「高橋克典 永井大」の検索結果

「高橋克典 永井大」に関する情報は見つかりませんでした。
「高橋克典」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

#1:俺の作った虹を渡れ!
無料
M 愛すべき人がいて #1:俺の作った虹を渡れ! 「アユ、俺の作った虹を渡れ!」福岡から上京したアユは、高校に通いながら細々とエキストラをこなす日々。 ある日、ディスコ・ベルファインで、カリスマプロデューサー、マックス・マサが次のスターを探していると聞く。運良くマサに出会えたアユだったが、勢いで反抗してしまい...。歌姫誕生に隠された愛と真実の物語、いよいよ開幕。
#2:いいダイヤの原石だ
無料
M 愛すべき人がいて #2:いいダイヤの原石だ 「いいダイヤの原石だ。」アユを引き抜こうとするマサは、アユの事務所の社長の中谷に「アユを譲ってください」と許しを請う。土下座までするマサに心を動かされ中谷は移籍を認める。歌手を目指すアユは、3カ月間ニューヨークへ渡り、そこで鬼講師・天馬まゆみにしごかれることに...3カ月後、帰国したアユを待ち受けていたのは想像を絶する嫉妬渦巻く合宿だった...
#6:アユ、お前は勝ち続けろ!
M 愛すべき人がいて #6:アユ、お前は勝ち続けろ! アルバムが大ヒットし、アーティストとしてもブレイクを果たしたアユとマサは、おおっぴらにはできないながらも着実に愛を育んでいた。そんな二人を横目に、嫉妬に狂ったマサの秘書・姫野礼香は、社長・大浜に、ホテルから出てきた二人の決定的な瞬間の写真をチラつかせて、一気に叩き潰す作戦を持ち掛ける。ある夜、アユとマサが帰宅すると...誰もいないはずの家になぜか礼香が!結託した礼香と大浜によって窮地に追い込まれていくアユとマサ、二人の運命は――?
#4:限界なんて超えろ!
M 愛すべき人がいて #4:限界なんて超えろ! マサはアユのプロモーションに命を懸け、マネージャーの野島美香をはじめ「チーム・アユ」全員に鬼のように立ち向かっていく。なんとかしてマサを叩き潰したい大浜は、流川を呼び出し、アユに勝つためならAxelsに大量のプロモーション費を投入してやると告げるが...。一方、秘書の姫野礼香(田中みな実)は、「会ってほしい人がいるの」と、離婚したマサを強引に呼び出し...。ついに礼香の愛が常軌を逸した暴走を始める――。
#3:お前はアーティストになるんだ!
無料
M 愛すべき人がいて #3:お前はアーティストになるんだ! 「お前はアーティストになるんだ!」社長・大浜は、4人組ガールズグループにアユを追加して5人組でデビューさせるとマサに告げる。反論するマサだが、決定事項だと一蹴される。翌日マサは会議にアユを連れて行き、役員たちの前でソロデビューさせると告げ、アユが売れなかったら会社を辞めると宣言する。彼女の紡ぐ言葉が人々の心に響くと考えたマサは、アユに歌詞を書いてみるよう指示。アユが初めての作詞に四苦八苦する中、心の支えでもある幸子が倒れてしまう...。
#5:これが神様の答えだ!
M 愛すべき人がいて #5:これが神様の答えだ! マサは、FAXで届いたアユからのラブレターを読んでいた。ふと気配を感じ、振り向くと...そこにはウエディングドレスを着た秘書の姫野礼香が!キスを迫る礼香を押しのけ、「結婚できない」と静かに告げる。すると、礼香から笑顔が消えた...。アユからの愛の告白で自分の気持ちに気づいたマサは、アユを呼び出しお互いの気持ちを確かめ合い...。一方、社長の大浜は、マサをたたき潰すため、Axelsに莫大な予算を投入。尊敬していたマサに反旗をひるがえした流川とアユを憎む礼香に、とんでもない提案をする。そしてついに、アユとAxelsは運命のデビュー日を迎える――。
#7:神様に選ばれたアユの運命だ(未公開映像付きオリジナル版)
M 愛すべき人がいて #7:神様に選ばれたアユの運命だ(未公開映像付きオリジナル版) 社長の大浜は、本来ならマサは即解雇だが、解雇しない代わりに会社で3つのビッグプロジェクトを成功させるよう指示する。マサはアユのことを会社全体で守ることを条件に、引き受けることを決意する。いざプロジェクトが始動すると、分刻みのスケジュールに、連日の接待...と、マサは酒を飲んで朝帰りする日々。一方アユは、流川のサポートで、次々とヒットを飛ばしていく。“仕事”のために、少しずつ引き離されていく2人――。そんなある日、礼香の「アユはマサがいない方がいい歌を作る」というセリフが胸に突き刺さったマサは、悲しいシナリオを描き始める。アユとマサ、2人が下す決断は...?そして神に選ばれた歌姫・アユの運命は――?

