「順子」の検索結果

今すぐ視聴する

#43 告白できたらイイナ!
おねがいマイメロディ #43 告白できたらイイナ! ウィーンのバイオリンコンクールに出場した柊先輩。日本で先輩の優勝を祈っていた歌ちゃんだが、その結果は・・・! 実は、柊先輩にダークパワーの魔の手が迫っていたのだった。歌ちゃんの恋は?柊先輩は?マイメロディちゃんとクロミちゃんの魔法対決の行方は? そして、ダークパワーって一体何なの?!
#45 キスできたらイイナ2!
おねがいマイメロディ #45 キスできたらイイナ2! ついに、魔法の“メロディ・バイオリン”を手に入れた柊先輩。その音色に心の隅々まで魅了されてしまう。しかも、そのパワーにより、クロミちゃんの魔法がさらにパワーアップした! マイメロディちゃんピンチ! さらに、ダークパワーの精・ダーちゃんは、邪魔なマイメロディちゃんと歌ちゃんのキズナを壊す方法を柊先輩に伝えて・・・!
#46 一発パンチできたらイイナ!
おねがいマイメロディ #46 一発パンチできたらイイナ! 憧れの柊先輩がクロミの手助けをしていたことを知り、歌ちゃんは大ショック!!歌ちゃんはすっかり元気をなくしてしまう。みんながそれぞれ方法で励まそうとするけれど、歌ちゃんの心には届かない・・・ そんな時、“夢の扉”が開いたことに気付いたマイメロディちゃんは、元気のない歌ちゃんのため、たった一人で悪夢魔法に立ち向かう決意をした!!
#48 みんな一緒だったらイイナ!
おねがいマイメロディ #48 みんな一緒だったらイイナ! 黒音符100個まであとひとつ! 浮かれるクロミちゃんとは対照的に、バクくんは浮かない顔。バクくんは、マイメロディちゃんに仕返しをしたい訳ではないのだ・・・ そんなバクくんの前に、マリーランドにいるはずの家族全員がやってきた! 住んでいたお家が壊れてしまい、バクくんを頼ってきたのだが、柊先輩は冷酷な態度で追い出してしまう。
#49 ポエムが書けたらイイナ!
おねがいマイメロディ #49 ポエムが書けたらイイナ! ピンク音符も黒音符も100個まであとひとつ! ピンク音符が100個揃うと発動するドリームパワーの曲に歌詞をつけるため、美紀ちゃんは悩んでいた。ポエム作りが得意な美紀ちゃんを、見込んでおねがいしたのだけれど、美紀ちゃんはスランプに陥ってしまった! このままだと、ピンク音符が揃ってもドリームパワーの曲が歌えない!?
#50 センパイを救えたらイイナ!
おねがいマイメロディ #50 センパイを救えたらイイナ! ついに発動したダークパワー! その影響は夢ヶ丘市から世界中に広がり、異変を引き起こしていた。一方、マイメロちゃんはダークパワーの曲の悲しい調べに涙を流す・・・ 柊先輩の深い悲しみを知った歌ちゃんは、もう一度、柊先輩と話しをするために、ダークパワーの中心地へと向かった・・・!
#51 タクトがふれたらイイナ!
おねがいマイメロディ #51 タクトがふれたらイイナ! 完全に覚醒したダークパワーの精・ダーちゃん! さらに強大になったダークパワーは世界中を包み込んでいた。 このまま終わりになんてさせない! ドリームパワーを発動させて、みんなの歌声で世界を・・・柊先輩の心を救ってみせる! おねがい!マイメロディ!みんなのためにタクトを振って!!
#1 マイメロに会えたらイイナ!
無料
おねがいマイメロディ 〜くるくるシャッフル!〜 #1 マイメロに会えたらイイナ! マイメロちゃんと歌ちゃん達の大活躍で、世界は平和を取り戻すことができた。でも、役目を終えたマイメロちゃんは、マリーランドに帰らなければいけない。ずっと一緒だって言ったのに・・・ 離ればなれになってしまった二人は再会することができるの?
#2 アニキに勝てたらイイナ!
おねがいマイメロディ 〜くるくるシャッフル!〜 #2 アニキに勝てたらイイナ! 歌ちゃんのクラスに転校生がやってきた。ロンドン帰りのお調子モノで、ギターを弾いてクラスのみんなに激しくアピールする、その男の子の名前は、柊潤(ひいらぎ・じゅん)。「柊」っていうと、もしかして・・・? 一体、彼は何者なの?
