「陽光聖典」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

#36『太陽光電池の可能性を変えた!60年に及ぶ開発の歴史』シャープ:安沢修
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #36『太陽光電池の可能性を変えた!60年に及ぶ開発の歴史』シャープ:安沢修 一般家庭でも取り組める発電として、私たちのくらしに広く浸透している太陽光発電。 そのシステムの根幹・太陽光電池の開発を60年前から手掛けているのが、安沢さんが勤めるシャープです。 シャープが太陽光電池の開発に着手したのは1959年のこと。 3年後には太陽光電池を用いたトランジスタラジオを発売。さらに電卓や灯台、人工衛星まで、私たちのくらしを豊かに変えてきました。いまでは、住宅用の発電システムによって、電気代の節約にも貢献しています。 60年に及ぶ開発の歴史...それは試行錯誤の連続でもありました。なぜそこまでの苦労をしてまで太陽光発電に挑んできたのか...。 そこにはシャープの創業者・早川徳次が遺した、ある想いがありました。 安沢修さんに技術者たちに受け継がれている創業者の想い、そして太陽光発電の未来について伺いました。 【提供】日産自動車
指10本も夢じゃない 鹿児島県志布志沖堤防のタチウオ(2019年10月19日放送)
無料
ルアーパラダイス九州 指10本も夢じゃない 鹿児島県志布志沖堤防のタチウオ(2019年10月19日放送) ドラゴンタチウオの聖地、鹿児島県志布志市の沖堤防にルアーパラダイス九州TVが初上陸! タチウオ釣りマニアにとっての憧れの地で、宮崎県在住の郡山善充さんが大型タチウオをねらいます。朝マヅメにジグヘッド&ワーム、日中はジギングという郡山流タチウオアプローチ術がばっちりハマ陽が昇ってからもヒットを重ねます。太陽光に照らされながらキラキラと舞い上がるタチウオの美しい姿は一見の価値ありです。
豊かさのニューノーマル=新しいあたりまえ
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 豊かさのニューノーマル=新しいあたりまえ 今回のテーマは「豊かさのニューノーマル」。ニューノーマルとは、以前は考えられなかったようなことが、定着して”あたりまえ”になること。成長著しいアフリカでは、電線もない地域に、いきなり太陽光発電システムが届き、支払いはスマホでモバイル決済。私たちの想像をはるかに超えた“一足飛び”の発展をつたえます。北欧フィンランドでは、「無条件で国からお金がもらえる」という「ベーシックインカム」の社会実験を取材。先進国の未来の働き方を考えます。さらに、人気急上昇中の「ブラジルのトランプ」に単独インタビュー。政治の世界の「ニューノーマル」現象とは?
第35話 ソロモン攻略戦
機動戦士ガンダム 第35話 ソロモン攻略戦 ついに連邦軍がソロモン攻略戦を開始。先鋒艦隊が持ちこたえている間に、ティアンム艦隊の主力はサイド1の空域にミラーを配置していた。太陽光を反射して焦点を形成し、ソロモンを焼きつくす。それは連邦軍の切り札ソーラー・システムの威力だった。突破口の開かれたソロモンに向け、モビルスーツ隊は進撃を開始した!
#492 初売りドライ・ライト
ドラえもん #492 初売りドライ・ライト のび太が部屋でストーブに当たっていると、ママが入ってきて、「あちこちの部屋でストーブをつけておくのはもったいない」とストーブを消してしまう。地球にある資源は大事に使わないと無くなってしまうのだと言われたのび太は、石油が無くなってしまったら大変だと大あわて。 その様子を見たドラえもんは、ポケットから何やら光る塊を取り出す。これは『ドライ・ライト』と言い、22世紀で使われている新しいエネルギーで、太陽光線のエネルギーをドライアイスのように固めたものだという。 実は、夏の強い日光を地底にためておいたというドラえもん。家の裏から地面の中に入ると、そこにはドライ・ライトの鉱脈(こうみゃく)が広がっていた。 電灯にもカイロにもなるドライ・ライトの便利さに目をつけたのび太は、会社を作ってドライ・ライトを売り出そうと考える。反対するドラえもんだったが、もうかればどら焼きが食べ放題だとそそのかされ、よろこんでみんなにドライ・ライトを売りに行くが…!
第1話「ボディ」
相棒 season17 第1話「ボディ」 国家公安委員を務める大学教授・三上冨貴江(とよた真帆)の自宅で殺人事件が発生した。殺害されたのは、鬼束学園の理事長・鬼束鐵太郎(中田博久)。副理事長を務める鬼束鋼太郎(利重剛)が、妻である冨貴江のために父を殺したというのだ。というのも、冨貴江の不貞の証拠を掴んだ鐵太郎が、冨貴江を鬼束家から追い出す算段を進めていたので、それを阻止するためだったという。冨貴江は、自身の社会的立場を守るため、鋼太郎に促されるまま事件の隠蔽を手伝うことに。
第2話「ボディ~二重の罠」
相棒 season17 第2話「ボディ~二重の罠」 右京(水谷豊)が進退を懸けて臨んだ鬼束家の離れ家の捜索が空振りに終わり、退職はもはや既定路線になっていた。しかし、右京は“残務処理”という名目のもと、亘(反町隆史)と共に捜査を続行。鋼太郎(利重剛)がいまだ手放せないでいる鐵太郎(中田博久)の携帯電話を足掛かりに、隠蔽に荷担している祥(谷村美月)ら鬼束家の面々に心理的な圧力を掛けていく。
第3話「辞書の神様」
相棒 season17 第3話「辞書の神様」 『千言万辞』という辞書を担当する編集者の男性が、メッタ刺しの遺体で発見された。個性的な語釈から、読み物として『千言万辞』を愛読している右京(水谷豊)は、事件に興味を持ち、亘(反町隆史)と共に独自の捜査を開始。版元の出版社で聞き込みをすると、辞書の原稿は元大学教授の大鷹(森本レオ)という人物が一人で手掛けているのだが、殺された編集者と折り合いが悪く、大鷹をサポートしている国島(森田順平)という大学教授に主幹を切り替える話が持ち上がっていたという。
第4話「バクハン」
相棒 season17 第4話「バクハン」 組織犯罪対策四課の賭博担当、通称バクハンの課長・源馬(中野英雄)の指揮の下、過去最大規模の裏カジノ一斉摘発が行われ、広域指定暴力団・武輝会の資金源に大ダメージを与えた。右京(水谷豊)と亘(反町隆史)も摘発に駆り出されたのだが、右京はその際、摘発を逃れた店があったことに気づき、源馬が裏で手引きしているのではないかと疑う。組対五課の角田(山西惇)は、戦友のような源馬をかばい、手を引くよう釘を刺すが、右京は捜査を続ける。
第6話「ブラックパールの女」
相棒 season17 第6話「ブラックパールの女」 ある日、右京(水谷豊)は、弁護士の連城(松尾諭)から突然、奇妙な依頼を受ける。顧問弁護士を務めている出版社が、連続殺人事件の被告として拘禁中の遠峰小夜子(西田尚美)に、名誉毀損で訴えられているのだが、和解の条件として「有能な刑事と話がしたい」と不可解な要求をしてきたという。小夜子は、真珠養殖詐欺を行い、返金を迫った被害者を自殺や事故に見せかけて殺害した疑いを掛けられている人物。亘(反町隆史)と共に面会に出向いた右京は、小夜子から気になる話を聞く。