「香港 1話」の検索結果

今すぐ視聴する

#1:香港ディズニーランドで始まる夢のような恋【ビデオ限定企画付き】
無料
今日、好きになりました。-香港ディズニーランド編 #1:香港ディズニーランドで始まる夢のような恋【ビデオ限定企画付き】 ★夢の国で始まる、夢のような恋★ 運命の恋を見つけるまで終わらない、恋の修学旅行。 2つ目の舞台となるのは『香港ディズニーランド』! 前回の旅から引き続き旅を続けるのは一体誰? そして、 夢の国で始まるのは、夢のような甘い恋…だけではなかった!? 史上初の展開に、見届け人たちもア然… ★ビデオ限定コンテンツ付き!★ ①いったろ♡しゅんまやWデート ハワイ編で成立したいったろ♡しゅんまやがWデート!第1話 ②今日好きゆるちゃん 前田まはる&しゅんと一緒にゆる〜く本編を観ませんか?vol.1
#2:夢の国のショーは恋の勇気を与える!?【ビデオ限定企画付き】
無料
今日、好きになりました。-香港ディズニーランド編 #2:夢の国のショーは恋の勇気を与える!?【ビデオ限定企画付き】 ★ミッキーの魔法にかけられた恋★ 『ウィー・ラブ・ミッキー』プロジェクションショーで更にテンションの上がるメンバーたち。 そんな中、勇気を出したきあらがとった行動とは一体…? 一日目も終わりに差し掛かる頃。 男女部屋に別れたメンバーは恋バナを始め…♡ この恋バナが翌日の恋の行方を揺さぶることに…!? ★ビデオ限定コンテンツ付き!★ ①いったろ♡しゅんまやWデート ハワイ編で成立したいったろ♡しゅんまやがWデート!第1話 ②今日好きゆるちゃん 前田まはる&しゅんと一緒にゆる〜く本編を観ませんか?vol.1