第二百二十三話 修業の成果
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百二十三話 修業の成果 白熱するナルト達のサバイバル演習。術の連係にキレを増したナルトに、戦闘に不向きと思われていたサクラも、綱手直伝の技を駆使してカカシを追い込んでいく。その頃、砂隠れの里では我愛羅を狙う“暁”のデイダラが極秘潜入工作を開始していた。数々の警備を突破していくデイダラ。潜入成功かと思われたそのとき……。
第二百二十四話 砂の人柱力
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百二十四話 砂の人柱力 いち早くデイダラの存在に気付いた我愛羅によって開かれる戦端。巨鳥に乗るデイダラと砂に乗る我愛羅の空中戦が展開される。一方、木ノ葉ではナルト達のサバイバル演習が続いていた。夜明けというタイムリミットに追われ、焦るナルトとサクラ。膠着する戦況に二人は、いちかばちかのある作戦に出る。
第二百二十五話 風影として…!
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百二十五話 風影として…! カカシとの勝負に勝ち、自分達の成長を証明してみせたナルトとサクラはカカシ班に配属される。一方、砂の里では我愛羅とデイダラの激しい戦闘が続いていた。戦況を見守るバキは万一、守鶴が発現した場合を考え警戒するが、カンクロウはその可能性を否定する。カンクロウは弟である我愛羅の強い決意を知っていたのだ。
第二百二十六話 ノルマクリアー
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百二十六話 ノルマクリアー デイダラの起爆粘土から里を守るため、チャクラを総動員して巨大な砂の盾を完成させる我愛羅。辛くも里を救うがその代償はあまりに大きかった。生じた隙から絶対防御を逆手に取られ、次々とデイダラの罠に絡め取られていく。遂に我愛羅は最後の力を里の為に使い、デイダラの手に落ちるのだった。
第二百二十七話 疾走れカンクロウ
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百二十七話 疾走れカンクロウ 力尽きた我愛羅を連れ去るデイダラ。カンクロウはバキの制止を振り切り、弟・我愛羅を取り戻すべく小隊にて追跡を開始する。しかし追っ手がかかる事は“暁”の想定の範囲内。巧妙に仕掛けたトラップで次々と砂の追っ手を脱落させていく。しかしカンクロウは執念の追跡で、ただ一人“暁”の元に辿り着くのだった。
第二百二十八話 出撃、カカシ班
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百二十八話 出撃、カカシ班 砂隠れの里から風影誘拐の報せが木ノ葉に届く。一刻を争うと判断した綱手は、早速カカシ班を砂に向かわせる。一方、“暁”との戦端を開くカンクロウ。しかし傀儡の仕込みを次々と読まれ苦境に追い込まれる。敵の正体はカンクロウの傀儡の製作者であり、かつて砂の天才造形師と謳われた「赤砂のサソリ」だったのだ!
第二百二十九話 人柱力の涙
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百二十九話 人柱力の涙 砂隠れの里へ先を急ぐナルトを諌めるカカシだが、ナルトは「人柱力」という同じ苦しみを分かち合う仲間として我愛羅の身を案じ、“暁”に対する激しい怒りを爆発させる。一方、瀕死の状態で回収されるカンクロウ。早速治療が施されるが、その身に受けた未知の毒でこのままでは二、三日の命と判明する。
第二百三十話 封印術・幻龍九封尽
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百三十話 封印術・幻龍九封尽 一刻を争うカンクロウの病状。それは毒の専門であるチヨバアの手にすら余る代物だった。一縷の望みは綱手より遣わされた木ノ葉の援軍のみ。しかし肝心のナルト達は、砂嵐により行く手を阻まれてしまう。同じ頃、我愛羅をアジトに運んだ“暁”達は我愛羅から尾獣を引き剥がすべく封印術を開始するのだった。
第二百三十一話 医療忍者の弟子
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百三十一話 医療忍者の弟子 危篤状態のカンクロウに完璧な処置を施していくサクラ。初めこそ仇敵である木ノ葉に不信感を募らせていたチヨバアだが、砂の危機に直弟子を遣わす綱手の心遣いとサクラの懸命な治療に心を打たれ、時代の変化を知るのだった。一命を取り留めたカンクロウは“暁”の手掛かりを提供。早速カカシは忍犬による追跡を開始する。
第二百三十二話 隠居ババアの決意
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百三十二話 隠居ババアの決意 “暁”のアジトを突き止め、直ちに我愛羅奪還に発とうとするカカシ班。里の警備を命じられてしまったテマリに代わって同行の名乗りをあげたのはチヨバアだった。一方、パックンは砂へ向かう途中のガイ班の元に辿り付いていた。パックンの案内のもと直接アジトを目指すガイ班だが、その動きは既に敵の知る所だった……。
第二百三十三話 因縁あいまみえる
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百三十三話 因縁あいまみえる 因縁の相手、うちはイタチと遭遇したカカシ班。イタチを一手に引き受けんとするカカシはナルトに後方の援護を要請し、臨戦態勢に突入する。一方、同じく因縁の相手、干柿鬼鮫との戦闘に突入するガイ班。かつてガイに受けた借りを返そうとする鬼鮫は圧倒的なチャクラ量でガイ達を追い込む。
第二百三十四話 ナルトの成長
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百三十四話 ナルトの成長 教え子を水牢の術に捕らえられ、失策を悔いるガイは、愛用のヌンチャクで鬼鮫に挑む。超体術VS怪力の激しい肉弾戦になだれ込む両者。テンテンが酸素不足の限界を迎える中、遂にガイは禁断の奥義の準備に入る。一方、イタチの幻術に捕らわれてしまったナルトだが、その脳裏を過ぎたのは自来也による幻術対策の修業だった。
第二百三十六話 人柱力の秘密
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百三十六話 人柱力の秘密 倒された鬼鮫とイタチは「象転の術」によって姿と能力を模されたまったくの別人だった。これを時間稼ぎと読むチヨバアとカカシは、既に“暁”は我愛羅から尾獣を引き剥がしにかかっていると推測し、焦りをにじませる。状況が把握できないサクラとナルトに「尾獣」とそれを宿す「人柱力」の関係について語り始めるチヨバア。
第二百三十七話 我愛羅死す!
