「香港デモ」の検索結果

今すぐ視聴する

「真実伝え続けたい」 生配信が変えた香港デモ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「真実伝え続けたい」 生配信が変えた香港デモ  香港の政府への抗議デモは6月に本格化してから150日以上経っています。デモはなぜ続くのか。背景に身近なもののある進化がありました。
香港の抗議活動で初の死者 警察が排除中に学生転落
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港の抗議活動で初の死者 警察が排除中に学生転落  香港デモの抗議活動で初の死者が出たということです。警察の強制排除中に22歳の男子学生が転落したということです。そして、その男子学生が死亡しました。
香港デモ 学生ら大学に籠城 カメラが校内に…
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港デモ 学生ら大学に籠城 カメラが校内に…  抗議活動が激しさを増す香港では数万人の学生らが大学に立てこもっています。ANNのカメラがその内部に入りました。  14日深夜、香港理工大学では入り口に幾重にもバリケードが築かれていました。警官隊に投げ付けるための火炎瓶やレンガも無数に用意されています。カメラが校舎に入ると食堂には水や食料が並び、工具も取りそろえられていて、催涙弾から目を守るゴーグルが一人ひとりに配られていました。
香港デモ“軍の介入”示唆 中国メディア
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港デモ“軍の介入”示唆 中国メディア  抗議デモが続く香港で、11日に警察がデモ隊に実弾を発砲したことについて中国メディアは発砲を支持し、今後の軍の介入を改めて示唆しました。  中国共産党の機関紙「人民日報」は、実弾を発砲した香港警察について「法治を守るために必要だった」と擁護する評論を出しました。中国共産党系の「環球時報」も社説で「暴徒に発砲したことを断固として支持する」と強調しました。環球時報はさらに、「香港警察の後ろには国家の武装警察部隊や人民解放軍の香港駐留部隊が控えていて、必要に応じて直接、支援する」と軍などの介入を改めて示唆しました。
香港デモ 抗議活動の拠点に警官隊突入 逮捕者多数
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港デモ 抗議活動の拠点に警官隊突入 逮捕者多数  政府への抗議活動が続く香港で、道路を封鎖した学生らが逃げ込んだ大学構内に警察が突入して多数の負傷者や逮捕者が出ています。  香港では12日夜も各地で警官隊とデモ隊の衝突が続きました。特に香港中文大学での衝突が激しく、警官隊が構内で大量の催涙弾やゴム弾を発射しました。学生らも火炎瓶で対抗し、構内が炎に包まれました。約100人が負傷し、多数の逮捕者が出ているということです。香港の複数の学生団体は大学内での警察の実力行使について、1989年の天安門事件の再現だと非難して闘争の継続を呼び掛けています。
香港デモで初の死者 大規模な追悼集会開かれる
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港デモで初の死者 大規模な追悼集会開かれる  一連の抗議活動で初めての死者が出た香港で9日夜、大規模な追悼集会が開かれました。  4日、デモに参加していたとみられる香港の大学に通う男子学生(22)が警察の強制排除の最中に駐車場から転落し、8日に死亡しました。一連の抗議活動で死者が出たのは初めてです。これを受けて9日夜、香港中心部で市民ら数万人が参加する追悼集会が開かれ、黙祷(もくとう)を捧げて男子学生の死を悼みました。集会では、これまでは「香港人がんばれ」だったシュプレヒコールが「香港人は復讐(ふくしゅう)する」に変わるなど市民の間で警察や政府への反発が強まっています。
香港デモ“衝突”で重体の70歳男性死亡 頭にれんが
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港デモ“衝突”で重体の70歳男性死亡 頭にれんが  香港でデモ隊と警官隊などの衝突が続くなか、抗議活動に伴う混乱で重体となっていた70歳の男性が死亡しました。  香港メディアによりますと、13日に黒いTシャツ姿のデモ隊と口論となった市民らが衝突した際に、頭にれんがが当たって重体となっていた男性が14日に死亡しました。香港政府は、れんがは「暴徒」が投げたと指摘してデモ隊を非難しました。中国の習近平国家主席は14日にブラジルで国際会議に出席し、「過激な暴力犯罪行為は香港の繁栄と安定を深刻に破壊し、『一国二制度』の原則への深刻な挑戦だ」と批判しました。当局によるデモ隊の取り締まりはさらに強まるとみられます。
香港デモ激化…線路に火炎瓶 習主席「深刻な挑戦」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港デモ激化…線路に火炎瓶 習主席「深刻な挑戦」  香港ではデモ隊が交通機関への妨害活動を始め、朝から混乱しています。中国の習近平国家主席は「一国二制度」への深刻な挑戦だと批判を強めています。  香港と中国大陸の深センを結ぶ鉄道は15日朝から線路に火炎瓶が投げ入れられるなど、混乱が続いています。また、香港理工大学の構内にはバリケードが築かれ、数万人が立てこもりを続けています。水や食料のほか、工具もそろえられ、警官隊の突入をにらんで緊迫の度合いを増しています。中国の習主席は「香港で続く過激な暴力犯罪行為は『一国二制度』への深刻な挑戦だ」と批判していて、デモ隊の取り締まりがさらに強まるとみられます。
香港デモで初の死者 男子大学生死亡 市民が追悼
