「魔法少女 俺 2話」の検索結果

「魔法少女 俺 2話」に関する情報は見つかりませんでした。
「魔法少女 2話」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

episode42-1
「せいぜいがんばれ!魔法少女くるみ」第2期 episode42-1 【独占先行】『ポンコツクエスト』の松本慶祐が監督・脚本を手掛ける本作を隔週土曜23時00分に独占先行放送!本編翌週には声優陣による特別番組も
episode32-1 失神KO!姉弟喧嘩はフリースタイル!
「せいぜいがんばれ!魔法少女くるみ」第2期 episode32-1 失神KO!姉弟喧嘩はフリースタイル! くるみの弟、ももひとが初登場!姉弟喧嘩をしていた所を怪人に襲われる!くるみは正体を隠しつつ、ももひとを守れるのか!?
第2話 スポ根ですか!? 万物は流転する
まちカドまぞく 第2話 スポ根ですか!? 万物は流転する 魔法少女・千代田桃との歴然とした力の差を見せつけられたシャミ子。桃を倒すため特訓を決意したのも束の間、いつの間にか近くで話を聞いていた桃に勢いで決闘を申し込んでしまう。決闘の日は週末。果たしてシャミ子はそれまでに強くなれるのか!? そして増額してもらったシャミ子のお小遣いの行方は!!?
第12話 伝えたい想い!! まぞく新たなる一歩!!
まちカドまぞく 第12話 伝えたい想い!! まぞく新たなる一歩!! 自分自身の戦う理由をやっと見つけられたシャミ子は傷心の桃を追いかけ町を奔走する。放っておくと自分の前から居なくなってしまいそうな桃。引き留めるため、シャミ子は桃を探すことを決意する。町を見下ろせる高台で桃を見つけたシャミ子。果たしてシャミ子が桃に語る誘惑の言葉とは――? そして桃の返答は――
EPISODE 2 七つの星と永遠の檻(はこ)
ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- EPISODE 2 七つの星と永遠の檻(はこ) ライネスとメルヴィンからロード・エルメロイⅡ世に持ちかけられた難題――それはかつての彼の教え子、メアリ・リル・ファーゴにまつわる事件だった。 メアリは天体科を統べるアニムスフィア家の一門、ファーゴ家の一人娘。 かつての恩師の力を必要としたメアリに応じ、ファーゴ邸を訪れたロード・エルメロイⅡ世とグレイが目にしたのは、メアリの父、アーネスト・ファーゴのバラバラ死体だった。 天体科の伝統から外れ、現代魔術の様相を呈しているという犯行現場に対し、ロード・エルメロイⅡ世は解明に乗り出す。
EPISODE 12 魔眼蒐集列車 6/6 雷光と流星
ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- EPISODE 12 魔眼蒐集列車 6/6 雷光と流星 犯人として突如拘束されたのは、カウレス・フォルヴェッジ。魔眼オークションを中断し推理を披露するロード・エルメロイII世のもとに、ロンドンにいたはずのライネスも駆け付ける。彼女が連れてきたのはカウレス・フォルヴェッジ本人で、ここまで魔眼蒐集列車で同行していたのは真犯人が化けていた偽のカウレスだった。 かくしてロード・エルメロイII世の口から語られる真犯人の名前。それは先代の現代魔術科学部長、『妖精に心臓を盗まれた男』と言われたその人で――。
第22話 「石像(ゴーレム)」
とある魔術の禁書目録 第22話 「石像(ゴーレム)」 放課後。上条とインデックスは、「ともだち」になった風斬とともに地下街へ。食事をしたり『魔法少女カナミン』コスプレに着替えて撮影をしたりと、インデックスいわくの「ガッコー生活」を楽しんでいた3人だったが、風紀委員(ジャッジメント)の少女に呼び止められる。学園都市に侵入した「テロリスト」捕獲のため、隔壁をおろして地下街を閉鎖するという。即刻避難を命じられ、地下街を移動している途中、3人は奇妙なものを見つける。それは壁に張り付いた眼球――ゴーレム魔術の一端だった。その眼球から放たれた「ぶち殺す」という物騒な言動に、インデックスと風斬を逃がそうとする上条。そんな彼らのその目の前に、美琴とその後輩・白井黒子が風紀委員として現れる。これで避難も無事成功……と思いきや、なぜか上条を巡って美琴とインデックスの「戦い」が始まってしまい……!?

