「鮮度とスピード」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

豊洲市場開場から1年 取扱量が築地の頃より減少
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 豊洲市場開場から1年 取扱量が築地の頃より減少  東京都の豊洲市場が開場から1年を迎えました。都の担当者らは最新の設備で水産物などの鮮度が上がったとしていますが、取扱量は築地時代よりも減少しています。  豊洲市場では仲卸売り場の室温が常に19度から25度に保たれていて、衛生管理も徹底されています。一方、一日あたりの水産物の取扱量は都が当初、想定していた2300トンの約6割にとどまり、築地時代から続く減少に歯止めがかけられていません。  「ナンバ水産」難波代表取締役:「お見えにならなくなったお客さんにも来てもらえるような市場を我々は作っていかなければいけない」  国内の取り扱いが減っていることから今後、品質管理や鮮度の高さをアピールして海外への輸出を増やしたいとする業者もいます。
#24『しょうゆの常識を変えた!鮮度を保つ密封ボトル』キッコーマン食品:井上美香
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #24『しょうゆの常識を変えた!鮮度を保つ密封ボトル』キッコーマン食品:井上美香 どの家庭でも定番の調味料として欠かすことができないしょうゆ。 実は、使い続けているうちに空気に触れ、 だんだん香りや風味が落ちていってしまいます。 その常識を変えたのが、 キッコーマンが発売する生しょうゆの容器として採用した密封ボトルです。 そもそも、現代人の嗜好に合った新たな商品として開発された生しょうゆですが、 従来より鮮度を保つのが難しく、どうやって生しょうゆ本来の風味を損なわずにいられるかが課題でした。 日々、試行錯誤を繰り返し、ようやくたどりついた理想のボトル...。 しょうゆの美味しさをより長く保つその技術は、 私たちの食卓をより豊かなものへと変えつつあります。 今回は、初期の失敗から現在の成功まで、キッコーマンでしょうゆと向き合い続けてきた井上美香さんに、開発秘話を伺いました。 【提供】日産自動車
第3話 野菜の鮮度
美味しんぼ 第3話 野菜の鮮度 父雄山との対決に敗れた士郎は一念発起。「究極のメニュー」作りに真剣に取り組む。ゆう子と山岡は「とにかく新鮮!」をキャッチフレーズにオープンしたデパートを取材。ところがそこで扱われているものは・・・。
#19:店舗改装後に客足&売上ダウンの青果店…集客UPさせる方法とは!?
株式会社ニシノコンサル #19:店舗改装後に客足&売上ダウンの青果店…集客UPさせる方法とは!? 今回のクライアントは、愛知県豊橋市にある、地域密着型青果店 「一期家一笑(いちごやいちえ)」の店長・杉浦大西洋(ひろし)さん。 2015年にお店を継ぎ、その際にお店を4ヶ月かけてリニューアル。 鮮度や季節感溢れるオシャレな内装にチェンジしたものの、なぜか客足&売上ともに大幅ダウンしてしまう。 「今後、お店の集客をアップさせるにはどうしたら良いか?」という相談に対し、 西野&SHOWROOM代表・前田裕二に加え、 芸人であり、野菜の生産から販売までを手がける“青果店のプロ“「株式会社ポン太青果」代表取締役を務める土肥ポン太をスペシャルブレーンに招き、 集客改善のためのベストな策を提案! 先代のよき部分を引き継ぎつつ、斬新に変わっていくためのアイデアの流れ、今回も必見です!
第2話 幼い日の淡い想い
チャン・オクチョン 第2話 幼い日の淡い想い 少年時代のスンは父、顕宗が西人派の重臣に権力を握られていることが、がまんできない。一方、父の知人、カン氏夫人に引き取られたオクチョンは裁縫の才能をメキメキと伸ばしていた。ある日、お忍びで外に出たスンは本屋でオクチョンと出会う。ならず者に絡まれ、一緒に逃げ出した二人。スンはオクチョンに淡い想いを抱く。
第3話 再会
チャン・オクチョン 第3話 再会 東平君の開いた宴の席で再会したオクチョンとスン。スンはオクチョンの面影に見覚えあるが、思い出せない。一方、借金取りに追われるオクチョンは鎧を納品する商団が募集されると知り、商団を持つチャン・ヒョンに話を持ちかける。そんな中、世子嬪選びが始まり、オクチョンは候補の一人、インギョンの装いを手伝うことに。
第4話 世子嬪決定
チャン・オクチョン 第4話 世子嬪決定 訓練場に迷い込んだオクチョンはまたスンと出会う。スンを内禁衛将だと思い込み、鎧づくりのための動きを教わる。だがオクチョンの作った鎧はミン・ユジュンの差し金で落選。それを機にチャン・ヒョンは以前から考えていた計略を実行に移そうとしていた。一方、大詰めを迎えた世子嬪選びでスンはインギョンを指名する。
第5話 粛宗即位
チャン・オクチョン 第5話 粛宗即位 チャン・ヒョンは福善君のもとにオクチョンを送り込もうとしていた。その頃、王宮では顕宗が崩御、粛宗(スクチョン)・スンが即位する。王宮の改革のため、南人派の重鎮ホ・ジョクを呼び寄せた粛宗。だがホ・ジョクは福善君と組んで粛宗を襲わせる。母とともに逃げようとしていたオクチョンは傷ついた粛宗を見つけるが...。
第6話 狙われる王座
チャン・オクチョン 第6話 狙われる王座 再び襲われる粛宗。一方、オクチョンも追手に見つかり、母と共に連れ戻されてしまう。オクチョンは母を自由にする条件で、母の主人チョ・サソクと大王大妃の提案を受け入れ、針房の女官となる。それを知ったチャン・ヒョンはまた新たな陰謀を描いていた。その頃、ホ・ジョクと福善君は今度こそ粛宗の息の根を止めようと...。
第7話 王宮での再会
チャン・オクチョン 第7話 王宮での再会 土壇場で福善君から王に寝返ったチャン・ヒョンによって謀反は未遂に終わる。チャン・ヒョンはオクチョンを一日も早く粛宗のもとへ送るよう、チョ・サソクを通して大王大妃を動かす。こうして二人は王宮で再会する。だが、オクチョンの突然の入宮に、粛宗は背後に陰謀があると思い込み、彼女に怒りをぶつける。