「香港 おすすめ」の検索結果

今すぐ視聴する

#1:香港ディズニーランドで始まる夢のような恋【ビデオ限定企画付き】
無料
今日、好きになりました。-香港ディズニーランド編 #1:香港ディズニーランドで始まる夢のような恋【ビデオ限定企画付き】 ★夢の国で始まる、夢のような恋★ 運命の恋を見つけるまで終わらない、恋の修学旅行。 2つ目の舞台となるのは『香港ディズニーランド』! 前回の旅から引き続き旅を続けるのは一体誰? そして、 夢の国で始まるのは、夢のような甘い恋…だけではなかった!? 史上初の展開に、見届け人たちもア然… ★ビデオ限定コンテンツ付き!★ ①いったろ♡しゅんまやWデート ハワイ編で成立したいったろ♡しゅんまやがWデート!第1話 ②今日好きゆるちゃん 前田まはる&しゅんと一緒にゆる〜く本編を観ませんか?vol.1
#2:夢の国のショーは恋の勇気を与える!?【ビデオ限定企画付き】
無料
今日、好きになりました。-香港ディズニーランド編 #2:夢の国のショーは恋の勇気を与える!?【ビデオ限定企画付き】 ★ミッキーの魔法にかけられた恋★ 『ウィー・ラブ・ミッキー』プロジェクションショーで更にテンションの上がるメンバーたち。 そんな中、勇気を出したきあらがとった行動とは一体…? 一日目も終わりに差し掛かる頃。 男女部屋に別れたメンバーは恋バナを始め…♡ この恋バナが翌日の恋の行方を揺さぶることに…!? ★ビデオ限定コンテンツ付き!★ ①いったろ♡しゅんまやWデート ハワイ編で成立したいったろ♡しゅんまやがWデート!第1話 ②今日好きゆるちゃん 前田まはる&しゅんと一緒にゆる〜く本編を観ませんか?vol.1
#3:のあと一緒に、観覧車に乗りたいな。【ビデオ限定企画付き】
無料
今日、好きになりました。-香港ディズニーランド編 #3:のあと一緒に、観覧車に乗りたいな。【ビデオ限定企画付き】 ★今日好き史上初の展開が幕開け…★ 3つのデートスポットに別れたメンバーたち。 そこで今後の運命を分ける、予想外の展開が…!? あるグループではあの二人が二人っきりに。 ふらついた女子メンバーの手を取りそのまま手をつなぎ…? ★ビデオ限定コンテンツ付き!★ ①いったろ♡しゅんまやWデート ハワイ編で成立したいったろ♡しゅんまやがWデート!第3話 ②今日好きゆるちゃん 前田まはる&しゅんと一緒にゆる〜く本編を観ませんか?vol.3
#4:“好き"の想いは、伝えなきゃ絶対わからない!【ビデオ限定企画付き】
今日、好きになりました。-香港ディズニーランド編 #4:“好き"の想いは、伝えなきゃ絶対わからない!【ビデオ限定企画付き】 ★告白前夜、焦りだすメンバーたち★ 告白まであと数時間。 「伝えないと、絶対伝わらないと思ったから。」 なかなか一歩踏み出せなかったけいえるがあのメンバーを誘い出す。 「恋愛の神様に嫌われてるのかな」 今の気持ちをつぶやくのあに、一体何が…? ★ビデオ限定コンテンツ付き!★ ①いったろ♡しゅんまやWデート ハワイ編で成立したいったろ♡しゅんまやがWデート!最終回 ②今日好きゆるちゃん 前田まはる&しゅんと一緒にゆる〜く本編を観ませんか?vol.3
#5:【香港編 最終回】全員○○!?史上初の結末に…【ビデオ限定企画付き】
今日、好きになりました。-香港ディズニーランド編 #5:【香港編 最終回】全員○○!?史上初の結末に…【ビデオ限定企画付き】 ★香港ディズニーランドでの恋、最終回★ 運命の告白の日。 最後のツーショットに想いを託し、想いを伝えるメンバーたち。 そんな中、のあを誘い出したのあ。 のあのあの恋は思いがけない展開へ…? そして、今日好き史上初の展開を迎えて…!? 旅を続けるメンバーは一体、誰…?
