「高校生 遊び」の検索結果

今すぐ視聴する

第5話 女子かう生とスケボー
女子かう生 第5話 女子かう生とスケボー もも子、しぶ美、まゆみの三人が一緒に歩いていると、線路沿いに置いてあるスケボーを見つける。もも子が手に取って、スケボーに乗って遊び始めると、隣を電車が横切っていく。 それを見たもも子は、まゆみをスケボーに乗せると、電車が横切るのと同時にスケボーを押して、しぶ美に写真を撮ってもらう。 その後、スケボーに一緒に乗って楽しそうに遊び始める三人。 そして、スケボーを置いて帰るとき、もも子がその上に……。
第11話 女子かう生とコタツ
女子かう生 第11話 女子かう生とコタツ 雪が降って北風が吹く中、もも子、しぶ美、まゆみの三人がもも子の家に入って行く。 そして、ストーブを付けてコタツに入ると、ミカンの皮をむいて遊び始める三人。その後も、二人羽織をしたり、目隠し画力対決をしたりと、三人はコタツに入って楽しそうに遊ぶ。 そして、しぶ美とまゆみが帰ろうとした時、もも子がコタツで眠っているのに気付く。すると、二人はもも子の顔で遊び始めて……。
第4話 女子かう生とファミレス
女子かう生 第4話 女子かう生とファミレス ファミレスにやって来た、もも子、しぶ美、まゆみの三人。 しぶ美とまゆみは料理やパフェを注文して美味しそうに食べるが、もも子はお金がなくて料理を食べられずに悔しそうにする。 その後、もも子がテーブルナプキンで動物を作り始めると、まゆみも動物を一緒に作って遊び始る。次第にワニや熊が出てきて激しいバトルを繰り広げる二人。 しぶ美は冷めた様子で二人を見ていたが、ドリンクバーに行ってストローを手に取ると……。
4時限目
なんでここに先生が!? 4時限目 知人の結婚式にでるため、南の島にやってきた佐藤一家。しかしなぜかそこにも児嶋先生が!? 式までの間、二人は海で遊びながら待つことになったが、児嶋が海で足をつってしまったうえ、何かにかまれてしまったかも…!? 佐藤は大好きな先生を救えるのか!?
第1話 女子かう生とふともも
無料
女子かう生 第1話 女子かう生とふともも 女子高生・富戸もも子が教室の机で寝ていると、友達の古井まゆみが入って来る。 もも子のスカートの中が見えてしまい、慌ててスカートを抑えるまゆみ。すると、もう一人の友達・渋沢しぶみもやってきて、もも子のふとももで遊び始める。 その後、二人がいなくなって、もも子が教室で一人リラックスしていると、窓から一匹の蚊が入ってくる。 その蚊を捕まえようと、手をパンと叩くもも子だが……。
10時限目
なんでここに先生が!? 10時限目 レストランでアルバイト中の田中甲のもとに、中学時代の友人である佐藤と鈴木が遊びに来た。ふたりから彼女ができたと告げられ、高校最後の3か月で彼女を作ることを宣言する田中だったが、不注意でぶつかったお客の衣服を汚してしまう。その相手は冷たすぎる言動から「絶対零度の立花」とあだ名されている高校の保健の先生だった!
第6話 時が見えると君は言うけど、 たぶんそれは走馬灯
ハヤテのごとく! 第6話 時が見えると君は言うけど、 たぶんそれは走馬灯 伊澄がナギの家に遊びに来た。ナギは、伊澄が迷子になると予想していたのだが、意外と早くに遊びに来れた。伊澄はちゃんと迷子になったのに、ナギの家に来れたというのだ。どうやらハヤテが連れて来てくれたらしいのだが、何やらトラブルに巻き込まれている様子だというのだ。当のハヤテ本人は、困っていた。以前両親の借金で追い回された黒服たちに偶然再会するならともかく、同時に伊澄を誘拐しようとしていた黒服たちにも再会し、ハヤテ自身が怪しい人物と思われてしまったのだ!
