「青木 KO」の検索結果

今すぐ視聴する

第1話
カノジョは嘘を愛しすぎてる 第1話 大人気バンドCRUDE PLAYのプロデューサー“K”ことカン・ハンギョル。彼にとって騒音や小さな経験は、音楽的なインスピレーションを与えるものとなる。漢江で思いにふけるうちに曲がひらめいたハンギョルは、メロディーを携帯に録音しようとするもできず、偶然通りがかったソリムの携帯を借りて録音する。音楽しか取り柄のないソリムはハンギョルに一目ぼれし、ハンギョルを捜し始めるが...
第2話
カノジョは嘘を愛しすぎてる 第2話 コンテスト会場で偶然再会したハンギョルとソリム。ソリムの携帯にCRUDE PLAYの未発表曲が残っていることを知ったハンギョルは、何とかファイルを消そうと自分の正体を隠してソリムに近づく。音楽を優先するあまりメンバーや恋人のユナと衝突してしまい、落ち込んでいる時にソリムに呼び出され手渡されたのは、ソリムが歌詞を付けたハンギョルの曲だった。
第4話
カノジョは嘘を愛しすぎてる 第4話 SOLEミュージックのオーディションを受け、練習生となったソリムたち。ソリムのバンドをプロデュースしたいチャンヨンは、チェ代表に頼み込みソリムにもアピールを始める。しかしチェ代表がプロデュースさせたいのはチャンヨンではなくハンギョル。何度も説得を試みるが、結局ハンギョルに断られてしまう。そんな中、ソリムたちが練習生になったことを知らないハンギョルは、自分の曲を歌ってほしいとソリムに頼みに行く。
第5話
カノジョは嘘を愛しすぎてる 第5話 チャンヨンのプロデュースでデビューが決まったソリム。それを知ったハンギョルは複雑な気持ちになりつつも、チャンヨンとソリムを応援することに決める。ハンギョルにソリムのバンドのプロデューサーとしての地位を奪われることを恐れるチャンヨンは、デビュー曲の完成を急ぎ、チェ代表とも衝突する。なかなか認められない焦りやハンギョルとの葛藤から、チャンヨンはハンギョルの正体をソリムに明かすことを決める。
第6話
カノジョは嘘を愛しすぎてる 第6話 ハンギョルの正体を知ったソリム。嘘をつかれたことにショックを受けつつもハンギョルを信じようとするが、追い打ちをかけるように、2人が出会うきっかけになった曲がユナのための曲だったという事実を知る。動揺するソリム。それによって収まっていた舞台恐怖症も再発する。そんな中ソリムたちのバンドがデビューサバイバル番組に出演することが決まるが、それはユ社長が自社の新人を目立たせるために仕組んだものだった。
第7話
カノジョは嘘を愛しすぎてる 第7話 オーディション番組で急遽ハンギョルが編曲した曲を歌ったソリム。チャンヨンが演奏に加わったこともあり、ソリムたちのバンドは注目を浴びる。ユ社長はソリムを引き抜こうとチェ代表に掛け合うが断られ、チェ代表はソリムのデビューを急がせる。ハンギョルはソリムにデビュー曲を任せてほしいと頼むが、チャンヨンとの約束を理由に断られてしまう。そんな時、CRUDE PLAYが代理演奏であることを記者に知られ...
第14話
カノジョは嘘を愛しすぎてる 第14話 車で事故を起こしたインホは左手を骨折し、ドラムをたたけない状況に。これにより予定されていた記者会見での演奏は中止になる。度重なるスキャンダルに業を煮やしたユ社長は、チェ代表の管理能力を非難し、それを口実にいよいよSOLEミュージック統合に向けて動きだす。一方、インホの不自然な言動が心に引っかかったハンギョルは、会社の防犯カメラの映像を確認する。そこにはインホが睡眠導入剤を飲もうとする姿が映っていて...
第3話
カノジョは嘘を愛しすぎてる 第3話 ソリムが歌った自分の曲を聴きその声にほれたハンギョルは、ソリムの通う高校へ会いに行く。これを機に2人の距離は縮まり、ハンギョルはソリムに心を開き始める。ハンギョルと心が通じ始めたことを喜ぶソリムだったが、学校では“クラスの雰囲気を乱している”という理由で授業への出席を禁じられてしまう。落ち込んでいるソリムにポン先生がオーディションを受ける機会を作り、ソリムはバンドのメンバーと共にSOLEミュージックへ向かうが...
