「髪の毛 すく」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

アルバイト女性を丸刈りか 弁当に髪の毛クレームで
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 アルバイト女性を丸刈りか 弁当に髪の毛クレームで  無理やり丸刈りにしたとして逮捕されました。  脅迫と暴行の疑いで逮捕されたのは、高松市の弁当販売店の店員・河野裕子容疑者(35)と店長の中條久美子容疑者(53)です。警察によりますと、2人は客から弁当に髪の毛が入っていたとクレームがあったことに腹を立て、先月20日にアルバイトの女性(当時24)に対して「坊主にしろ」「おどれ言うこと聞かんのか」などと脅し、河野容疑者が女性の髪の毛を丸刈りにした疑いが持たれています。調べに対して河野容疑者は容疑を認めていますが、中條容疑者は容疑を否認しています。
第270話 衝撃告白! 勉三さんはツンツルテン!?
キテレツ大百科 第270話 衝撃告白! 勉三さんはツンツルテン!? 勉三の部屋を覗いたコロ助はビックリ!なんと勉三の髪の毛がなかった!誰にも言わないと心に決めるコロ助。そんな時、熊八が皆をプールに連れて行ってくれることになる。偶然そこに勉三とゆきがいた。無理矢理ウォータースライダーに乗せられてしまう勉三。このままでは勉三がカツラだとバレてしまう!どうする、コロ助!!
年の差夫婦編#3 言ったら離婚?妻に言えない夫の願い
無料
いきなりマリッジ3 年の差夫婦編#3 言ったら離婚?妻に言えない夫の願い ■見どころ■ 【ジュンペイ(39)×ヒナ(24):15歳 年の差“夫婦”】 「髪の毛乾かして」夫のジュンペイに甘える妻のヒナ。 オーストラリアの新婚旅行で話は30日間の新婚生活の“後”の話へ。ラブラブな2人は順風満帆。 かと思いきや…ジュンペイのヒナに言えないたった一つの願いとは?
#7 電撃ショックがこわい!/念力ウラミのあやつり人形
うる星やつら デジタルリマスター版 #7 電撃ショックがこわい!/念力ウラミのあやつり人形 「電撃ショックがこわい!」ラムのツノに可愛い黄色いリボン。あたるの真心のこもった贈物、ではなくて錯乱坊印の超能力封じ込めのお守り。勝利を喜ぶあたるだったが、ラムはますますあたるに頼りきるようになって…。 「念力ウラミのあやつり人形」ラムの星でいま大流行の『念動力人形』。その人形の中に動かしたい人の髪の毛を入れると、自由にその人を操れるというオモチャ(?)なのだ。あたるは今こそ積年の恨みを晴らそうと錯乱坊の人形を作るが…。
#43『掃除を手軽に変えた!気づいた時にすぐに掃除できるコロコロ』二トムズ コロコロブランド部長:川田勉
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #43『掃除を手軽に変えた!気づいた時にすぐに掃除できるコロコロ』二トムズ コロコロブランド部長:川田勉 カーペットなどに付着した髪の毛やホコリを、器具を転がすだけで簡単に取ることができる、 そうした手軽さで家庭の必需品となったのが、1983年に誕生した「コロコロ」です。 開発のきっかけとなったのは、社内で発生した大量の返品業務。来る日も来る日も製品の梱包に明け暮れる中、ある社員の取った“ある行動”がコロコロ誕生につながったといいます。「この製品が実現すれば日本の掃除文化が変わるかも...」そう意気込んだのはいいものの、長年、工業用製品を製造してきた川田さんの会社。掃除用品どころか消費者向けの商品について開発のノウハウがなかったため、大きな苦労が待ち受けていました。 今回は川田勉さんに、研究開発における苦労秘話と、コロコロが日本人の掃除文化をどう変えたのかをお聞きしました。 【提供】日産自動車
#55『床掃除の負担を変えた!“手軽で綺麗に”フローリング用ワイパー』花王:柳田 浩幸
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #55『床掃除の負担を変えた!“手軽で綺麗に”フローリング用ワイパー』花王:柳田 浩幸 かつて、床掃除といえば雑巾がけが主流でしたが、体への負担が大きく、特に妊婦や腰痛持ちの人などには辛い作業でした。その悩みを解消したのが「フローリング用ワイパー」です。 柳田さんが「フローリング用ワイパー」の開発に着手したのは、1987年のこと。日本人の生活環境が変化し、住宅のフローリングが定着してきた時期でした。 辛い雑巾がけではなく、もっと簡単に床掃除をできないか... 7年に及ぶ試行錯誤の末、ようやく完成した「フローリング用ワイパー」。 細かなホコリや髪の毛を簡単に掃除できる画期的商品...その素材のヒントになったのは、まさにフローリングだからこそ使われるようになったカーペットだったといいます。 今回は柳田さんに、開発の際の苦悩から、ゴミをきれいにとることができる仕組みまで、たっぷりと伺いました。 【提供】日産自動車
