「隼 250」の検索結果

今すぐ視聴する

act.5 キスで一本
恋愛ドラマな恋がしたい3 act.5 キスで一本 口から水が滴るキス…密会デートを経てオーディションの末、主役を勝ちとるのは!?
act.4 奪い合う俳優たち
恋愛ドラマな恋がしたい3 act.4 奪い合う俳優たち 俳優が女優を誘う密会デート。ここで俳優たちの恋の矢印が明らかになる! 波乱の密会デートを経て、恋の矢印はどう動く!? 絶叫、氷の表情、大号泣…デートで様々な感情がぶつかり合う!!
act.6 恋模様は、嫉妬、時々涙。【中間告白1時間SP】
恋愛ドラマな恋がしたい3 act.6 恋模様は、嫉妬、時々涙。【中間告白1時間SP】 中間告白1時間SP!燃え上がる恋、湧き上がる嫉妬… 軽井沢のキャンプ場で合宿。キスとケンカの連続!?
act.7 イタズラなキス!?
恋愛ドラマな恋がしたい3 act.7 イタズラなキス!? オーディションで前代未聞の波乱が起こる…私をつかまえて…。女優4名の恋の矢印が明らかになった中間告白を経て、誰が主演に輝くのか!?
act.8 俳優の乱
恋愛ドラマな恋がしたい3 act.8 俳優の乱 俳優と女優が水着姿でプライドをかける。そして、ある俳優が前代未聞の反乱を起こす…。恋の矢印が交差する!!
act.9 恋帯責任の果て
恋愛ドラマな恋がしたい3 act.9 恋帯責任の果て 今回もオーディションは前代未聞のルールが…!大波乱の後、主役に輝き、シャワーの勢いの激しさのように熱いキスをするのは!?
act.10 いま、率直に好きです
恋愛ドラマな恋がしたい3 act.10 いま、率直に好きです 告白前2人きりで話せる最後のチャンス。恋の矢印が明らかに…。 想いを告げる俳優と女優、その明暗がはっきりと別れる!? 最後のドラマ出演をかけた稽古とオーディションは地獄の雰囲気…。そんな中、王子様があの女優を救う!?
act.11 その愛の先
恋愛ドラマな恋がしたい3 act.11 その愛の先 谷まりあが号泣…。好きな人と最後のキス。「本気で愛して向き合いたい、その先に何があるのか」。番組史上最も感動するキスを演じるのは果たして!?
act.12 大逆転告白 【1時間SP】
恋愛ドラマな恋がしたい3 act.12 大逆転告白 【1時間SP】 演技じゃない本当の気持ち、あなたに届きますか…?ついに迎えた告白の時。俳優と女優の禁断の恋…最終回にはどんなドラマが待ち受けているのか? 大逆転告白!?史上最もラブラブなカップルが誕生!?
#6 キャッチボール
メジャーセカンド #6 キャッチボール 母・薫の思わぬケガもあり、大吾はしかたなくバッティングセンターで速球を捕る練習をはじめる。その矢先、大吾の目の前に元メジャーリーガーの佐藤寿也が現れた!父・吾郎とバッテリーを組んだ強肩強打の名捕手であり、なにより光の父でもある寿也の登場に呆然とする大吾…。実は、寿也が大吾のもとにやってきたのは、父・吾郎の計らいでもあった。さっそく寿也は、バッティングセンターで大吾の練習に付き合うようになる。
#7 いつか必ず
メジャーセカンド #7 いつか必ず 光とひさしぶりにキャッチボールをし、あらためてバッテリーとしての手ごたえを感じた大吾。しかし、迎えた週末の練習で、急きょ光が母方の実家の群馬に引っ越したことがわかり、ショックを受ける。ひとことも告げることなく、ドルフィンズを去り転校していった光に失望する大吾は、気にかける睦子にもいらだちをぶつけてしまう。寿也のキャッチャー特訓も断り、部屋に引きこもる大吾。その大吾の部屋にやってきたのは…。
#8 寿也の個人レッスン
メジャーセカンド #8 寿也の個人レッスン わたしは佐倉睦子。三船小学校6年2組、茂野大吾くんのクラスメートです。お兄ちゃんが地元のドルフィンズにいたこともあって、小さいころから野球が大好きです!茂野くんや光くんが練習する姿を見ていて、野球をやりたい気持ちが押さえられなくなりました。中学受験もあって、お父さんはシブっていましたが、なんとか認めてもらって、無事ドルフィンズの一員になりました!さて、きちんと誰かに野球を教えてもらわないとな…。
#9 光の思い
メジャーセカンド #9 光の思い 夏の大会を直前に控えた練習試合でチームワークを深め、大吾たち三船ドルフィンズのメンバーは少しだけ自信と手ごたえをつかむ。その一方で、あわただしく母の実家がある群馬に転校していった光は、ドルフィンズの仲間とも離れ、心の晴れない日々を送っていた。祖父や母の前では、けなげに明るくふるまう光だったが、転校した新しい小学校で野球チームに誘われても「いまはそんな気分になれない」と断ってしまう。
#10 夏の大会スタート!
メジャーセカンド #10 夏の大会スタート! いよいよ夏の大会の初戦がやってきた!大吾たち6年生にとっては、三船ドルフィンズでむかえる最後の大会だ。ここ数年、1回戦での敗退を繰り返してきたドルフィンズの相手は谷川イーグルス。監督の田代は、少しづつ上達してきた大吾を2番ライトで起用する。ところが、「親の七光り」を目の敵にするエース・卜部や、大吾のかわりに8番バッターに降格した永井は、大吾のスタメン起用が気に食わず、厳しい目を向けるのだった。
#3 ふたりのジュニア
メジャーセカンド #3 ふたりのジュニア 強肩強打の元メジャーリーガー佐藤寿也の息子であり、野球の本場・アメリカから帰国したばかりの光が、さっそく練習試合で外野手として起用された!大吾やベンチの藤井や田代も、光のファーストプレーを息をのんで見守るが、なんと平凡な外野フライを後逸&大暴投…。実は、光はまったくの野球初心者だったのだ…。悪びれずに初めての野球の実戦をエンジョイする光。一方、大吾は光の身体能力や運動センスに驚かされていた。
#4 野球を好きな才能
メジャーセカンド #4 野球を好きな才能 練習試合で光のずば抜けた野球センスを目の当たりにした大吾は、自らの野球の才能と引き比べ、ひとり意気消沈していた。そうして周りの目ばかり気にする大吾に対し、光は「君は野球が好きなんだよ」と励まし、ドルフィンズの練習に誘う。迎えた週末、早朝の河川敷には光と大吾の姿があった。おもむろにキャッチボールをはじめる二人。そんな二人の姿をドルフィンズのエース・卜部と正捕手のアンディが土手から眺めていて…!?
#5 特訓開始!
メジャーセカンド #5 特訓開始! 「楽しそうだからピッチャーがやりたい」と言い出した光は、ボールの握り方もフォームもめちゃめちゃだったが、目を見張る剛球の持ち主だった…!そんな光の練習相手にかりだされた大吾に対し、光は無邪気にふたりでバッテリーを組もうと提案する。肩の弱い自分がキャッチャーに向いているとは到底思えず、大吾は光のアイディアを拒否するが、姉のいずみは、大吾の性格や野球の知識はキャッチャー向きだと指摘するのだった。