「高橋大輔 動画」の検索結果

今すぐ視聴する

K-1 OUTSTANDING #8
K-1 OUTSTANDING K-1 OUTSTANDING #8 5月18日のK-1 KRUSH FIGHT.101で行われた2大王座戦。ウェルター級タイトルマッチでは王者・木村“フィリップ”ミノルが初防衛戦で、K-1甲子園2連覇中、プロ無敗の現役高校生・近藤魁成を迎え撃つ。女子アトム級王座決定戦では、C-ZUKAと高梨knuckle美穂が新女王の座をかけて激突。
K-1 OUTSTANDING #17
K-1 OUTSTANDING K-1 OUTSTANDING #17 2019年は3月のK’FESTA.2、5月の自身の保持するKRUSHウェルター級王座の防衛戦を連続KO勝利した木村“フィリップ”ミノルが、6月30日に行われたK-1両国大会にスクランブル発進。オーストラリアからやってきたヒットマン、クルーズ・ブリッグス相手に、戦慄のブラジリアンフックは炸裂するのか。
K-1 OUTSTANDING #20
K-1 OUTSTANDING K-1 OUTSTANDING #20 7月21日に行われたK-1 KRUSH FIGHT.103で日本vs中国・7対7全面対抗戦が開催。3年連続となる今回は戦績1勝1敗で迎えた決着戦。日本チームの大将は、過去2大会で大将を務めた卜部弘嵩に代わり弟の功也が出陣。K-1ライト級王座を失った卜部功也は、ここで復活の狼煙を上げる事が出来るのか。
K-1 OUTSTANDING #26
K-1 OUTSTANDING K-1 OUTSTANDING #26 K-1女子戦線のトップを走るKANAが、8・24K-1大阪大会に参戦。地元・大阪出身の真優を相手にK-1の真髄を見せつける事が出来るのか。また、そのKANAと1勝1敗の対戦成績を持つヨセフィン・ノットソンが、8・31KRUSH後楽園大会のリングに登場。3度目の決着戦を見据えた両者の仕上がりやいかに。
K-1 OUTSTANDING #27
K-1 OUTSTANDING K-1 OUTSTANDING #27 K-1唯一のマスクマン・左右田泰臣が、頂点への足掛かりとして狙いを定めたKRUSHスーパー・ライト級王座。前回の奪取失敗から1年半ぶり2度目の挑戦へ。対する王者は、これが初防衛戦となる鈴木勇人。共にKRUSH王者の肩書を手にK-1のトップ戦線へ昇り詰めたい所だけに、激戦必至。ベルトの行方は果たして。
K-1 OUTSTANDING #28
K-1 OUTSTANDING K-1 OUTSTANDING #28 新設されたKRUSHクルーザー級王座をかけて8選手で争われたトーナメントも遂に大詰め。8月31日 KRUSH.104で行われた決勝戦は九州男児対決に。九州時代には同じジムに在籍していた旧知の仲である、K-JeeとRUIの両雄。その胸に去来するのは、過去の感傷か、未来の栄光か。王者となるのはただ一人。
K-1 OUTSTANDING #29
K-1 OUTSTANDING K-1 OUTSTANDING #29 9月16日 KRUSH.105。そのメインはKRUSHスーパー・フェザー級タイトルマッチ。王者は、高校生のうちにベルトを戴冠するという目標を達成した西京佑馬。対するは、7年間もの長きにわたりKRUSHを主戦場に活躍してきたレオナ・ペタス。前回の対戦はレオナが勝利しているだけに、互いの意地が激突する。
K-1 OUTSTANDING #31
K-1 OUTSTANDING K-1 OUTSTANDING #31 11.24 K-1横浜大会~よこはまつり~で行われるK-1第3代フェザー級王座決定トーナメントに出場する、卜部弘嵩、安保璃紅、江川優生、西京春馬の4選手をクローズアップ。着実なステップアップを目指す新世代の3人と、スーパー・フェザー級王座に続く2階級制覇を目論む卜部は30歳。時代がここで変わるのか。
K-1 OUTSTANDING #32
K-1 OUTSTANDING K-1 OUTSTANDING #32 K-1 2019年の掉尾を飾るのは、冬のビッグマッチ2本立て。そこで「横浜or名古屋 どっちの大会ショー」と題して11.24横浜大会を芸人イワイガワが、12.28名古屋大会を実行委員の佐藤嘉洋がプレゼン。“カリスマ”対決、“KO”対決などなど見て聞いて比べて、審査員3組の支持を得るのは、さてどっち?
