「麻婆豆腐マニア」の検索結果

「麻婆豆腐マニア」に関する情報は見つかりませんでした。
「麻婆豆腐」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第9話
無料
三食ごはん 高敞編(コチャン) 第9話 非常事態!史上最高の猛暑が三食ハウスを襲った。4人の男たちの行動に異変が見え始める。そしてアヒルたちはとうとう農作業から引退?稲穂が実りはじめた田んぼには大きくなりすぎたアヒルたちのために、ヘジンが立ち上がった。熱をもって熱を制す!暑さに打ち勝つ力は、まさに三食のごはんから。晩才島の“ムール貝チャンポン”の名声を引き継ぐチャンポンが登場。熱いごはんに乗せて食べる火の味、“麻婆豆腐丼”もどうぞ。
【三食ごはん 漁村編3】 #11
三食ごはん 漁村編3 【三食ごはん 漁村編3】 #11 最後の晩餐に鯛を釣りたいエリックだったが、鯛は釣れずにイイダコばかり。イイダコは酢みそで!エリックは他の2人の手も借りて、酢豚と麻婆豆腐、ムール貝のスープを完成。その夜はソジニーの願いをかなえるべく、翌朝の豚クッパのためにスープの仕込みも。翌日は収穫した大根と白菜を、今までのお礼に島の人々へ渡す。最後に担々麺とミルフィーユ鍋を味わった3人は記念写真を撮り、ソジンが操縦する船で島を離れる。
第4話 若き獅子たちの群れ
食戟のソーマ 餐ノ皿 第4話 若き獅子たちの群れ 月饗祭・三日目! 新メニュー『なんちゃって担仔麺』の追加により売上を伸ばしてるものの、2日連続売上1位の中華研にはまだまだ及ばない。その状況を打開すべく、助っ人を呼びさらなる新メニューを売り始める! その料理とは、中華研と同じく麻婆豆腐! しかしそこには驚きな秘密が…!? 創真の作戦とは一体!?

