「香港 デモ 最新 情報」の検索結果

今すぐ視聴する

感染疑いの香港発クルーズ船 タイ当局も入港認めず
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 感染疑いの香港発クルーズ船 タイ当局も入港認めず  日本政府などから入港を拒否されていた香港発のクルーズ船「ウエステルダム」号がタイで乗客を降ろす意向を示しましたが、これに対してタイ当局は拒否する方針を明らかにしました。  ウエステルダム号には乗客乗員合わせて約2300人が乗っていて、このうち日本人が少なくとも4人います。8日から沖縄に寄港する予定でしたが、新型コロナウイルスに感染した疑いのある人が乗っているとして日本政府は入港しないよう要請していました。フィリピンや台湾でも入港を拒否されています。ウエステルダム号の運航会社は10日、新たにタイ中部のレムチャバン港で13日に乗客を降ろす意向を示しました。しかし、タイ当局は11日に入港や下船を認めない方針を明らかにしています。
停泊続くクルーズ船 船内でも接触断たれ戸惑いも
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 停泊続くクルーズ船 船内でも接触断たれ戸惑いも  新型コロナウイルスで横浜港に停泊しているクルーズ船から新たに41人の感染が確認されました。  ダイヤモンド・プリンセス号の屋上デッキ。体操する人やランニングをする人の姿もあります。一方、そのころ、地上では白い防護服に身を包んだ人々が船の前で列を成していました。6日までに乗客20人の感染者が分かっていましたが、7日に新たに41人が新型コロナウイルスの陽性だったことが判明。乗客の感染は合わせて61人に上り、そのうち28人が日本人です。  60代乗客:「(Q.41人、感染者が増えたが)急激にこれだけ増えると周りで日本人も結構、多いので、かなり接近した状態で今までいたりしていますから、接触しているかもしれない。その点は不安。知り合いが『搬送になるので』と(連絡してきた)」  今回、分かった感染者は船から降ろされ、東京、神奈川、埼玉、千葉、静岡の医療機関に搬送されていきました。また、7日から自衛隊が感染者の搬出などの支援にあたっています。  加藤厚労大臣:「(船の)閉ざされた空間で長い期間、一緒にいた。接触が相当、繰り返された結果、これだけ増えたのだろう。最初の20人を調査した段階では(感染した香港の方と)濃厚接触者で陽性になった方もいた。そこから先にどう広がったのかについて、現段階でこうだと申し上げる状況にはない」  着岸されて必要なものは足りていると思われがちですが、実はそうではないようです。ダイヤモンド・プリンセス号のデッキから「くすりふそく」と書かれた日本の国旗を掲げている人…

