「須藤 SAO」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第77話 ホームレスのすすめ
笑ゥせぇるすまん(89~93年)【デジタルリマスター版】 第77話 ホームレスのすすめ 会社でも家庭でも心の休まる時がないサラリーマンの須藤(45)。喪黒は須藤をストレスから解放させるために、短期間だけのホームレス生活を紹介した。毎日のんびり暮らす須藤に、喪黒は社会復帰を勧めるのだが…。
#41:見城徹が田島照久と須藤晃とトーク
徹の部屋 #41:見城徹が田島照久と須藤晃とトーク 出版業界の革命児・見城徹がホストを務める、2時間生放送のトーク番組! 毎回、見城徹が「今、一番会いたい」ゲストを招き、内臓と内臓をこすり合わせる様な熱狂トークを披露する。 若手タレントから超大物ゲストまで、見城徹の幅広い人脈だからこそ呼べる、珠玉のゲストたちが登場します。今回は、数々の名曲を世に打ち出し、今なお語り継がれる伝説のミュージシャン尾崎豊の命日4月25日を期に、MC見城徹がアート・ディレクター/フォトグラファーの田島照久と音楽プロデューサー須藤晃と共に尾崎豊を語り尽くします! テレビでは中々話すことが出来ないゲストたちの本音にも迫りながら、 AbemaTVだから出来る、そして生放送だから出来るギリギリなトーク内容も展開! 加減の利かない魂100%のコメントで、ズバッスバッと切り込んでいきます。 さらには視聴者たちからも、リアルタイムで質問を大募集! 視聴者との間で、ド直球で偽りのないやり取りを展開します。 そんなトークを彩るのは、見城徹ならではの上質で大人な空間。 業界怖いもの無しの見城徹が、とにかく話しまくるスリリングなトークショー!
第1話 豚汁の味
無料
荒ぶる季節の乙女どもよ。 第1話 豚汁の味 小野寺和紗は、所属している文芸部で他の部員たちと本の朗読をしていた。今まで読んできた作品とは全く違う大人な世界に戸惑う和紗。そんなある日の昼休み、一同は部長のり香から好きな作家の新作情報を聞く。作品の話題で盛り上がる中、新菜が口を開く。「私が死ぬまでにしたい事は......」
第2話 えすいばつ
荒ぶる季節の乙女どもよ。 第2話 えすいばつ 泉の自慰を目撃してしまった和紗は、ますます混乱してしまう。書店で性についての本を読み漁っていると、新菜から連絡があり、とある頼みごとをされる。男性の気持ちについて考える和紗だったが、翌日の部活ではセックスの代わりとなる言葉を考えることに。「サックス......シックス......ソックス......」
第3話 バスガス爆発
荒ぶる季節の乙女どもよ。 第3話 バスガス爆発 廃部を言い渡された文芸部の面々は、回避するために戦うことを決意する。一方ひと葉は、英気を養うために訪れた書店で、別の女子高校生作家のデビュー作を見つけてしまう。編集者に問い詰めるもリアリティがないと言われ、チャットルームで相談することに。「チャットじゃなくて。実際にしてみたい」
第4話 本という存在
荒ぶる季節の乙女どもよ。 第4話 本という存在 髪を切り、コンタクトをつけたり香。その変わり様に教室は騒然。騒ぎに居心地が悪くなったり香は逃げるように屋上へむかうが、それを追いかけてきた天城 駿に声をかけられる。その頃、和紗は泉の発言に悩んでいた。「自分じゃわからない。もやもやした感情に、名前をつけるために」
第5話 私を知らぬ間に変えたもの
荒ぶる季節の乙女どもよ。 第5話 私を知らぬ間に変えたもの 泉は新菜に相談を持ちかけた。移動する電車の中、新菜は演出家の三枝 久を見つけ、泉を彼氏だと偽り紹介する。近くのカフェに入った二人、そこで新菜は三枝との出会いを話し始める。一方、百々子と話していた和紗は新菜について語るのだった。「ただ、なんというか......菅原氏なら、納得しちゃうなって」
第6話 乙女は森のなか
荒ぶる季節の乙女どもよ。 第6話 乙女は森のなか 文化祭で恋の伝説を作りたいという実行委員の依頼を受けた文芸部。和紗は、泉と新菜のことが気になり考えがまとまらない。り香は、付き合い始めた天城との距離感がいまいち掴めずにいた。そんな中、案をまとめるためにと、ひと葉は合宿に行こうと提案する。「もう少しだけ待って、もう少しだけ......」
第8話 Legend of Love
荒ぶる季節の乙女どもよ。 第8話 Legend of Love 文化祭当日、文芸部は朗読劇の準備に追われていた。先日の三枝とのやり取りを引きずっていた新菜は、泉にちょっかいをかける。泉とのやりとりの中で、新菜は自分の想いに気づいてしまう。一方、和紗は文化祭中に泉に告白する決心を固める。そして、朗読劇の幕が上がる。「あなたが好き......!」
#01 「剣の世界」
無料
ソードアート・オンライン #01 「剣の世界」 2022年、次世代ゲーム《ナーヴギア》が開発され、仮想空間へのフルダイブが実現した。《ナーヴギア》初の本格的なVRMMORPG「ソードアート・オンライン(SAO)」は世界の注目を浴び、「SAO」正式サービス開始日、プレイヤーのひとりであるキリトは仮想世界を満喫する。だが「SAO」の開発者・茅場明彦は、全てのプレイヤーたちにこう宣言する。このゲームはクリアするまで脱出不能、そしてゲームオーバーは現実での死を意味する、と。