本番、奈々が出した答えとは?
#4 「荒野の五人、もしくは十一人」
あかねさす少女 #4 「荒野の五人、もしくは十一人」 「悪党には金塊より鉛玉がお似合いだぜ……」。テレビの前でそう呟いて、前髪を少し跳ねる少女。それはラヂ研メンバーの一員、みあだった。誰にも言ったことのない彼女の密かな憧れは、西部劇の主人公のような「正義の味方」。そんな彼女とラヂ研メンバーが次に訪れた異世界は、まさにその憧れに近しい世界だった。優は酒場の給仕、奈々とクロエはお尋ね者、明日架は賞金稼ぎという役割のなか、みあの立場は正義の体現者、保安官。次々と状況と人間関係が移り変わるさなかで、みあは自身がやるべきことを見出そうとする……。
#5 「ヒーローの条件」
あかねさす少女 #5 「ヒーローの条件」 「かわいいものが好きな自分」と、そうじゃないと思う自分。いつの頃からか、ふたつの感情が同居していたというみあ。そんなジレンマを和らげてくれたのは、かつて「ヒーローにならない?」とラヂ研に迎え入れてくれた明日架たちだった。そんな思い出を振り返っていた彼女のもとに、銀行強盗の知らせが届く。追い詰めたその先にいたのは……なんと明日架たちだった。裁判にかけられ、お互いに決闘することとなった明日架たち。絶体絶命の彼女らの状況に、みあは「自分なりの正義」を見つめ直す。彼女は本当のヒーローになれるのか?
#6 「ひとりのアイランド」
あかねさす少女 #6 「ひとりのアイランド」 ひとりが好きな少女、クロエ。彼女の一時の楽しみは、本を読みながらカフェオレを飲むこと。そんな彼女とラヂ研のメンバーが、次にたどり着いたのは見渡す限り海のなか、一人ひとつ小さな島が与えられるというフラグメントだった。この世界の自分の家で、クロエは音楽や本を楽しむ。そんな中、VRマシンを立ち上げた彼女は、映し出されたフランスの光景に、自身の過去を見た。ひとりでいることが、真に豊かだったあの頃。だが、そんな彼女も日本に来てから、別の価値観が生まれる。ラヂ研のみんなといる時に感じる、その不安とは……。
#7 「Tu n'es pas seule.」
あかねさす少女 #7 「Tu n'es pas seule.」 このフラグメントは様子がおかしい。そのきな臭さに勘付いたクロエは、この世界の自分が残したメッセージを見つける。「僕たちは一見つながっているようでいて、その実ホワイトゴートによって一人きりにされている……」クロエはその言葉とともに、ウィルスをインストールしたメモリユニットを受け取った。これをサーバーに取り付ければ、インフラを統括しているAIの破壊が可能になるという。明日架らと合流し「一人きりじゃなくなった」彼女は、サーバー島でクラッターに相対する。その胸に、ある覚悟が生まれるのを感じながら……。
#8 「明日架とアスカ」
あかねさす少女 #8 「明日架とアスカ」 今日もオクターヴに集まるラヂ研の面々。そこで彼女たちは怪我をしたマスターの代わりに、様々な衣装で店員として手伝う。別世界のアスカも混ざり、忙しいながら楽しいひとときを過ごす一同。さらに明日架はアスカを家に泊めることを決め、夕食を共にすることに。そこで進路の話になった明日架は、味噌屋を継ぐという考えを父親に反対され不満を漏らす。だが、アスカは明日架の進路について、自分がいる世界のことを引き合いに出し、自由でいてほしいと語るのだった。その夜、ふたりは同じ夢を見る。彼女たちの弟である今日平の夢を……。