「韓国 低空飛行 証拠」の検索結果

「韓国 低空飛行 証拠」に関する情報は見つかりませんでした。
「韓国 証拠」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

収賄などの容疑で韓国検察が前法相の弟を逮捕
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 収賄などの容疑で韓国検察が前法相の弟を逮捕  韓国の検察は先月31日、チョ国(チョ・グク)前法相の弟を収賄などの容疑で逮捕しました。先週にはチョ前法相の妻も逮捕されていて、政権への打撃は避けられません。  チョ前法相の弟のチョ権(チョ・グォン)容疑者は、父親が理事長をしていた学校法人への就職希望者を採用する見返りに金を受け取った収賄や背任などの疑いが持たれています。裁判所が31日朝から権容疑者を出頭させて話を聞くなどした結果、「証拠隠滅の恐れがある」などとして逮捕が妥当と判断しました。権容疑者の逮捕状は9日に一度、裁判所に棄却されていましたが、検察が再請求していました。24日にはチョ前法相の妻も逮捕されていて、法相への任命を強行した文在寅(ムン・ジェイン)大統領への反発も強まりそうです。
第13話 倉庫に埋もれた証拠
イ・サン 第13話 倉庫に埋もれた証拠 サンはテスから、陰謀の背後に兵曹判書(ピョンジョパンソ)ハン・ジュノがいると聞かされ、ナム内官らとともに敵の根拠地を急襲しようとする。その際、武官を引き連れたチョン・フギョムが同行を申し出る。 テスの案内で捕盗庁(ポドチョン)の兵士たちも到着し、いざ敵の根拠地に侵入したが、もぬけの殻になっていた。
第13話
THE K2〜キミだけを守りたい〜 第13話 ソンウォンの思惑どおりゴシップはオム・ヘリン変死事件の再捜査へと発展するが、疑惑の人としてマスコミに囲まれたユジンは記者たちの前でアンナの出自を暴露する。説明を求められたセジュンは会見の場でうそを並べ、ユジンの操り人形と化した父親の姿にアンナは深く傷つく。一方ジェハは人工知能“鏡”の力を借りてパク・グァンスと財界が深く関わった不正事件の存在をつかみ、その証拠を手に入れようと動きだしていた。
第14話
THE K2〜キミだけを守りたい〜 第14話 ジェハはついに不正事件の証拠を収めたメモリを手にするが撃たれて重傷を負ってしまう。駆けつけたチュ室長たちの手で何とかJSSの本社にたどり着くが生死の境をさまよう。そこにグァンスの息がかかった警察が踏み込んでくる。ジェハの意識が戻らずメモリの行方も分からないまま、メモリを巡って壮絶な駆け引きが始まる。一方、以前からクラウドナインを欲しがっていたソンウォンはメモリを狙うパク・グァンスと手を組むのだが...
第7話「映されていた真実」
帰ってきて ダーリン! 第7話「映されていた真実」 張り込んでいたヨンスの前に現れたのはジフンだった。ヨンスは証拠を隠滅していたのはジフンだったと知る。ファッションショー当日、リハーサル中の事故をきっかけにあることを思い出したヨンスはショーを抜け出しテレビ局に向かう。一方、ホンナンはユ・ヒョクを誘惑することに成功するが...。
第23話 宮廷炎上!犯人は皇太子!?
宮~Love in Palace ディレクターズ・カット 第23話 宮廷炎上!犯人は皇太子!? チェギョンからの携帯メールでユルの部屋に呼び出されたシンは、火事に巻き込まれてしまう。さらに目撃者の証言から、その放火事件の有力な容疑者としてシンの名前が。シンは身の潔白を主張するが、不利な状況と証拠ばかりで窮地に立たされることに。唯一チェギョンだけがシンの潔白を確信し、彼のそばで支えになろうとする。そんな彼女の存在に救われるシン。一方、ユルはファヨンの陰謀に気づきやめさせようとするが、ファヨンは手を緩めない。今回の件で、廃妃とシンの廃位の声が高まり、王室廃止論まで飛び出したため、皇帝は緊急の対策として、しばらくチェギョンを海外へ行かせることにする。
第1話 濡れ衣を着せられたヨナ
無料
福寿草 第1話 濡れ衣を着せられたヨナ 囚人ヨナは病院に搬送される隙を狙い、脱獄する。たった3ヶ月前までは韓国最大の大手化粧品会社であるジェイ化粧品に憧れる平凡な女子大生だったヨナ。彼女はなぜ囚人となったのか?その発端は3ヶ月前にあった。
第20話
本当に良い時代 第20話 自分たちの出生に対する疑惑を調べていたドンジュはドンウォンと一緒に家出する。そして、双子がいなくなったことに気付いた家族は二人を捜し始める。一方、ドンソクはハン部長の病室でへウォンがチスへの復讐を企んでいる事を知る。チスはヘウォンの父が生前に金を借りた証拠となる借用証書をヘウォンに見せ、ヘウォンの家は差押えられる。
第77話