第11話
カノジョは嘘を愛しすぎてる 第11話 チャンヨンにハンギョルとの関係を聞かれて、つきあっていることを認めたソリム。チャンヨンはショックを受け、MUSH&COだけは自分のものであることをソリムに約束させる。しかし2人で話している姿を記者に撮られてしまい、ソリムとチャンヨンの間に熱愛疑惑が持ち上がる。その記事を見たセジョンはソリムに嫉妬し、ハンギョルと一緒に写っているソリムの写真をネット上にアップする。
第12話
カノジョは嘘を愛しすぎてる 第12話 歌番組の特別放送に出演するため練習を重ねるMUSH&CO。そんな中、ソリムはハンギョルと共にユ社長に呼び出される。ユ社長はそこでハンギョルのプロデュースでソリムにユニットを組ませることを提案するが、ハンギョルはその事実をチェ代表に報告し、怒ったチェ代表はユ社長の元へ向かい抗議する。しかし逆にSOLEミュージックの存亡を盾にプレッシャーをかけられてしまい、焦ったチェ代表は...
第13話
カノジョは嘘を愛しすぎてる 第13話 チェ代表のやり方に怒ったチャンヨンは、ステージには戻らずソリムを呼び出す。そこでユ社長がハンギョルをステージに立たせることを提案し、代わりにハンギョルがベースを弾くことに。しかしそれによってKの顔が世間に知られてしまい、ソリムはチャンヨンとKを弄んだとして、CRUDE PLAYのファンから非難される。メンバーやチェ代表と衝突し限界を感じたチャンヨンは活動を休止することを決めるが、代理演奏の証拠映像がネット上にアップされ...
第15話
カノジョは嘘を愛しすぎてる 第15話 SOLEミュージックがフーエンターテインメントに吸収合併されることが決まり、チェ代表は業務から手を引くことに。経営権を握ったユ社長はCRUDE PLAYのメンバーを呼び出し、代理演奏疑惑を釈明する会見を開くよう指示するが、ハンギョルに強く拒まれてしまう。怒ったユ社長は一方的にマスコミに周知し、メンバーが会見に出席するようにしむける。追い詰められたメンバーは出席することを決めるが、会見の内容はユ社長の望むものではなかった。
最終話
カノジョは嘘を愛しすぎてる 最終話 記者会見で代理演奏を認めたCRUDE PLAYに対して、ユ社長は損害賠償を請求し二度とCRUDE PLAYの名を使えなくすると脅す。こうなることを考えていなかったハンギョルは、何とかグループを救おうと、ユ社長に直接取引を持ちかける。ソリムもユ社長に呼び出され、フーエンターテインメントとの契約を迫られるが、MUSH&COでなければ歌わないと言い契約を断る。しかしこの決断によって、ソリムはハンギョルの曲を歌うことができなくなり...
第8話
カノジョは嘘を愛しすぎてる 第8話 CRUDE PLAYの代理演奏スキャンダルをもみ消したユ社長は、対立し始めたチェ代表に恩を売り自分が優位になるよう画策する。ユ社長の意向でユナがモデルを務めていたCMの契約がソリムに渡り、ハンギョルとソリムの関係に気付き始めたユナはソリムに敵対心を抱くようになる。そんな中MUSH&Coのデビュー曲はチャンヨンの曲に決まるが、ユナの新曲をハンギョルがプロデュースすると知ったソリムは、大きなショックを受ける。
第9話
カノジョは嘘を愛しすぎてる 第9話 デビューに向かい本格的に準備を始めたMUSH&Co。CMの撮影も兼ねてセジン高校でサプライズライブを行うことになったが、事前に情報が漏れてしまう。チェ代表はソリムとハンギョルの関係を快く思っておらず、2人が会うことを禁じることに。諦めきれないソリムはハンギョルにそのことを話すが、ハンギョルに突き放されてしまう。失意の中でサプライズライブ当日を迎えたソリムだが、ユナの新曲がMUSH&Coのデモ曲ではないことを知り...
第10話
カノジョは嘘を愛しすぎてる 第10話 チェ代表に反対されながらも、つきあうことになったソリムとハンギョル。ショーケースも無事に終わり充実した毎日を送っていたソリムだが、チャートの順位は振るわずプロデューサーのチャンヨンは責任を感じる。一方、ハンギョルのプロデュースで新曲を出したユナは初登場で1位を獲得する。チャンヨンはMUSH&COを激励するために合宿を提案するがCRUDE PLAYも参加することになり、合宿先でソリムとハンギョルの仲睦まじい姿を目撃する。