“香港の中国化”に危機感 抗議活動の終わり見えず
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 “香港の中国化”に危機感 抗議活動の終わり見えず  中国の建国70周年の記念式典が行われた1日、香港では中国政府に対するデモが過激化して緊張が高まっています。香港から報告です。  (南出拓平記者報告)  1日のデモ隊の主張は5つの要求のなかでも特に「普通選挙の実現」の声が強いです。というのも、香港の人々が最も危機感を持っているのは香港の「言論などの自由」が中国によってどんどんと奪われている、いわば「香港の中国化」という問題です。「逃亡犯条例」改正案はあくまで「氷山の一角」にすぎず、香港の民意が政治に反映される「普通選挙」の実現こそが最終的な目的です。ただし、この実現には香港政府だけでなく中国政府の譲歩も必要で、解決は難しく、抗議デモの終わりが見通せない状況に陥っているといえます。
香港「覆面禁止法」で反発激化 市民生活にも影響
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港「覆面禁止法」で反発激化 市民生活にも影響  抗議活動が続く香港ではデモ隊のマスクの着用を禁止する「覆面禁止法」に反対するデモが続いていて、市民の生活にも大きな影響が出ています。  香港では7日、一部の若者が繁華街の道路にバリケードを設けて占拠したため、警察が催涙弾を使って排除しました。大手のスーパーなどは混乱を懸念して営業時間を短縮しました。また、地下鉄は夜間の運行が全線でストップしました。8日の運行については日本時間の午前7時ごろに方針が発表される予定です。  香港市民:「地下鉄がなければ香港市民にとって本当に不便です」「あす、地下鉄が動かないことが心配。通勤・通学に不便です」  香港は7日は祝日でしたが、平日の8日は通勤・通学に大きな影響が出るとみられ、混乱が予想されます。
香港で「覆面禁止法」緊急制定 デモの過激化封じか
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港で「覆面禁止法」緊急制定 デモの過激化封じか  政府への抗議デモが続く香港で「覆面禁止法」が制定されました。  香港・林鄭月娥行政長官:「緊急時の条例として新たな法を作ります。名付けて『覆面禁止法』です」  香港政府のトップ・林鄭月娥行政長官は4日午後に会見を開き、デモ参加者がマスクなどで顔を覆うことを禁じる覆面禁止法を制定すると発表しました。5日午前0時から施行されます。デモ隊はマスクやゴーグルを着用していますが、香港政府は顔を覆うことが過激な行為を助長させるとの見方を強めていました。
香港では中高生がデモ あす「国慶節」の中国では…
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港では中高生がデモ あす「国慶節」の中国では…  来月1日の中国建国70周年の記念日を前に、香港では今月30日も抗議活動が続いています。一方、中国では習近平国家主席の写真が大量に展示される異様な風景が広がっていました。  香港では子どもたちまでをも政治的抗議に駆り立たせる事態になっているのです。建国70周年を祝う文字にスプレーを噴き掛けるデモ隊。参加者からは大きな歓声が上がります。香港市民の怒りはすでに限界を超えています。対する警察も黙っていません。催涙弾、放水。走って逃げるデモ隊を追い掛けて捕まえ、殴ります。そして、建国記念日の来月1日、さらなる大規模なデモが予定されているのです。  そんななか、香港政府のトップである行政長官が香港を留守にします。来月1日の建国記念の行事に出席するため、30日に代表団200人とともに中国本土に向かったのです。その中国本土では愛国ムードが高まっています。
香港当局 撃たれて大けがの高校生を暴動罪で起訴
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港当局 撃たれて大けがの高校生を暴動罪で起訴  香港当局はデモ参加中に警察に撃たれて大けがをした男子高校生を暴動罪などで起訴しました。  高校生は1日、デモに参加していた際に撃たれて一時重体となっていました。香港当局は3日、この高校生を暴動罪と警察官を襲った罪で起訴しました。暴動罪の最高刑は禁錮10年で、市民からの反発が一層、強まりそうです。香港メディアによりますと、政府が夜間外出禁止令の発動を検討しているということです。外出禁止令が発動されて指定された場所や時間を超えた場合、外出しているだけで違法行為となります。香港当局は禁止令で過激化しやすい夜のデモ行為を阻止する狙いです。
香港デモ 少年が実弾で撃たれ負傷 覆面禁止に反発