おすすめの作品

香港でクルーズ船検疫 日本人も乗船
最新の国際ニュース【随時更新】 香港でクルーズ船検疫 日本人も乗船  香港でも大型クルーズ船が検疫を受けています。乗組員30人が発熱の症状を訴えているということです。  大型クルーズ船「ワールド・ドリーム」は今月2日に香港を出発して台湾の高雄に向かっていましたが、先月のツアーで乗っていた中国人客3人が新型コロナウイルスに感染していたことが明らかになり、台湾当局が今月4日に入港を拒否していました。船会社によりますと、乗客と乗組員約3700人のうち日本人が4人含まれているということです。ワールド・ドリームは今月5日に出発地の香港に引き返し、香港当局が乗船している全員の検疫を進めています。約30人の乗組員が発熱などの症状を訴えていて、うち3人が病院に運ばれたということです。
なぜ日本人学生は逮捕された? 日々変化する香港デモ 現地の状況を解説
無料
アベマ倍速ニュース【平日よる7時~生放送】 なぜ日本人学生は逮捕された? 日々変化する香港デモ 現地の状況を解説 気になるニュースをテレビ朝日の担当記者が徹底解説。現場を取材する記者ならではの「情報」「なるほど」が満載です。視聴者の皆様からのコメントや疑問に即時に反応。"ラジオ的掛け合い"も楽しめる "新感覚"ニュース番組です。
各国チャーター機続々と羽田に 帰国後は2週間隔離
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 各国チャーター機続々と羽田に 帰国後は2週間隔離  ダイヤモンド・プリンセス号からの下船に合わせて乗客を帰国させようと、カナダなど海外の政府が手配したチャーター機が相次いで羽田空港に到着しています。  ダイヤモンド・プリンセスに乗っている約260人のカナダ人はバスで羽田空港に移動した後、チャーター機に乗ります。カナダのメディアは「15人の感染者がいる」と伝えています。香港政府のチャーター機もすでに到着していて、20日未明に出発する予定です。香港の乗客は戻ってから2週間、隔離されます。オーストラリアなどのチャーター機も19日にも到着する見通しです。  また、韓国政府が派遣した大統領専用機は未明に羽田空港を出発し、午前6時半ごろにソウルの金浦(キンポ)空港に戻りました。クルーズ船にいた韓国人の乗客乗員14人のうち帰国を希望した6人と日本人配偶者1人が専用機に乗りました。この7人は今のところ、感染が疑われる症状はありませんが、仁川(インチョン)にある施設で2週間、隔離されます。
ANAとJALが中国便をさらに減便 新型ウイルス拡大で
最新の経済ニュース【随時更新】 ANAとJALが中国便をさらに減便 新型ウイルス拡大で  新型コロナウイルスの感染拡大を受け、全日空と日本航空が中国路線の運休と減便の拡大を発表しました。  全日空では成田-北京線に加えて、成田と広州や成都、さらに関西と香港を結ぶ路線など7路線を来月28日まで運休すると発表しました。さらに、上海線などでは使用する機体の小型化や減便を行います。これで日本と中国を結ぶ便は17日以降、現在のほぼ半分に減少します。一方、日本航空では北京線・上海線の一部について、17日以降の減便を6日からに前倒しすると発表しました。
日本航空 新型コロナで来月から韓国・台湾線も減便
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 日本航空 新型コロナで来月から韓国・台湾線も減便  新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、日本航空は中国線に加えて韓国線や台湾線を新たに減便すると発表しました。  日本航空は関西-上海線や羽田-香港線など中国路線の減便に加えて羽田-ソウル線、成田-釜山線、さらに関西-台北線を来月から減便すると発表しました。新型コロナウイルスの感染拡大で日本航空が中国本土以外の減便を発表したのは初めてです。これで日本航空の中国線は週98便から34便に、韓国線は週35便から21便に減少し、東アジア全体ではほぼ半減することになります。日本航空は「需要の落ち込みと感染リスクを総合的に判断して決めた」としています。
新型コロナ パリで中国人男性死亡 アジア以外で初
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 新型コロナ パリで中国人男性死亡 アジア以外で初  フランスのパリで新型コロナウイルスの感染が確認された中国人の男性が死亡したことが分かりました。アジア以外で死者が出たのは初めてです。  フランス保健相によりますと、亡くなったのは、中国の湖北省から観光でパリに訪れていた80歳の男性です。先月25日からパリの病院に入院していましたが、ここ数日は、重篤な状態が続いていました。コロナウイルスの感染を巡っては、中国本土以外では、香港、日本、フィリピンで合わせて3人の死者が出ています。感染は、中国を含めた29の国と地域に広がり、感染者は合わせて6万7000人を超えています。
感染疑いの「ウエステルダム号」カンボジア到着
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 感染疑いの「ウエステルダム号」カンボジア到着  ウイルス感染への疑いがあるとして日本やタイ、フィリピンなどから入港を拒否されていたクルーズ船「ウエステルダム号」がカンボジアの港に到着しました。  ウエステルダム号を運航している会社は、クルーズ船が13日にカンボジア南部のシアヌークビルに寄港すると発表しました。乗客全員が船を下り、チャーター便の飛行機で首都プノンペンへ移動した後、それぞれが帰国の途に就くということです。ウエステルダム号には日本人5人を含む乗客乗員約2300人が乗っていて、1日に香港を出発して沖縄にも寄港する予定でしたが、感染者がいる可能性があるとして日本政府から入港しないよう求められていました。運航会社は「乗船者の感染はこれまで確認されていない」と強調しています。
“感染の恐れ大型クルーズ船”入港認めない方針
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 “感染の恐れ大型クルーズ船”入港認めない方針  政府は新型コロナウイルスに感染した恐れがある人が乗っている別の大型クルーズ船について入港させない方針を決めました。  安倍総理:「ウエステルダム号に乗船している外国人についても特段の事情がない限り、入管法に基づいてその入国を拒否する措置を追加することと致します」  オランダ船籍の大型クルーズ船「ウエステルダム」号は1日に香港を出発して8日からは石垣や那覇、長崎などに寄港する予定でしたが、これまでにフィリピンのマニラと台湾の基隆で入港を拒否されていました。政府は船内に感染した可能性のある人がいるとして、国内への入港を認めない方針です。ウエステルダム号には乗客乗員合わせて約2300人が乗っていて、政府高官によりますと、日本人数人も乗船していますが、今のところ健康状態に問題はないということです。
中国本土で死者1000人超 感染者は世界で4万3000人
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国本土で死者1000人超 感染者は世界で4万3000人  「新型コロナウイルス」による中国本土の死者は1000人を超えました。世界全体での感染者は4万3000人余りに増えています。  中国政府の衛生当局は新型コロナウイルスによる中国本土での死者が108人増え、合わせて1016人に上ったと発表しました。一日の間に100人以上の死亡が確認されたのは初めてです。感染はこれまでに世界28の国と地域に広がり、世界全体での死者は1018人に、感染者は4万3000人を超えました。  一方、新型コロナウイルスに感染した乗客がいるとしてフィリピンや台湾、日本で入港を拒否されていた香港発の大型クルーズ船「ウエステルダム」号は13日にタイで乗客を降ろす方針を明らかにしました。乗客乗員合わせて約2300人が乗っていて、日本人は少なくとも4人が乗船しています。しかし、タイ当局は下船を認めない意向を発表しました。
中国本土の感染者は6万4000人超え 死者は1483人に
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国本土の感染者は6万4000人超え 死者は1483人に  新型コロナウイルスの感染者は中国・湖北省だけで4823人増え、中国本土では6万4000人を超えました。  湖北省の衛生当局は14日朝、感染者が新たに4823人増えて5万1986人になったと発表しました。これで中国本土の感染者は6万4000人を超えました。湖北省の死者は116人増え、中国本土での死者は1483人に上っています。  一方、日本やタイなどから入港を拒否されたクルーズ船「ウエステルダム号」では日本時間午前9時すぎ、カンボジアの港で乗客の下船が始まりました。日本人5人を含む約2300人が乗ったウエステルダム号は1日に香港を出発した後、新型コロナウイルスに感染した乗客がいる恐れがあるとして、日本やタイなどから入港を拒否されました。13日にカンボジア南部の港に入り、船内で体調不良を訴えていた20人が感染していないと確認されたことから下船できることになりました。乗客はこの後、チャーター便で首都プノンペンなどに移動し、それぞれ帰国の途に就きます。