おすすめの作品

“香港の中国化”に危機感 抗議活動の終わり見えず
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 “香港の中国化”に危機感 抗議活動の終わり見えず  中国の建国70周年の記念式典が行われた1日、香港では中国政府に対するデモが過激化して緊張が高まっています。香港から報告です。  (南出拓平記者報告)  1日のデモ隊の主張は5つの要求のなかでも特に「普通選挙の実現」の声が強いです。というのも、香港の人々が最も危機感を持っているのは香港の「言論などの自由」が中国によってどんどんと奪われている、いわば「香港の中国化」という問題です。「逃亡犯条例」改正案はあくまで「氷山の一角」にすぎず、香港の民意が政治に反映される「普通選挙」の実現こそが最終的な目的です。ただし、この実現には香港政府だけでなく中国政府の譲歩も必要で、解決は難しく、抗議デモの終わりが見通せない状況に陥っているといえます。
デモ続く香港 中国本土からの団体客は9割減
最新の国際ニュース【随時更新】 デモ続く香港 中国本土からの団体客は9割減  この週末も激しい抗議デモが続いた香港では来月1日の中国建国70周年記念日に大規模なデモが予定され、警戒態勢が敷かれています。こうしたなか、中国本土からの団体客が9割減少したことが分かりました。  薬局の店員:「観光客は9割も減った。元々、中国本土からの観光客は多かったが、国慶節の連休も観光客は減ると思う。悲しい。誰も望まないことです」  香港の観光団体によりますと、今月の中国本土から香港への団体旅行は一日平均15件で、前の年と比べて約9割減っています。また、香港当局は先月に香港を訪れた旅行者全体の数も前の年と比べて4割減ったとしていて、深刻な影響が出ています。香港では中国建国記念日の来月1日も大規模なデモが予定されています。
東京でデモ行進 香港出身者など400人参加
最新の国際ニュース【随時更新】 東京でデモ行進 香港出身者など400人参加  香港で続く抗議活動への支援のため、東京都内でも香港出身の人々を中心に「少しでも香港の力になりたい」と約400人ほどがデモ行進しました。  デモ主催者:「日本の方々に知ってもらえるだけでも香港政府への圧力となるので、こういった活動を通して日本の方々への理解度を深めていきたいと思います」  デモ参加者:「日本(の皆さん)にもっと今の香港の事情を知ってほしいというか、力に少しでもなれればいいなってことで(参加しました)」  ロイター通信によりますと、オーストラリアなど世界の40以上の都市で同じようなデモが行われるということです。
香港「覆面禁止法」で反発激化 市民生活にも影響
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港「覆面禁止法」で反発激化 市民生活にも影響  抗議活動が続く香港ではデモ隊のマスクの着用を禁止する「覆面禁止法」に反対するデモが続いていて、市民の生活にも大きな影響が出ています。  香港では7日、一部の若者が繁華街の道路にバリケードを設けて占拠したため、警察が催涙弾を使って排除しました。大手のスーパーなどは混乱を懸念して営業時間を短縮しました。また、地下鉄は夜間の運行が全線でストップしました。8日の運行については日本時間の午前7時ごろに方針が発表される予定です。  香港市民:「地下鉄がなければ香港市民にとって本当に不便です」「あす、地下鉄が動かないことが心配。通勤・通学に不便です」  香港は7日は祝日でしたが、平日の8日は通勤・通学に大きな影響が出るとみられ、混乱が予想されます。
香港で「覆面禁止法」緊急制定 デモの過激化封じか
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港で「覆面禁止法」緊急制定 デモの過激化封じか  政府への抗議デモが続く香港で「覆面禁止法」が制定されました。  香港・林鄭月娥行政長官:「緊急時の条例として新たな法を作ります。名付けて『覆面禁止法』です」  香港政府のトップ・林鄭月娥行政長官は4日午後に会見を開き、デモ参加者がマスクなどで顔を覆うことを禁じる覆面禁止法を制定すると発表しました。5日午前0時から施行されます。デモ隊はマスクやゴーグルを着用していますが、香港政府は顔を覆うことが過激な行為を助長させるとの見方を強めていました。
香港では中高生がデモ あす「国慶節」の中国では…
最新の国際ニュース【随時更新】 香港では中高生がデモ あす「国慶節」の中国では…  来月1日の中国建国70周年の記念日を前に、香港では今月30日も抗議活動が続いています。一方、中国では習近平国家主席の写真が大量に展示される異様な風景が広がっていました。  香港では子どもたちまでをも政治的抗議に駆り立たせる事態になっているのです。建国70周年を祝う文字にスプレーを噴き掛けるデモ隊。参加者からは大きな歓声が上がります。香港市民の怒りはすでに限界を超えています。対する警察も黙っていません。催涙弾、放水。走って逃げるデモ隊を追い掛けて捕まえ、殴ります。そして、建国記念日の来月1日、さらなる大規模なデモが予定されているのです。  そんななか、香港政府のトップである行政長官が香港を留守にします。来月1日の建国記念の行事に出席するため、30日に代表団200人とともに中国本土に向かったのです。その中国本土では愛国ムードが高まっています。
香港当局 撃たれて大けがの高校生を暴動罪で起訴
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港当局 撃たれて大けがの高校生を暴動罪で起訴  香港当局はデモ参加中に警察に撃たれて大けがをした男子高校生を暴動罪などで起訴しました。  高校生は1日、デモに参加していた際に撃たれて一時重体となっていました。香港当局は3日、この高校生を暴動罪と警察官を襲った罪で起訴しました。暴動罪の最高刑は禁錮10年で、市民からの反発が一層、強まりそうです。香港メディアによりますと、政府が夜間外出禁止令の発動を検討しているということです。外出禁止令が発動されて指定された場所や時間を超えた場合、外出しているだけで違法行為となります。香港当局は禁止令で過激化しやすい夜のデモ行為を阻止する狙いです。
香港デモ 少年が実弾で撃たれ負傷 覆面禁止に反発
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港デモ 少年が実弾で撃たれ負傷 覆面禁止に反発  香港で、また警官がデモ隊に向けて実弾を発砲して14歳の少年が負傷しました。「覆面禁止法」も施行され、市民らの反発は一層強まっています。  香港・林鄭行政長官:「緊急時の条例として新たな法を作ります。名付けて覆面禁止法です」  香港政府は、デモ隊がマスクなどで顔を覆うことが過激な行為を助長させるとして覆面禁止法を制定しました。中国政府もすぐに「この法律は必要」だと支持する姿勢を示しました。ただ、多くの若者らはマスクを外さずに街中で抗議を続けました。香港メディアによりますと、4日夜にデモ隊に囲まれた警官が実弾を発砲し、14歳の少年が太ももを撃たれて病院に搬送されたということです。少年は命に別状はないということです。
香港 覆面禁止法“違反”初めての裁判 被告は保釈
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港 覆面禁止法“違反”初めての裁判 被告は保釈  香港で覆面禁止法違反の罪で初めて起訴された大学生らの裁判の手続きが行われ、集まった支援者が抗議の声を上げました。  香港当局は「覆面禁止法」が施行される前日の4日から5日にかけてマスクを着用して集会に参加し、「覆面禁止法」などに違反したとして18歳の男子大学生と38歳の無職の女性を起訴し、7日午前に裁判所で審理の手続きが行われました。覆面禁止法に違反した罪で起訴されるケースは初めてだということです。香港メディアによりますと、2人はそれぞれ約4000円と1万4000円を支払って保釈されました。2人の審理は来月18日に再び行われます。その間、2人は香港を離れることや夜間外出することができず、毎週土曜日に警察署に行く必要があります。
国威発揚の式典の一方、抗議の「大規模」デモ激化
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 国威発揚の式典の一方、抗議の「大規模」デモ激化  中国の建国70周年の記念式典が行われた1日、香港では中国政府に対するデモが過激化し、緊張が高まっています。  香港で行われた大規模デモ。中国政府に抗議の意を示そうと、事前に民主派団体が呼び掛けたものです。黒い服を着た大勢の市民が集まりました。デモの日に1日が選ばれたのは中国の建国を祝う「国慶節」だからです。  イギリスからの返還後も一国二制度、高度な自治が約束された香港ですが、中国の影響力が増してきています。そんななか、中国本土へ容疑者の移送を可能にする逃亡犯条例の改正案でデモが激化。改正案は結局、撤回されましたが、デモは収まりませんでした。国慶節の式典で中国の習近平国家主席は香港の今後について…。  中国・習近平国家主席:「我々は平和統一と一国二制度の方針を堅持しなければならない。香港とマカオの長期的な繁栄と安定を維持する」  香港への配慮を見せた習主席。そんな姿勢がデモの警備にも反映されたのでしょうか。静観するかに見えた警官隊ですが、催涙弾を発射しました。一方、現場では火炎瓶のものとみられる火の手が上がるなどデモは激化する様相を見せ始めています。