「隼人...福田」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

『ルディ 涙のウィニング・ラン』アメフトは野球に似てる!?
無料
映画好きが集まる!真夜中の映画祭 『ルディ 涙のウィニング・ラン』アメフトは野球に似てる!? Xリーグ、アサヒシルバースターのヘッドコーチであり、アメフト日本代表候補にも選出された、キャスターの有馬隼人さんと共に、映画で描かれるアメフトや青春の魅力について深掘りしていきます。
『ルディ 涙のウィニング・ラン』映画紹介
無料
映画好きが集まる!真夜中の映画祭 『ルディ 涙のウィニング・ラン』映画紹介 今なお絶賛される名作スポーツ映画特集『ルディ 涙のウィニング・ラン』の映画紹介です。
#25:50音モノマネ選手権で藤原竜也&市原隼人が降臨!?
チャンスの時間 #25:50音モノマネ選手権で藤原竜也&市原隼人が降臨!? ★モノマネ50音選手権 花香よしあき、ハロー植田、ガーリィレコード高井、Kいちが得意のモノマネで新競技に挑戦!果たして勝つのは!? ★宮下草薙、初めての食レポ 若手注目株の宮下草薙が初めての食レポ!しかし、ケンカ勃発でロケが続行不可能に!?ストレスが溜まり、イライラが爆発!!
あの伊集院隼人氏の極めて平穏な一日
シティーハンター'91 あの伊集院隼人氏の極めて平穏な一日 美樹が一日留守にすることになり、一人で店を任される海坊主。店にやって来るのは、美樹目当ての予備校生や、海坊主のファンという女子高生、恋人との再会を待つ老婦人と様々。その後やって来た二人組の美女が海坊主の大嫌いな猫を連れていたため、店で暇をつぶしていたリョウもからんで店内は大騒ぎになり……。
映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦
映画クレヨンしんちゃん 映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦 春日部で平和に暮らしていたしんのすけが何故か突然戦国時代へとタイムスリップしてしまう。そこでひょんなことから、歴史上討たれるはずだった侍を救ってしまう。歴史を変えてしまうわけだが、そんなことはどこ吹く風とばかりに、しんのすけは政略結婚に巻き込まれたり、戦で戦ったり、と戦国時代でも大暴れ。  そして、後から何とか車で(?)追っかけてきたひろし達とも再会をするものの、歴史の荒波は一家を大きく変えていく・・・  果たしてしんのすけ達はどうなってしまうのか?  そして、変えられてしまった歴史はどうなるのか?
#1 大吾の夢
無料
メジャーセカンド #1 大吾の夢 茂野大吾は、いまも現役のプロ野球選手を父にもつ小学生。かつてメジャーリーグでも活躍した父親・吾郎に憧れて、少年野球チーム「三船ドルフィンズ」で野球を始める。しかし、二世ならではのプレッシャーのなか思うように上達できず、大吾は1年足らずで野球をやめ、無気力な生活を送っていた。迎えた小学6年生の春、大吾の目の前にアメリカから帰国したという転校生が現れる…。注目の新作野球アニメ、ついにプレーボール!!
#2 二世でなければ
無料
メジャーセカンド #2 二世でなければ アメリカからやってきた転校生・佐藤光の父親は、大吾の父・吾郎の盟友にして、大リーグでも活躍した名捕手の佐藤寿也だった!さっそく光は「近所の野球チームに入りたい」と大吾にたずねるが、すっかり野球に嫌気がさした大吾は、光に対してつれない態度をとる…。その晩、大吾の母・薫のもとにドルフィンズ監督の田代から「週末の練習試合に人数が足りなくなり、大吾を貸してくれないか」という依頼が舞い込む。
#3 ふたりのジュニア
無料
メジャーセカンド #3 ふたりのジュニア 強肩強打の元メジャーリーガー佐藤寿也の息子であり、野球の本場・アメリカから帰国したばかりの光が、さっそく練習試合で外野手として起用された!大吾やベンチの藤井や田代も、光のファーストプレーを息をのんで見守るが、なんと平凡な外野フライを後逸&大暴投…。実は、光はまったくの野球初心者だったのだ…。悪びれずに初めての野球の実戦をエンジョイする光。一方、大吾は光の身体能力や運動センスに驚かされていた。
#4 野球を好きな才能
無料
メジャーセカンド #4 野球を好きな才能 練習試合で光のずば抜けた野球センスを目の当たりにした大吾は、自らの野球の才能と引き比べ、ひとり意気消沈していた。そうして周りの目ばかり気にする大吾に対し、光は「君は野球が好きなんだよ」と励まし、ドルフィンズの練習に誘う。迎えた週末、早朝の河川敷には光と大吾の姿があった。おもむろにキャッチボールをはじめる二人。そんな二人の姿をドルフィンズのエース・卜部と正捕手のアンディが土手から眺めていて…!?
#5 特訓開始!
無料
メジャーセカンド #5 特訓開始! 「楽しそうだからピッチャーがやりたい」と言い出した光は、ボールの握り方もフォームもめちゃめちゃだったが、目を見張る剛球の持ち主だった…!そんな光の練習相手にかりだされた大吾に対し、光は無邪気にふたりでバッテリーを組もうと提案する。肩の弱い自分がキャッチャーに向いているとは到底思えず、大吾は光のアイディアを拒否するが、姉のいずみは、大吾の性格や野球の知識はキャッチャー向きだと指摘するのだった。