「静岡 事件」の検索結果

今すぐ視聴する

“あおり殴打”被告の男 東名高速でも危険運転か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “あおり殴打”被告の男 東名高速でも危険運転か  茨城県のあおり運転殴打事件などで起訴されている大阪の会社役員の男が、静岡県浜松市の東名高速でも危険な運転をしていたとみられることが分かりました。  去年7月、浜松市の東名高速で撮影されたドライブレコーダーの映像です。追い越し車線を走る白い高級外車が突如、ハザードランプをつけて前に割り込みました。危険な運転はこの数分前から映像に残されていました。男性の運転する車が前のトラックを追い越そうとすると、進行を妨害するように急ブレーキ。そのまま走り去ったのかと思えば今度は走行車線から現れ、また急ブレーキ。茨城県のあおり運転殴打事件での危険な運転と同じような動きです。さらに、この事件で逮捕・起訴された大阪市の会社役員・宮崎文夫被告(44)の車とナンバーが一致しています。この映像が撮影された日には、同じ白い高級外車が静岡市清水区や駿河区、また愛知県岡崎市でも危険な運転をしていたことが分かっていて、警察は宮崎被告が浜松市の東名高速でもあおり運転をしたとして強要容疑での立件を視野に捜査しています。
揺らぐ ~袴田事件とDNA鑑定~
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2020【土曜放送】 揺らぐ ~袴田事件とDNA鑑定~ 2018年6月、東京高裁にどよめきが走った。袴田事件の再審開始決定が取り消されたのだ。 死刑囚でありながら自由の身である袴田巌(82)は「嘘だ」と聞く耳を持たなかった。 高裁決定後も袴田は変わらぬ生活を送る一方で、再収監への不安は消えない。静岡地裁が一度は認めていた再審がなぜ、覆されたのか。その理由を紐解くと、重要証拠のDNA鑑定の信用性を巡って見解が対立する2つの司法の姿が見えてきた。 揺れる司法と自由。袴田事件の深層に迫る。
自宅で新生児殺害か…38歳の母親逮捕 静岡・藤枝市
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 自宅で新生児殺害か…38歳の母親逮捕 静岡・藤枝市  静岡県藤枝市の自宅で生まれたばかりの子どもを殺害したとして、無職の母親が逮捕されました。  警察によりますと、粟野亜希子容疑者(38)は去年12月、自宅で女の子を出産した後に殺害した疑いが持たれています。粟野容疑者は藤枝市の夫の実家に2年ほど前に引っ越してきて、夫と夫の両親、4人の子どもの8人で住んでいました。事件当日、夫も自宅にいたということです。粟野容疑者は当初、「自宅2階のトイレで赤ちゃんを出産した。赤ちゃんは冷たくなっている」と消防に自ら通報していました。警察は粟野容疑者が容疑を認めているかは明らかにしていません。