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港デモ 少年が実弾で撃たれ負傷 覆面禁止に反発  香港で、また警官がデモ隊に向けて実弾を発砲して14歳の少年が負傷しました。「覆面禁止法」も施行され、市民らの反発は一層強まっています。  香港・林鄭行政長官:「緊急時の条例として新たな法を作ります。名付けて覆面禁止法です」  香港政府は、デモ隊がマスクなどで顔を覆うことが過激な行為を助長させるとして覆面禁止法を制定しました。中国政府もすぐに「この法律は必要」だと支持する姿勢を示しました。ただ、多くの若者らはマスクを外さずに街中で抗議を続けました。香港メディアによりますと、4日夜にデモ隊に囲まれた警官が実弾を発砲し、14歳の少年が太ももを撃たれて病院に搬送されたということです。少年は命に別状はないということです。
香港 覆面禁止法“違反”初めての裁判 被告は保釈
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港 覆面禁止法“違反”初めての裁判 被告は保釈  香港で覆面禁止法違反の罪で初めて起訴された大学生らの裁判の手続きが行われ、集まった支援者が抗議の声を上げました。  香港当局は「覆面禁止法」が施行される前日の4日から5日にかけてマスクを着用して集会に参加し、「覆面禁止法」などに違反したとして18歳の男子大学生と38歳の無職の女性を起訴し、7日午前に裁判所で審理の手続きが行われました。覆面禁止法に違反した罪で起訴されるケースは初めてだということです。香港メディアによりますと、2人はそれぞれ約4000円と1万4000円を支払って保釈されました。2人の審理は来月18日に再び行われます。その間、2人は香港を離れることや夜間外出することができず、毎週土曜日に警察署に行く必要があります。
国威発揚の式典の一方、抗議の「大規模」デモ激化
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 国威発揚の式典の一方、抗議の「大規模」デモ激化  中国の建国70周年の記念式典が行われた1日、香港では中国政府に対するデモが過激化し、緊張が高まっています。  香港で行われた大規模デモ。中国政府に抗議の意を示そうと、事前に民主派団体が呼び掛けたものです。黒い服を着た大勢の市民が集まりました。デモの日に1日が選ばれたのは中国の建国を祝う「国慶節」だからです。  イギリスからの返還後も一国二制度、高度な自治が約束された香港ですが、中国の影響力が増してきています。そんななか、中国本土へ容疑者の移送を可能にする逃亡犯条例の改正案でデモが激化。改正案は結局、撤回されましたが、デモは収まりませんでした。国慶節の式典で中国の習近平国家主席は香港の今後について…。  中国・習近平国家主席:「我々は平和統一と一国二制度の方針を堅持しなければならない。香港とマカオの長期的な繁栄と安定を維持する」  香港への配慮を見せた習主席。そんな姿勢がデモの警備にも反映されたのでしょうか。静観するかに見えた警官隊ですが、催涙弾を発射しました。一方、現場では火炎瓶のものとみられる火の手が上がるなどデモは激化する様相を見せ始めています。
中国建国70年で緊張高まる 香港市民らが抗議デモ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国建国70年で緊張高まる 香港市民らが抗議デモ  「中国建国70年」に合わせて香港では1日朝から市民らが抗議デモを行い、警官隊との間で小競り合いが起きています。  中国政府の影響力が高まりつつある香港では、民主化を求める市民らが朝からシュプレヒコールを上げるなど抗議の意思を示しています。警官隊は約5000人態勢で警備にあたっていて、一部の市民を拘束するなど強硬姿勢を見せています。香港では午後から大規模な抗議デモが予定されていて、中国建国70年の節目の日を迎えて緊張感が高まっています。
抗議活動続く香港 “マスク着用禁止”も拘束せず
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 抗議活動続く香港 “マスク着用禁止”も拘束せず  5日から「覆面禁止法」が施行された香港でデモ参加者の多くがマスクを着用しましたが、当局は今のところ大規模な拘束を控えています。  香港政府は、5日からデモ隊のマスク着用を禁止しましたが、各地で起きた抗議活動では参加者の大半がマスクを着用しています。参加者らは、「逮捕されるかもしれないがデモを続ける」と強気の姿勢です。香港メディアによりますと、マスク姿の男女2人が警察官に取り押さえられましたが、身分証を確認された後に解放されたということです。林鄭月娥行政長官は、「政府は最大限の決意で暴力を止める」としています。
当局が教育現場に介入 “覆面”の状況報告を指示