新K-1伝説 #62
新K-1伝説 新K-1伝説 #62 今回は11月3日に行われた「K-1 WORLD GP 2016 JAPAN ~初代フェザー級王座決定トーナメント~」より、復活のリングに臨む左右田泰臣が、オランダの若獅子、ファワド・セディッキとスーパーファイトで激突。さらに、高校生日本一を決めるK-1甲子園の3階級、-55kg、-60kg、-65kgの決勝戦の模様もお届けします。
新K-1伝説 #107
新K-1伝説 新K-1伝説 #107 9月18日に開催されたK-1 WORLD GP 初代ウェルター級王座決定トーナメントより、強打が交錯するKO必至の激戦、島野浩太朗と皇治のスーパー・フェザー級のスーパーファイトの模様をお届けします。1年半ぶりのK-1参戦となった島野と、2大会連続出場の皇治。この一戦を制し、トップ戦線に浮上するのは。
新K-1伝説 #108
新K-1伝説 新K-1伝説 #108 9月18日に開催されたK-1 WORLD GP 初代ウェルター級王座決定トーナメントより、進化し続ける第2代K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王者、武居由樹が登場。武居が王座戴冠を果たした王者決定トーナメントでは、リザーブファイトへの出場にとどまった伊澤波人が、新王者に意地を見せる事が出来るのか。
新K-1伝説 #109
新K-1伝説 新K-1伝説 #109 9月18日に開催されたK-1 WORLD GP 初代ウェルター級王座決定トーナメントより、再起に懸ける男達の激突。前K-1WORLD GPスーパー・フェザー級王者の卜部弘嵩と、長らく軽量級のトップファイターとして君臨した山本真弘。苦戦が続くベテラン同士の対決を制して、復活の狼煙をあげるのは果たして。
新K-1伝説 #146
新K-1伝説 新K-1伝説 #146 日本vs中国の全面対抗戦勃発。7月22日に行われたKrush.90では、両国を代表する7名の猛者が全面対決。これまで中国で行われた3度の対抗戦では、いずれも中国側が勝ち越しているだけに、ホームであるKrushのリングでは日本側が一矢を報いることが出来るのか。国の威信をかけた、格闘戦争の結末やいかに。
新K-1伝説 #61
新K-1伝説 新K-1伝説 #61 今回は11月3日に行われた「K-1 WORLD GP 2016 JAPAN ~初代フェザー級王座決定トーナメント~」より、スーパーファイトの2試合をお送りします。外国人選手が猛威をふるうスーパー・ウェルター級は、日本での実績も充分のサニー・ダルベックに、日本人最後の砦、城戸康裕が挑む一戦。今回より新設されたウェルター級は、それぞれがエース宣言した久保優太と牧平圭太の対決。大舞台で実力を示し、トップ戦線に躍り出るのは果たして。
More センター争奪麻雀バトル#1
More センター争奪麻雀バトル More センター争奪麻雀バトル#1 女流雀士16人で構成された本格アーティストグループMoreの次期センターを決めるための麻雀バトル!16名が4組に分かれて半荘1回を打ち、トップを取った者が決勝進出。決勝戦で勝利を納めた者がMoreの次期センターとなる。16人の意地とプライドを賭けた戦いの幕が切って落とされる!
More センター争奪麻雀バトル#2
More センター争奪麻雀バトル More センター争奪麻雀バトル#2 女流雀士16人で構成された本格アーティストグループMoreの次期センターを決めるための麻雀バトル!16名が4組に分かれて半荘1回を打ち、トップを取った者が決勝進出。決勝戦で勝利を納めた者がMoreの次期センターとなる。16人の意地とプライドを賭けた戦いの幕が切って落とされる!
More センター争奪麻雀バトル#3
More センター争奪麻雀バトル More センター争奪麻雀バトル#3 女流雀士16人で構成された本格アーティストグループMoreの次期センターを決めるための麻雀バトル!16名が4組に分かれて半荘1回を打ち、トップを取った者が決勝進出。決勝戦で勝利を納めた者がMoreの次期センターとなる。16人の意地とプライドを賭けた戦いの幕が切って落とされる!
More センター争奪麻雀バトル#4
More センター争奪麻雀バトル More センター争奪麻雀バトル#4 女流雀士16人で構成された本格アーティストグループMoreの次期センターを決めるための麻雀バトル!16名が4組に分かれて半荘1回を打ち、トップを取った者が決勝進出。決勝戦で勝利を納めた者がMoreの次期センターとなる。16人の意地とプライドを賭けた戦いの幕が切って落とされる!
More センター争奪麻雀バトル#5
More センター争奪麻雀バトル More センター争奪麻雀バトル#5 女流雀士16人で構成された本格アーティストグループMoreの次期センターを決めるための麻雀バトル!16名が4組に分かれて半荘1回を打ち、トップを取った者が決勝進出。決勝戦で勝利を納めた者がMoreの次期センターとなる。16人の意地とプライドを賭けた戦いの幕が切って落とされる!