「韓流 韓流」の検索結果

今すぐ視聴する

第13話
花遊記<ファユギ> 第13話 阿斯女は王にした男に裏切られて婚礼を挙げられず、悟空と婚礼を挙げたいと言う。悟空の魂を操ったと思っていた阿斯女だが、それは悟空の人形だった。悟空は阿斯女を始末しようとするが、ソンミに渡した弁当には毒が入っていると阿斯女に脅され悟空は急いでソンミのもとに駆けつける。幸いソンミは料理に口をつけていなかった。料理を食べた魔王も無事だったため、阿斯女にだまされたと悟空は憤る。
第19話
花遊記<ファユギ> 第19話 プジャを殺したのがカン・デソンであることを八戒は知ってしまう。阿斯女がプジャを殺した男に協力していることを知り激高した八戒は、カン・デソンの家に向かう。突然の八戒の訪問に戸惑うカン・デソンは、チョン・セラを知っているかと問い詰められる。そこに魔王が現れ、うまく言いつくろって八戒を連れて帰る。魔王は興奮している八戒に、悟空の命懸けの計画を邪魔したくないからおとなしくしていろと言うのだが...
第26話 救いの銃弾
イ・サン 第26話 救いの銃弾 儺礼戯(ナレイ)で兵士たちが射撃を披露した際、何も起きず、サンたちは安心をする。 一方、花火を披露する時にサンを暗殺する計画があることを知ったホン・グギョンは、サンに危険を知らせようと、警備の兵士に言づてをするが、その言づてはキム・ギジュに伝わり...。
第27話 反撃の序曲
イ・サン 第27話 反撃の序曲 テスに会いに義禁府(ウィグムブ)を訪ねたソンヨンだが、テスがいないことを知り、サンに会いに行って、テスが行方不明であることを知らせる。 一方でテスは、何も知らされないまま官吏たちによって別の場所に連行される。そこでは意外な人物がテスを尋問し始める。
第28話 怪しい人影
イ・サン 第28話 怪しい人影 英祖(ヨンジョ)により、サン暗殺未遂事件の調査を任されたホン・グギョンは、黒幕に揺さぶりをかけるため、事件の首謀者である王妃の兄キム・ギジュを拉致する。しかし、事件に関係があると見られた軍器寺(グンギシ)の役人が死体で発見される。
第32話 突然の別れ
イ・サン 第32話 突然の別れ 恵嬪(ヘビン)は、サンから遠ざけるためにソンヨンを清への使節団に同行させ、現地で絵を学ぶように言う。その期間は短くて5年、長ければ10年以上になると聞いたソンヨンは涙を流すが、恵嬪は、今のサンには小さな過ちも許されないとして、清へ行くことを強く請う。
第34話 裏切り
イ・サン 第34話 裏切り 行幸先での政務報告会にただ1人現れたチェ・ソクチュは、サンに対して、儺礼戯(ナレイ)の事件については二度と言及しないこと、老論(ノロン)派に対する調査を中断することを申し入れる。それに対しサンは、条件を受け入れたらどんな見返りがあるのかと尋ねる。
第35話 異変の幕開け
イ・サン 第35話 異変の幕開け チェ・ソクチュがサン側に寝返ったと知ったファワンは、彼に刺客を送るよう、チョン・フギョムに命ずる。しかし刺客たちは、テスをはじめとする兵士たちに制止をされる。 一方、ソンヨンが清へ行ったのは本人の意思ではなかったと知ったサンは、深い衝撃を受ける。
第40話 最後の切り札
イ・サン 第40話 最後の切り札 思悼世子(サドセジャ)が残した絵の秘密を知ったサンは、禁衛営(クミヨン)の兵士たちを動員して、絵に描かれた岩を見つけようとする。 サンの動きを注視していたチョン・フギョムは、禁衛営の中に刺客を送り込む。
第44話 形見の指輪
イ・サン 第44話 形見の指輪 英祖(ヨンジョ)はソンヨンに対し、思悼世子(サドセジャ)の肖像画を描いてくれた礼だといって指輪を授け、サンを見守っていってくれるよう頼む。 一方、サンは、薄情であった自分を許してくれと書かれた英祖の書状を見て、心を痛める。
第45話 即位の日
イ・サン 第45話 即位の日 老論(ノロン)派の怪しい動きを察知したホン・グギョンは、チョン・フギョムの手下たちの様子を探るよう、テスたちに指示をする。その結果、テスたちは、チョン・フギョム宛ての書状を入手するのに成功し、サンの即位式に刺客を送り込む計画があることを知る。
第46話 断罪の決意
イ・サン 第46話 断罪の決意 計画に失敗したチョン・フギョムは、ファワンらと清に逃げようとするが、船着き場でホン・グギョンらに捕らえられてしまう。 逆賊たちの取り調べを任せてくれるよう申し出たホン・グギョンに対し、サンは、取り調べも断罪もすべて自分が行うと宣言する。
第3話
ラジオロマンス~愛のリクエスト~ 第3話 グリムの情熱に押されたのかスホがDJを承諾。約束どおりグリムは念願のメイン放送作家となれたのだが、スホ側が突き付けた文書に書かれていたのは、とんでもない契約内容だった。強引な上司イPDと頑固なスホに振り回されるグリム。果たして番組は無事、放送されるのだろうか...
