「韓流 ドラマ おすすめ」の検索結果

今すぐ視聴する

第35話
私はチャン・ボリ! 第35話 ボリがウンビであると確信したスボンはミンジョンの結婚式を欠席する。スボンが欠席した理由を体調が悪いためだとジェヒに説明したミンジョンは、予定していた映像などを全て省略し簡単な結婚式にしようと提案する。また、ヘオクの事故現場に居合わせたジサンは病院まで付き添うことになる。一方、ミンジョンがウンビの写真を隠していたことを知ったジェファはウンビの写真を持ってピスルチェを訪れ...
第36話
私はチャン・ボリ! 第36話 ミンジョンの荷物からウンビの写真が見つかったことを知ったスボンはミンジョンを責める。しかし、それを信じたくないイナはボリの仕業だと主張するミンジョンの肩を持つ。また、ウンビの写真を見たボリは自分がウンビであることをヘオクが知っていたのではないかという疑念を抱きヘオクを責める。一方、ミンジョンはボリがウンビであることが明らかになれば実母であるイナが不幸になるとボリを脅すのだが...
第37話
私はチャン・ボリ! 第37話 コレクションの作品がミシンで作られていたことを知り激怒するイナ。問い詰められたミンジョンは動じるどころか、ウンビが見つかったらピスルチェを追い出されるのはイナであると脅すのであった。また、ヘオクがビダンを連れて外国に行こうとしている事実を知ったジサンは思いとどまるようヘオクを説得する。一方、スボンに連れられてDNA鑑定をしたボリ。その結果を聞いたスボンとボリは...
第38話
私はチャン・ボリ! 第38話 ウンビとヘオクが一緒に写っている写真を見たイナは、ウンビを知っているはずだとヘオクに詰め寄る。ヘオクは知らないとうそをつくが、オクスはボリがウンビであると告げるのであった。一方、ボリとビダンを自宅に連れていったジェファ。結婚相手としてボリを紹介するがドンフは嫁として受け入れることはできないと断る。自宅に戻ったボリはヘオクとビダンがいなくなっていることに気付き...
第39話
私はチャン・ボリ! 第39話 ビダンを捜すため空港に行ったジサンはヘオクを見つけるが、そこにビダンの姿はなかった。自分がいるとボリが結婚できないと考えたビダンは自ら姿を消すことを決心したのであった。一方、ミンジョンとヘオクの関係に疑問を持ったイナ。真相を知ろうとするイナだがミンジョンに脅されてしまう。しかし、ヘオクはイナを呼び出しミンジョンが自分の娘であることを告白するのであった。
第40話
私はチャン・ボリ! 第40話 ヘオクとミンジョンが親子であることを知ったイナ。養子縁組を解消するというイナに、ミンジョンはジョンハとの会話を録音した音声を聞かせるのであった。また、ミンジョンが自分の娘であることをジェヒに告げるため会社を訪れたヘオク。それを見つけたミンジョンはヘオクを車に連れ込み一緒に死のうとする。一方、ビダンがバスを降りた停留所を突き止めたジサンは付近を捜し回るのだが...
第41話
私はチャン・ボリ! 第41話 子供の頃のミンジョンとヘオクが一緒に写っている写真をドンフとジェヒに渡したジサン。ミンジョンがヘオクの娘だと聞いたファヨンは、ヘオクがボリの他にもう1人娘がいると言っていたことを思い出し確かめに行く。また、警察署に連行されたヘオクとミンジョンはビダンが自分の意思で家を出たと証言したことにより釈放される。一方、ウンビが見つかったとの連絡を受けたジェファ。ボリがウンビだと紹介されたジェファは...
