「韓国 時代 劇 映画」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第73話 悲劇再び
イ・サン 第73話 悲劇再び 世子になったばかりのヒャンは、はしかにかかってしまう。医官や内官たちの必死の治療と看病にもかかわらず、結局は命を落としてしまう。 そのような中で新たな命を宿したソンヨンだが、主治医の診察をかたくなに拒み、町医者を連れて来るようテスに頼む。
第6話 赤の悲劇
イ・サン 第6話 赤の悲劇 毒の出どころを探らせていた内官が水死体となって発見される。彼が残した暗号から、サンは清の使節団との会見の裏に陰謀があることを読み取る。 一方、図画署(トファソ)の顔料を盗んだぬれぎぬを着せられたが、パク署長の助けで危機を逃れたソンヨンは、清の大使を招いての宴に参席することになり、サンと再会する。
第8話 黒幕の正体
イ・サン 第8話 黒幕の正体 宴に来ていた茶母(タモ)がソンヨンだったと知ったサンは、ソンヨンに会おうとする。そのころ、ソンヨンはイ・チョンの頼みで、良家の奥方の肖像画を描くために出かけたが、帰り道でテスに恨みを持つ者たちにさらわれてしまう。 サンは、ソンヨンを助けるために兵を出す。
第12話 三日の猶予
イ・サン 第12話 三日の猶予 謀反の罪で捕らえられた思悼世子(サドセジャ)の元護衛官たちの取り調べを命じられたサンだが、取り調べを中止し、英祖(ヨンジョ)に彼らの無実を明らかにするための時間をくれるように頼む。これに対し、英祖は怒り、世孫を廃位すると告げる。
第15話 護衛官への道
イ・サン 第15話 護衛官への道 煎じ薬を持ってサンの元を訪れた嬪宮(ピングン)は、たまたま居合わせたソンヨンと再会し、彼女がサンと縁があったことを知る。 一方で、ソンヨンの素性を探っていたキム尚宮は、ソンヨンがチョン・フギョムと会っていたという事実を嬪宮に報告する。
第18話 握りつぶされた王命
イ・サン 第18話 握りつぶされた王命 サンと敵対する老論(ノロン)派は、サンが宮中で権力を掌握することを恐れ、英祖(ヨンジョ)を都に戻す。 病気の身で宮殿に戻った英祖を見たサンは、医官を追及する。しかし王妃は、国王が都に戻ったことを喜びもしないのかとサンを問い詰める。
第20話 夢をつなぐ墨絵
イ・サン 第20話 夢をつなぐ墨絵 英祖(ヨンジョ)がサンを摂政にして初めての政務報告会が開かれた。その席でサンは、誤った慣例を正し、改革を進めることを宣言する。 一方、チェ・ソクチュは、ホン・イナンにホン・グギョンを手なずけるように指示する。
第25話 華やかな暗殺計画
イ・サン 第25話 華やかな暗殺計画 チェ・ソクチュは王妃に、儺礼戯(ナレイ)で爆薬を使う計画は危険なため取りやめるように忠告するが、王妃は何としてでも計画を進めるとして、これを拒絶する。 一方、ホン・グギョンは、前年の儺礼戯に関する記録を持って来るようにテスに依頼する。
第26話 救いの銃弾
イ・サン 第26話 救いの銃弾 儺礼戯(ナレイ)で兵士たちが射撃を披露した際、何も起きず、サンたちは安心をする。 一方、花火を披露する時にサンを暗殺する計画があることを知ったホン・グギョンは、サンに危険を知らせようと、警備の兵士に言づてをするが、その言づてはキム・ギジュに伝わり...。
GO
GO GO 普段は意識しないが、杉原は韓国の国籍を持つ所謂「在日」。中学までは民族学校に通っていたが、広い世界を見たくなり日本の普通高校に入学した。未だに将来の夢も進路も決まらず、バスケ部をやめて以来、喧嘩しかすることがない。父に、幼い頃から仕込まれたこともあって喧嘩は24連勝中。記念すべき初勝利の相手は、ヤクザの息子で同級生の加藤。今では親友だ。ある日、杉原は加藤のバースディパーティーで声をかけてきた少女・桜井と突然の恋に落ちる。ぎこちないデートを重ね、2人で同じ場所を歩き、同じものを観て、同じものを聞く度にお互いの気持ちが近づいていくのが分った。桜井の家に招待されて両親に会い、かみ合わない会話を交わした後、2人は部屋でキスをする。...いつかは告白しなきゃならない。自分が「在日」であることを...。そのことが、時々杉原の頭をよぎるけれど、それで全てを失うはずはないと思っていた。怖いくらい何もかもがうまく回り始める日々に、杉原は有頂天になっていく。悲劇は突然起こった。在日の親友・正一が駅で少年に刺され、命を落としてしまう。「話したい事がある。すげえ事なんだ。オマエなら分ってくれると思うんだ」直前まで正一と話していた杉原の耳には、正一の最後の言葉がいつまでも残って離れなかった...。