第4話
ラジオロマンス~愛のリクエスト~ 第4話 1泊2日で企画会議の旅に出た一同。グリムは忘れ物を取りに船着き場へ戻るのだが、ひょんなことからスホと共に年配の見知らぬ男の家に泊まることに。翌朝、グリムが目を覚ますとスホの姿は見えず、結局スホとはろくに連絡も取れないまま番組の初回放送を迎える。
第5話
ラジオロマンス~愛のリクエスト~ 第5話 “生放送はしない”と契約を交わしたはずなのに、イ・ガンPDの策略にまんまとハマり、スホは自身の番組の初回放送でいきなり放送事故を起こしてしまう。現場は混乱しメイン作家であるグリムも日々のアクシデントに落ち込む。番組は果たして無事、放送できるのだろうか...
第6話
ラジオロマンス~愛のリクエスト~ 第6話 地方での撮影を終えたスホを乗せ放送局に向かうグリム。ところが雪と事故の影響で渋滞にハマり、時間内に放送局へ戻れそうにない。イ・ガンは“何としても放送する”と言い、中継車を送る。生放送の開始時間が刻一刻と迫る中、グリムの頭にあるアイデアが浮かぶ。
第8話
ラジオロマンス~愛のリクエスト~ 第8話 過労で入院することになったエランの看病で忙しいグリム。スホはそんなグリムのために病院からの中継放送を提案しイ・ガンは承諾する。グリムは自分たちが旧知の仲であると言うスホの言葉が気になるのだが、ふと、ウ・ジウと言う名の顔も知らない初恋相手のことを思い出す。
第9話
ラジオロマンス~愛のリクエスト~ 第9話 グリムが好きだという気持ちをはっきりとイ・ガンに打ち明けたスホ。トップスターとして守り抜いていた“鉄の壁”を壊さなければグリムに振り向いてもらえないと悟り、少しずつ心を開き始める。果たして台本にはない本音でグリムの心をつかむことはできるのだろうか...
第10話
ラジオロマンス~愛のリクエスト~ 第10話 自分の心の痛みを理解し、優しく抱き締めてくれるグリムに対し、ストレートに気持ちをぶつけるスホ。グリムはスホの態度の変化に戸惑いながらも気持ちを受け入れようとする。ところがある日、スホ主演の新ドラマ制作発表会が開かれ、グリムはショックを受ける。
第12話
ラジオロマンス~愛のリクエスト~ 第12話 JHの圧力に対抗しようとデモをするイ・ガン。番組が打ち切りになった本当の理由を知ったスホは、チーム内でのけ者にされたと憤る。スホはJHの代表である母と交渉し、番組は復活することに。しかし放送時間が午前4時に変更になると聞き、スホは反発する。グリムはスホを説得するが...
第14話
ラジオロマンス~愛のリクエスト~ 第14話 グリムとの交際を公表したスホ。グリムは記者やスホのファンに追い回され、ネット上で誹謗中傷を受ける。周囲の反対にもめげないグリムだったが、“チ・スホは人殺しだ”と書かれたハガキを目にしてスホとジウは別人なのではと疑問を抱く。一方、スホはジウが眠る納骨堂を訪ね...。
最終話
ラジオロマンス~愛のリクエスト~ 最終話 “スター”の仮面を脱ぎ捨てたスホはジュハとも互いに心の内を明かし、わだかまりを解く。イ・ガンは倫理委員会から懲戒処分を受けラジオ局を去ることに。彼の降板を嘆いていたグリムだったが、3ヵ月後にはプライム帯の番組のメイン作家として活躍していた。そしてスホとの恋の行方は...