第43話
私はチャン・ボリ! 第43話 ボリとジェファの結婚式が始まる直前にミンジョンに呼び出され外に出たイナだが、ジサンの助けにより式場に戻ることができる。また、ネチョンとジョンランはボリとジェファの結婚式が進行する会場の片隅でささやかな式を挙げる。挙式を終え新婚旅行に向かうジェファに、亡くなった母親の指輪を見つけたと連絡をしたジョンラン。ジェファは新婚旅行を取りやめボリと自宅に向かうのだった。
第45話
私はチャン・ボリ! 第45話 20年前にオクスが事故を起こした日、イナの車に乗っていたことを思い出したボリ。本当のことをオクスに話すようイナを説得しようとするボリだが、イナは聞く耳を持たずミンジョンに助けを求める。一方、ヘオクに会いに行くと言って出かけたボリがジサンの部屋から出てくるのを目撃したジェファ。2人の関係を疑うジェファにボリはジサンがビダンの実父であることを告げるのであった。
第46話
私はチャン・ボリ! 第46話 20年前の事故の真相を明らかにするためにヘオクを証人として呼んだオクスだが、ヘオクはミンジョンにそそのかされオクスとヒボンがボリを捨てたと証言する。何としても真実を明らかにしたいオクスは競技会で決着をつけることを決心する。また、スミがボリの味方であることを懸念したミンジョンは競技会に大統領夫人を招待する。一方、ボリが他人の子を育てているとヘオクが話すのを耳にしたビダンは車道に飛び出し...
第47話
私はチャン・ボリ! 第47話 自分がボリの子ではないと聞きショックのあまり車道に飛び出したビダンを間一髪のところ救ったジサン。ミンジョンがヘオクの娘であることを確かめたいと言うドンフのために、ジサンはヘオクを呼び出して真実を明らかにする。真実を知ったドンフはジェヒに離婚するよう言い渡す。ジサンさえいなくなれば全てうまくいくと考えたミンジョンは事故を装ってクレーンを動かし...
第48話
私はチャン・ボリ! 第48話 ミンジョンがクレーンを動かしジサンは荷物の下敷きになってしまう。それに気が付いたジェヒは救急車を呼ぼうとするが、ミンジョンはジサンがいたことは知らなかったことにしようと言って引き止める。離婚するよう言い渡されたミンジョンだが妊娠していることが明らかになる。一方、ビダンがミンジョンとジサンの子ではないかと疑い始めたイナはジサンを訪ね問いただすのであった。
第49話
私はチャン・ボリ! 第49話 ミンジョンに頼まれてよもぎを買いに来たジョンハは待ち伏せしていたスミと再会する。ピスルチェに戻ったジョンハは隠れていた間ミンジョンの指示に従っていたことを告白し、イナとは一度も連絡を取らなかったと説明する。ビダンの産みの母親がミンジョンであることを知ったジェファは、なぜ黙っていたのかとボリを責める。一方、出血して病院に行ったミンジョン。診断の結果、言い渡されたのは...
第50話
私はチャン・ボリ! 第50話 流産したことを黙っておくようイナに頼んだミンジョン。ドンフに呼ばれたミンジョンは子供を産んで1人で育てたいと涙ながらに訴える。しかし、そこに流産した事実を突き止めたジェヒが現れドンフは激怒する。一方、イナはミンジョンが盗んだ龍補をボリに渡し燃やしてしまうように言うがボリはそんなイナの行動に更に失望する。競技会当日を迎え自分が持っている龍補が偽物だと知ったミンジョンは...
