「鵜澤悠也」の検索結果

今すぐ視聴する

K-1選抜vs格闘代理戦争 先鋒戦 山脇 飛翼 vs 鵜澤 悠也
KHAOS 2020 K-1選抜vs格闘代理戦争 先鋒戦 山脇 飛翼 vs 鵜澤 悠也 2020年4月4日に開催された、KHAOS.10の厳選シーンをAbemaTVが厳選してお届け!
第1皿:嫉妬&略奪…“穏やかじゃない”リアリティーショー開幕
無料
舌で恋する7日間 第1皿:嫉妬&略奪…“穏やかじゃない”リアリティーショー開幕 【みどころ】 ◆クセが強すぎる!メンバー6人の出会い ◆物陰で偵察...嫉妬の炎を燃やす肉食系格闘家『ゆーや』 ◆全部作り直し!?記念すべき一皿目の料理で恋は動く...?
第3皿:片思いオムライスで食卓は修羅場!恋敵を出し抜く策士の告白
舌で恋する7日間 第3皿:片思いオムライスで食卓は修羅場!恋敵を出し抜く策士の告白 【みどころ】 ◆当てつけ?“片思いオムライス”で食卓が一変...場が凍る地獄に ◆『はづきち』の不在に恋敵『あや』が動く! ◆『ゆーや』は『はづきち』と『あや』どっちをとる...?“決意の肉祭り”
第2皿:号泣バーベキューで早くもカオス!浜辺で燃える女の情念
舌で恋する7日間 第2皿:号泣バーベキューで早くもカオス!浜辺で燃える女の情念 【みどころ】 ◆超穏やかじゃない!グイグイ系新メンバー女子『はづきち』襲来! ◆空気が地獄!3人の買い出しで女子の本性むき出し ◆号泣バーベキュー&『はづきち』&『ゆーや』の度が過ぎたイチャつきに『あや』ガチ嫉妬
第6皿:イケメン巡る女3人恋バトル!深夜の「肩ズン」は恋の味? 舌で恋する7日間
舌で恋する7日間 第6皿:イケメン巡る女3人恋バトル!深夜の「肩ズン」は恋の味? 舌で恋する7日間 【みどころ】 ◆イケメンなのに恋愛経験ゼロ芸人『もっさん』が急にモテだす!?その理由は...? ◆新メンバー女子も『もっさん』争奪戦に速攻で参戦!グイグイな押しに女子バトル激化! ◆夜のウッドデッキで肩ズン&手つなぎで攻める女子!『もっさん』陥落寸前!?
第7皿:人気初期メンバー女子の告白“気づきました、あなたが好き”
舌で恋する7日間 第7皿:人気初期メンバー女子の告白“気づきました、あなたが好き” 【みどころ】 ◆同じ日に全員と手つなぎ!?急にモテすぎた男巡ってバチバチバトル! ◆初期メンバー『ねづっち』が告白!一途な想いは届くのか? ◆超スピード型新メンバー美容師男子登場!プレイボーイぶりに女子即陥落!
第8皿:ドライブデートでいきなり密室ハグ♥オトナの恋は急加速
舌で恋する7日間 第8皿:ドライブデートでいきなり密室ハグ♥オトナの恋は急加速 【みどころ】 ◆夕食のテーブルで『もっさん』失言で安定カップルに亀裂が...! ◆ドライブデートで密室の恋!肩を抱き寄せいい雰囲気に...♥ ◆肉食系美容師『コータ』巡る女のバトルに新展開?女の友情が生まれる?
第9皿:守れなかった約束と涙の告白
舌で恋する7日間 第9皿:守れなかった約束と涙の告白 【みどころ】 ◆ついにあのメンバーが告白を決意...!想いは届くのか? ◆「約束したじゃん!!」メロン園の組み合わせを巡って女の恋バトルが再燃! ◆肉食系美容師『コータ』のハッキリしない態度に女子幻滅?『もっさん』人気復活?
第10皿:【最終回】最後の晩餐「あなたのことが、大好きです。」
舌で恋する7日間 第10皿:【最終回】最後の晩餐「あなたのことが、大好きです。」 【みどころ】 ◆舌恋メゾンの最後の1日。全員告白の最終回スペシャル! ◆あなたが好きです...ストレートに想いをぶつけた『もっさん』の恋の結末は? ◆肉食系イケメン美容師『コータ』の心を射止めたのは...?涙の結末。