おすすめの作品

#17 バーサス
あひるの空 #17 バーサス ヤスのシュートが決まり勢いづくクズ高。一方、古賀監督に発破をかけられた蒲地は、これまで以上にやる気に燃えていた。縦横無尽に走る太郎、必死に食らいつく空。一進一退の「走りっこ」が続く中、20分もの間全くスピードが落ちない蒲地に対し、ついに空のヒザがぐらつく。
#40 STOP & GO
あひるの空 #40 STOP & GO クズ高は横浜大栄の試合の映像を見て、練習試合での策を練っていた。その圧倒的な実力に驚愕する面々。しかし奈緒は、ポジションを変えることで勝機を見出そうと告げる。そんな中空は、チームの力になるため、新たな技を習得するべく、太郎のいる北住吉高校を訪れる。
#11 男の意地と女のプライド
あひるの空 #11 男の意地と女のプライド クズ高バスケ部の練習を見学していた奈緒は、「このチームで試合に勝てるとは思えない」と言い放つ。奈緒の分析が正しいかを検証するために、女子バスケ部と試合をすることになった。女子が負けたら円が裸になると奈緒が勝手に約束したため、俄然やる気になった空たちは順調に得点を重ねていくが、奈緒が「作戦」を円たちに実行させると、試合状況が少しずつ変わっていく。
#12 TEAM
あひるの空 #12 TEAM 男子バスケ部と女子バスケ部の試合は続いていた。千秋は奈緒の作戦に穴があることに気づいているようで、奈緒自身もそれを察知する。トビは試合の様子を見ながら、勝てる様子がないことに愚痴るが、そんなトビに奈緒はこのチームには勝つために足りないものがあるのだと話す。勝敗が決し、やる気をそがれてしまった様子の男子バスケ部を見て奈緒は落ち込んでしまうが……。
#13 温度の違い
あひるの空 #13 温度の違い インターハイの予選まで1か月と迫ったある日、奈緒の提案でバスケ部は合宿をすることになった。クズ高がインターハイに出場できると信じる奈緒は、部員たちにハードなトレーニングを課し、部員たちもそれに必死についていこうとする。しかし、安原が真面目に自主練習をしようとする一方、奈緒のアドバイスを聞かず、鍋島と茶木が練習後に遊んでいる姿を見て、トビは辛辣なひと言を放つ。
#14 勝利に向かって
あひるの空 #14 勝利に向かって 鍋島と茶木が合宿から逃げ出し、空は二人を探しに出かけた。中学生とのバスケ対決に手も足も出ず、すっかり落ち込んでいた二人だが、その中学生が女の子からバスケを褒められたところを見た途端やる気になり、合宿に復帰する。合宿初日に食あたりで倒れた百春も復調したところで、奈緒が練習試合を提案。奈緒のいとこの蒲地太郎属する北住吉高校との練習試合が始まる。
#15 男の心意気
あひるの空 #15 男の心意気 北住吉高校との練習試合が始まった。たまたま通りがかり、練習試合を見学に来た丸高の常盤から、北住吉高校のフォワード・蒲地太郎の実力を教えられた空は気を引き締める。試合の最中に、空が弱点を克服していることに気づいた常盤は、クズ高の実力が上がっていると確信。一方、北住吉高校もクズ高の実力に気づき、“戦闘態勢”に入っていく。
#16 最高の始まりと最悪の始まり
あひるの空 #16 最高の始まりと最悪の始まり クズ高と北住との練習試合が続く。奈緒を巡って千秋が蒲地にライバル意識を燃やす一方、百春は中学時代の後輩・小西からの挑発を受け、いらだちを募らせていく。流れが北住に傾いていると感じた空だが、追い打ちをかけるように、蒲地にシュートを決められてしまう。タイムアウトを取った奈緒は、空に蒲地を抑えるように指示。空は蒲地に張り付き、これ以上点を取らせないと心に決める。
#18 今・・・・。
あひるの空 #18 今・・・・。 空がベンチに下がるも、リードしたままラストピリオドに繋げたいクズ高は、交代したチャッキーやナベが奮闘。トビも2人のヘルプ、そして攻撃で躍動する。しかしラスト1分、オールコートであたってきた北住吉についに逆転されてしまう。メンバーの必死の攻防を見ていた空は、第3クオーター残り30秒で交代を申し出る。
#19 誰よりも高く
あひるの空 #19 誰よりも高く 奮起したクズ高が同点に追いつき、ついにラストピリオド。小西の口から百春がついた「ウソ」が明かされた。小西の抱えていた想いや、自分がバスケをやめていた間、絶え間ない努力を続けたことを知り、動揺する百春。空はそんな百春に笑顔で、もう一度飛ぶところを見せてほしいと伝える。