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 当局が教育現場に介入 “覆面”の状況報告を指示  香港当局はマスクをしている学生の状況などを報告するよう学校に指示しました。  学生:「理不尽だ。マスクをするのは権利で香港政府は関与することはできない」  香港当局は「覆面禁止法」の施行を受けて、すべての中学・高校にマスクをしている学生の状況や抗議活動への参加状況について報告するよう指示しました。香港メディアによりますと、一部の学生組織などはマスクを着けて登校することを呼び掛け、これに反発しています。また、教師などの組合は「学校に圧力を掛けている」と当局に撤回を求めました。
香港警察発砲 「国慶節」前日に銃使用の基準緩和
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港警察発砲 「国慶節」前日に銃使用の基準緩和  香港で警察官が高校生に発砲して大けがをさせた前の日に、警察当局が拳銃など武器の使用基準を緩めていたと香港メディアが報じました。  1日の抗議デモで、警察は実弾を合わせて6発撃ちました。このうち1発が高校生の左胸付近に当たって一時、重体となりました。香港メディアによりますと、拳銃使用の判断基準を緩める警察の内規は中国建国70年の記念日だった1日の前の日の先月30日に改定され、警察官に通達されました。デモ隊への対応について、従来は「意図的に警察官を死亡や重傷に至らす場合」に限っていましたが、「警察官を死亡や重傷に至らす可能性が比較的高い」と現場が判断すれば認めるようにしました。
香港デモ 警官が実弾発砲 高校2年の男子生徒重体
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港デモ 警官が実弾発砲 高校2年の男子生徒重体  中国建国70年を迎えた1日、香港では中国政府などへの抗議デモが行われました。鎮圧にあたった警官がデモの参加者に実弾を発砲し、高校生が重体となっています。  香港では1日、各地で中国政府などに反発するデモが相次ぎ、警官隊と激しく衝突しました。警察によりますと、一日としては最多となる180人を逮捕したということです。一方、九竜半島では警官が実弾を発砲し、地元メディアによりますと、高校2年の男子生徒(18)が重体となっています。香港警察は「自衛のために男子生徒の左肩を撃った」と釈明しています。6月以降のデモで実弾による被害が出たのは初めてです。当局によりますと、1日の抗議活動では66人がけがをし、このうち2人が重体だということです。
1日の香港デモでの発砲 中国メディアは国慶節一色
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 1日の香港デモでの発砲 中国メディアは国慶節一色  香港で抗議デモに参加した高校生に警察が実弾を発砲したことについて、中国のメディアは国内でほとんど報じていません。しかし、国外向けには、警察の発砲の正当性をアピールしています。  2日の中国の国内向けの新聞は、紙面のほぼすべてを使って1日の建国70年のイベントについて報じています。一方、1日の香港で警察が実弾を発砲したことについて、中国共産党の機関紙「人民日報」はツイッターで、香港警察は「警察官自身と同僚の命を救うため発砲した」とする主張を伝えています。ただ、ツイッターは中国国内では使うことができないため、こうした報道はあくまで海外に向けたアピールの一環である可能性があります。
香港 高校生撃たれ全土で怒り…スーツでデモ参加も
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港 高校生撃たれ全土で怒り…スーツでデモ参加も  実弾を発砲された高校生は一命を取り留めましたが、政府や警察への反発が一段と高まっています。香港警察が実弾を発砲した問題で香港各地で抗議集会が開かれ、怒りの声が上がっています。発砲を受けた高校生が通う学校の前から報告です。  (永井隆太郎記者報告)  男子高校生が通っている学校の前には回復を祈って生徒らが折ったツルが飾られています。同じ学校に通っている生徒に話を聞いたところ、「とてもショックでした。ただ、これで抗議の手を緩めることはありません。今夜もデモに参加します」と怒りをあらわにしていました。香港では当初、2日に大規模なデモは予定されていませんでした。ところが昼ごろに急きょ抗議集会の呼び掛けがあり、スーツ姿のサラリーマンまでもが参加し、開かれました。仕事の合間にスーツのままでデモに参加するというのは、これまではあまり見られなかった光景です。男子生徒が撃たれて大けがを負ったことの衝撃、反発が影響してるものとみられます。中国は建国70周年を迎えて祝賀ムードが広がる一方、ここ香港では市民らの怒りが高まっていて、デモ集会は沈静化する気配がありません。
信号は壊されたまま...「覆面禁止法」施行後の香港
