「魔王 3話」の検索結果

今すぐ視聴する

第3話 キラー・クイーン
無料
魔王様、リトライ! 第3話 キラー・クイーン ヤホーの街に着いた九内とアク。ふたりを追いかけてきたルナに、九内は智天使について尋ねるが、力尽きて消滅したという。その頃「三聖女」の次女、キラー・クイーンがヤホーの街に向かっていたが、そこでは三聖女を亡き者とするため、サタニストたちが暗躍していた―――。
第3話 「魔王、新宿で後輩とデートする」
はたらく魔王さま! 第3話 「魔王、新宿で後輩とデートする」 財布を落とし、断腸の思いで魔王城であるヴィラ・ローザ笹塚への一泊を願い出た勇者エミリアこと、遊佐恵美。翌日、早々に引き上げて自宅に帰ると、テレビでは銃撃事件現場の様子を伝えていた。そこは、昨夜真奥と恵美が魔力エネルギー弾によって何者かに襲撃された場所であった。野次馬の中に真奥と芦屋が一瞬映っていたが、気にしないようにして自分の仕事場であるテレアポセンターに向かう恵美。しかし彼女の職場に“勇者と魔王を知る者”からの電話が掛かってくる。
第13話 「魔王と勇者、真っ当に仕事に励む」
はたらく魔王さま! 第13話 「魔王と勇者、真っ当に仕事に励む」 「エンテ・イスラに帰らなければならないんだ」そう告げる真奥に「私も連れていってください!」と泣きながら訴える千穂。しかし真奥は悲しげに首を振る……。そんな夢を見た千穂は、真奥が本当に帰ってしまうのではないかと不安を覚える。また恵美も、幡ヶ谷を支配したと宣言する真奥の夢を見て、改めて気を引き締めた。そんな折、真奥は木崎に1週間の休みを願いでる。それを聞いた千穂は、このまま帰ってこないつもりではと問いただすが、真奥は否定するのだった……。
第3話 魔族襲来
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術~マジ魔王Ver~ 第3話 魔族襲来 すべての女性と女性の味方の味方、戦士エミールから戦いをふっかけられるディアヴロ。和解の後、ウルグ橋砦への簡単なクエスト回収へシェラと向かうが、到着後にエデルガルト率いる魔族襲来の事態を知る。一方ファルトラ市に残ったレムは、セレスティーヌとの話の途中に、あの男の突然の訪問を受ける…。
第13話 「斜陽の家」
SHUFFLE! 第13話 「斜陽の家」 魔界に帰ったプリムラ。寂しい芙蓉家。稟と楓はいつものように振舞うが・・・。どうもギクシャクしている稟と楓。プリムラのことが心配な二人。そんな中、心配な稟は、プリムラの容態を聞きに魔王家を訪れる。連絡が入れば教えるという魔王。その頃、魔界研究所では、最後の手段とされる治癒方法について語られていた・・・。
第3話 「憶えてますか?」
SHUFFLE! 第3話 「憶えてますか?」 朝から神王と魔王の暑苦しい挨拶を受けて、通学してく稟と楓、そして、リシアンサスとネリネ。プリムラは、お留守番。一人お見送り。季節は、ちょうど、梅雨時。ずっと降り続く雨。みんな陰鬱な気分になるも、リシアンサス一人だけは、ウキウキ気分。どうやら、彼女には雨にまつわる、とても楽しい想い出があるようだった・・・。
第23話 「明かされた真実」
SHUFFLE! 第23話 「明かされた真実」 病院。病室。輸液の入った点滴。医師たちの会話。医者に迫る稟。制する亜麻。病院の中庭に稟を呼び出した亜麻は、ゆっくりと、それでいて、しっかりと、自身の過去、そして自分と娘、亜沙の置かれた境遇について話し始める・・・。亜麻の想いを真摯に受け止める稟。
第113話 地震! カミナリ! 火事! コラー大魔王!?
無料
キテレツ大百科 第113話 地震! カミナリ! 火事! コラー大魔王!? ブタゴリラがリトルリーグのコーチにスカウトされた!? 「練習を見て上げる」と言われ、コーチに呼び出されたブタゴリラだが、実際には誰もいない空き地で、コロ助と一緒に野球をすることだった。しかも、ブタゴリラの打ったボールが隣りの家に飛び込み、ガラスを割ってしまう。それなのに、コーチは翌日も同じ場所で、同じように練習をしようと言うのだった。
第3話 魔道士と錬金術
トリニティセブン 第3話 魔道士と錬金術 夏の海、南国の島、水着姿の美少女たち……。なぜかアラタは焼きそばを焼いている。仕方がない。彼のせいで崩壊した学園を、学園長が修復しているらしい。美少女たちと混浴温泉を楽しみながら、魔王候補アラタはテーマを決定する「支配」だ!
第3話 この右手にお宝を!
この素晴らしい世界に祝福を! 第3話 この右手にお宝を! 「見られている……っ!むくつけき男たちが私の肌を見て興奮している!」 宴会芸の習得に精を出す駄女神のアークプリーストに、1日1発しか爆裂魔法を撃てない残念なアークウィザード、幸運だけが取り柄の自分……。そんなダメダメなパーティが編成されつつあることに失望を覚えるカズマ。失望感冷めやまぬところにパーティ入りを熱望してきたのは、力と耐久力はあるが、攻撃がまったく当たらないと自負するクルセイダーのダクネスだった。粘液まみれのドロドロになるような辱めを「私も…!」と望むドMっぷり。「こいつも性能だけでなく中身までダメな系」と悟ったカズマは、ダクネスの加入を阻止したいと願うのだが……。