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百三十七話 我愛羅死す! ナルトの我愛羅への入れ込みようを不思議がるチヨバアに、カカシはナルトが人柱力であることを説明。他国から里を守るためとはいえ、自ら進んで我愛羅に守鶴を憑依させたチヨバアは、己の過去の過ちを悔い、これから成すべき事に思いを巡らせる。その頃、“暁”による「封印術・幻龍九封尽」は完成の時を迎えていた。
第二百三十八話 突入!ボタンフックエントリー
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百三十八話 突入!ボタンフックエントリー “暁”のアジトにたどり着いたカカシ班とガイ班。侵入を試みるも、結界に行く手を阻まれてしまう。結界解除の方法は、仕掛けられた五枚の札を同時に剥がすことのみ。ネジの白眼で札のありかを探り出し、連係プレイで結界を破壊する。だがその動きはすでに“暁”の知るところだった。彼らを襲う、予測不能のトラップとは!?
第二百三十九話 罠作動!ガイ班の敵
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百三十九話 罠作動!ガイ班の敵 結界解除の際のトラップにより、おのれの写し身との戦いを余儀なくされるガイ班。各自の能力をもコピーする精巧な偽物に思わぬ足止めを食わされる。一方、我愛羅を攫ってアジトを飛び出すデイダラを怒りに任せて追うナルト。必然、後を追わざるを得ないカカシは残るチヨバアとサクラに「無茶をするな」と言い残すが……。
第二百四十話 ヒルコVS二人の女忍者
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百四十話 ヒルコVS二人の女忍者 遂に対決の時を迎える祖母と孫。あらわになったサソリ異形におののくサクラに、チヨバアは攻防一体の傀儡「ヒルコ」の説明をする。中にいるサソリ本体を倒すにはまずヒルコを破壊せねばならない。しかしヒルコの持つ毒は猛毒で、かすり傷でさえ致命傷になる。明らかになる窮地に、二人が取った秘策とは……?
第二百四十一話 サソリの素顔
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百四十一話 サソリの素顔 ヒルコからサソリを引きずり出す事に成功したチヨバアとサクラ。しかし驚いた事にサソリは二十年前と変わらぬ風貌をしていた。絶句するチヨバアだが、次いでサソリが引き出した第二の傀儡の姿に更に驚嘆する。それは歴代最強と謳われた、三代目風影の人傀儡だった。
第二百四十三話 「父」と「母」
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百四十三話 「父」と「母」 チャクラを磁力に変えるという特殊能力を持つ三代目風影の人傀儡を前に、不利と読むチヨバアはサクラに退避を促す。だがときすでに遅くサソリの猛攻撃が開始。サクラを庇いつつ戦うチヨバアだが、瞬く間に「父」と「母」を砂鉄で封じられ、傀儡を失ってしまった。絶体絶命の窮地の中で、サクラはひとつの決断をする。
第二百四十四話 三代目風影
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百四十四話 三代目風影 三代目風影の砂鉄攻撃を怪力で押し返すサクラ。短時間の戦闘にもかかわらず、早くもサソリの攻撃パターンを見切り始めていた。このままでは時間を食うと判断したサソリは、チャクラ消費を覚悟で広域で標的を捉える「砂鉄界法」を繰り出す。空間を覆いつくす絶対不可避の攻撃は、遂にサクラに毒を伴う手傷を負わせ……!?
第二百四十五話 生と死の三分間
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百四十五話 生と死の三分間 隠し玉の解毒薬にて三代目風影を破壊したサクラ。驚愕のチヨバアにサクラは解毒薬の説明をする。解毒効果が持続する時間は約三分。チヨバアとサクラは何としても制限時間内にサソリを倒そうと決意する。ここにきてサクラの実力を認めざるをえないサソリは、遂に奥の手のカラクリを披露。