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 信号は壊されたまま...「覆面禁止法」施行後の香港  混乱が続く香港は「覆面禁止法」が施行されてから初めての平日となりました。今も地下鉄の一部が閉鎖されたままで、市民生活への影響が続いています。  (森林華子記者報告)  信号も7日に一部の若者によって壊されました。このほか、市内80カ所の信号も壊れたままで、交通がまひしています。香港市民にとって重要な交通機関である地下鉄は4つの路線が運休し、13カ所の駅が8日も閉鎖されたままで、通勤・通学の足に大きな影響が出ています。当局は覆面禁止法を受け、各中学・高校にマスクをしている学生の数を報告するように指示しました。しかし、学生らは「マスクをするのは権利だ」と反発しています。香港の行政長官は覆面禁止法の施行後、初めての記者会見で反対する一部の若者による破壊行動を非難し、新たな強硬策を示唆しました。しかし、政府の締め付けが強まることを多くの市民が批判しています。
香港デモで高校生に発砲 生徒の学校で抗議集会
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港デモで高校生に発砲 生徒の学校で抗議集会  香港で政府への抗議デモに警察が実弾を発砲して参加者の高校生に大けがをさせた問題で、高校生の通う学校では抗議集会が始まりました。  中国建国70年記念日の1日、香港各地で大規模な抗議デモが行われ、警察官が高校2年の男子生徒の左肩付近に実弾を発砲しました。地元メディアによりますと、男子生徒は大けがをしましたが、手術を受けて一命を取り留めたということです。生徒が通う学校では朝から在校生らが警察への抗議集会を開き、学校が警察を非難しないことに憤りの声を上げています。政府への抗議活動がさらにエスカレートする可能性もあります。
香港 デモ妨げる狙い? 地下鉄駅の大半を閉鎖
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港 デモ妨げる狙い? 地下鉄駅の大半を閉鎖  混乱の続く香港で、当局は利用客の多い地下鉄の駅の大半を6日も閉鎖しています。  日本人観光客:「(地下鉄が使えず)困っています。きのう、バスを乗り継いでディズニーランドに行ったらすごい人だった」  香港の地下鉄は午前から半数近くの駅で営業が再開されましたが、繁華街などにある48の駅は依然として閉鎖されています。午後には中心部で大規模なデモが予定されていますが、これまで一部のデモ参加者が「地下鉄は警察に協力している」と批判して破壊行為を行っていて、当局は一部を閉鎖することでデモに参加させないようにする思惑があるとみられます。
香港 「覆面禁止法」に大規模デモ 3人重傷
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港 「覆面禁止法」に大規模デモ 3人重傷  香港で5日に施行された「覆面禁止法」に反対する大規模デモがあり、数万人が参加しました。デモ隊と警官隊の衝突も相次ぎ、3人が重傷を負っています。  デモは、当初は平和的な抗議活動でしたが、終盤になって警官隊が次々と催涙弾を発射しました。過激化したデモ隊の一部が中国系の銀行などに放火したほか、各所で衝突が続いて多くの若者が拘束されました。また、香港メディアなどによりますと、デモ隊がタクシー運転手を激しく殴打する事態も起こり、警察は違法行為をやめるよう警告しています。今回の衝突でこれまでに11人が搬送され、3人が重傷となっています。
ティファニーが広告削除 香港デモ支援と中国で批判
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ティファニーが広告削除 香港デモ支援と中国で批判  アメリカの高級ブランド「ティファニー」の広告が削除に追い込まれました。  ティファニーは7日、女性が右手で右目を隠すようなポーズの広告をツイッターに投稿しました。香港では、右目を負傷したデモ隊の女性をシンボル化してデモ参加者たちの間で手で右目を覆う仕草が広まっています。このため、この広告が香港で続く抗議活動を支持しているとして、中国本土で批判が高まって削除される事態となりました。ただ、中国のネット上には「皆おかしいよ、指輪を見せているだけだ」「この批判は無理やりだ」などとティファニーを擁護する声も多く上がっています。
香港デモ「覆面禁止」で抗議過熱 鉄道や商店も休止
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港デモ「覆面禁止」で抗議過熱 鉄道や商店も休止  香港でデモ参加者のマスク着用を禁じる「覆面禁止法」が施行され、市民らの反発が強まっています。5日未明まで続いた抗議活動では、14歳の少年が警察官に銃で撃たれて重傷を負いました。  香港政府はデモ隊がマスクなどで顔を覆うことで過激になるとして、午前0時から覆面禁止法を施行しました。これに反発する若者らは法の施行後もマスクを外さず、抗議活動を続けました。地元のメディアによりますと、デモ隊に囲まれた警察官が実弾を発砲して14歳の少年が太ももを撃たれて重傷を負ったということです。抗議活動は午後も呼び掛けられていて、主な鉄道や地下鉄は朝の始発から運行を取りやめ、ショッピングセンターなども営業を停止しています。
