「青春 ブタ 野郎 2 話」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

#4 ブタ野郎には明日がない
青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない #4 ブタ野郎には明日がない 麻衣の思春期症候群が解決したのも束の間、咲太はまたしても新たな不思議現象に遭遇する。 同じ日が何度も繰り返され、明日がやってこないのだ。 この現象について理央に相談したところ、同じ日を繰り返し、やり直しをしている人物――“ラプラスの悪魔”の存在が原因になっているのではないかという仮説を聞かされる。
第19話 傷だらけのリョーマ
テニスの王子様 第19話 傷だらけのリョーマ ョーマ対伊武の試合は熾烈を極めるが、いつにも増して積極的にプレイを続けるリョーマ。しかし何人かがリョーマの体に変調が起きている事に気がつく。上下回転のショットを交互に何度も打つことにより、筋肉が縮みあがり、「スポット」という麻痺状態に陥る、これが伊武のねらいであった。「スポット」に陥り、力が入らない腕で強引に打ちに行ったリョーマは、振り抜けたラケットがポールに当たり、その破片で左まぶたを大きく切ってしまう。
#7 青春はパラドックス
青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない #7 青春はパラドックス 長かった6月、7月が終わり、ようやく麻衣とお付き合いできることになった咲太だったが、仕事で忙しい麻衣とは会えない日々が続いていた。 鬱憤をためながらバイトをしていたところ、そこに仕事終わりの麻衣がやってくる。 麻衣からの提案でしばらく会えなかったお詫びをもらえることになった咲太は、上機嫌でバイトを終わらせる。 その帰り道、咲太と麻衣は夜の繁華街でネットカフェに入っていく理央の姿を目撃し、不審に思った咲太があとを付けたところ、驚きの事実を理央から告げられる。
#13 明けない夜の夜明け
無料
青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない #13 明けない夜の夜明け 咲太の手助けで夜の学校に行くことができ、次は昼の学校にいくと意気込んでいたかえで。しかし、その翌日、突如“花楓”の記憶が戻り、2年間一緒に過ごしてきた“かえで”の記憶が消えてしまった。かえでがいなくなってしまったことに打ちひしがれる咲太の前に、ある人物が現れる。
#6 君が選んだこの世界
青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない #6 君が選んだこの世界 朋絵と恋人のふりをするという約束の1学期も最終日となった。 七里ヶ浜での最後のデートを終え、「麻衣に未練がある咲太に愛想を尽かせて朋絵が振った」という設定で別れたことにしようと決めた咲太と朋絵。すべてがようやく解決したかのように思われたのだが……
#12 覚めない夢の続きを生きている
無料
青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない #12 覚めない夢の続きを生きている 七里ヶ浜で遭遇した幼なじみの鹿野琴美を覚えていないと言ったかえで。その再会をきっかけに咲太は麻衣とのどかに、かえでが記憶を無くしてしまっているという事実と、2年前に起こった出来事を打ち明ける。琴美と会った次の日からもかえでは、学校に行くための練習を続けようとするが…
#2 初デートに波乱は付き物
青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない #2 初デートに波乱は付き物 麻衣の思春期症候群の原因を探るなかで、咲太は麻衣とデートをすることに。 約束の日、藤沢駅に向かう道中で迷子の女の子を助けようとした咲太は、一人の少女に変質者だと勘違いされ、それが原因で麻衣との待ち合わせに遅刻してしまう。 なんとか麻衣の許しを得て、デートをすることになるが、麻衣は行き先を変更して咲太を七里ヶ浜に連れていき……
#3 君だけがいない世界
青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない #3 君だけがいない世界 藤沢を離れ、大垣まで行っても桜島麻衣のことを覚えている人は一人もいなかった。 咲太は麻衣と共に学校に戻るが、そこでも友人の双葉理央から学校内で自分以外に麻衣のことを覚えている人間はいないということを聞かされる。 麻衣を忘れていくのは、ある行為に起因するものだという仮説を聞いた咲太は、麻衣の記憶を失わないように奮闘する。 そして、そんな咲太の姿を見て、麻衣も一つの決断を下すのだが……
#5 ありったけの嘘を君に
青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない #5 ありったけの嘘を君に 咲太と付き合っていると勘違いされたことで、友達の好きな人から告白されるという悩ましい事態を解決できた朋絵は、このまま恋人のふりを続けてほしいと咲太に頼み込む。 麻衣に負い目を感じつつも、クラスでの自分の居場所を失うことを恐れる朋絵を放っておけず、渋々了承した咲太はしばらくの間、朋絵の嘘の恋人を演じることになり……
第1話 青春=野球ですか
無料
H2 第1話 青春=野球ですか ピッチャーを断念した国見比呂、バッターとして期待される橘英雄の高校生活が始まった。