「阪神大山」の検索結果

「阪神大山」に関する情報は見つかりませんでした。
「阪神」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

“名将”の死去に各地で悼む声「愛情あるぼやき」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “名将”の死去に各地で悼む声「愛情あるぼやき」  野村克也さんの死去について、現役選手時代に過ごした大阪と監督として最後の指揮を執った仙台で聞きました。  大阪市の人:「お父さんが阪神ファンなので、阪神の監督してたので、びっくりです」「元気だったから、残念ですね」「野球界に貢献された方なので、ちょっとショックですね」  仙台市の人:「いつもぼやいてね、やってましたけど、愛情あるぼやきだったと思います」「言葉的には『マー君、神の子、不思議の子』 覚えてますね。必ず試合が終わった後、球場の上の通路の所、あそこでファンに手を振ってるのをテレビで見ると、何か身近な人だったなあって思いますね」
#28『備蓄食のイメージを変えた!長期保存できる美味しいパン』 パン・アキモト:秋元義彦
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #28『備蓄食のイメージを変えた!長期保存できる美味しいパン』 パン・アキモト:秋元義彦 災害時など、もしもの時のための備蓄食ですが、味は二の次といったものも... そんな備蓄食のイメージを変えたのが、秋元さんが考案した「パンの缶詰」です。 誕生のきっかけは、1995年の阪神淡路大震災...。 パン職人として現地に自ら入り、パンを被災者に配りまわったものの、 何日かするとカビが生えて食べられなくなってしまいました。 その苦い経験から、保存性に優れた美味しいパンの開発を決意。 ところが、“長期保存”と“美味しさ”の両立は困難を極めたといいます。 今回は、苦心の末に成功した「パンの缶詰」開発秘話と、備蓄食へのイメージ払拭にかける秋元さんの思いに迫ります。

おすすめの作品

第2話 ノブナガの決意
ノブナガ先生の幼な妻 第2話 ノブナガの決意 ノブナガのマンションに一緒に住むことになった帰蝶。 子作りをしようと迫るが、年齢の壁に屈するノブナガ。なんとかノブナガをその気にさせようと、帰蝶はあれこれ考える……。
第7話 三人目
無料
ノブナガ先生の幼な妻 第7話 三人目 ノブナガに胸を触られた時のことを思い出す万結。杏南は積極的にノブナガにアタックしろ背中を押す。吉乃まで学校に通い出し、万結はますます焦る。なんとかしようとノブナガがいる職員室を訪れる。
第8話 四人目
無料
ノブナガ先生の幼な妻 第8話 四人目 なんと万結はお鍋の方の子孫だった! ノブナガが触るとお鍋の方が表面に出てくる。友里は自分の中にも同じようにノブナガ関係者の魂がいることを悟る。…今晩空いてたら飲みに行きませんか?
第9話 好きの理由
無料
ノブナガ先生の幼な妻 第9話 好きの理由 慈徳院の願いに従い、友里のおっぱいを吸うノブナガ。このまま友里と結婚できると浮かれる。だが友里はそれを断固拒否。落ち込むノブナガは教師を辞めるという。皆で引き留めるが……。
第3話 帰蝶 学校へ行く
ノブナガ先生の幼な妻 第3話 帰蝶 学校へ行く 帰蝶を学校へ通わせることにしたノブナガ。星ヶ丘友里、枇杷島万結、熱田杏南、新たに登場する面々の前で帰蝶は宣言する。 わたくしはノブナガ様の妻になるとお約束いただいております。
第6話 背中を流します
無料
ノブナガ先生の幼な妻 第6話 背中を流します 吉乃もノブナガのマンションで暮らすことになった。電化製品やインスタント食品に感動する吉乃。初夜ということもあり気合いが入るが、ノブナガは謎の悪寒を感じ風呂へと逃げる。しかしそれで諦めるわけもなく……。
第12話 妻は帰らないと 言いました
無料
ノブナガ先生の幼な妻 第12話 妻は帰らないと 言いました ──未練を解消してやればいい。だがノブナガが蘭丸に入れられる形を絵に残したいというお鍋の方の願いは到底聞けない。しかし友里も一歩も引かない。いったいノブナガの貞操はどうなっちゃうの!?
#6 恋の三角ブラックホール/ホレホレ小悪魔だっきゃ!
うる星やつら デジタルリマスター版 #6 恋の三角ブラックホール/ホレホレ小悪魔だっきゃ! 「恋の三角ブラックホール」あたるとしのぶの電話をラムはUFO上空より妨害電波を使って大混線。負けてたまるかとあたるとしのぶも必死に防戦! その三人を結ぶ領域で飛行機が姿を消してしまって…。バミューダトライアングル発生!? 「ホレホレ小悪魔だっきゃ!」ありとあらゆる偶然のせいで、あたるは合わせ鏡より小悪魔を呼び出してしまった。女好きの小悪魔に困り果てたあたる。その前に怪僧、錯乱坊が参上して…!
第10話 五人目!?
無料
ノブナガ先生の幼な妻 第10話 五人目!? 万結からの告白に浮かれるノブナガ。忘れ物を届けに来たという杏南の弟、蘭真の頬を手袋なしで触ってしまう。男だから触っても大丈夫とうそぶくが……。──また熱く愛し合いましょう…信長様。
第15話 アグレッシブ・ベースボール
メジャー 第5シリーズ 第15話 アグレッシブ・ベースボール 決勝トーナメント第1戦の相手はキューバ。妹の美穂と電話で話した寿也は、スタメンで出場している。キューバの先発投手は左腕のブラーボ。この大会初登板、日本チームにとっては予想外の相手だ。そして、そのブラーボは多彩なカーブを武器に日本打線にすきを見せない。日本代表はピンチに追い込まれるが…。