レーザー照射に警告 中国軍が初めてデモ隊と対峙
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 レーザー照射に警告 中国軍が初めてデモ隊と対峙  香港で「覆面禁止法」に反対する大規模デモが行われた6日、中国軍が駐留部隊の建物にレーザー光を照射したデモ隊に警告しました。中国軍が直接、デモ隊に反応したのは初めてとみられます。  6日夜にデモ隊が中国人民解放軍の駐留部隊の周辺に集まり、建物に向けてレーザー光を当てました。その後、屋上に現れた兵士らがビデオカメラでデモ隊の様子を撮影しながら「法律に違反していて起訴される可能性がある」と書かれた黄色い警告旗を掲げました。香港メディアによりますと、香港警察が駆け付けてデモ隊は排除されました。一連の抗議活動では中国軍が直接、デモ隊と対峙(たいじ)したことはなく、今回が初めてとみられます。
実弾はデモ参加者の左胸に?状態“危険”の報道も
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 実弾はデモ参加者の左胸に?状態“危険”の報道も  市民による民主化要求デモの続く香港で複数の地元メディアによりますと、警官隊がデモ隊に向けて実弾を発射し、デモ参加者に当たって1人がけがをしたということです。香港から報告です。  (南出拓平記者報告)  市民らが埋め尽くした道路は警官隊に排除されました。警官隊が撃った実弾は男性の左胸に当たって肺を負傷したと複数の地元メディアが報じています。意識レベルははっきりと報道されていませんが、危険という言葉で香港メディアが報じています。また、別のメディアがその負傷した男性というのが日本でいう高校2年生にあたる青年だという報道もあります。1日は香港各地で複数のデモが行われていて、警官隊もこの銃弾以外に2発の威嚇射撃を発砲したことを認めているため、非常に危機感が高まってきています。  (Q.実弾を撃ったということになると事態が変わってくるのではないか?)これも真偽がはっきりと分かりませんが、撃った瞬間の映像を地元メディアで見ましたが、デモ隊と小競り合いになっている時に警官隊が意図的に撃ったのか暴発したのか定かではないですが、そういった状況にも見えました。ただ、いずれにしても緊張感が非常に高まり、デモ隊のなかでそういった怒りが増幅される可能性は十分にあると思います。
#1:「ギャル、好きですか?」恋の修学旅行、新章スタート♡【ビデオ限定企画つき】
無料
今日、好きになりました。-韓国チェジュ島編 #1:「ギャル、好きですか?」恋の修学旅行、新章スタート♡【ビデオ限定企画つき】 恋の修学旅行、3つ目の舞台は韓国のリゾート地、チェジュ島! 引き続き旅を続けるメンバーは けいえる(香港編) そして、過去の恋愛をひきずるのあ(ハワイ編、香港編)。 さらに…?♡ 新メンバーを7人迎えたチェジュ島編は、 一途女子たちの大混戦!? ド天然男子登場で恋の行方は大迷宮へ…? 「普通にタイプだった♡」ストレートなピュアギャルに見届け人もほっこり♡なチェジュ島編、はじまります! ★いっせい&りったろの沖縄デート★ ハワイ編で成立した”いったろ”。 成立したけど、遠距離でなかなか会えない…そんな2人の沖縄1泊2日のデートに密着。 ★今日好きゆるちゃん★ 本編を今日好きメンバーと一緒にゆる〜く見ませんか? 今回は第9弾からゆや、るーちゃん、だいちゃん、れいたぴ、まなまなです♡
NBAチームの幹部 香港デモ支持 中国政府強く反発
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 NBAチームの幹部 香港デモ支持 中国政府強く反発  NBA(米プロバスケットボール協会)の人気チームの幹部が香港のデモをツイッターで支持したことについて、中国政府は強く反発しました。  NBA「ヒューストン・ロケッツ」のゼネラルマネージャーは、ツイッターで「香港とともに立ち上がろう」とデモを支持する内容を投稿しました。これを受けて中国のスポンサーが次々とチームとの契約を解消するなど影響が広がっています。  中国外務省報道官:「NBAと中国の協力は長く続いてきた。何を言うべきか、何を行うべきか、NBAは自ら理解しているはずだ」  中国外務省は8日の会見で、チーム側に「すでに厳正な申し入れを行った」としたうえで、「中国の民意を理解しなければならない」と批判しました。一方、アメリカでは中国側に屈せず、言論の自由や民主主義を守るべきとの声が強まっています。