メニュー消え、寿司マシンも…ポストコロナ新常識へ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 メニュー消え、寿司マシンも…ポストコロナ新常識へ  レストランからメニューが消える。これがポストコロナの日常になるのでしょうか。  2カ月以上、外出制限が解除されていないニューヨーク市。ニューヨークにある飲食店は客を入れての営業は行っていませんが、なんだか忙しそうです。機械から無造作に落ちてきたのはご飯の塊。これは握り寿司用に適度な量のシャリを作ってくれる寿司マシーンです。この高級寿司店は営業が認められているテイクアウトやデリバリーに踏み切るため、握り寿司用と太巻き作り用の寿司マシーンを導入。注文が集中しやすい時間帯でも大量生産できるようになり、店の経営を安定させています。  売り上げが落ちていないことで約8割の従業員の雇用を守っているということです。ニューヨーク市では業種別に4段階に分けて経済活動を再開させる方針です。第1段階の建設業や製造業などは来月上旬に再開される見通しですが、飲食店は第3段階に分類されているため、営業再開の見通しは立っていません。そんななか、ポストコロナ時代のレストランの在り方が模索されています。  ステーキ店「ブルックリン・チョップ・ハウス」では営業再開を見据えて入り口にこの大型の機械を導入。詳細は分かりませんが、人が通過する際に体温を測定すると同時に髪の毛や服を殺菌できるとのこと。テーブルに置かれているのはメニューの代わりにQRコード。これをスマートフォンなどで読み込むとメニューが表示されます。多くの人が触れるメニューは感染源になるとの判断から廃止。また、従業員にはシールド付きの帽子をかぶらせる方…
第2話
キツネちゃん、何しているの? 第2話 地下鉄4号線に乗ったビョンヒは、子宮模型ボックスを抱いてドアの前で泣いているところに、自分のことを社長だととんでもない呼び方をするチョルスの電話を受ける。席を取って座ったビョンヒは、うとうとしながら目が覚めると、終点の烏耳島駅に降りる。舞台から降りてきたジュニは、メインモデルと言い争って髪の毛を掴んで戦い、遅れてきたピョンガクはジュニを引っ叩く。ビョンヒは占い師に愛嬌がないと言われ失望し、焼き貝屋で焼酎を飲みながらスンヘと通話する。あたふたと烏耳島駅へ走って行ったビョンヒは、ちょうど終電が出発したところだと聞いて、スンヘに電話して迎えに来るよう頼む。スンへは倉庫で塗装しているチョルスに鍵を投げ、烏耳島に行ってこいと言う。嫌々烏耳島に行ったチョルスは、酒を飲んで居眠りしているビョンヒを見つけて背負っていく。地面に座り込んでいたビョンヒがお尻の下にあった車のキーを海に投げてしまうと、チョルスは絶叫する。仕方なくチョルスはビョンヒを背負って近くのモーテルに向かう。
福祉施設のマスク不足解消へ「おすそわけしマスク」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 福祉施設のマスク不足解消へ「おすそわけしマスク」  濃厚接触が避けられない福祉の現場では、マスクが大幅に不足しています。そんな状況を救う画期的なプロジェクトが立ち上がり、感謝の声が上がっています。  浜松市に届けられた段ボール箱。中身は100万枚のマスクです。医療現場だけではなく、福祉の現場でもまだ大幅に不足しているというマスク。実はこちら、1箱55枚のマスクを買うと、そのうち5枚が福祉施設に寄付されるという「おすそわけしマスク」というプロジェクトが仕入れたマスクでした。  今後も続くと心配される福祉施設のマスク不足。障害のある子の学童保育といわれる放課後等デイサービス。職員は常に子どもたちに寄り添うためマスクは絶対に欠かせない存在です。しかし、なかなか手に入らないマスクに一時は閉鎖を考えたことも。  そんななかで知った、おすそわけしマスクの存在。寄付を依頼すると、なんと2日後にはマスク300枚が届いたそうです。すでに全国600以上の施設から25万枚を超える依頼があるといいます。
“マスク新生活”で新たな問題 専用の自販機も登場
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 “マスク新生活”で新たな問題 専用の自販機も登場  休業要請の緩和で外食の機会も増えますが、今や手放せないマスクの取り扱いに新たな悩みを抱える人が増えています。  何かと過敏になっている人もいるマスクの取り扱い。最近のマスク関連商品のなかには、素材は和紙。マスクも入れておけるケースです。暑さで外したり、食事で外すなど使用済みの置き場に困ったマスクを持ち運ぶグッズが登場しています。  ところ変わって、こちらは金属を加工する工場。一体、何を作っているか分かるでしょうか。パソコン上で描かれていたのは…猫?この設計図をもとに金属が削られて、猫の形になりました。実はこれ、ただ可愛いだけではありません。洋服掛けではなくマスク掛け。発案には猫が一役買っているといいます。様々な使い方ができて、医療従事者からも好評だといいます。  使用済みマスクのポイ捨て防止に特化した専用の商品も売り上げが伸びています。元々、エチケット袋を作っていた会社ではマスク用を開発。3日で約600セットも売れているといいます。  マスク専用は自販機でも。  富士電機食品流通事業本部・秋本哲課長:「マスクを引き続き着けていく社会のなかで、いつでもどこでも買えるような場を提供していきたいと」  例えば、駅でも。ライブ会場でも。マスクの購入が手軽になるかもしれません。すでに商業施設などから問い合わせの連絡が来ているといいます。人が触れそうなボタンや商品の取り出し口は抗菌仕様になっていて、自販機の中には100セット以上のマスクが入るといいます。