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港デモで初の死者 男子大学生死亡 市民が追悼  香港では、政府や警察に抗議するデモに参加していた大学生が8日に死亡し、市民らの反発が強まっています。  死亡したのは香港の大学に通う22歳の男子学生で4日未明、デモに参加していて、駐車場から転落して8日朝に死亡しました。一連の抗議活動で死者が出たのは初めてです。現場となった駐車場には8日夜、多くの市民らが追悼に訪れ、香港の各地で男子学生を悼む集会やデモが深夜まで続きました。一方、中国外務省は8日、「暴力と混乱を収めることは香港の最も差し迫った課題」だとして、引き続き厳しい姿勢で臨む考えを示しました。香港の中心部では9日夜も追悼集会が呼び掛けられていて、市民らの反発はさらに激しさを増しそうです。
激化する香港デモ 耳を噛みちぎられた男性も
無料
けやきヒルズ【平日ひる12時〜生放送】 激化する香港デモ 耳を噛みちぎられた男性も ネット×TV報道 にとことんこだわったランチタイムの1時間!通勤通学、ちょっとした空き時間、そしてお昼休みに今日のニュースをアップデート!最新ニュースはもちろん、SNSで話題のモノ/ヒトもスピーディーに独自中継を交えて徹底リサーチ!気になる午後のお天気や交通情報もお届け。元SKE48のキャスター柴田阿弥とママキャスター大木優紀が地上波とは一味違った個性派コメンテーターと共に皆さんのランチタイムに厳選したニュースをお届けします。
香港デモでハッカー集団アノニマスも着用した“ガイ・フォークスマスク”を着ける意味とは
無料
けやきヒルズ【平日ひる12時〜生放送】 香港デモでハッカー集団アノニマスも着用した“ガイ・フォークスマスク”を着ける意味とは ネット×TV報道 にとことんこだわったランチタイムの1時間!通勤通学、ちょっとした空き時間、そしてお昼休みに今日のニュースをアップデート!最新ニュースはもちろん、SNSで話題のモノ/ヒトもスピーディーに独自中継を交えて徹底リサーチ!気になる午後のお天気や交通情報もお届け。元SKE48のキャスター柴田阿弥とママキャスター大木優紀が地上波とは一味違った個性派コメンテーターと共に皆さんのランチタイムに厳選したニュースをお届けします。
香港デモになぜ若者は参加するのか? 過激化する中 日本人観光客も被害に
無料
けやきヒルズ【平日ひる12時〜生放送】 香港デモになぜ若者は参加するのか? 過激化する中 日本人観光客も被害に ネット×TV報道 にとことんこだわったランチタイムの1時間!通勤通学、ちょっとした空き時間、そしてお昼休みに今日のニュースをアップデート!最新ニュースはもちろん、SNSで話題のモノ/ヒトもスピーディーに独自中継を交えて徹底リサーチ!気になる午後のお天気や交通情報もお届け。元SKE48のキャスター柴田阿弥とママキャスター大木優紀が地上波とは一味違った個性派コメンテーターと共に皆さんのランチタイムに厳選したニュースをお届けします。
香港デモ過激化…催涙弾に火炎瓶で応戦 弓矢も
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港デモ過激化…催涙弾に火炎瓶で応戦 弓矢も  政府への抗議活動が続く香港で12日、警察が大学構内に突入して多数の負傷者や逮捕者が出ています。また、デモ隊の行動によって交通機関がまひするなど、市民生活への影響も深刻化しています。  警官隊の催涙弾。対するデモ隊は火炎瓶で応戦です。香港の中文大学で、警察はデモの主力となっている学生らに対してキャンパスでの摘発を本格化させています。別の抗議活動の現場でデモ隊が取り出したのが「弓」。警官隊に向けて弓矢を放っています。ショッピングモールでは、デモ隊の一人が火炎瓶を投げると中央にあったクリスマスツリーに引火。テニスラケットによるガラスの破壊行為のそばで、ツリーはあっという間に火に包まれてしまいました。  香港ではこうした警官隊以外への攻撃も続いています。停止したバスのフロントガラスにスプレーを噴射したり路上に火を放ったりするなど、デモ隊による抗議活動が収まらない香港では今、交通機関への妨害が深刻化しています。そんななか、デモが収まった後に見られたのがボランティアなどが散らかった道路を片付けている光景でした。デモ活動の一方で、この香港の状況を何とかしたいと考える人もいるのです。  発端となった「逃亡犯条例」の改正案が撤回された今も続く激しい抗議活動。林鄭月娥行政長官は学生たちによる過激な行為を強く非難しています。
反権力象徴のマスク “覆面禁止”の香港にあふれる
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 反権力象徴のマスク “覆面禁止”の香港にあふれる  香港で覆面禁止法が施行されてから1カ月となり、街はマスク姿で抗議する人であふれ返りました。ハッカー集団「アノニマス」も着用したマスクに込められたその意味とは。  香港で顔を覆うマスクなどを使用して無許可のデモに参加するのを禁じた覆面禁止法の施行から1カ月となった5日、大勢の参加者が抗議のためにマスクを着用してデモ隊のテーマソングとなった「香港に栄光あれ」を合唱しました。このマスクは「ガイ・フォークスマスク」と呼ばれ、香港でも先月からよく見られるようになりました。  ガイ・フォークスは、今から414年前のイギリスで王を殺害しようとした事件の実行者とされる人物です。ちょうど11月5日がその事件の日にあたりますが、事件そのものは失敗。現在では11月5日は王の無事を祝う祭りが行われる「ガイ・フォークスデー」として知られています。  しかし、王に反抗したこの事件の内容からガイ・フォークスそのものは次第に「権力者への抗議」のシンボルとして使われるようになります。最も有名なのが「アノニマス」。各国政府による抑圧やテロ行為に対してハッキングなどの手段で対抗する集団で、各地で着用しています。  去年からフランスで続く「黄色いベスト運動」は、燃料税の引き上げへの反発からマクロン大統領の辞任を訴える運動に発展しました。最近ではスペインのカタルーニャ地方の独立運動や、スマホアプリへの課税から大規模な反政府デモに発展したレバノンでも参加者が着用する姿が確認されています。  香港では「覆面禁止法施行か…