第1話
無料
オクニョ 運命の女 第1話 典獄署(チョノクソ)の役人が、刺客に追われて深手を負った身重の女性を助ける。だが、女性は出産後に亡くなってしまう。赤ん坊はオクニョと名付けられ監獄で育てられることに。刺客を送った黒幕は、王妃の弟で横暴なユン・ウォニョンだった・・・。15年後、利発な少女に成長したオクニョは典獄署で働いていた。囚人たちからさまざまな知識を学び、驚異的な早さで身につけていく。
第10話
オクニョ 運命の女 第10話 無実の罪で追われる身となったオクニョは、ユン・テウォンに助けられ、身を隠していた。だが、町に張り出された人相書きからオクニョの居所がバレてしまい、連絡を受けた捕盗庁(ポドチョン)のソン・ジホンがオクニョを捕える。その直後、文定大妃(ムンジョンテビ)の命によってオクニョは宮殿に連れて行かれる。そして、大妃に謁見し、ユン・ウォニョンとチョン・ナンジョンも同席する中、ついにパク・テスの死の真相を打ち明ける。
第19話
オクニョ 運命の女 第19話 オクニョは、軍に塩を納められたのは、王の密使を名乗っている明宗(ミョンジョン)が力になってくれたとユン・テウォンに話す。ユン・テウォンはオクニョが密使の男と親しげなのが気に入らず、用事がないならもう会うなと忠告。そんなとき、明宗が再び密使を装いオクニョを呼び出す。護衛を遠ざけた明宗がオクニョと2人だけで話をしているところに、突然、オクニョを狙うチョン・ナンジョンの手下たちが襲いかかる。
第21話
オクニョ 運命の女 第21話 ソン・ジホンの訴えで、オクニョの裁きは3日後にやり直すことになる。そのことを知ったチョン・ナンジョンは、オクニョをかばって邪魔をしたソン・ジホンを呼びつける。ユン・テウォンは、自分が軽い刑で済んだのはコン・ジェミョンがチョン・ナンジョンと取り引きをしたためだと知り憤慨する。自分たちの商団がチョン・ナンジョンの配下になると知って、出て行くと言いだす。やがてソン・ジホンがオクニョの取り調べを始める。
第22話
オクニョ 運命の女 第22話 王の明宗(ミョンジョン)は、オクニョが罪人として裁かれ地方に送られたと知る。ユン・ウォニョンの指示で2度目の裁きが取りやめになったと聞き、裁きをやり直すよう命じるが...。一方、刺客に襲われたユン・ウォニョンはまだ意識不明のまま。容体が気になるユン・テウォンは屋敷の前にいた。やがて、オクニョが山賊に襲われ殺されたという知らせがユン・テウォンたちのもとに届く。ソン・ジホンは地方に左遷されることになる。
第23話
オクニョ 運命の女 第23話 ソン・ジホンは、都の役所がオクニョを捜していることを知り、その生存を隠し、官婢(カンピ)の身分から抜け出す方法を探ることにする。ユン・テウォンは、望む官職に就かせるのでチョン・ナンジョンをけん制してほしいと父ユン・ウォニョンから持ちかけられる。一方オクニョは、役人の夜とぎを命じられるが、神に取りつかれた芝居をして難を逃れる。ある日、ソン・ジホンはオクニョに祖父パク・テスの遺品探しに同行するよう頼む。
第25話
オクニョ 運命の女 第25話 ユン・テウォンは、チョン・ナンジョンの商団に監察に入る。チョン・ナンジョンは怒って詰め寄るが、ユン・テウォンは形式的な監察で対立する気はないと告げる。一方、オクニョのいる海州(ヘジュ)の役所では豊漁祭を迎えていた。しかし儀式の始めに周易の序文を読み上げるはずの道流(トリュ)が現れず、大騒ぎになる。そこでソン・ジホンはオクニョが周易を熟知していることを伝え、道流の代理をさせることにする。
第28話
オクニョ 運命の女 第28話 オクニョは自らの商団を大きくするため、数ある小さな商団と手を組む計画を着々と進めていた。そんな中、チョン・ナンジョンの手下が密かに水源を汚染し、家畜を害する工作を仕掛ける。まもなく疫病が流行しているとの知らせが明宗(ミョンジョン)のもとに届く。オクニョは明宗と会い、チョン・ナンジョンの関与が疑われるので、真相を探って報告することを約束。その帰り道、オクニョはユン・テウォンから話がしたいと言われるが・・・。