おすすめの作品

自称カリスマ?マナー講師せいやが“とんでもマナー”伝授
無料
霜降り明星のあてみなげ 自称カリスマ?マナー講師せいやが“とんでもマナー”伝授 【静岡朝日テレビ 毎週木曜 深夜0時20分放送】 七三ヘアーがトレードマーク。自称カリスママナー講師のマナーせいや降臨!静岡朝日テレビを舞台にせいや流のビジネスマナーを伝授するも とんでもマナー連発で…!? 粗品、お名刺交換に初挑戦!しかしマナーせいや大激怒。一体? 一方せいやはコピーに初挑戦。せいや流コピーの流儀が物議を呼ぶはめに…。 今後とも皆様に楽しんで頂けるよう精一杯努力して参りますので「霜降り明星のあてみなげ」を何卒宜しくお願い致します。
自宅で新生児を殺害か 無職の母親(38)逮捕 静岡
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 自宅で新生児を殺害か 無職の母親(38)逮捕 静岡  自宅で新生児を殺害したとして、静岡県警は殺人の疑いで静岡県藤枝市に住む38歳の無職の母親を逮捕しました。
2020年元日静岡の母校で行われた青木真也の初練習に密着!インタビュー取材
ONE Championship 特別番組 2020年元日静岡の母校で行われた青木真也の初練習に密着!インタビュー取材 2020年元日静岡の母校で行われた青木真也の初練習に密着!高校生時代柔道部だった頃のやんちゃエピソードを後輩が暴露。青木が去年最も印象に残った石井館長との逸話。今年にかける思いを聞いた。
実在の「日本WHO協会」名乗り現金だまし取ろうと…
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 実在の「日本WHO協会」名乗り現金だまし取ろうと…  「日本WHO(世界保健機関)協会」の職員を名乗って新型コロナウイルスの調査と偽り、現金をだまし取ろうとしました。  静岡県の袋井警察署によりますと、詐欺未遂の疑いで逮捕されたのは、静岡県袋井市の会社員・鳥居大輝容疑者(31)です。鳥居容疑者は21日午前、静岡県森町の72歳の男性に対して日本国内に実際にある日本WHO協会の職員を名乗り、「この辺りでコロナウイルスの患者が出たので1軒1軒調べています」などと嘘をついて現金をだまし取ろうとした疑いが持たれています。不審に思った男性が役場に連絡し、役場から警察に通報したということです。
宮城まり子さん死去 93歳 「ねむの木学園」設立
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 宮城まり子さん死去 93歳 「ねむの木学園」設立  静岡県の養護施設「ねむの木学園」の創設者で、女優の宮城まり子さんが亡くなりました。93歳でした。  宮城さんは歌手としてデビューした後、女優として舞台やテレビで活躍しました。1968年には養護施設「ねむの木学園」を設立し、障害児の感性を育てる教育に力を注ぎました。先月から体調を崩して静岡県内と都内の病院で治療を続けていましたが、今月21日に悪性リンパ腫のため亡くなりました。
#9 【雨は嫌いです】
無料
マスオぶらり #9 【雨は嫌いです】 RISE JAPAN植田益生が気の向くまま、赴くままに釣りを楽しむ番組。第9話は静岡県御前崎港から太平丸の船で出船!!マスオ釣り初めての地、静岡県御前崎を楽しむ!!YouTuberメグタスもタイラバに挑戦!!カメラを回す前から絶好調の太平丸、爆釣の予感!?
第04話 千葉県浦安市の静岡おでん
孤独のグルメ 第04話 千葉県浦安市の静岡おでん 結婚式場の調度品の打合せのため新浦安駅に降り立った五郎は、ヤシの木に金髪美人の洗礼を受け一瞬デジャブ感覚に。そしてある女性のことを思い出し...。やがて、浦安でなぜか「静岡おでん」と出合うのだった。
第94話 静岡の激闘!湘北vs常誠
スラムダンク 第94話 静岡の激闘!湘北vs常誠 花道が2万本のシュート練習に励んでいる頃、静岡に合同合宿で訪れていた赤木たちは、常誠高校でバスケ部員と練習試合をしていた。静岡ではナンバーワン、全国でもベスト8の常誠は気を抜くことができない強敵であることに間違いはない。最初は気が緩んでいた流川も次第にエンジンがかかり、一気に点差を埋めにかかる。特に「負けたら花道に笑われる」という赤木の発破に触発されたこともあって、湘北は常誠も驚くほどの巻き返しを見せるのだった。結果、73対72の僅か一点差で湘北は勝利を収め、常誠は次こそは勝利すると闘志を燃やす。
“マスク大量出品”の静岡県議に問責決議案
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “マスク大量出品”の静岡県議に問責決議案  ネットオークションへのマスク出品問題で問責決議案を提出です。  静岡県焼津市選出の諸田洋之県議(53)は、ネットオークションに医療用マスクを89回、出品して約888万円を売り上げていました。諸田県議は謝罪しましたが、県議会第2会派の「ふじのくに県民クラブ」などは「自覚と品位に著しく欠ける行為」として問責決議案を提出しました。最大会派の自民改革会議も賛成する方針で、18日の本会議で可決される見通しです。ただ、法的な拘束力はないため、進退は諸田県議本人の判断に委ねられます。
凶悪 [R15+]
凶悪 [R15+] 凶悪 [R15+] 史上最悪の凶悪事件。その真相とは?ある日、雑誌『明朝24』の編集部に一通の手紙が届いた。それは獄中の死刑囚(ピエール瀧)から届いた、まだ白日のもとにさら されていない殺人事件についての告発だった。彼は判決を受けた事件とはまた別に3件の殺人事件に関与しており、その事件の首謀者は“先生”と呼ばれる人物(リリー・フランキー)であること、“先生”はまだ捕まっていないことを訴える死刑囚。闇に隠れている凶悪事件の告発に慄いた『明朝24』の記者・藤井(山田孝之)は、彼の証言の裏付けを取るうちに事件にのめり込んでいく……。