朱蒙 第77話 チュモンたちはチョンム山で刺客に襲われ、ピリュは危うく殺されかけるが、ユリの助勢で命を救われる。刺客を差し向けたのは高句麗(コグリョ)とプヨの同盟を阻止しようとする漢であることを見抜いたチュモンは、プヨへ戻りテソに真相を究明するよう圧力をかける。テソは高句麗と漢のどちらと同盟するかで迷っていたが、高句麗と同盟することを選ぶ。 プヨとの同盟が決定し高句麗に戻ったチュモンは、遼東郡討伐の準備を進める。同盟の知らせはすぐに遼東城に届き、ファン太守はヨンポとテマジンを幽閉する。一方、クムワは宮殿を出て民と触れ合いながら余生を過ごすことを決める。宮殿を去る前に太后(王妃)のもとを訪ねたクムワは、太后の涙ながらの告白を聞き、許しを請う。そしてチョンム山に赴き、ユファをしのぶ。 ユリはついにプヨ宮殿のユファの寝所の下から折れた剣を見つけ出し、イェソヤから自分の父が高句麗の王チュモンだと聞かされる。折れた剣を証拠に高句麗宮殿を訪ねたユリは、チュモンに謁見を求め、自分がユリであることを明かす。
第25話
朱蒙 第25話 チュモンは鉄騎軍の威力におびえるオイたちを叱咤し、奇襲作戦と弓技を駆使して敵軍の進路を断ち、流民の一団を無事ヒョント領外へ逃がすことに成功する。一方、ヒョント城の太守ヤンジョンは漢からきた鉄官ノグンを接待し、テソへ鍛冶職人の貸与を約束する。さらに、娘ヤンソルランをテソに引き合わせて満悦だったが、鉄騎軍が倒され流民を逃したとの報告を受けて激怒する。鉄騎軍を襲った賊が弓の達人だったと聞いたテソは、チュモンではないかという疑いを抱く。 ヨンタバルはヤンジョンの仲介でノグンと対面し、漢の鋼鉄武器を売ってくれと要求する。プヨでは世継ぎ争いに焦ったヨンポが再びトチの言葉に乗せられ、主のいないヨンタバル商団を強制捜索していた。ヨンポは鉄器に関する極秘活動の証拠をつかんでクムワに報告し、クムワの心にヨンタバルへの不信が生まれる。一方、オイたちを従えてヒョント城下に入ったチュモンは、ソソノがヨンタバルとともにヒョントにきていると知り、ソソノが滞在する宿を訪ねる。チュモンは自分の身の安全をひたすら心配するソソノを愛しく思い、彼女を抱きしめる。 漢から優秀な鍛冶職人の一団を借り受けたテソはプヨへ凱旋し、ヤンジョンとの取引を隠して流民の職人を連れてきたとクムワに報告する。クムワの命令で早速鉄器工場へ赴いた漢の職人はモパルモたちの剣を笑い飛ばし、モパルモは憤るが、漢の職人たちが完成させた剣はプヨのものよりはるかに優れていた。
第42話
朱蒙 第42話 プヨ宮殿に帰ったテソはトチとハンダンを斬り殺し、ヨンポをも殺そうとするが、王妃が止めに入ったため投獄するに留める。テソはどうしてもヨンポを許す気持ちにはなれなかったが、チュモンはヨンポを許すよう進言する。ソソノはチュモンがケルのためにテソを助けたことを知って涙を流すが、そんなとき、ウテからヨンチェリョンとピリュの君長ソンヤンが手を結んでいるらしいという報告を受ける。ソソノはヨンチェリョンがソンヤンへ送った書信を証拠に、今度ソンヤンと通じたら許さないと忠告する。その後ソソノは倒れるが、ヨミウルが診察したところ懐妊したことが分かる。 その頃、プヨ宮殿にはチュモンを漢の長安まで連れて行くため、ヒョント城から使者が到着し、オイたちはチュモンに同行を願い出る。ユファはチュモンに漢へ行く前にイェソヤと結婚するよう告げるが、イェソヤを諦めきれないソルタクがイェソヤを拉致するという暴挙に出る。オイたちを率いて無事イェソヤを救い出したチュモンは、イェソヤに求婚する。 一方、息子たちの骨肉争いをやめさせたいというクムワの想いを知ったプドゥクプルは、チュモンの代わりにヨンポを人質として漢に送ることを王妃に進言し、テソは王妃からの提案を受け入れる。テソのチュモンに対する信頼は大きなものになり、プヨ軍の指揮をチュモンに任せると告げる。
第9話
朱蒙 第9話 監獄で出会ったヘモスの武道の腕前に驚いたチュモンは、彼を師と仰ごうと決意する。そこへテソとヨンポが兵士たちを率いて襲撃をかけ、監獄の番人や罪人たちを次々と殺害してチュモンに迫るが、ヘモスの尋常ではない強さがこの危機を救う。ふたりは山中へと逃れるが、ヘモスは脇腹にテソの刃を受け、襲撃したテソも肩に深い傷を負った。その後、一足違いで監獄を訪れたクムワは現場の惨状に驚くものの、証拠がもみ消されたあとだったため、それがテソたちの仕業とは気付かない。しかし、テソの治療に当たったヨミウルは、狩で獣に襲われたと言うテソの傷が剣によるものであることを見抜き、プドゥクプルとともにヨンポを問いただして監獄襲撃の事実を知る。 チュモンとヘモスは平原の小屋に身を隠し、マリたちの助けとトチの根城からこっそり抜け出して治療に通ってくれるプヨンのおかげで、ヘモスの傷は次第に癒えていく。そんななか、ウテの調べでチュモンの居場所を知ったソソノがふたりの小屋を訪れる。命を救われた恩を感じているソソノは、身を保護するから商団へ入らないかとチュモンを誘うが、チュモンは今の状況では難しいと言ってそれを辞退する。 その後ヘモスの傷は治り、野原に腰を下ろしてチュモンと何気ない会話ができるまでに回復した。ところが、ヘモスは母を危険から守れそうにないと話すチュモンが盟友クムワの三男であることを知って顔色を変える。