「香取慎吾 おすすめ」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

#29 パティシエになれたらイイナ!
おねがいマイメロディ 〜くるくるシャッフル!〜 #29 パティシエになれたらイイナ! ある日、たい焼き屋さんに立ち寄った歌ちゃんたちは、そこでクラスメイトの香取さんがお母さんとケンカしているところを見てしまう。香取さんのお家はたい焼き屋さんなのだけれど、香取さん本人は洋菓子職人・パティシエを目指しているという。それをお母さんに反対されてしまったのだ。心配がる歌ちゃんだが…?
#17 バーサス
あひるの空 #17 バーサス ヤスのシュートが決まり勢いづくクズ高。一方、古賀監督に発破をかけられた蒲地は、これまで以上にやる気に燃えていた。縦横無尽に走る太郎、必死に食らいつく空。一進一退の「走りっこ」が続く中、20分もの間全くスピードが落ちない蒲地に対し、ついに空のヒザがぐらつく。
第17話 投手戦!
メジャー 第3シリーズ 第17話 投手戦! 久里山戦で吾郎が書いたメンバー表は―1番吾郎、2番田代!?その吾郎と試合前に会った香取は、海堂の実技試験は「吾郎にではなく寿也に負けたのだ」と言い放つ。1回表、先頭打者・吾郎の打席。高速スライダーを狙っていると見抜いた唐沢は、抜いた球で打ち取った…つもりだったが、打球はフェンスギリギリまでのびて…。
第18話 ラストスパート!
メジャー 第3シリーズ 第18話 ラストスパート! 久里山戦終盤。投手戦の均衡が崩れ、7回裏の唐沢のツーランでついにリードされた聖秀。9回表ツーアウト、最後のバッター・山本はバントを試みるがポップフライとなり、パーフェクト達成か!?実は、山本は自打球を手に当ててしまい、ベンチに残った大河が代打となる。ところが、大河は、香取からあっさりとヒットを打ち…。
#11 男の意地と女のプライド
あひるの空 #11 男の意地と女のプライド クズ高バスケ部の練習を見学していた奈緒は、「このチームで試合に勝てるとは思えない」と言い放つ。奈緒の分析が正しいかを検証するために、女子バスケ部と試合をすることになった。女子が負けたら円が裸になると奈緒が勝手に約束したため、俄然やる気になった空たちは順調に得点を重ねていくが、奈緒が「作戦」を円たちに実行させると、試合状況が少しずつ変わっていく。
#12 TEAM
あひるの空 #12 TEAM 男子バスケ部と女子バスケ部の試合は続いていた。千秋は奈緒の作戦に穴があることに気づいているようで、奈緒自身もそれを察知する。トビは試合の様子を見ながら、勝てる様子がないことに愚痴るが、そんなトビに奈緒はこのチームには勝つために足りないものがあるのだと話す。勝敗が決し、やる気をそがれてしまった様子の男子バスケ部を見て奈緒は落ち込んでしまうが……。
#13 温度の違い
あひるの空 #13 温度の違い インターハイの予選まで1か月と迫ったある日、奈緒の提案でバスケ部は合宿をすることになった。クズ高がインターハイに出場できると信じる奈緒は、部員たちにハードなトレーニングを課し、部員たちもそれに必死についていこうとする。しかし、安原が真面目に自主練習をしようとする一方、奈緒のアドバイスを聞かず、鍋島と茶木が練習後に遊んでいる姿を見て、トビは辛辣なひと言を放つ。
第7話 今度は誰にも壊させない
奪い愛、夏 第7話 今度は誰にも壊させない 桜(水野美紀)の脳に腫瘍があり、余命いくばくもないことを知った椿(小池徹平)と杏(松本まりか)。杏は椿よりも桜のことが好きだったことに気づく。 杏は、目を覚ました桜に自分の気持ちを伝える。「壊れるほどに愛してくれて、ありがとうございます」。桜と杏は気持ちが通じ合うが椿は納得ができず、こみあがる怒りを二人にぶつける。 傷心の椿の前に井川(田中みな実)が現れ、「杏さんの大切なものを奪えば、椿さんの気持ちに気づくかも」と、桜の殺害を提案する。椿は井川と共謀し、桜が入院する病室に忍び込む。 杏は以前屋形船で会った医者の大和に、桜の病気を直して欲しいと懇願、だが紹介された凄腕の脳外科医に、手術の成功率は1%だと告げられる。手術に踏み切るか、残り1ヶ月を大切に生きるか、杏は桜にその未来を委ねる。桜が出した回答は……。
第8話 あなたとは縁が切れないわね
奪い愛、夏 第8話 あなたとは縁が切れないわね 手術から3週間後、桜(水野美紀)がようやく目を覚ました。だが杏(松本まりか)が自分のために大和に抱かれたことを知った桜は怒りに震える。病み上がりで思うように体を動かせない桜は、同じく大和を許せないと言う椿と手を組み、復讐を企てる。 土筆(小手伸也)が大和を呼び出し、井川(田中みな実)の色仕掛けでホテルへ。姿を表さない椿に苛立つも、計画を始める桜。だが大和は騙されたふりをしていただけだった。ピンチに陥る桜……。 復讐を遂げた椿と桜は、どちらに杏を愛する資格があるか、命をかけた勝負を始める。病院の屋上の縁に、目隠しをして立つ二人。勝つのは果たして。杏が最後に選ぶのは、桜か、椿か。 そして物語は、衝撃の結末へ……。
【副音声スペシャル】第8話 あなたとは縁が切れないわね
奪い愛、夏 【副音声スペシャル】第8話 あなたとは縁が切れないわね \【副音声スペシャル】水野美紀、小池徹平、そして『奪い愛、夏』生みの親である鈴木おさむの3人が最終回の裏側を暴露!?/ 手術から3週間後、桜(水野美紀)がようやく目を覚ました。だが杏(松本まりか)が自分のために大和に抱かれたことを知った桜は怒りに震える。病み上がりで思うように体を動かせない桜は、同じく大和を許せないと言う椿と手を組み、復讐を企てる。 土筆(小手伸也)が大和を呼び出し、井川(田中みな実)の色仕掛けでホテルへ。姿を表さない椿に苛立つも、計画を始める桜。だが大和は騙されたふりをしていただけだった。ピンチに陥る桜……。 復讐を遂げた椿と桜は、どちらに杏を愛する資格があるか、命をかけた勝負を始める。病院の屋上の縁に、目隠しをして立つ二人。勝つのは果たして。杏が最後に選ぶのは、桜か、椿か。 そして物語は、衝撃の結末へ……。