第4話 「俺の妹が夏コミとか行くわけがない」
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第4話 「俺の妹が夏コミとか行くわけがない」 ある日、高坂家に桐乃の表の友人、新垣あやせと来栖加奈子が遊びにやってくる。桐乃から友人たちとは顔を合わせるなとキツく言われる京介。そこに宅配便が届くが、高級化粧品の外箱に惑わされた桐乃は京介から荷物を奪い取る。実は荷物は沙織・バジーナからのもので、表の友人には決して見られてはならないものだった。
第11話 「俺の妹がこんなにメイドなわけがない」
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第11話 「俺の妹がこんなにメイドなわけがない」 母親から買い物を頼まれた京介は、スーパーで麻奈実と出会う。そしてその場の話の流れから、久しぶりに麻奈実が高坂家に遊びに来ることに。だが当日、麻奈実がやって来たことを知って、桐乃が機嫌を悪くする。そして、桐乃は突然、ある行動に出るのだった……。
#12『カメラが持つ価値観を変えた!撮るだけじゃないインスタントカメラ』 富士フイルム・高井隆一郎
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #12『カメラが持つ価値観を変えた!撮るだけじゃないインスタントカメラ』 富士フイルム・高井隆一郎 若い世代のためのインスタントカメラとして、1998年に発売された「チェキ」。 撮ったその場で写真がプリントできたり、操作が簡単なことなどから、女子高校生を中心に支持されてきました。 販売開始から20年、カメラ付き携帯電話やデジタルカメラの登場などの逆境を乗り越え、 今年度の販売台数は過去最高の1000万台が視野に入ってきました。 若い女性だけでなく世界中の消費者たちの遊び心をつかんだ新コンセプトとは何だったのでしょうか? 「カメラが持つ価値観と未来像」について、インスタントカメラの商品企画を担当する高井隆一郎さんを直撃しました。
第12話 再来の王都
Re:ゼロから始める異世界生活 第12話 再来の王都 亡き王にかわりルグニカ王国を運営する賢人会の命により、ロズワールの屋敷に使者としてヴィルヘルムとフェリスがやってくる。急遽王都に行くことになったエミリアに対し、自分も一緒に連れていって欲しいと頼むスバル。遊びではないと反対するエミリアだったが、レムやロズワールの後押しもあり、スバルと共に王都へと向かう。ルグニカ王国の新たな国王となる資格を持った候補者たちが一堂に会し、ついに王選が幕を開ける。
第171話 犬龍、咲き乱れる紅の華
BLEACH 第171話 犬龍、咲き乱れる紅の華 用心棒を引き受けた一護とルキアはさっそく瑠璃千代の護衛を始める。初めて現世に来た瑠璃千代は見るもの全てが珍しいらしく、いちいち一緒に歩く一護に解説を求めてくる。そんな瑠璃千代を思い切って遊びに連れ出すルキア。一護たちのおかげで現世を楽しんでいる瑠璃千代の姿を見た犬龍と猿龍は涙を流して喜ぶのだった。そんな二人に、一護はこれからどうするつもりなのか尋ねる。しかし犬龍の答えは歯切れが悪い。その日の晩、一護の妹「遊子(ゆず)」が瑠璃千代を黒崎家の夕食に誘う。
STAGE5 Dear my friend
宇宙よりも遠い場所 STAGE5 Dear my friend 訓練を終えてから数ヶ月が過ぎ、南極へと旅立つ日が近づいてきたある日。リンの手伝いもあって、どうにか南極へと持っていく持ち物の荷造りを終えたキマリは、めぐみから借りたまま、てっきりなくしてしまったと思っていたゲームを見つける。めぐみにゲームを返すついでに、久しぶりだからとゲームで遊び始めたキマリは幼い頃の思い出を話し始めるが、めぐみは覚えていない様子で……。
第24話 モテすぎて困る苦労はしたこと無いなぁ~
ハヤテのごとく! 第24話 モテすぎて困る苦労はしたこと無いなぁ~ ナギが学校に来ないということで、心配になった咲夜と伊澄がナギの家に遊びに来た。ふと伊澄が自分のストールが無いことに気付き、ハヤテが探すことになった。タマが客間で寝ようとしたとき、ベットの上に伊澄の黒いストールを見つけた。タマが爪でそのストールを取ろうとしたとき、ワタルがそのストールを奪った!そのストールのにおいをふと嗅ぐワタル。その姿を見てしまったハヤテ。このことを二人の秘密にしようとするハヤテに対して、タマは、そのことを広める気マンマン!部屋を飛び出しパソコンルームに入り、ネットで広めようと掲示板にアップしようとするのだった!
第31話 お金持ちでキレイなお姉さんは好きですか?
ハヤテのごとく! 第31話 お金持ちでキレイなお姉さんは好きですか? ナギの家に咲夜が遊びに来るとタマを調教しているナギの姿が・・・。咲夜に助けを求めてくるタマをなだめる咲夜だが、それを見たハヤテは、咲夜が面倒見がいいことに気がつく。咲夜は、兄弟がいるから面倒見が良いのではというが、今は違っているが、ナギも実は昔、咲夜を姉のように慕っていたというのだ。自分にも下の兄弟がいれば、面倒見だってできるということで、ハヤテ相手にお姉さんを演じてみるもどうも上手くいかない。咲夜の提案で、屋敷の敷地内に迷い込んでいる子供を捜して世話をしようということになった。
EPISODE 5 「かばんの隠し事」
戦姫絶唱シンフォギアXV EPISODE 5 「かばんの隠し事」 握られた拳はヴァネッサの猛襲をぶち抜き、ついに彼女の眼前にて開かれた。 怪物が背負う罪は「悪」そのものなれど、心の奥底に悲しさを感じ取る響。 再度の対話を試みるものの、だが、その勇気は闖入者によって踏み躙られてしまう。 日本政府より突如にして不自然、かつ強引に執行される本部への査察。 結果、一時的にではあるが、S.O.N.G.の全機能は不全となり、無力化するのであった。 特別警戒待機を、休息という名目にて強制される装者たち。 特に困惑するのは、遊びを知らぬ者たちであったが、 その解消と気晴らしに響は、先日に断られたばかりのレクリエーションを決行する。 市街へと繰り出す響と未来、そして翼とエルフナイン。 だが、弱き人を守れなかったと自分を責める翼の表情は暗く、どこまでも沈痛。 さらには、誰もが耳を逸らしていた間に交わされた響の気安さが未来を傷つける。 昨日までどうにか均衡を保っていた日常と戦場に生じる小さな綻び。 忍び寄る悪意は、状況をさらに取り返しのつかない事態へと流転させるのであった。