「魔法 少女 俺 2 話」の検索結果

今すぐ視聴する

第4話 この強敵に爆裂魔法を!
この素晴らしい世界に祝福を! 第4話 この強敵に爆裂魔法を! 「魔王軍の幹部は、それはもうお怒りだった」 街の近くに魔王軍の幹部が住み着いたせいで、弱いモンスターが隠れてしまった。スキルアップを目指すカズマは完全足踏み状態。やることもなく、廃城に爆裂魔法を打ち込むというめぐみんの特訓に付き合うカズマ。晴れの日も、氷雨の日も、毎日続くその特訓。そんなある日、ギルドから緊急クエストの報が響き渡る。街の正門前に現れたのは魔王軍の幹部、首なし騎士のデュラハンだった。その怒りに満ちた声が響く。「……ま……ままま、毎日毎日毎日毎日! おお、俺の城に、毎日欠かさず爆裂魔法撃ち込んでく頭のおかしい大馬鹿者は、誰だあああああああーー!」
第8話 この冬を越せない俺達に愛の手を!
この素晴らしい世界に祝福を! 第8話 この冬を越せない俺達に愛の手を! 「私、魔王軍の8人の幹部のひとりですから」 ポンコツメンバーのおかげでまともにクエスト報酬を得られず、暖炉の薪にも困る貧乏生活。そこでカズマは一計を案じ、ウィズという女性が営む魔道具店へと足を運ぶ。目的はウィズから有用なスキルを教えてもらうことだったが、ウィズが気に入らないアクアは何かと突っかかり、さらに彼女の素性を知ると退治しようとするわ、スキル習得の邪魔をするわで、カズマにひっぱたかれる始末。そんな騒ぎのなか、ウィズに除霊の依頼が舞い込む。「ここか。例の屋敷は」……現場に来たのはなぜかカズマ一行!?

おすすめの作品

第5話 町内は罠だらけ??  崖っぷちまぞくの新たなる能力
まちカドまぞく 第5話 町内は罠だらけ??  崖っぷちまぞくの新たなる能力 バイト代で桃への借金を完済したシャミ子。残りのお金で良子にプレゼントをしようと商店街で待ち合わせするも、いつの間にかついて来ていた桃を良子に目撃されてしまう! 良子に語っていた魔法少女との戦いの話が盛りに盛った嘘だとバレてしまうのを恐れたシャミ子は、桃を魔法少女ではなく親友として良子に紹介するのだが…
第2話 スポ根ですか!? 万物は流転する
まちカドまぞく 第2話 スポ根ですか!? 万物は流転する 魔法少女・千代田桃との歴然とした力の差を見せつけられたシャミ子。桃を倒すため特訓を決意したのも束の間、いつの間にか近くで話を聞いていた桃に勢いで決闘を申し込んでしまう。決闘の日は週末。果たしてシャミ子はそれまでに強くなれるのか!? そして増額してもらったシャミ子のお小遣いの行方は!!?
第4話 心研ぎ澄ませ!! 魔法少女の新たなる力
まちカドまぞく 第4話 心研ぎ澄ませ!! 魔法少女の新たなる力 ご先祖像に謎のスイッチがあるのを発見した桃は、自分が対処できるうちにと迷わずオン! 出し抜けな桃の行動に文句を言うシャミ子であったが、不意に気が遠くなり……気づくとそこはご先祖様のいる封印空間!? 謎のスイッチの正体――それは、ご先祖様が子孫の体を借りて戦うことができる「ごせんぞスイッチ」だった‼
第8話
まちカドまぞく 第8話 【WEB最速】「まちカドまぞく」毎週金曜日23時30分に最新話をWEB最速放送!【Abemaビデオで最新話無料】
第1話 優子の目覚め!! 家庭の事情で今日から魔族
無料
まちカドまぞく 第1話 優子の目覚め!! 家庭の事情で今日から魔族 どこにでもいる普通の女子高生・吉田優子は、ある朝目が覚めるとツノと尻尾が生えていた。パニクる優子に母・清子が告げたのは衝撃の事実。「吉田家は古代より闇を糧とするもの……封印されし『闇の一族』の末裔なのです」一族の封印を解くべく、闇の力に目覚めた優子と一族の宿敵・魔法少女との戦いが今、幕をあける……?
第10話
無料
まちカドまぞく 第10話 【WEB最速】「まちカドまぞく」毎週金曜日23時30分に最新話をWEB最速放送!【Abemaビデオで最新話無料】
第9話
まちカドまぞく 第9話 【WEB最速】「まちカドまぞく」毎週金曜日23時30分に最新話をWEB最速放送!【Abemaビデオで最新話無料】
Episode21 横浜騒乱編Ⅲ
魔法科高校の劣等生 Episode21 横浜騒乱編Ⅲ 論文コンペの準備が進む中、紗耶香が実験機の傍にいる不審な少女を発見。エリカたちの協力を受け、その少女・平河千秋を捕まえた。花音が事情を聞いたところ、千秋の動機は八つ当たりともいえる達也個人への恨みだった。パスワードブレイカーという違法の品を持っていたことから、黒幕の存在は明らかであったが、達也は想定の範囲と意に介さない。一方、千秋の事件がおとりだと察したエリカは、レオとともに独自に動き出す。
第3話 悪夢か吉夢か!? 闇のドアストッパーさん降臨
まちカドまぞく 第3話 悪夢か吉夢か!? 闇のドアストッパーさん降臨 休日に惰眠を貪っていたシャミ子は自分の名前を呼ぶ何者かの声に気づく。まどろみの中で目を開けると、そこにはなんとなく見覚えのあるツノと尻尾の生えた金髪の女の子が! 「余はおぬしの祖先‼ 闇の一族の始祖だ‼」ご先祖さまはシャミ子が魔族として目覚めてからの活動について何か言いたいことがあるようで……
第6話 あすへの決意!! 重いコンダラ止まらない
まちカドまぞく 第6話 あすへの決意!! 重いコンダラ止まらない リリスの企みに乗せられて桃の潜在意識へと侵入することになったシャミ子。目的は桃が起きたあと自ら生き血を献上するよう暗示をかけること。しかし侵入した空間はヘドロまみれで、そこにいたのは今よりも髪が長くて背の小さい子供の桃だった! 戸惑うシャミ子、果たして思惑通り桃の生き血を手に入れることができるのか!?