第51話
私はチャン・ボリ! 第51話 競技会でそれぞれの龍補を披露したボリとミンジョン。オクスは自らが刺しゅうした龍補を盗まれたと訴えるが、ミンジョンは尊敬する伯母であるオクスの作品が最もふさわしいためあえて手に入れたと主張する。そんな中、ビダンはボリの作品にジュースをこぼしてしまう。また、刑事が待機していると知ったミンジョンは競技会が終わると同時に逃走し最後にジェヒに会いに行くのであった。
第52話
私はチャン・ボリ! 第52話 自殺しようとするミンジョンを追いかけて水に入り意識不明となったヘオク。ヘオクのそばにいさせてくれと懇願するミンジョンだが、ボリはミンジョンを拘束するよう刑事に頼む。また、競技会で負けたイナは約束どおりピスルチェを出ていく。それから3年の月日がたち、イナを迎えに来たオクスとスボン。一方、出所したミンジョンはヘオクに会いに行くが溺れて脳を損傷したヘオクはミンジョンのことを覚えていないのであった。
第14話
無料
トンイ 第14話 捕庁にチョンスを捜しにいったトンイだったが、そこにチョンスはいなかった。トンイがチョンスに会いに来たと知ったヒジェはトンイをチョンスに近づけないためにトンイを始末しようと企むが、そこに現れたチョンスによってトンイは助けられた。死んだと思っていたチョンスとの再会を喜ぶトンイ。チョンスもまたこれからは離れずにずっと側でトンイを守ろうと誓うのだった。
第25話
トンイ 第25話 逃げようとしたトンイだったが、チャン・ヒジェが現れたことで、逃げ出せなくなってしまった。それを知ったシム・ウンテクはトンイの正体を知る。そして一緒にヒジェが義州にきた目的を暴こうとするのだった。ヒジェが妓楼で清国の官吏と密会することをつきとめたトンイとウンテク。密会の場でアル妓楼はトンイを掌楽院に入れてくれたソリの店だった。
第4話
君の声が聞こえる 第4話 ヘソンが不審なメールの送信元に電話をかけたところ、なんと隣の部屋から着信音が。駆けつけたスハが室内を確認すると、見慣れない携帯電話が置かれていた。一方で、出所の後にボランティアに励むジュングク。そんなジュングクに対し、スハは素性を隠して接触を試みる。ひょんなことからスハの正体を知ったジュングクは、スハを呼び出し暴力事件を起こすように仕向ける。保証人として警察署に出向いたヘソンは、話を聞くうちにスハのことを思い出すが...
第5話
君の声が聞こえる 第5話 警察に対し、スハは弟同然で保証人として同居していると偽ったヘソン。成り行きで2人はしばらく一緒に住むことに。一方彼女は新案件として、グァヌとともに双子が被告人である強盗殺人事件を受け持つことに。しかし被告人双方が殺人を自供しては覆すため判断が難しく、顔もそっくりなゆえに犯人が特定できない。ライバルの検事ドヨンに対抗して無罪に持ちこむつもりのヘソンであったが、双子の心を読んだスハの口からは意外な言葉が...
第6話
君の声が聞こえる 第6話 スハから、双子が共謀して罪を犯していたことを聞かされたヘソン。彼女は検事であるドヨンと協力し、双子の双方を有罪にしようと考える。そんなヘソンにサンドクは、事の是非ではなく被告人が犯行に及んだ背景を探るのが弁護士の仕事だと論す。その頃ジュングクは、ヘソンの母チュンシムに接近し、彼女が経営する飲食店で働き始める。彼は人当たりのよい笑顔でチュンシムの懐に入り込み、何かを企みつつ淡々と働くのだが...
第7話
君の声が聞こえる 第7話 ヘソンが溺死する夢を見たチュンシム。チュンシムから不吉な夢を見たとの連絡が入り、気がかりなヘソンはそのことをスハに話す。一方、ある案件によってギスギスしていたヘソンとグァヌだったが、無罪を勝ち取った後に急接近を見せる。そんな中、チュンシムからヘソンに電話がかかってくる。たわいない話ではあるものの、どこか違和感を抱くヘソン。その瞬間、ジュングクは思わぬ行動に出ていた。
第8話
君の声が聞こえる 第8話 放火殺人容疑で逮捕されたジュングクは、検察の取り調べでも容疑を認めず、弁護人の申請をする。結果としてグァヌが弁護を引き受けることに。これにヘソンはグァヌが自分の肩を持ってくれるものと安心していたが、彼は意外な弁論を始めるのだった。ヘソンは母を殺害したジュングクを何としても有罪にするため、ドヨンの自宅に出向いて協力を依頼する。すると元判事であるドヨンの父デソクは、判事らしからぬ助言をヘソンにするのだが...