おすすめの作品

第2話 俺に襲い掛かる負のスパイラル
俺を好きなのはお前だけかよ 第2話 俺に襲い掛かる負のスパイラル まさかの『ダブル告白』によって、夢の高校生活が茨の道へと早変わりしてしまった……。あ、どうも。『俺』ことジョーロです。しかーし! そんなことでハーレム高校生活を諦める俺じゃねえ。ひまわりとコスモスの二大美少女の恋の手助けをしながら、おこぼれをもらう作戦を決行中よ。……にしても、目の前にいるこの毒舌ストーカー女はいったいなんなの? いやがらせひどくない? 名前もパンジーとかいうわりに可愛らしさゼロ。挙句の果てには、なぜか俺の大親友・サンちゃんからは、『パンジーとの恋を手伝ってくれ』とお願いされ……!
Episode.02 パンドラの箱
ありふれた職業で世界最強 Episode.02 パンドラの箱 「邪魔するものは誰であろうと必ず殺す」――生きて帰るため、そう誓ったハジメ。変貌を遂げ、強化された能力で錬成した武器・ドンナーを使って、次々と魔物を倒しては喰らい、自らをさらに強化していく。一方、香織はハジメを失った現実を受け入れられないでいた。そして、迷宮を突き進むハジメは、異様な雰囲気を持つ扉を見つける。
Episode.12 忍び寄る影
ありふれた職業で世界最強 Episode.12 忍び寄る影 ミュウを救ったハジメたちはイルワの手紙を届けるため、宿場町ホルアドのギルドを訪ねる。そこへ、必死な形相をしたクラスメイトの遠藤浩介が現れる。遠藤は迷宮で魔人族に襲われた仲間たちを救うため、助けを呼びに地上へ戻ってきたのだという。ハジメは実力を知った遠藤に、協力を求められるが――。
2話「カプリスの繭Ⅱ」
グリザイアの楽園 2話「カプリスの繭Ⅱ」 体調の不調から、自らの「仕事」に支障をきたすようになった麻子。彼女の異変を肌で感じていた雄二は、彼女の負担を肩代わりすることで、自分の生きる意味を見いだせるのではないかと考え始めていた。雄二の意思を尊重しようとする麻子。しかし、ふたりを身近で見守ってきたJBは、自ら進んで暴力の世界に戻ろうとする雄二に、危うさを感じていた。雄二の身を案じて強く反対するJBだったが、そんな彼女を説得したのも他ならぬ雄二自身であった。そして、本格的な訓練を受けるため、麻子とともに渡米することとなる。初めて自らの意思で歩みはじめた新天地。しかしその道もまた、厳しく険しいものだった。
第12話 激突!江戸っ子合戦
こちら葛飾区亀有公園前派出所 第12話 激突!江戸っ子合戦 町内の御輿かつぎの競争で、俺こそ江戸っ子という男と壮絶なバトルを繰り広げた。寿司屋で再会した二人はまたも
第12話
高潔な君 第12話 ガンフンがパーティーから帰ろうとするユンソにキスをするとパーティーにいた人々が一斉に写真や動画を撮り始める。ガンフンはユンソを送る車の中でキスをしたのは間違いだったと告げる。翌日インターネット上にキスの動画が流出し大騒ぎになる。頭からユンソが離れないガンフンはカン室長から一緒に住めば女性への幻想が崩れると聞き、ユンソと同居してみることを決心するが...
第2話
無料
高潔な君 第2話 撮影を抜けだしたチャールズを捜しに外へ出てきたガンフンに出会ったユンソ。ガンフンに犬へ気を遣うように求めるがガンフンは干渉するなと冷たく言う。しかしチャールズとスタジオに戻ったガンフンはアイスパックを用意するなど気を遣うようになる。ある日、地下駐車場で拉致されたガンフンは、とある田舎に監禁される。犯人グループがゲームに夢中になっている隙に逃走を図ろうとするが...
第2話 かぐや様は交換したい/藤原ちゃんは出かけたい/白銀御行は隠したい
かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第2話 かぐや様は交換したい/藤原ちゃんは出かけたい/白銀御行は隠したい 恋愛は百戦錬磨というイメージを付けられていた白銀は、交際経験がゼロなのにもかかわらず、ある男子生徒から恋の相談を受けてしまう。もしここでボロを出してしまったら、生徒会長としての威厳が保てない。焦った白銀は「恋愛のことなら俺に任せろ!」と無理を承知で引き受けてしまった。その様子を見ていたかぐやは、会長の恋愛観を探るチャンスを逃すまいと盗み聞きをするが、白銀のアドバイスはあまりに予想外で……。
第12話 花火の音は聞こえない 後編/かぐや様は避けたくない
かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 第12話 花火の音は聞こえない 後編/かぐや様は避けたくない 生徒会のメンバーと花火大会へ行く約束をキャンセルしてしまったかぐやは、暗い自室に一人閉じこもっていた。落ち込んだ様子を心配した侍女の早坂はかぐやを励まし、屋敷を抜け出す計画があることを告げる。執事たちの目をかいくぐって、何とか会場に辿りついたかぐやだったが、花火大会はすでに終わっていた……。皆と一緒に花火が見たかったと涙するかぐや。そこに「だったら俺が見せてやる」と懐かしい声が響く。
第十二話 グッドモーニング アゲイン SAGA
ゾンビランドサガ 第十二話 グッドモーニング アゲイン SAGA 【第12話】 《さくら》の記憶が戻らない。 まったく「持っとらん」「持っとらん」とうらめしかやつだ。 だが、ここで諦める巽幸太郎ではない。 自分を信じろ。 俺は必ずアルピノのステージに『フランシュシュ』を立たせる。 そこからがプロジェクトの本当の始まり。 『ゾンビィランドサガ・プロジェクト』の始まりなのだ。                        ―――――《巽幸太郎》の日記より