おすすめの作品

[西の王子対決]斎藤慎太郎王座 VS 山崎隆之八段
無料
こどもの日 QTnet 将棋Day 公開対局 [西の王子対決]斎藤慎太郎王座 VS 山崎隆之八段 解説:深浦康市九段、中田功八段、豊川孝弘七段、田村康介七段による大盤解説付き,聞き手:武富礼衣女流初段
第4球 「約束のあの球」
球詠 第4球 「約束のあの球」 野球部の顧問として藤井杏夏が就任し、さっそく練習試合が組まれることになった。迎える相手は今夏大会の注目チーム・柳川大附属川越だが、先発は2番手投手の大野彩優美。新越谷は3点を先制すると、詠深・珠姫のバッテリーも先頭打者を三振に仕留めてみせる。2回表、新越谷が三者凡退に抑えられた頃、ようやく学校に着いた柳大川越の2年生エース・朝倉智景の姿があった。
第1球 「運命の再会」
無料
球詠 第1球 「運命の再会」 新越谷高校に入学した武田詠深は、隣の席で野球好きの川口芳乃、その双子の姉・息吹と仲良くなる。詠深が中学の時ピッチャーだったことを知り、芳乃はすぐに食いつくが、詠深自身は高校では野球から離れようとしていた。ところが入学式の後、幼馴染の山崎珠姫と再会。強豪チームの捕手だった珠姫とキャッチボールを始めると、やがて詠深は封印していた“あの球”を珠姫に投げ込む。
第2球 「一緒に野球やりましょう」
球詠 第2球 「一緒に野球やりましょう」 野球部へ入部届けを提出した詠深たち。同じ1年生の川﨑 稜と藤田 菫もチームに加わるが、不祥事で停部していたため部員がほとんどいないことが発覚。残っていた2年生の岡田 怜と藤原理沙も復帰せず、外部のクラブチームに参加するつもりだという。詠深は強打者の怜に「私の球、打ってみませんか?」と勝負を持ちかける。
第3球 「私を連れていってよ」
球詠 第3球 「私を連れていってよ」 活気の戻ってきた新越谷野球部に、2人の1年生が体験入部してくる。1人は福岡の強豪チームでプレイしていた中村 希。もう1人は野球初心者だが剣道で全国優勝経験のある大村白菊。どちらもその日のうちに野球部の一員となり、ついにチームに必要な人数が揃った。「全国を目指そう!」と詠深が声を上げる一方、珠姫はどことなく複雑な表情を見せる。
第5球 「ススメ!!泥沼連敗街道」
球詠 第5球 「ススメ!!泥沼連敗街道」 ゴールデンウィークに学校で合宿を行う新越谷ナイン。初日から予想だにしない杏夏のハードなノックに悲鳴が上がる一方、新越谷に控え投手の必要を感じていた芳乃はメンバーの投手適正を見極める。その夜、素振りをしていた理沙に怜が声をかける。停部になった去年のこと、中学時代に出会ったときのことを振り返る2人だったが、理沙が野球を続けてきたのは意外な理由からだった。
第6球 「希望を胸に…」
球詠 第6球 「希望を胸に…」 守谷欅台との練習試合。合宿中に芳乃が告げたとおり、4番は希。打点を上げられず悩んでいた希だったが、初回にタイムリーヒットを放つ。一気に6点を取った裏の守り、珠姫の提案で“あの球”を封印した詠深はピンチを招くものの、杏夏のノックと芳乃の分析が生きたバックの守備に助けられる。だが、守谷欅台の投手も立ち直り、ジリジリと追い上げられつつ試合は終盤を迎える。
第7球 「雨上がりの夜空に」
球詠 第7球 「雨上がりの夜空に」 夏の県大会の抽選に参加する怜と芳乃。不祥事で停部していた新越谷の名前が挙がると会場には不穏な空気が流れるが、柳大川越・大野の助け舟で事なきを得る。抽選の結果、初戦の相手は影森高校、勝ち上がった二戦目の相手は一昨年の優勝校・梁幽館高校が濃厚となった。さっそく梁幽館戦を想定した練習に入る詠深たち。一方、芳乃と息吹はデータのない影森へ偵察に出かけていく。
第8球 「ゼロから」
球詠 第8球 「ゼロから」 迎えた県大会の開会日。柳大川越ナインと健闘を誓い合う中、珠姫は中学時代の先輩でバッテリーを組んでいた梁幽館の投手・吉川和美に会い、その様子を見た詠深は吉川と張り合おうとする。影森戦ではエースの詠深を温存し、理沙が先発のマウンドに上がる。エラーもあり先制を許してしまうが、得点したにも関わらず、影森ベンチからは歓声が上がることもなく、不気味な雰囲気を漂わせる。
第9球 「流れの作り方」
無料
球詠 第9球 「流れの作り方」 影森の投手・中山のアンダースローをコピーした息吹の好リリーフで6回表のピンチを切り抜けた新越谷。その裏の攻撃、ペースを崩した中山から息吹がデッドボールを受けてしまう。しかし希のタイムリーヒットで息吹が生還すると、さらに打線が繋がり、大量得点に成功する。理想の試合運びになったものの、芳乃は結果的に息吹を危険な目に遭わせてしまった自分の采配を責める。