第9話
君の声が聞こえる 第9話 放火殺人事件の判決確定後、釈放されたジュングクとスハの間で傷害事件が起き、2人とも姿を消してしまう。1年後、釣堀でジュングクの左手が見つかり、スハが殺人を犯し逃亡したものと疑われる。そんな時1本の通報からスハの居所が特定され、彼の身柄が拘束される。ヘソンが駆けつけると、そこには変わり果てたスハの姿が。一方ジュングクの裁判後に弁護士を辞め、実家の仕事を手伝っていたグァヌは、スハのニュースを見て動き出すのだが...
第10話
君の声が聞こえる 第10話 殺人容疑で逮捕されたスハのために、ヘソンは国選弁護士を引き受けることを決める。担当検事のドヨンは量刑を減らすことと引き換えに有罪を認めるようスハに迫る。これに対しヘソンとグァヌは、無罪を勝ち取れる可能性がより高い国民参与裁判を選択する。裁判が進む傍ら、事務員のユチャンはスハの居所の通報者を訪れるが、その人物の不自然な態度に気付く。それを聞いたヘソンとグァヌは、ジュングクの生存を確信するのだった。
第11話
君の声が聞こえる 第11話 1審で無罪判決を勝ち取り自由の身となったスハ。記憶が戻らないまま、元の生活を取り戻そうと努力する。だがそんなスハにヘソンは距離を置こうとする。一方、1審の判決で屈辱を味わったドヨンは2審の手続きを進める。そこへ突然訪ねてくるグァヌ。彼は、通報者がスハを女性だと勘違いしていたことや不可解な言動があったことをドヨンに伝える。それを聞いた彼女は不審に思い通報者を訪ねるのだが...
第12話
君の声が聞こえる 第12話 脳の病で刑が執行停止となったタルジュンは、刑務所から釈放される。彼は担当弁護士だったサンドクの前で、生き別れになった娘に一目でも会いたいと思いを漏らす。一方、スハの通報者の受け答えに違和感を抱いたドヨンは、何かを隠そうとしていると感じ、参考人として招致する。ところがその人物は不自然な死を遂げてしまう。更にスハの証言から分かった青いトラックの持ち主からも、ジュングクの影が浮かび上がり...
第13話
君の声が聞こえる 第13話 刑の執行停止で釈放されたタルジュンは、入院中の病院でとある女性を目撃する。その女性への殺人未遂で再び捕まった彼は、その相手こそ過去に自分が殺したはずの妻であり自分は陥れられたのだと主張する。一方、記憶とともに心を読む力も回復したスハだが、ヘソンと別れたくないために事実を隠そうとする。しかしタルジュンの弁護人となったヘソンが彼の娘を捜すのに苦労しているのを見て、スハは全てを告白することになり...
第14話
君の声が聞こえる 第14話 新任の国選弁護士がひょんなことで辞めてしまったため、面接試験で次点だったグァヌが再び国選弁護士として働くことになる。一方、タルジュンに関してのみ敏感に反応する父親に違和感を覚えたドヨンのもとに、ヘソンが訪ねてくる。ヘソンはタルジュンを無罪にするのに娘のDNA検査が必要なため、単刀直入にドヨンがタルジュンの娘であるという事実を伝える。だがそれを聞いたドヨンはただ一笑するのであった。
第8話
ショッピング王ルイ 第8話 夜中に突然ジュンウォンの家を訪ねてきたペク社長は、ボクシルを上海に異動させる提案をする。ジュンウォンから商品企画部にバイトに来るよう言われたルイは、勝手にジュンウォンの服を着て颯爽と出社する。そこでマリを見て、車で轢かれたことを思い出す。その頃、ボクシルの部屋で起こった殺人未遂事件の容疑者が逮捕された。ルイがうっかり部屋にこぼしたインスタントコーヒーの粉によって、犯人の足跡が残されていたからだった。