おすすめの作品

第8話 2人の王子の間で...
無料
宮~Love in Palace ディレクターズ・カット 第8話 2人の王子の間で... 里帰りを終え、宮廷に帰って来たシンとチェギョンの距離は縮まり、お互い気になる存在に。特にチェギョンの家で温かい家族の関係を知ったシンは、自分の親子関係を比べて心を痛めるが、チェギョンの存在に救われる。そんななか、ヒョリンの勧誘によりチェギョンとユルは乗馬クラブに入会。ヒョリンの本心が読めないシンの友人たちは、チェギョンの入会に反対するが、ヒョリンは自分が世話をするからと強引に話を進めてしまう。そんなある日、宮中遊技である騎馬打球中にシンとユルが落馬。大勢がシンに駆け寄り、ユルは二の次になっている状況を見て、チェギョンはユルを助けるが、それを見たシンは快く思わず......。
第19話 皇太子妃が家出!?
無料
宮~Love in Palace ディレクターズ・カット 第19話 皇太子妃が家出!? ケンカしたまま宮廷に戻ったシンとチェギョン。シンは自分の非を認めて謝るが、チェギョンの怒りは納まらない。さらに、シンもふた言目にはヒョリンのことを持ち出すチェギョンに閉口し、ふたりの距離はますます離れてしまう。王室では、毎年行われている生放送の公式インタビューを、病気が完治していない皇帝の代わりに、皇太子夫婦が受けることに決める。そんななか、チェギョンは学校で、両親が娘の立場を利用して利益を得ているという噂を耳にし、宮廷での生活に息苦しさを感じてしまう。それに気づいたシンは、独断でチェギョンに里帰りを許可するが、それを知った皇后からチェギョンは叱られ......。
第3話 私シンデレラになります!!
無料
宮~Love in Palace ディレクターズ・カット 第3話 私シンデレラになります!! 遂に皇太子妃になることを決心したチェギョンは、入宮と同時に皇太子妃としての教育を受けることに。宮廷用語はもちろんのこと、婚礼の順序など、覚えなければならない事が山積みで前途多難なチェギョン。そんな彼女の元をシンが訪れ、自分が大人になって自由に物事を決められる年になっても、チェギョンが王室に馴染めなければ、そのときは離婚してやると話す。そして、初の民間出身の皇太子妃として全国民の期待と注目が集まるなか、シンとチェギョンの婚礼の儀が盛大に開かれる。ちょうどその頃、シンのプロポーズを断ったヒョリンは、タイで開かれた国際バレエ・コンクールの舞台に立っていた。
第5話 シンデレラはホームシック
無料
宮~Love in Palace ディレクターズ・カット 第5話 シンデレラはホームシック 食事中、ヒョリンからの電話がきっかけでシンとケンカしてしまうチェギョン。気分転換に宮内を歩いているとユルに出会い、彼が義誠君(ウィソングン)だったことを知る。そんななか、チェギョンの両親が宮廷に来ることを知り、喜ぶチェギョン。しかし、勉強が終わらないと会えず、やっと終わったときには、すでに両親が帰ってしまった後だった。悲しみにくれるチェギョンは、引き止めなかったシンを責めるが、両親に気を遣わせないようシンは顔を出さず、会えなかったことすらも知らなかったことを内官から聞かされ誤解を解く。そんなある日、シンの誕生日パーティーが開かれるが、そこにはヒョリンも出席していて......。
第21話 皇太子妃、最大のピンチ!?
宮~Love in Palace ディレクターズ・カット 第21話 皇太子妃、最大のピンチ!? テレビの生放送中にチェギョンが発した離婚発言が波紋を呼び、宮内では王室の権威を失墜させたと皇帝が大激怒。口を滑らせたとチェギョンは謝るが、テレビや皇帝の前ではかばってくれたシンさえも、裏切られたと彼女に背を向ける。この件で、チェギョンの密会の相手が再び問題になり、ユルの名前を出して欲しくないファヨンは、皇帝の怒りがおさまれば問題も収束に向かうと、チェギョンを利用することに。そして、ファヨンに吹き込まれ、許されるまでむしろの上で正座して待つ “席藁待罪”を始めるチェギョン。その姿を見たシンは、やめるように話すが、チェギョンは自分で何とかするとはねつけ......。
第22話 秘められた過去
宮~Love in Palace ディレクターズ・カット 第22話 秘められた過去 チェギョンを助けるために、王族が集まる席で、彼女への気持ちを告白したユル。シンは、全てを捨ててでもチェギョンを手に入れようとするユルと対立するが、肝心のチェギョンは席藁待罪中に会いにこなかったシンを責め、気持ちはバラバラに。ユルの想いを知った皇帝は、距離を置けば心も遠くなると、ユルを宮廷の外に出す処分を考える。しかし、それを知ったファヨンは、全てをかけてでもそれを阻止しようと、ユルを支持する王族会に働きかけることに。そして、ユルとチェギョンのことを知った王族会は、ユルを追放するなら、チェギョンも廃妃にするよう要求。それを聞かされたチェギョンは......。
第9話 宣戦布告!!
無料
宮~Love in Palace ディレクターズ・カット 第9話 宣戦布告!! チェギョンと気まずい関係のまま、体調の思わしくない皇帝の代わりにタイ訪問に旅立ってしまったシン。反省したチェギョンはシンに連絡を取ろうとするが、何度かけても電話に出てもらえず、王室では車を壊して皇后に叱られ、学校では自分の悪口を聞いてしまうなど落ち込むことばかり。そのため、チェギョンはユルに宮廷ではないどこかに連れて行って欲しいと頼む。一方、タイでの日程をこなすシンの前に、ヒョリンが現れる。公務の合間にシンは内官に内緒で抜け出し、彼女を空港まで送ろうとするが、パパラッチに追われるハメに。そのころ宮廷ではチェギョンがいなくなったことに気づき、大騒ぎになっていた。
第13話 初夜は突然に!?
無料
宮~Love in Palace ディレクターズ・カット 第13話 初夜は突然に!? 済州島を訪れていたチェギョンは、太皇太后(※)の提案で付き人に内緒でこっそり外出し、シンと太皇太后と3人で楽しい時間を過ごす。しかし、宮廷に戻ると入宮したファヨンから皇太子妃としての自覚が足りないと叱責され、勉強の内容まで細かく注意されてしまう。それを知った皇后は、チェギョンにまで干渉するファヨンと対立。一方、ネットで皇太子夫婦の不仲説が流れてしまい、それを鎮めるために王室はふたりの床入り(初夜の儀式)を早めることに。何も知らないチェギョンとシンは、離れの楼閣・義愛合に連れて来られ、一晩閉じ込められてしまう。しかも、シンは事前にコン内官から謎の漢方薬を飲まされていて......。※追尊により、皇太后は太皇太后へ
第23話 宮廷炎上!犯人は皇太子!?
宮~Love in Palace ディレクターズ・カット 第23話 宮廷炎上!犯人は皇太子!? チェギョンからの携帯メールでユルの部屋に呼び出されたシンは、火事に巻き込まれてしまう。さらに目撃者の証言から、その放火事件の有力な容疑者としてシンの名前が。シンは身の潔白を主張するが、不利な状況と証拠ばかりで窮地に立たされることに。唯一チェギョンだけがシンの潔白を確信し、彼のそばで支えになろうとする。そんな彼女の存在に救われるシン。一方、ユルはファヨンの陰謀に気づきやめさせようとするが、ファヨンは手を緩めない。今回の件で、廃妃とシンの廃位の声が高まり、王室廃止論まで飛び出したため、皇帝は緊急の対策として、しばらくチェギョンを海外へ行かせることにする。
第11話 忍び寄る罠
無料
宮~Love in Palace ディレクターズ・カット 第11話 忍び寄る罠 宮内でひとり勝手に乗馬の練習を始めたチェギョンは、見慣れない女性を転ばせてしまう。その人こそ世界中を旅していたシンの姉ヘミョンで、久しぶりの再会にそれまでにない笑顔で喜ぶシン。そんな彼の意外な一面を見て、チェギョンは少し複雑な思いに。そんななか、タイで盗撮されたシンとヒョリンの2ショット写真がタイの新聞に掲載され、皇后に呼び出されるシン。その新聞を見てしまったチェギョンは、シンがタイに行っている間、ずっと彼を待っていた自分が情けなくて仕方がない。学校でヒョリンに会ったチェギョンは、事情を聞こうとするが、悪びれずに認める彼女を前に、意識を失ってしまう。